Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

バレンタイン頂けず.....

2/14(日) 東京06R エクストラペトル(武豊)→8番人気8着
2/14(日) 東京06R クレオール(三浦)→11番人気4着
2/14(日) 東京10R フロアクラフト(柴山)→4番人気3着


■エクストラペトル
馬体重は+8㌔。
重めな感じをコメントで出していたので成長分もあるかもしれませんが、絞りきれていなかったのかもしれませんね。
でも、小柄だったエクストラペトルが450㌔台で競馬が出来たことは収穫と思います。

パドックは見ていないのですがイレ込んでいたようで、それが一番の敗因とコメントされていますね。
それほどイレ込むような馬に感じていなかったので戦後のコメントを見てビックリしました。

札幌で勝ち上がった時は滞在競馬も良かったのかもしれませんね。もしかしたら早めに北海道に移動して、函館→札幌で滞在しつつ成長を促していくのが一番良いかもしれません。出来れば降級出来るように春にもう1勝して欲しいと思っていましたが、ちょっと難しいかな?

◆エクストラペトル
2/14  加藤征厩舎
14日の東京競馬では五分のスタートから中団を追走。直線での追い上げを期待するもジリジリ脚を使うだけで8着まで。
「今日はイレ込みがきついのもあってか、いいリズムで走ることができませんでした。道中の息も上手く入りませんでしたし、厳しいレースになってしまいました。揉まれる競馬も良くなかったと思いますし、残念です。今日は精神面の影響もあるでしょうから次は見直したいですね」(武豊騎手)
「体調自体は良かったと思うのですが、今日はレース前からイレ込みが目立っていました。うまくなだめながらレースをしてくれたとは思うのですが、息使いの不安定さがあったというのはおそらくそういうレース前からのメンタル面の不安定さからしっかりと呼吸のリズムも整えられなかったのかなと思えました。そのあたりがまともであればまた違ったと思うのですが、体力的にも精神的にこのクラスで頑張れるように力を養っていかなければいけないのかもしれませんね…。少しガスを抜いてあげる必要があるだろうとは思っていますが、最終的にどうするかは少し様子を見て判断させてください」(加藤征師)
休養明け、そして久々の左回りで如何なる競馬を見せてくれるか期待は高まりましたが、テンションの高揚も影響して自分のリズムでレースを運ぶことができませんでした。このクラスでも十分に戦える力はあるはずですし、立て直しを図っての次走に期待したいところです。今後はレース後の状態を見た上で決めていきます。



■クレオール
馬体重は+8㌔。成長分でしょうか。

最後の脚は見応えありました。
直線向いた時に8枠の2頭に前に出られてちょっと不利を受けたように思いましたが、その後テレビが前に切り替わってしまいどのようなリカバリーをしたか不明なのですが、再度画面に出た時はその8枠の馬と差が結構ついた状態でした。でも、そこから一気の末脚で3着に迫った時はなかなか迫力がありました。

クレオールにはコーセイが合っているのかもしれません。
これからも出来る限り一緒に乗ってもらえればありがたいですね。

1400mも対応できたのは収穫ですね。
ただ、ダ1200mの馬とは思えませんし、この後どうするのでしょうか・・・。

◆クレオール
2/14  武藤厩舎
14日の東京競馬では道中後方でジッとして溜めを作り、直線では外からしっかりと脚を使って4着。
「この距離の流れだとちょっと忙しくなるのですが、下手に追いかけるとバタバタになってしまうでしょうから、この馬のリズム重視で進めました。そのため後ろからの競馬になりましたが、いい手応えで勝負どころを上がって行けましたし、直線ではこちらが考えていた以上にいい脚を使ってくれましたよ。今日はいい結果を出せず申し訳ありませんが、このクラスでも十分に対応してくれるはずです」(三浦騎手)
「休み明けではあったもののいい状態で送り出せましたし、相性のいいジョッキーでしたから余計に期待していました。道中はちょっと忙しい様子はあったものの、自分のリズムで運んで溜めを作ってくれたのは良かったですね。終いは確実に差を詰めてきて良さを見せてくれましたから、これを継続して結果につなげていきたいです。この後は続けて競馬を考えて行ければ理想的ではありますが、まずはレース後の状態をしっかりと見てどうするか判断していきます」(武藤師)
直線では先に抜け出した上位2頭からは離されたものの、それでも外からしっかりと伸びて見所を作ってくれました。上手く噛み合えばこのクラスでもやれる手応えを掴めましたし、休み明けを一度叩いてのさらなる良化、前進に期待したいものです。 この後はレース後の状態をしっかりと確認してから、続戦できるか判断していきます。



■フロアクラフト
馬体重は-2㌔、さすが古馬だけに輸送があっても変動が少ない。
パドックは毛艶イマイチも悪くない印象。

スタートまずまずから先手主張で掛からなければと思いましたが我慢が効きました。
道中も良い感じで走れているように感じましたし、直線も頑張りました。

勝ち馬は強かったですね。
ただ、最後の最後2着馬に詰め寄って差した......と思ったのですが、残念3着。
3着でも立派かもしれませんが、賞金的にも違うし、あそこまで行ったらね。
最後、腰を早く浮かしたせいか、柴山が戒告を受けていましたが、あれが無くしっかり追えていれば2着だったかもしれません。
やっぱり柴山なんだかなーです^^;

◆フロアクラフト
2/14  西園厩舎
14日の東京競馬ではまずまずのスタートから好位のインコースを追走する。直線では逃げた勝ち馬には離されたものの、終いまでしぶとく脚を使って3着。
「雨の影響で湿り気のある馬場だったものの回復傾向でしたし、枠を活かして内の好位に付けていきました。勝った逃げ馬を目標にいいリズムで運べ、終いもしぶとく脚を使ってくれましたね。さすがに勝ち馬は強かったのですが、力は見せてくれたと思います」(柴山騎手)
勝ち馬の強さが目立つ競馬にはなりましたが、フロアクラフト自身も持ち味を活かしてしっかりと上位争いに加わってくれました。これまでは外枠に泣くことも多かったのですが、しっかりと流れに乗ることができれば今日のような走りも可能な馬ですから、何とかもうひと華咲かせてはしいものです。この後はレース後の状態や番組を見た上で検討していきますが、問題ないようであればもう一戦する考えです。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

実は・・・・・

フロアクラフトの一戦、我が愛馬のインプロヴァイスも出走してたんです。なんせ半年ぶりの実戦なんで今回は・・・っと思ってましたがそのとおりになってしまいました。距離的にもあと一回ぐらいはガチありますかね~その時はどちらか勝てればいいですね。

  • シルク中山 #iqhSIKS2 - URL
シルク中山さん

シルク中山さん、こんにちは。

インプロヴァイズ出走していたの知ってました。
もしかしてコメントいただけるかな?と思ってましたよ(笑)

フロアクラフトはあと1戦で引退のようですので、
次がガチのラストチャンスですね。
また当たったらお手柔らかに・・・^^;

  • まこと #GCA3nAmE - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する