Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

結果は仕方ないと思いますが、乗り方に難ありがたくさんあるように見えました。
3レースとも気になるところ書いてしまっているので、気に入らない方は見ないようにお願いします。
素人がプロのやっていることに文句言うなと言われてしまいそうですが、やはり思うことは書かせていただきたい。
相手がプロだから求めることも有ります。


8/28(日) 札幌10R クロムレック(G.ウィリアムズ)→7番人気7着
8/28(日) 小倉11R アカネイロ(北村友)→3番人気8着
8/28(日) 新潟11R アンジュシャルマン(鮫島駿)→10番人気10着


■クロムレック
+10㌔で540㌔で過去最高。
公式では500㌔と嘘情報になっていますが(;´∀`)

戸田師は「ズブいところがあるからそれを踏まえて乗ってきて欲しいと伝えるようにしていた」とコメントしていますが、戸田師って話し下手というか伝えるのが下手なんですかね?前にも同じようなことをコメントをしていましたよね。外人だから、とか、そういう理由じゃなく、日本人ジョッキーでもそういうことがあるので、伝え方の問題だと思います。

そのせいか分かりませんが、ウィリアムズも下手でしたね。
せっかく好スタートを決めたのになぜか引っ張って抑えていました。あれがなく2~3番手で最終コーナーを回っていたらもう少し違っていたように思うんですけどね.....

というか、ウィリアムズって下手になりました?
昨年も札幌で騎乗して散々な成績。
乗っている馬の能力もあるかもしれませんが、今年も2着はあるものの結果は残せていません。

思った以上に牧場にいた時から体重は減らしてもらっていたので、期待していたんだけどな。
うーん。

◆クロムレック
8/28  札幌競馬場
28日の札幌競馬では道中前目を追走して直線へ。最後まで脚を使っているもののジリジリとした伸びで7着。
「ゲートはしっかりと出てくれましたし、道中はまわりの動きを見ながら悪くない位置を追走することができたと思います。直線ではより切れる馬に先着を許したものの、この馬自身もしっかりと脚を使ってくれています。ベストな着順とは言えませんが、この馬の力を感じましたよ」(ウィリアムズ騎手)
「ジョッキーにはズブいところがあるからそれを踏まえて乗ってきて欲しいと伝えるようにしていたのですが、見た印象としてはちょっと慎重でしたね…。窮屈なところがあったからなのか、唸るような元気の良い走りをしていたからなのでしょうが、もう少し気分良く走ることができていればもうちょっと際どかったかもしれませんし、その点は歯がゆくもありました。芝がまったくダメとは感じなかったのですが、ダートより良いのかどうかは今日の走りだけだと判断しかねるところなので、今後どうするかは改めて考えていこうと思います」(戸田師)
久しぶりの芝の条件になりましたが、そこまで戸惑わずに追走することができたと思います。決して満足いく結果ではなかったものの、もう少し展開が噛み合えばより差を詰めることはできた印象もありますし、今後の巻き返しに期待したいものです。この後はレース後の状態をしっかりと確認してからになりますが、秋開催を見据えて本州移動を考えていきます。



◎アカネイロ
レースのみ確認。
+6㌔で500㌔でしたが、滞在競馬ということを考えると増えすぎず良かったと思います。

今回の敗戦理由は間違いなく一番悪いのは雨でしょう。

でも、北村友の乗り方もやはり褒められたものではなく、指摘したい点がたくさんです。

「手綱を抑えているイメージがあった」とありますが、せめて前走のレースだけでもちゃんと見てくれませんかね?
川田がどこで手綱を抑えているんでしょう?抑えるんじゃなく、馬なりで走らせてあげることが大事なのではないでしょうか。
手綱を抑えたばっかりにスタートは普通だったのに位置取りがかなり悪くなってしまいました。

そもそも末脚勝負馬ではないですし、少頭数でペースが落ち着きやすいこと、そして何より1枠1番を考えると、後ろに下げるという選択肢は無かったはずです。

最初に書いた通り、雨で馬場が全く合わなかったというのが最大理由と思っていますが、それでも「勝ちたい」「馬を勝たせよう」という気持ちがあれば、もう少し積極的なレースをする姿勢は見えたはずです。積極性のかけらもない、勝たせる気持ちが見えない騎乗で本当にガッカリです。

今回間隔を詰めて使ったので放牧でしょう。
3月末までにあと何戦使えるのかなぁ.....

