Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

シンハライトの屈腱炎長期離脱は大きなニュース。
とても残念です。
出資者の皆様も当然と思いますが、ショックに思っている方は多いと思います。

原因は特定できないとは思いますが、重馬場のローズステークスで33秒台の末脚を出したことも一因にある気がします。
馬が強すぎてそれだけの末脚を発揮してしまったということではあると思いますが、そういう馬場にしているのも問題だと思います。
3歳春のチューリップ賞で1:32.8、そして馬は違いますが2歳春のクイーンカップで1:32.5。
このような時計が出る馬場は披露を蓄積させる要因になっていると思います。
実際にチューリップ賞の1、2着が屈腱炎、骨折、クイーンカップの1着が左トモの痛みを発症しているわけですから。

時計が速いことと脚元への影響は因果関係はないとJRA造園課は言うでしょうけど、因果関係があると言い切れないのと同じで、完全に無いとも言い切れないと思います。

シンハライトも1年はかかりそうということですが、同じ屈腱炎のファドーグも1年くらい掛かりそうという情報があります。屈腱炎とはまだ判断されていないけど間違い無さそうなマイティーキュートも1年くらい掛かってしまうのでしょうか・・・・・。




しばらくケルシャンスについて書いていませんでした^^;

ケルシャンスは7月の福島でダ1700mを試してみて4着。
その後は休養していました。

復帰戦は福島ではなく新潟を目標にするとのこと。
新潟だとダートであればダ1200mかダ1800m。
ダ1700mである程度の結果を出したとは言え、小回り福島。新潟でダ1800mだと、また勝手が違うように感じます。
ということは、ダ1200mなのかな?

減量を使っても使わなくても今ひとつ押しが足りないというか今一歩な成績になってしまうケルシャンスですが、新潟であればリーディング上位を確保していただくこともなかなか難しいと思いますので、目標が定まったら前もって良さそうな減量騎手を確保しておいて頂くのもアリだと思います。

良さそうな減量騎手って誰だろう?
JRAの若手騎手一覧でざっと見てみたけど、軒並み複勝率1割以下で依頼したいって思えるのがほとんど居ない.....(;・∀・)

JRA:若手騎手一覧
http://www.jra.go.jp/datafile/meikan/young.html

◆ケルシャンス
10/5 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「坂路では15-15かそれを上回るペースで乗ることができているように、この中間も順調に調整を進められていますよ。継続して乗ってきたことでいい意味の前向きさが少しずつ見られるようになってきました。この調子で動かしながら帰厩に備えていきたいですね。馬体重は453キロです」(天栄担当者)

9/27 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じっくりと乗り込んできていますが状況的には悪くないですよ。新潟へ向けてこちらでもさらに調整のピッチを上げていこうと思っていますし、移動に備えて体調もしっかり整えていこうと考えています」(天栄担当者)

9/20 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「まずまずの状態になってきたかなと思えたことから先日加藤調教師と相談をした結果、次の目標を新潟あたりに置くことになりました。その裏では東京開催も行われていますからもしかするとこちらに変わることもあり得るのかもしれませんが、時期的には10月半ば以降ということになりますので、こちらでも逆算して調整を進めていこうと考えています」(天栄担当者)

9/13 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「いくらか硬さを見せる馬ですが、解すようにじっくりと乗り込んでいますので状態的にはまずまずかなと思えます。秋競馬へ向けて少しでも状態を上げていきたいところですし、移動の声がかかるまでの間しっかりと調整をしていきたいです」(天栄担当者)

9/6 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「ちょっと硬さも見られる馬なので慎重に調整を行っています。理想にはまだ足りないかなという印象も受けるので、もう少しはじっくりと調整をしていって、その後にトレセンへ送り出せればと思っています。馬体重は451キロです」(天栄担当者)

8/30 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「少しお時間をいただいてじっくりと乗り込みを行っていますし、継続して動かしながらさらなる良化を図っていこうと考えています。毛ヅヤ、馬体の張りなどさらに良くできるように持っていければ理想的ですから、引き続きしっかりと調整していきます」(天栄担当者)

8/23 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「加藤調教師から入厩の打診が来たのですが、比較的順調に乗れてはいるものの、本音としてはもう少しは期間がほしいということもあり、あとちょっと期間をいただけませんかというお話をさせてもらったところです。秋競馬には問題なく向かえるとは思いますが、少しでも状態を上げてからトレセンへ送り出せればと考えています」(天栄担当者)

8/16 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じっくりと乗り込んでいますが、良い意味で変わりはなくまずまずの状況にあります。おそらく夏の間は無理しないでしょうし、秋半ば以降くらいの出走をイメージしながら動かしていければと思っています」(天栄担当者)

8/9 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間もじんわりと動かすようにしていますが、良い意味で変わりありません。時には坂路にも入れて15-15以上のところも出していこうかなと考えていますが、やりすぎて硬さを残してしまっても意味がありませんし、コンディション重視で乗り込んでいきたいですね」(天栄担当者)

8/2 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。
「レースを見ている限りだとちょっと硬いかな、堪えて帰って来るのかもしれないなと感じていましたが、一時の疲れだけで、思っていたほどガタッとは来なかったですね。それでもあのまま無理をしているとガクッと来ていたかもしれないですから、このタイミングでのお休みはこの馬にとって良かったのではないかなと思います。今は普通に乗れていますが、あまり慌てても良くないでしょうし、じっくり調整をしていければと考えています。馬体重は448キロです」(天栄担当者)

7/26 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週帰ってきて様子を見ていますが、多少の疲れは感じました。それでも、いくらか硬さを見せたものの毛ヅヤ自体は以前よりもいいので、競馬の疲れをしっかりとケアしていければ、このままベースアップにつなげていけるかもしれません。何とかいい形に持っていきたいです」(天栄担当者)

7/21 NF天栄
21日にNF天栄へ放牧に出ました。

7/20 加藤征厩舎
20日は軽めの調整を行いました。
「先週は新たな一面を見い出せればと思いダート1700m戦へトライしてみましたが、最高の結果にはならなかったですね…。4コーナーを回ってくる格好から一瞬オッと思いましたし、やれる条件でもあるのかなと思いましたが、脚の使いどころの難しさは相変わらず見せていましたね。良い競馬をしていますから、あと少しのところまで来ているので展開ひとつではないかなと思います。権利を獲ってきたのですが、2回使った今はややお疲れ気味にも見えます。この暑い気候の影響もあるのでしょうし、ケルシャンスなりに走ってきているのでしょう。もう少し回復具合を確認して今後のことを判断するつもりです。グッと上向いてくるようならば考え直すかもしれませんが、今の様子ならばここはひと息入れることになるかなと思っています」(加藤征師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

No title

いやー若手騎手競走でもなければそうそう減量(除く石川)は使わない先生でしょ。
菊沢息子がケルシャンス騎乗したのがむしろ例外的です。
個人的にはNGに近い感覚になっちゃってますね・・・

  • RYO #- - URL
RYOさん

RYOさん、こんにちは。

そうなんですね?

確かに見直してみるとあまり減量は使ってないですね。
坂井瑠星を最近使ってみたようですが。
石川裕紀人ももうすぐ減量取れちゃいますからね.....

厩舎の成績向上のために若手は使わないつもりなのかな。
小さく見ると良いことと捉える人もいるかもしれませんが、
競馬界全体を考えるとどうなんでしょうね。

  • まこと #GCA3nAmE - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する