Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

来年の開催について発表があったようですね。


JRA:2017年度開催日割および重賞競走について
http://www.jra.go.jp/news/201610/101703.html


新設された大阪杯は条件変わらず。
ということで、大阪杯と宝塚記念が以下の通り似た条件になります。

 大阪杯:阪神2000m(内回り)
 宝塚記念:阪神2200m(内回り)

これって面白くないですよね。
大阪杯勝った馬が宝塚記念に出てきたら有力になりやすいです。
であれば、例えば、芝1800m(外回り)にするとか出来ないんですかね?
もしくは大阪杯ではなく、中山に新設G1を作るとかね。
春の三連戦が関西だけ、秋の三連戦が関東だけって偏っているのもどうかなと思います。

阪神芝2000m(内)→京都芝3200m(外)→阪神芝2200m(内)

よりも

中山芝2000m→京都芝3200m(外)→阪神芝2200m(内)
阪神芝1800m(外)→京都芝3200m(外)→阪神芝2200m(内)

がやっぱり並べて書いてみても、変更したほうが良さそうな気がします。

また、ホープフルステークスがG1格上げになったら、最優秀2歳牡馬はどうなるんでしょうね?
そもそも1600mと2000mの意味はあるのでしょうか?
スプリンターも出られるように、1600mの朝日杯フューチュリティステークスをいっそ1400mにしたりすればどうでしょう?
どちらも頭数が揃わないとかは避けて欲しいです。
※ホープフルステークスをG1格上げにしても、有馬記念で終了というのが一番ベストと思いますよ

それと、12月28日まで競馬をすると、関係者は年末年始休めないらしいですよ。
その辺は考えてあげても良いと思いますけどね(;´∀`)




さて、アンジュシャルマンですが、術後1ヶ月でウォーキングマシンへ移行しました。

運動が制限されていたこともあり、前走比+40㌔増と増えましたね。
大きい馬ですので、脚元の負担を考えつつ、シェイプアップしつつ、次に繋げて欲しいです。

新馬戦2着だったマイネルパラディはオープンで差のない競馬をしています。
あとは6着ジュニエーブル、9着シーハリケーンが勝ち上がってますが、その後あまり良い成績では無いですね。
新馬戦、メンバー軽かったかな^^;

これから寒い時期になりますので、無理はせず、馬なりで調整を続けていって欲しいです。

しかし、2歳5頭出資のうち2頭が長期離脱という現状は、かなり残念なものですね.....

384250042016828d0babe81bc52a03d.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



◆アンジュシャルマン
10/12 NF早来
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「術後一ヶ月が経過しましたが、ここまでは順調に調整を進めることができていますね、現在はウォーキングマシンでの運動を開始していますから、この調子で脚元、体を慣らしつつ、次のトレッドミル運動につなげていきたいです」(早来担当者)

10/6 NF早来
厩舎まわりでの曳き運動を行っています。
「曳き運動を継続しても歩様、体調は変わりなく推移していますよ。もうしばらくは無理をせずに現状の運動で様子を見ることにはなるでしょうが、徐々に違った運動メニューも取り入れていく予定です。馬体重は528キロです」(早来担当者)

9/28 NF早来
厩舎まわりでの曳き運動を行っています。
「患部の状態、体調は安定していましたので、この中間から運動を再開しています。現状では人が付く形での運動ではあるものの、今後の状態を見ながら徐々にウォーキングマシンやトレッドミルなどの運動へ移行していきたいと考えています」(早来担当者)

9/21 NF早来
舎飼にて休養しています。
「この中間も運動を控えて状態の変化を確認しています。体調はいい意味で変わりなく、カイバ食いなども問題なさそうですが、無理をして負担になっては意味がないので、引き続き慎重に患部の状況を見ながら運動開始に備えて行きます」(早来担当者)

9/15 NF早来
舎飼にて休養しています。
「先週無事に手術を終えていますが、現状では運動を控えて様子を見ている段階です。馬の様子はいい意味で変わりありませんし、患部の状況も安定しているので少しずつ運動開始を考えていくことになるでしょう」(早来担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する