Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

武蔵野ステークスはノンコノユメが勝利。
3歳で58㌔を背負い、前有利といえる脚抜きの良い馬場で、JDDからの4ヶ月の休み明け。
不利な条件が幾つもあったと思いますが、ものすごい脚で追い詰め、最後はハナ差逆転しての勝利。
本当に強いですね。
トワイニング産駒でこれほど強い馬はそうは出ないと思います。
さすがクロスクリーガーに圧勝した馬。
これからも怪我無く強い競馬を見せて欲しいと思える馬ですね。




グースベリーが戻ってきました。

前に聞いていたレースにちょうど2週間。
天栄で14~15秒で継続して乗っていましたし、厩舎では最終調整だけ行ってレースに臨むつもりなのでしょう。

ただ、大竹調教師、ルージュバックでも言われていますがあまり厩舎で調整をしないのが気になります。
本来仕上げるべきところは厩舎であって、いくら在厩頭数制限があるとはいえ、10日競馬のような使い方ばかりをしていてもダメなのではないかと思います。勿論、何か理由があればそれはそれで良いと思いますが、その場合はその理由を教えてほしいですよね。

「調教中に左に張ることは相変わらずあるのですが、それでもこちらへ移動してきた当初と比べるとだいぶ常識にかかってきた印象です」と天栄のコメントが有りますが、多少改善も正直なところはまだまだということでしょう。
それでも左に張るということから考えると左回りで使うのは良い方向に出ると思いますし、なんとか広い競馬場の東京で一戦使ってみたいですね。

ワークフォースの産駒成績は正直まだまだというか期待はずれな状況でしょう。
勝利数7、勝馬率.156ですもんね(netkeiba.comより)。
種付け頭数は確かとても多かったように思いますし、社台SSとしても産駒が奮起してもらわないとでしょう。
グースベリーも父の名声のため頑張って欲しいです。

◆グースベリー
11/14 大竹厩舎
14日に美浦トレセンへ帰厩しました。

11/10 NF天栄
周回コースと坂路でキャンター調整を行い、日によってはハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。
「調教中に左に張ることは相変わらずあるのですが、それでもこちらへ移動してきた当初と比べるとだいぶ常識にかかってきた印象です。もちろん競馬に行くと頭数やペースの兼ね合いもあり、そう簡単ではないでしょうが、適度に経験を積ませつつ、なおかつ辛抱強く接して変えていくことが一番でしょう。状態や検疫の都合がつけばそう遠からず帰厩させて東京や中京開催を視野に入れていくとのことですし、それに対応できるように体調管理もしっかりと行っておきます」(天栄担当者)

11/4 NF天栄
周回コースと坂路でキャンター調整を行い、日によってはハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。
「走りのバランス等に課題を抱えている馬ですからじっくりと動かしつつ改善を図っています。移動当初に比べれば良くなりつつありますが、あくまでも牧場レベルでの話ですからね。最終的には競馬でどうかということになりますが、まず今の段階で良いものにしていかないと本番でも難しいのは当然なので、今は地道に調整するようにしています。大竹師からは左回りの競馬を目指すということを聞いていますし、早くても東京の最後か中京開催あたりを目指していくことになると思いますし、移動を考えられるよう態勢を整えていきたいですね。馬体重は495キロです」(天栄担当者)

10/28 NF天栄
周回コースと坂路でキャンター調整を行い、日によってはハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。
「周回コース、そして坂路と状況に応じて動かすようにしていますが、経過としてはまずまずです。走りに課題があるのは否めませんが、移動当初よりは悪くないと思うんです。ただ、すごくいいなと思えるほどの動きではまだないのかなというようにも映るんですよね。調教師からは口向きの兼ね合いから左回りの競馬をメインに考えていきたいという話をもらっていますけれど、具体的なことに関してはもう少し様子を見てからになるかなとも考えています」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する