Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

3歳出資馬ですが、再優先のサーブルオール、母優先のマイティーゴールド、クラシックリディアは新馬勝ちしてくれたのですが、残る2頭グースベリーとスパークルライトは未勝利で出走することすらままならないというかなり厳しい状況です。


グースベリーはまず左回りしかダメということで出走競馬場が限定されるのですが、馬格がある割に続けて使うことも出来ずに1走毎に2ヶ月程度間隔を空けて使っていました。前走後もリフレッシュが必要ということで放牧。1.5ヶ月経過してやっと帰厩。その後調整で頓挫。
休養期間は3ヶ月ということで2ヶ月おきに走る馬ということを含めると、次がラストチャンスです。
正直ここまで走らない馬には見えなかったんだけどなぁ.....(´Д⊂

「このお休みを何とか良いものにして」とありますが、ここまで休み休み使ってきたのに休みを良いモノに出来ていないと思います。レース振りに進展があるわけでもありませんからね。それなのにこういうコメントって結構適当だなと感じてしまいました。

馬体がよく見えても走らない....これは父ワークフォースの影響もあるのかな。
先日やっとクィーンズベストが2勝目を挙げましたが、2勝はこの馬のみ。
ダービーの週で、勝ち馬率.208、アーニングインデックス0.18はかなりダメでしょう。
父Kingmamboのキングズベスト産駒のワークフォース。同じ父のエイシンフラッシュがダービーと天皇賞秋を勝ったので、日本に適性がある程度はあるのではと思ったのですが、ね。
残念です。

aaaaa_20160527123615e41.png


◆グースベリー
5/25 大竹厩舎
25日は美浦坂路で15-15を行いました(59秒3-44秒5-29秒5-14秒2)。
「入厩して少しずつ様子を見ながら進めるようにしていたのですが、どうも捌きが良くなくて気になる状況だったんです。それで週末は無理をせず軽めの調整に留めていました。右前脚を気にしていたので治療にあたっていたところ、いくらかいいかなと思える様子でしたので、今朝は本当に無理をしない程度にサッと坂路へ入れてみました。しかし、調教後の上がりの歩様を再び悪く見せました。獣医さんに確認をしてもらっていましたが、深管部分にあった骨りゅうが剥がれるような形になり、それがいたずらして痛みを生んでいるようです。この状況で無理をするとさらに痛みが大きくなって、良い走りもできません。未勝利馬ですし、これから1戦1戦が大事になってくるわけですが、それならばダメージ等を考えてもここは無理ができません。診療所の判断として、休ませるのであれば3ヶ月の見舞金を出しますと言ってもらっていますので、ここはしっかりと不安をなくすためにも休養させたいと思います。3ヶ月後となると8月の新潟になります。口向きの兼ね合いから左回りを理想としていますし、そのくらいの時期になると出走間隔もそれなりに必要となってきますから、今のところそのときの新潟を本線に考えていければと思っています。精神的にも肉体的にも使い込みにくいところがある馬ですので、このお休みを何とか良いものにして1発で決められるようにしたいですね」(大竹師)

5/18 大竹厩舎
18日は軽めの調整を行いました。
「新潟を目標にするプランもあったのですが、ちょっと時間的に足りなさそうだったので東京に目標を切り替えて調整を進めてもらっていました。前走の内容から考えて次は芝に戻そうかなと思っていましたし、いちおう東京の開催替わりの週に組まれている牝馬限定戦を目標に今週あたり戻すつもりでいたのですが、検疫が混みあっている中、先週の土曜日のものをうまく確保することができましたので早めに帰厩させていただいたんです。それで時間的な余裕もありますし、こちらではまず身のこなしなどをしっかりと確認しつつ、必要と思える箇所へのケアを行いながらこの後の調整へつなげていくようにしています。今朝は馬場に入ってゆったりとしたキャンター調教ですね。深管部分に骨りゅうがあって、天栄で調整している時にいくらか気にしたことがあったということでしたから、こちらでも慎重に確認しながら調整していきたいと思います」(大竹師)

5/14 大竹厩舎
14日に美浦トレセンへ帰厩しました。

5/11 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「用心しながら調整を進めてきましたが、段々と上がってきてそろそろ競馬を考えていけそうな状況になってきましたよ。新潟をひとつの目標にしていたのですが、期間的にギリギリになってしまったので大竹師と相談をして6月を目標にレースを考えていただけませんかという話はさせてもらっています。具合はいいと思いますし、走りのバランスもこの馬としてはまずまずのものになっていると思いますから、何とか前進できるように引き続き調整をしていってトレセンへ送り出したいです」(天栄担当者)

