Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

金木犀(キンモクセイ)が香る季節になりましたね。

地元に居た頃はほとんど嗅ぐことがありませんでした。
東京に出てきてからは至る所でこの匂いに遭遇します。
植えている人が多いのでしょうか。

うっすら香る程度だとまだ良いのでしょうけど、シーズンになるとキツさが増してちょっと苦痛になるんですよね^^;
会社の周りにもあるのですが、仕事で疲れて帰ろうとしている時に強烈にくると、悲しくなる時があります^^;




3ヶ月のリフレッシュ放牧明け。
来週の牝馬限定戦を目指しているクレオールです。

この秋の狙いは東京→福島の転戦。
休み前の福島ダ1700mで0秒3差の成績があるので、叩いた上積み込みでそこでの勝ち上がりを狙っているところでしょう。

宮崎北斗が志願しての調教騎乗ということですが、武藤厩舎は宮崎に依頼することも結構ありますので、これはレースも乗せてくださいよという営業であり、レースでの騎乗も宮崎になる可能性がかなり高いということでよろしいでしょうかね^^;

津村と宮崎。

今年5勝で93位、勝率.006の宮崎。
今年21勝で39位、勝率.047の津村。

どちらが良いと言われれば、成績からは断然津村と言ってしまうのですが、どっちもどっち。
上手く乗れば勝ち負けできる馬なのですから、(別の)上手い騎手に乗ってもらいたいところです。

しっかりと最低限権利を取って、狙った福島のレースに出走できるようにしてほしいです。

◆クレオール
9/29 武藤厩舎
28日は軽めの調整を行いました。29日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒7-52秒7-38秒7-12秒9)。
「先週入厩してきて徐々に動かしていますが、順調ですね。体調のほうも変わりはないですし、さっそく乗っていますよ。天栄でしっかりと乗られていましたし、こちらで何本もやり込む必要のない状態に映りましたから、今週と来週はサッと動かすことで競馬へ向かえる態勢は整うのではないかなと思っています。そこで、天栄へ行った際の調教にも乗ったことがあるらしく、ぜひ乗せてもらえないかと言ってきた宮崎北斗に今朝の調教を任せることにしました。我々とは別目線で見てもらい、追い切りの感触で仕上がり具合を再確認したいということもありましたから、彼に追い切りをお願いしてポリトラックを単走で走らせ、終いを伸ばしてもらっています。見る限り動きは悪くないなと思っていましたが、北斗の感想もいいもので、来週1本でおそらくレースへ向かうのは問題ないと思いますという話でしたよ。週末にどの程度動かすかはこの後の様子次第になるものの、来週整えてレースへ向かうようにしたいですね。鞍数がたくさんありますからどれにしようか悩むところですが、牝馬限定戦が2鞍ありますから、まずはそこがメインになるでしょう。マイルがベターかなとも思っているのですが、そこにはちょっと骨っぽい馬がいるような話なので、1400mを本線に状況を見ながら他も含めて最終的に判断したいと考えています」(武藤師)
状況如何では変更になる可能性もありますが、今のところ10月9日の東京競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に出走を予定しています。

9/22 武藤厩舎
22日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「前走後は天栄でじっくりと乗り込んで、秋競馬に備えてもらっていました。秋の福島から逆算してできれば4回東京を使おうということになりましたので、このタイミングで帰厩させていただいて明日からさっそく調整を進めていこうと思っています。もちろん勝てば福島ではなくまた別プランを考えることになるわけですし、そうなってくれることに期待もしつつしっかり調整していきたいですね。目標はまだ決めていませんが、東京の前半戦を狙っていければ理想的と思っていますよ」(武藤師)

9/20 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じっくりと乗り込んできていますが、まずまずの状況にありますよ。この感じならば次の東京前半戦を目指すことができると思いますし、そのつもりで移動のことも踏まえて武藤師と相談をしていければと考えています」(天栄担当者)

