Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

今年もふるさと納税を行いました。
調べてみたら去年も全く同じ時期(週)に申し込んでいて。
面白いものですね。

今年は年収からのシミュレーションもちゃんとやって、控除される限度くらい申し込んでみました。
家族がほしいもの、そして、自分が助かるもの(お酒)を申し込んでみました。

あとは証明書をちゃんと保管して、確定申告ですね。

あ、早速、お酒2種類が届きました。
お酒って結構エンゲル係数に響きますからね。助かります(笑)




サーブルオールが戻ってきました。

ツアー情報で濱田屋さんに「復帰戦は平場のマイルを考えているそうです」と教えていただきまして、であれば、11月6日が目標になるのだろうと思っていました。
仕上げに少し時間をかけるハギーですので、このタイミングで帰厩は想定通り。

ちょっと気になるのは天栄スタッフのコメントの「こちらでの最終追い切りのようなイメージ」というもの。普通に考えたら、あとは厩舎で仕上げるから、牧場での最終追い切りだよという意味合いだと思うのですが、なんとなく、しっかり牧場でも仕上げるからそんなに時間かからずレースにいけますよって言っているような気も。
となると、もしかして、10/30の精進湖特別(芝2000m)とかも候補に入れているんじゃ?なんて思ったりもしました。

ま、深読みしているだけで、普通に11/6平場芝マイルだと思いますけどね(;・∀・)


あとは鞍上ですね。
6戦中4戦乗っている彼なんでしょうかね?
福島に乗りに行かないかなーと思って去年の騎乗実績を調べたら、基本東京で、ちょっとだけ福島でした(;´∀`)
なので可能性高いですね^^;

重賞もある日ですし、出来ればルメールとかルメールとかルメールとかが良いんですけどね。
西でも重賞があるから、ルメールはそちらかな。

1454cdda2016101182629ec1555f6362_20161019200919890.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



◆サーブルオール
10/19 萩原厩舎
19日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「前走後は内臓面を重点的に見ながら時間をかけてケアし、そして調整を進めてもらっていました。ここ最近の天栄での様子はまずまずで、調教も問題なく行えているということでしたので、それならば次開催での復帰を目指していこうということになり、このタイミングで帰厩させていただくことにしました。輸送もあり、環境が新しくなったことから馬に変化が見られることもあるでしょうから、慎重に様子を見ながら動かしていき競馬へ向かっていこうと思います」(萩原師)

10/18 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「早ければ次の東京開催を目標にしていこうということで話が固まり、近々移動する予定になりました。それに合わせて今日こちらでの最終追い切りのようなイメージで坂路で速いところを行っていますよ。ここまでは何とか変わらず順調に来ましたので、後は無事にレースまで、そしてレースでも落ち着いて走ってくれたらと思います」(天栄担当者)

10/12 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「日々用心しながら乗り込みを進めていますが、今のところ不安が再発することはありませんし、順調にここまで来ることができています。もちろんこのあとも気を抜かずに乗り込んでいきたいですね。今の感じならば11月の前半戦くらいでの復帰を考えられるかもしれませんが、今後の状況如何で移動について相談していきたいと思っています」(天栄担当者)

10/5 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「鼻出血明けになりますから走らせるときの馬のリズムには細心の注意を払っていますが、今のところは問題なくきています。速いところへ行く際も何とか折り合えながら走れていますし、悪くはないでしょう。ただ、本質的にハミに向かってグイグイ来るところがある馬なので、こちらはだいぶ気を遣いますけれどね…。今のところは不安なく乗り込むことができていますから、この調子で進めて11月頃の復帰を目指していけるようにしたいです。馬体重は495キロです」(天栄担当者)

9/27 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じんわりと乗り込んできていますが今のところ悪くはないですよ。現状から11月の東京くらいで競馬を考えてみませんかと萩原調教師と話をしていこうと思っています。もちろん、この後も気を抜かずにじっくりと動かしていって最終的な話を詰めていきます」(天栄担当者)

9/20 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「悪い面が出るわけでもなく、良い意味で変わらず順調に乗り込めていますよ。だからと言って焦ってオーバーワークになると内臓面も含めて負荷がかかり過ぎて堪えてしまいかねませんから、今後も気を付けながら乗り込んでいこうと思っています」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

No title

10/5に更新された画像ですが、銜がユニバーサルビットなんですよね。
8月末に更新された坂路を駆け上がる動画で潜るように顎を引き頭頚が屈橈していた理由は、コレかもしれません。
ハミに向かってグイグイ来るところがある馬なので抑えるのが大変なのでしょう。

今回は負けられない一戦。
だから特別戦ではなく平場を選択。
マイルのスピードで無理に抑えることなくスムーズに走らせたい。

平場ですからね、誰が乗っても勝ってくれないと困ります(笑)。

  • 濱田屋 #YowB97Mg - URL
濱田屋さん

濱田屋さん、こんにちは。

うーむ。
馬銜については良く分からなくって^^;

今回は初めての東京。
中山や函館はハービンジャーにとって悪くない競馬場と思うのですが、東京はどうですかね。

「ハービンジャー 東京 成績」でググると調べている方のデータが出てきますが、
想像以上に東京は悪いです.....(;・∀・)

それでも、結果を出したら先が明るいんですけどね。
信じて応援したいと思います。

「誰が乗っても勝ってくれないと困ります」と私も言いたいところですが、
彼は出来るだけ乗らないで欲しいです。

  • まこと #GCA3nAmE - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する