Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

フラワーカップのファンディーナは強かったですね。
気合いちょっと付けただけで追わずに圧勝。
今年は本当に牝馬の層が厚いと思います。

で、本当に層が厚いのか?言うほど牝馬の年なのか?と確認してみました。
引用したのが2017.3.21お昼なのでファンディーナの賞金は反映されていませんが.....


牝馬
aaaaa_2017032112393653d.png

牡馬
aaaaa_20170321123841c49.png


ということで、トップは牝馬ソウルスターリングで1.2億円。
ただ、牝馬10位は4,742万円に対して、牡馬10位は5,891万円。
ということで、牡馬もそれなりに頑張っているとも見れます。

ま、トライアル含めて牡馬は牡馬向けに作られているレース、牝馬は牝馬向けに作られているレースに出ることがほとんどと思うので、この時期にこの比較をすること自体あまり意味が無いかもしれませんけどね。
これが例えば年末にどう変わっているかを確認すれば、差が分かるかもしれませんね。
.....多分、私がその比較をすること自体を忘れてそうですが。




右前腱鞘炎になったリアファルですがすぐの引退はないようです。
引退の可能性は無くなったわけではないのでしょうけど、復帰できる見込みがあるということなのかな。

前回同様の休養期間になるかはわかりませんが長引くのは明白であり、一番充実する4歳・5歳を腱鞘炎の治療でほぼ全て棒に振るというのが残念でなりません。

芝とダート、どちらも負担がかかることに変わりはないのかもしれませんが、復帰できたらダートを使っていくのも良いかもしれませんね。ダート適性がオープンレベルにないのであればそれはそれで仕方ありません。

長期離脱の馬がとても多く厳しい状況が深まってしまいました.....
ファドーグ、リアファル、サーブルオール、マイティーゴールド、マイティーキュート、アンジュシャルマン。
3歳以上は15頭いますが、その1/3である5頭が長期離脱です。参りました。

aaaaa_201703220834406c3.png


◆リアファル
3/21  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「右前脚の腱鞘炎を発症したとのことで先週移動してきており、現在はウォーキングマシン程度の運動を行っています。どうしても長めのお休みは必要になりますので、今のところは今週中に北海道へ移動させて、じっくりと治療をしながら患部の良化を待つことになります」(NFしがらき担当者)

3/15  NFしがらき
14日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先日お伝えしたとおり、右前脚については左同様に腱鞘炎だろうという診断でした。火曜日にいったんNFしがらきへ放牧に出していますので、牧場の獣医にも患部のチェックをしてもらっていきます」(音無師)

3/12  音無厩舎
「土曜日にトレセンの診療所で右前脚の再検査を行なったのですが、やはり腱の損傷は見られないものの、以前傷めた左前脚と同様、腱鞘炎ではないかという所見でした。日にちが経って傷んだ箇所がはっきりしてくることもありますから、まずは週明けに放牧に出してその後の状態をよくチェックしてもらい、今後の方針を検討していきます」(音無師)
近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する