Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

本州移動四頭目はナラトゥリスでした。

残りはサザンスパークルのみ。
ここまでは順調というか早いくらいの移動でしたが、サザンスパークルは3歳になってからでしょう。
少しでも早く坂路で乗り込めるようになって欲しいです。

ザ石を発症して舎飼になった時期もありましたが、比較的順調に調整が進んだ一頭です。

全くと言っていいほど結果が出ていない母。だからこそ、ルーラーシップとの産駒でこの価格だったのでしょう。2年連続でルーラーシップを付けている背景に、ナラトゥリスのデキが良く見えたから?.....なんてあったなら良いんですけどね。父ルーラーシップは期待されているほど強い産駒を出していないというの心配ではあるのですが、せめてイストワール産駒初の中央勝ち馬になって欲しいです。

デビューは新潟の芝1800か2000を予定しているという書き込みが某掲示板にありました。ルーラーシップ産駒は短距離向きではないでしょうし、これくらいの距離でのデビューが合いそうな気がします。

ゲートに手こずるタイプにも見えませんし、スムーズに行くでしょう。
トゥンバドーラ、カラドゥラとゲート順調にクリアしましたし、個人的に流れも良いです。

ノーザンホースパークマラソンの景品の一頭だったと言っても、優勝者へ.....という訳ではありませんでしたし、実のところ順調さは買っているものの、母の産駒成績の悪さもあって自信がありません(;´∀`)
早めに調教動くとかで「イケる」と思わせて欲しいです。


7d07102f20176215118ab31bd05afcf.jpg

0838491120176215118ab319d8e85bb.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ナラトゥリス
6/22 NF天栄
22日にNF天栄へ向けて移動しました。
「この中間も坂路コースでハロン15秒台のキャンターを取り入れていましたが、脚元、体調面ともに問題なく進めることができていました。移動に向けた態勢が整ってきましたので、加藤征弘調教師と相談した結果、このタイミングでNF天栄へ移しています。今後は現地での体調や検疫を見ながらトレセン入厩に備えていくことになるでしょう」(早来担当者)

6/15 NF早来
馬体重:466kg 
現在はウォーキングマシンで運動の後、週3回は屋内周回コースでキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒(週1回はハロン16~17秒)のキャンター1本の調整を行っています。この中間もじっくり負荷をかけていますが、馬体重が増加していることから、食べた物がしっかり実になっていることが確認できます。いい成長を遂げていることがひしひしと伝わってきますので、今後も丹念に乗り進めていく中で地力強化を図り、さらなる前進を目指していきます。

5/31 NF早来
現在はウォーキングマシンで運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。休養を挟んだことで馬体には緩みが見られましたが、乗り運動を再開したあとはコンスタントに負荷をかけてこれたこともあって、筋肉の張りは休む前のものに戻ってきました。ここからは移動に向けてさらなるパワーアップを図っていきたいと考えていますが、調教をこなす毎に成長の跡が見られますし、今後も資質の高さを走りに結び付けることができるよう意識しながら乗り進めていきます。

5/15 NF早来
馬体重:461kg 
現在はウォーキングマシンで運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。蹄の状態を見ながら調整していたこともあり馬体重は増えていますが、立ち姿を見ると以前より背丈が伸びて、腹回りもしっかりしてきたように成長分も含まれての馬体増という印象を受けます。調教では脚元を気にすることなくリズムよく駆けることができていますので、今後も丹念に乗り進めることで前進を図っていきます。

4/28 NF早来
現在はウォーキングマシンで運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター2400m、週1回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、週1回は軽めの調整を行っています。騎乗調教を開始した後も脚元に不安は見られず、しっかり乗り込みを継続することができていたことを受けて、この中間から坂路コース入りを再開しています。すでに速めの時計を出していますが、登坂した後の息遣いや脚捌きに問題はないので、今後は状態を確認しつつ負荷を強めていくタイミングを検討していきます。

4/14 NF早来
馬体重:451kg 
現在はウォーキングマシンで運動の後、周回コースでキャンター調整を行っています。ザ石を発症した患部はすっかり良くなり、騎乗調教を開始していますが、跨ってみるとゆったりさせた分、少し体が緩んでいるように感じますので、まずはじっくり乗り込んで中身を整えていきたいと思います。今は徐々に乗り込む距離を延ばして負荷を高めている段階ですが、カイバはしっかり食べており、体調に問題はありませんので、今後も状態に合わせた運動を重ねていきたいと思います。

3/31 NF早来
この中間にザ石を発症したため舎飼で治療を行ってきましたが、徐々に回復を見せており、現在はウォーキングマシンでの運動を再開しています。ここまで順調に進めていただけにペースダウンは残念ですが、今回楽をさせたことを心身のリフレッシュに繋げていければと考えています。馬自身は元気いっぱいの様子ですが、患部から膿が出きるまでは軽めの調整に留めて無理はさせない方針です。

3/15 NF早来
馬体重:449kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。日によっては坂路コースでハロン15秒台のメニューを取り入れるなど強弱を付けながら乗り込んでいますが、その効果もあって徐々に力を付けてきていることが手綱越しに伝わってきます。体調面は良好で暖かくなる春にはさらなる成長を遂げてくれると見ていますので、この状態をキープしながら日々の調整を進めていきます。

2/28 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。見た目にはまだ線の細さを感じさせますが、調教を行いながらも馬体重は少しずつ増えていますので、あまり神経質にならず、乗りながら厚みを増していけるよう工夫しています。体調面に不安はありませんし、調教に跨っているスタッフがいい動きをしていて将来が楽しみな馬と感想を述べるなど期待の高さがうかがえるので、この調子で進めていければと考えています。

2/15 NF早来
馬体重:454kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。継続して速めのキャンターを消化していることで、以前より手応え十分に坂路を駆け上がることができるようになるなど、随所に力が備わってきた印象を受けます。その乗り味には高い将来性を感じていますので、今は基礎的な部分をしっかり固めて、自身の器に見合う中身を作っていきたいと思います。

1/31 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。コンスタントに乗り込んでいますが、堪えた様子はなく、坂路コースを柔らか味のあるフットワークで駆け上がっています。乗り味のいい馬で素材の良さを感じさせてくれますし、今後も継続的に乗り込んでいくことで筋肉を発達させ、さらなる動きの良化へと繋げていきます。

1/13 NF早来
馬体重:450kg 
年末年始を順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。柔らかみのあるキャンターにはいい感触を受けますが、トモの肉付きなどを見るとまだまだ伸びシロを残していることがうかがえます。しっかりとした体躯を手中に収めればキャンターの動きは一段と逞しさを増してくるでしょうし、今後も適切な負荷をかけていくことで素質を引き出していきたいと考えています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する