Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

週末、スタバでお茶をするのが習慣になっているのですが、スタバって勉強してたりパソコンしてたりする人がかなり多いですよね。
今日、初めて、パソコンにゲームのコントローラーを繋げてゲームしている人を見ました。
衝撃です(;・∀・)
まあ、何をしても自由なのかもしれませんが、なんかちょっとなあと思いました。
家に篭ってゲームをするよりは健康的.....なのか?




クラシックリディアも戻ってきました。

前走1200mを初めて使ってみましたが、スタート一息なのもあって流れに乗れず惨敗。
距離はもう少しあったほうが合いそうという印象を持った一戦でした。

石坂師はさてどこを目標に仕上げますかね。
距離は戻すのか?
ローカルが新潟、福島なので復帰戦は京都での出走にはなると思いますけどね。
京都→中京という形でも良いと私は思います。
出来ればうまく逃げられるようにマイルくらいを使って欲しいな。

.....でも、調べたらあまり良いレース無いね。

 ①2016.10.30(日) 京都 平場 芝1600m
 ②2016.11.06(日) 京都 平場 芝2000m

①は再来週だからしっかり調教をしてからの石坂厩舎では狙わなそうだし。
②だと距離延長しすぎ?
もしかして、ダートという線もあるのかな。

aaaaa_20161016124138549.png

圧倒的に芝向き産駒が多いようですが^^;


あとはレースで430㌔前後だったのが牧場で460㌔とのことですし、多少増えてパワーアップできていればと思います。

復帰戦から見どころあるレースをしてくれれば良いな。

◆クラシックリディア
10/13 石坂厩舎
12日に栗東トレセンへ帰厩しました。13日は軽めの調整を行いました。
「夏場の疲れをじっくりと癒やして、水曜日に帰厩させました。今朝は坂路を軽く上がっています。少し休みが長くなったので、まずは15-14ぐらいのところを乗っていってどのあたりを目指していけるか考えます」(石坂師)

10/11 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続きトレッドミルを併用しつつ、坂路では15-15に近いところもコンスタントに取り入れ始めています。じっくりと動かしてきて心身ともにフレッシュないい状態と言えますし、厩舎サイドとも話をして、今週中に帰厩ということになりました」(NFしがらき担当者)

10/4 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も引き続きトレッドミルを併用して乗り込んでいますが、坂路では終い15秒ぐらいまで伸ばすような調教も取り入れています。このまま、コンスタントに15-15を取り入れられるようになれば、また移動の話もしていけると思います」(NFしがらき担当者)

9/27 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、トレッドミルも交えながら乗り込みを行っています。ハロン17秒程度とペース自体はまだ変わっていませんが、じっくりと進めているおかげで少しずつ状態は良くなってきてくれていますよ。気性面を考慮して今後も馬に合わせて焦らず進めていくつもりです。馬体重は460キロです」(NFしがらき担当者)

9/20 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週に引き続き、周回コースと坂路で普通キャンター程度の調教を進めています。まだペースを上げていませんが、気性的にピリッとしたところもある馬ですし、無理に速い調教を取り入れる必要もないだろうと考えています。どちらかというとリラックスして調教に取り組んでもらいたいですし、トレッドミルで体を解すような調整も取り入れて進めているところです」(NFしがらき担当者)

9/13 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間から坂路では普通キャンターペースで動かしており、引き続きトレッドミルも併用して調整を行っています。様子を見ながら少しずつ負荷を強めている段階ですが、しっかりと運動量を確保することで体が大きく緩むこともありません。体調面の問題もなく、今のところは順調に進めることができています」(NFしがらき担当者)

9/6 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間も軽いペースでの騎乗調教とトレッドミルを併用してじっくり動かしています。負荷は軽いものの、運動量はしっかり確保するように心がけていますし、変に緩んだところはなくまずは順調に進められていますよ。この後も状態を見ながらペースを上げて行ければと思います」(NFしがらき担当者)

8/30 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「ここまではトレッドミルを中心とした調整を行ってきましたが、体調面も特に問題なさそうでしたのでこの中間から騎乗調教を開始しています。周回コースと坂路で軽く動かしているところですが、反動が出ないようならば少しずつピッチを上げていきたいですね。馬体重は447キロです」(NFしがらき担当者)

8/23 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「引き続き、トレッドミルを中心とした調整を行っています。暑さに堪えた様子もなく、この中間もキャンターペースでしっかりと動かすことができています。ただ、あまり一気にペースを上げると今度は反動が心配ですから、今後も体調面と相談しながら無理をしない程度に少しずつ進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

8/16 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「この中間もトレッドミル中心にしっかりと動かすようにしています。特に大きな疲れなどは見せていませんが、ここ2~3週はかなり暑い日が続いていますので、あまり負荷をかけすぎないように体調を見ながら進めているところです」(NFしがらき担当者)

8/9 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後はウォーキングマシンで軽く動かしつつ馬体のチェックを行い、現在はトレッドミルでの調整を続けています。大きな疲れがあるわけではないのですが、暑い時期に小倉への輸送をした後でもありますから、体調などは慎重に見ていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

8/4 NFしがらき
3日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬は出遅れが敗因とはっきりしていますし、それほど悲観はしていません。レース後は大きな反動を見せているわけではないので続けて使っていくことも考えていたのですが、暑い時期でもありますし、ここは無理をさせずいったん放牧に出して秋を目指すのが得策だろうと判断しました」(石坂師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する