Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

今週出走予定ですが、今まで更新してなかった分をアップしますの、クレオールです。

マイティーハニー、エクストラペトル、ピンクブーケ、そしてクレオールと、4歳牝馬全てがクラス再編成前にトライするという状況になっています。先週はマイティーハニー、今週はクレオール、来週はエクストラペトル、再来週はピンクブーケと毎週トライすることになりそうなのでせめて一頭くらいは勝って欲しいです^^;

クレオールは前走出遅れて全く競馬にならない形での惨敗。
その前の東京ダ1400mでは良い末脚で追い込んで4着と勝ち上がることが出来る力は持っていそうなのですが、なにかしらの手助けが無いと勝ち切れないように感じるのも事実です。今週の東京ダ1600mは牝馬限定戦ではありますが、同じく降級することを狙ったこのクラスで実績ある馬たちが結構出走してきそうで厳しい戦いになりそうです。上記どの馬もそうなのですが、続けて使えないという弱さがありますからね。

マイティーハニー:7戦
クレオール:9戦
エクストラペトル:13戦
ピンクブーケ:6戦(地方含む)

と、エクストラペトルを除くと、出走数少ないでしょ・・・とぼやきたくなるくらいしかレースしていないのでね。
体質強くなってくれば、レースを使うことで成長するという形も取れるのですが、どの馬もそうなるには時間がかかりそうです。

来週にスライドするとエクストラペトルとガチになりそうなので、体調がかなり悪いということでないかぎり(コメント見る限り大丈夫そうですが)今週出走して欲しいと願っています。

◆クレオール
5/4 武藤厩舎
4日は美浦南Pコースで追い切りました(69秒4-53秒7-39秒6-11秒2)。
「少し時間をかけて天栄で立て直すように調整をしてもらっていました。牧場の感触としてはもっと良くしたいという気持ちもあったようなのですが、競馬自体は考えられそうということでしたし、トレセンでの追い切りが3本前後くらいでレースへ向かえる態勢は整っているということでしたので、先週末に戻させていただきました。帰厩後数日はじっくり動かしながら状態を探っていましたが、まずまずだったので今朝から動かし出しています。馬場が悪いですし、トモへの負担も考えてポリトラックコースでの追い切りを行ったのですが、終いに動かした時の伸びはまずまずでしたよ。動きだけ見れば普通に好走してくれても不思議じゃないのになぁ…と思うくらいでした。もっと良くなる余地はあるのでしょうが、今日の動きを見ていて競馬を考えられないということはないと思いますし、このまま予定どおり競馬へ向かっていきます。東京の牝馬限定戦をひとつの目標にしてトレセンに戻したのもありますから早ければ来週、もう少し欲しいと思えば再来週という形で出走を考えていきたいと思っています」(武藤師)
早ければ14日の東京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1600m)に出走を予定しています。

4/30 武藤厩舎
30日に美浦トレセンへ帰厩しました。

4/27 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「良化を図れるようにじっくりと無理なく動かしてきているのですが、もうひとつピリッとしきれない状況ではありますね…。ただ、4歳1勝馬ですし、夏前には1回でもチャレンジはしたいところです。自信を持って送り出せる状態とまではなかなか言えないのですが、少しでもいい状態に持っていき、何とか競馬を考えて行けるようにしたいですね。馬体重は472キロです」(天栄担当者)

4/19 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じわりじわりと動かしてきていて、今朝は坂路に入れて14-14くらいのペースで負荷をかけるように乗っています。悪くはないのですが、かといって物凄く良いよというわけでもないんですよね…。もう少ししっかりとして力強さが備わってきてくれれば理想的ですし、少しでもその理想に近づけられるように持っていければと思っているんです。そうはいっても4歳馬ですから、可能ならばクラス再編成がある前に使いたいということを武藤師とも話をしています。そう考えると、東京の後半くらいの競馬を目指していくことになると思います」(天栄担当者)

4/12 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「毎日強い調教を課すことはせず、日を選びつつじっくりと動かしてきていますが、15-15くらいはコンスタントに乗ることができているように、調整過程としてはまずまずかなと思えます。ただし、体のほうはトモを中心に少しでもパンとさせてレースへ向かえるようにしたいですし、もう少しこちらで調整をしてから送り出すことになるでしょう」(天栄担当者)

4/5 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でキャンター調整を取り入れています。
「少しずつですが調教を進めており、日によっては15-15前後くらいのペースでも動かしています。ただし、背腰を含めて体の張りなどを見るとまだ物足りないかなという印象を受けます。厩舎も慎重に考えていきたいと思ってもらっているようなので直ぐに競馬を考えていくのではなく、もう少し状態が上がってくるのを待ったうえで具体的な話しを詰めていきたいと思います」(天栄担当者)

3/30 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路で軽めのキャンター調整を取り入れています。
「先週の時点で感じられた背腰やトモの疲れは、時間の経過とともにだいぶ取れてきています。さすがにまだ探りながらではありますが、この中間からは馬場での軽めの乗り運動を開始しています。カイバ食いも良くなって馬体は増えつつありますから、この調子で馬体のケアと乗り込みをしっかりと行っていきたいですね」(天栄担当者)

3/22 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「背腰、トモを中心に疲れが見られる馬体のケアを入念に行いながら調整を行うようにしています。できれば春開催の競馬を目指していきたいと考えていますので、何とか体調を整えて再びトレセンへ送り出せるようにしたいところです」(天栄担当者)

3/15 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「続けて使うことは控えてここでひと息入れられました。競馬を目一杯に走れなかった分ダメージは少ないかもしれませんが、トモに疲れを溜めやすい馬なのでこちらでは用心してケアしながら動かしていくようにしています。今朝から乗り出していますが、さすがにまだ軽めのキャンター調整です。今後もよく観察していき、状態に見合った調整メニューを組んでいきます。馬体重は460キロです」(天栄担当者)

3/12 NF天栄
12日にNF天栄へ放牧に出ました。

3/9 武藤厩舎
9日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はやはりスタートで決まってしまって、力を発揮することができませんでした。特に内枠からの寄られ方がきつかったですし、可哀想に思うくらいでしたね。消化不良でしたから、すぐにでもこの悔しい気持ちを晴らしたいという思いもありますが、このまま無理に行って調子を落としては元も子もありません。続戦するならば中京開催なども見ながらになるでしょうが、輸送が付きまといますからね…。それでガクッと減ってしまったりするリスクも無いわけではないので、それならばここはグッと堪えて東京あたりに備えるという手があっていいのかなという気はしています。今は様子を見ているところですが、今のところはやや後者よりかなと考えています。その場合は少し間も空きますし、いったん放牧に出すことも検討していきます」(武藤師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する