◆アカネイロ
8/28  小倉競馬場
28日の小倉競馬ではまずまずのスタートから道中は中団を追走する。馬場の影響もあって終始手応えに余裕がなく、最後まで伸びは見られず8着。
「乗せていただくのは初めてなので比較はできないのですが、この馬はいつも折り合いを気にして手綱を抑えているイメージがあったんです。ただ、向こう正面あたりでは出していかないと進みませんでしたし、勝負どころではそれ以上にエンジンを吹かさないといけませんでした。これだけ追いどおしだとさすがに直線に向かう時はもう一杯になっていましたね。こんな馬場はどうかなと思っていたのですが、実際は脚を取られて推進力を欠くような感じになっていましたから、きれいな馬場なら違ったはずです。申し訳ありません」(北村友騎手)
「うーん、血統的にこういう馬場でもこなしてくれると思っていたんですけどね…。いざ競馬に行くと馬場に脚を取られて流れに乗ることができませんでした。滞在させて格上挑戦させていただいたのに結果を出すことができずに申し訳ありません。この後はトレセンに戻して馬体を確認してからになりますが、厳しい条件の中での競馬となりましたし、一度放牧に出してリフレッシュさせてあげるつもりです」(清水久師)
稍重程度ならこれまでこなしてくれていましたが、今日は大雨の影響で今までに経験したことのないほど馬場が悪化してしまい、この馬らしさがまったく見られずに終わってしまいました。この後は一度放牧に出す予定ですが、今日が決して力負けというわけではありませんし、仕切り直してからの巻き返しに期待したいと思います。



◎アンジュシャルマン
レースのみ確認。
体重は+6㌔で486㌔。

レースを見る限り能力が足りなかったことも否めませんが、このレースも騎乗に疑問があります。

まず、出遅れ気味に出た後に少し行きたがったところを引っ張って、少し掛かり気味になっていました。ペースが落ち着いていてポジションを上げたかったところを喧嘩している感じに見えました。で、外々を回って追走し、最終コーナーも大外をおもいっきり回しているのに直線は狭くなっている内に入って気持ち良く脚を伸ばせる形にしなかったのは大きな疑問です。

なんのために毎週のように調教に乗ったのでしょうか。
アンジュシャルマンの状態やどういう乗り方をしたら良い馬なのか.....というのを知るためではないのでしょうか。

「直線ではよーいドンの形になってしまい」というのは2戦目の馬が多い2歳重賞では普通にあることですし、直線が長い新潟外回りのマイル戦なら更によくあることだと思うんですけどね。レースが進む中において、それに対する柔軟性も無かったようですし、本当に残念です。

調教に乗ってくれることはありがたいと思います。彼もチャンスを逃したくないでしょうし。でも、それをレースで活かすことが出来ないのであれば乗ってもらいたくないのが本音です。2年目で騎乗技術も判断能力もまだまだかもしれませんし、長い目で見てあげなければならないのかもしれませんが、馬の現役期間は短いわけで、その短い期間に良い成績を上げてもらうためにはしっかり判断してくれる、馬の能力を発揮させてくれる騎手に乗ってもらいたいと思うのが普通ですよね。

今年の晶三厩舎の勝ち星の半分以上を鮫島駿が上げるいることで、今後も主戦として使っていきたいという思いがあるのであれば、晶三厩舎はちょっと敬遠していかなければなりませんね。

◆アンジュシャルマン
8/28  佐々木厩舎
28日の新潟競馬では中団後方からじっくり進めて直線勝負。ジリジリとは伸びてきているものの上位馬の勢いには及ばず10着。
「折り合い重視で進められればと考えていましたし、勝ち馬の後ろでスムーズに進めることができたと思います。ただ、直線ではよーいドンの形になってしまい、瞬発力の差が出てしまいました。頂いたチャンスをモノにしたかったですから非常に悔しいです。申し訳ありませんでした。今日は結果を出すことはできませんでしたが、デビュー戦の内容からも先が楽しみな馬だと思いますし、また今後に期待したいですね」(鮫島駿騎手)
「状態面は悪くはなかったとは思うのですが、だんだんと上がってきてようやく整ったかなという状況でしたし、順調さの違いも影響したのかなと感じましたね…。勝ち馬のすぐそばにはいたので現段階での切れ味という点でも微妙に相手が上回ったところもあったのでしょうが、まだキャリア2戦目です。決めつけるには早すぎますし、ここを使ったことでまたグンと良くなってくれるはずですよ。楽しみにしていただけに結果を出せず申し訳ありませんが、また良い競馬ができるようにしっかりと調整していきます。今後の詳細については様子を見たうえで判断させてください」(佐々木師)
ここを目標にしてしっかりと調整をされてきましたが、動き切れなかったのかポジションがやや後ろ目になり、最後は切れ味勝負になった分だけ負けてしまった印象です。ただし、まだまだキャリアが浅くこれからの馬です。初戦は綺麗な馬場ではなく、今日のような馬場は初めてでもありましたから今回の経験を次に活かしてまた良い走りを見せて欲しいと思います。前走後に疲れが出たこともありますし、まずはレース後の状態をよく確認してから今後について検討していきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する