9/13 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も不安な面を見せるようなことはなく乗り込めています。坂路で速いところを行う時は基本14-14あたりをベースにしていますし、時にはもう少し速いところも織り交ぜつつ負荷をかけていますよ。このまましっかりと乗り込んでいってそう遠くないタイミングで出てくるであろう移動の話にスムーズに対応できるようにしたいですね」(天栄担当者)

9/6 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じわりじわりと乗り込みを行ってきていますが、コンディションは良い意味で変わりないですね。毛ヅヤ等を見ていてももっと良くなるとは思いますが、悪くもなっていないので、何とかこのまま状態を上げて競馬へ向けてトレセンに送り込むことができればと思っています。馬体重は483キロです」(天栄担当者)

8/30 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「いい意味で変わりありませんよ。もっとパンとしてきてくれればより良いのですが、この馬自身の体調は悪くなく、これからさらに良いものにしていければ秋も恥ずかしい競馬にはならないのかなと感じています。先日、武藤調教師と話をして東京を使ってから福島へ向かうプランをベースにしていきましょうということになりましたので、そこへ向けて調整を続けていきます」(天栄担当者)

8/23 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じわりじわりと乗り込んでいるところですが、状況としてはまずまずと思えますね。これからの動き次第ではあるものの、今の感じならば福島を本線にしつつ、その前に一回使うということもできそうです。そのあたりはもう少し乗り込みながら詳細を詰めていければと思っていますし、武藤師と相談しつつ進めて行きます」(天栄担当者)

8/16 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も乗る日と軽めの運動の日を交互に取り入れるなどしながら、メリハリを付けつつ調整を進めています。まずまずの状態ではありますが、ベースアップも図りたいので、今の感じからすると競馬は10月後半から11月くらいを目標にしていければいいかなと考えています」(天栄担当者)

8/9 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じわりじわりと乗るようにしていますが、今のところはガクッと疲れを出すこともないですし、大きな問題を見せることなく調整を進められています。スムーズなのは良いことなのですが、だからと言ってまたすぐに使うということはせず、さらなるレベルアップを図れるように今回はじっくりと調整をさせていただければと考えています」(天栄担当者)

8/2 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「使い込むと体が萎んでしまいがちな馬なのですが、今回はそこまで細化も見られなかったですし、立ち上げ自体は比較的順調と言えるかもしれません。ただし、そこでドンドンと強い調教を課していきすぎると馬がへこたれてしまい、苦しさばかりが目立ってしまうことになるので、そのあたりは時間をかけつつじっくりと乗り込むようにしています。イメージ的には秋の半ばくらい、福島があるあたりをピークに持っていければというイメージを持っていますし、少し時間をかけてベースをつくってより良い走りをさせられるようにしていきたいです。馬体重は465キロです」(天栄担当者)

7/26 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「こちらで調整をしている限りではもうひとつかなぁ…という状況でしたし、今回2回使えるかどうかも心配だったのですが、無事に使え、ガタッとまではしていない状態で帰ってきてくれています。少しずつではありますがベースアップできているのかなと感じますね。ただ、だからと言ってこのままドンドン使っていくと逆戻りしてしまい、体が辛い状態になってしまいかねませんので、適度に間を空けながら使っていければと思っています。今回はしっかりと期間を取って調整させていただいて、秋半ばくらいから改めて競馬へ向かっていけるようにできればと考えています」(天栄担当者)

7/20 NF天栄
20日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週の競馬は残念で悔しい結果となってしまいましたが、力を再確認できた内容でもあったと思います。あの展開のなかで前々につけての結果であればちょっと悩んでしまいますが、展開不向きと思える中で外々をまわり追い上げてくる格好を見せてくれましたから、これならばこのクラスのこの舞台でも十分に戦えると思います。それでも続戦する中で着順をおとしてしまいましたし、この暑い気候の中でさらにと求めてしまうとさすがに馬にとってはつらいでしょうから、このタイミングでしっかりとリセットさせられればと思います」(武藤師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する