5/4 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続き脚元の状態、歩様の様子をより慎重に確認しながら調整をしています。幸い、大きな変化を見せることはなく調教を積むことができていますし、今のところは順調と言えると思います。まだ具体的なことは決まっていませんが、何とか態勢を整えていい状態でレースへ向かえるようにしたいですね」(天栄担当者)

4/27 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でキャンター調整を取り入れています。
「この中間にちょっと前捌きに気になるところを見せていたのですが、深管に小さい骨瘤があってそれがちょっと筋に触れて気にしたようなんです。ただし、大きく影響するほどではないので、様子を見ながら動かしています。馬体重は501キロです」(天栄担当者)

4/19 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「一時は疲れが特に溜まっていた背腰や後肢への負担を考慮してコース調教をメインに行っていましたが、少しずつは良くなってきた印象なので坂路での乗りを取り入れ始めていますよ。それでも負担がかかり過ぎてはいけませんから、今後の状態をしっかりと見ながら地道に前進させていければと思っています」(天栄担当者)

4/12 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「全体のバランスを見ながら調整を行っています。順調ならばすぐに使うプランもあったようなのですが、特に背腰の部分にダメージがあって、まだその傷みが抜けていない状況ですから、回復させるのにもう少し時間がほしいですね。厩舎長も調教師も同様の見方をしていますし、今回は権利に固執せず、馬の状態が上がってきたころを見計らってまた詳細を考えていくことになりそうです」(天栄担当者)

4/5 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週こちらに帰ってきて精神面、内臓面を含めて肉体面のケアをしっかりと行うようにしています。軽く乗り出してはいるのですが、今いちばん気になるのは体で、背腰の疲れを感じさせることですね。先週末に大竹調教師が来場されて実際に見て行かれましたが、筋肉が硬くなっていますし、如何にケアをして疲れを抜いていけるかがポイントになってくるかと思います。権利内で使うかどうかは状態次第ということですが、現状では何とも言えないという感じで、もう少し様子を見たうえで判断することになりそうです」(天栄担当者)

3/30 NF天栄
30日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週の競馬はダートの走りこそ決してダメではなかったものの、最後に踏ん張りきれませんでした。レース後は丸田ともよく話したんです。前々で気分良く運べることに越したことはないものの、難しさもあるのでこれがベストと一概には言えないですし、溜める競馬などいろいろ変化をつけて試してみるのもありかな、と思っています。左回りは悪くないのでそれに拘らせていただいているのですが、悠長に構えていられる立場ではありませんから、勝ち切るまでには条件や戦法など今後もいろいろ探りつつ、何とか前進を図っていきたいですね。レース後に美浦に戻って来てからはあまり元気がなく、カイバも残してしまっていました。カイバ食いは昨日から少しずつ戻っているのですが、さすがに見た目にも馬体は減ってしまっているので、無理はせず、内臓面を含めてリフレッシュ期間を設けることにしました。天栄での様子を見ながらにはなるでしょうが、できれば東京開催での出走を目指して調整してもらう考えです」(大竹師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

No title

ワークフォースは期待していたのですが、種牡馬としては失敗という感じになってしまいましたね。
Danzigやミスプロのような短距離血統が欧州で2400m指向になったような種牡馬はほぼ失敗になってしまいますね。
血統の飽和を回避する点からも、ノヴェリストには期待したいのですが。

ワークフォースはうちのシュネルギアも正直、もうギブアップかなぁと思っています。線の細さが解消されませんし、かなり厳しいです。
グースベリーはここでの休養は残念ですが、能力は示している馬ですし、何とか新潟で勝って欲しいですね。

  • Yuki #/.bpAT1M - URL
Yukiさん

Yukiさん、こんばんは。

ワークフォース私も期待していたんですけどね.....
思った以上に走る馬が出てない印象です。

>Danzigやミスプロのような短距離血統が欧州で
>2400m指向になったような種牡馬はほぼ失敗になってしまいますね。

そうなのかもしれませんね。
そういう意味で中長距離で日本で活躍したエイシンフラッシュ産駒がどんな馬を
出すのか注目したいと思います。

シュネルギアはリーチコンセンサスの初仔で楽しみにされていた方も多い馬。
初戦は差がそれほど無い形でしたし、勝ち上がって欲しいですね。

  • まこと #GCA3nAmE - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する