Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

続きまして同じく天栄放牧中のサーブルオール。

骨瘤も悪くなることはなく少しずつペースをあげることが出来ているとのこと。

3月でサーブルオールに適した条件と思われるレースは以下の2レース。
関西、ローカル含めても他にこれというのが無く、恐らくどちらかになると思います。
2017.03.04 スピカステークス 芝1800m
2017.03.19 幕張ステークス 芝1600m
とはいえ、スピカステークスまであと2週。
慎重なハギーがそんな短期間で仕上げて出走ということもないでしょうし、前走マイルで勝ったという実績からも幕張ステークスを目標に進めていきそうと見ています。

ただし、幕張ステークスとなると、同日阪神で阪神大賞典があり、サトノダイヤモンドにルメールが乗るため乗り替わりとなります。元主戦さんだと嫌だなと思いつつハギーの最近の依頼騎手を見たところ、元主戦さんのお名前が少なかったです^^
だから乗らないということではないですが嬉しい(笑)
まだレースも決まってない訳ですが、誰になるのかは注目です。

ハービンジャーの種牡馬成績を見てみたのですが、あまり長距離になるとダメだけど、基本長い距離に向く結果ですね。
2000~2400mが向きそうというイメージ通りの結果です。
でも、決して距離が短いとダメということもないですが。

aaaaa_20170216124356f5f.png

また、サンプル数は少ないですが不良馬場(芝)はダメのようですね。
こなして重馬場まで。基本良馬場が良い。

aaaaa_201702161244239df.png

サーブルオールの次戦も晴れて良馬場でお願いしたいです。

◆サーブルオール
2/14 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続き脚元を含めたコンディションをしっかりと確認して調整にあたっていますが、まずまずの状況にあるように思えます。それに伴い今は坂路に入って40秒を切るくらいのところも課しながら乗り込みを行っています。上がりもまずまずの様子ですので、引き続きしっかりと見ていって問題ないようならば移動のことについて萩原師と相談していきます。馬体重は508キロです」(天栄担当者)

2/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「悪くないですね。脚元の症状はまだいくらか残ってはいますけれどそれが大きく影響することはないですし、調教自体問題なく行えていますので順調と言えるのかなと感じています。このまま行ければ中山開催中のレースを考えられそうと萩原師には伝えていますから、何とかいい形へ持っていければと思っています」(天栄担当者)

2/1 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続きじんわりと乗ることができています。まだ不安定な部分もありますし、骨りゅうのある脚元もよく確認しながら動かしていますが、進め出してこじらせるようなことはなく、今のところはまずまずと言える状況にあると思います。用心しながらという考えに変わりはないものの、次走へ向けてこのまま徐々に進めて負荷も高めていければ理想的ですね」(天栄担当者)

1/24 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週から調教を進め出していて、この中間にはさらにハロンペースを速めています。今のところ歩様に関しては悪くないので状態はダメではないのですけれど、まだ骨りゅう自体が固まり切っていない状況でもありますので、用心しながら引き続き乗っていきたいと思っています」(天栄担当者)

1/17 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週まではトレッドミルと馬場での軽めの調整でしたが、このタイミングで坂路に入り出しました。まだ始めたばかりなので15-15くらいをサッと登坂させているだけですし、引き続き変化の有無をしっかりと確認しながら進めていこうと思っています」(天栄担当者)

1/10 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「年末に骨りゅうの症状が出たために、騎乗調教を控えてトレッドミルでの調整に専念していました。2~3週間ほど楽をさせていくらか落ち着いたかなと思えたので今週より再び乗り出し始めたところです。今はまだ周回コースに入れて軽く動かす程度ですし、しばらく様子を見ながら徐々に調教を進めていければと思っています。馬体重は516キロです」(天栄担当者)

12/20 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「様子を見ていたのですが、単なる深管痛と言うだけでなく骨りゅうの症状がちょっと出てきましたね…。ただ、現時点では押してもそこまで強い反応を見せるわけでもありませんし、歩様にも出てはいないのですが、先々週にちょっとコツコツして硬くなったこと、そして症状が表面化してきたという経緯を考えると今は無理をする時期ではないのかもしれません。当初は年始早々の競馬も考えていたのですが、今は予定を決めずに、今後の状態次第で改めて検討していきます」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

No title

14日の更新から想像すると、15日にエピカリスの最終追い切りを見に行った場長とハギー師が打ち合わせを行い、今週末にサーブルオールが帰厩。
そして3/4のスピカSを目標。
と見ていますが、どうでしょうか?

  • 濱田屋 #YowB97Mg - URL
濱田屋さん

濱田屋さん、こんばんは。

脚元の不安がなければ2週間でのレース出走というのは有り得る気がします。
そういう形で臨んだレースもありますからね。
ちょっと前の更新で骨瘤がまだ残っているようなことが書かれていましたし、
慎重なハギーなので幕張ステークスのほうが有力なのかな?と個人的には考えています。

  • まこと #GCA3nAmE - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する