Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

夏風邪本当にしんどい。
頭痛も治らないし、厳しい.....


先にスポーツネタ3つ。

U-18野球で秋田商業成田投手がメキシコ戦登板。
順番的にも予選通過確定していることからも登板しそうな気はしていました。
4回を投げて7奪三振。東北のドクターKの名前の通りの活躍をしてくれましたね。
秋田商業先輩石川雅規投手は大学経由でプロ入りしましたが、プロ入りの意欲があるのであれば高校卒で個人的にはトライして欲しいです。勿論ドラフトで声がかかればなんでしょうけど、全日本入りもしたし結果を出せば声が掛かると思っています。

バレーボール女子のワールドカップ、昨日は横になりながらセルビア戦を見ていました。
キャプテンのサオリンも26歳になり、過去はエースとして出ずっぱりだったのもピンチサーバーに回ったりもするような立場になってきました。木村沙織2世と呼ばれる選手も出てきたりと女子全日本もだいぶ変わってきましたね。
セルビアに負けて2敗で厳しい立場になりましたが、残り3戦上位との直接対決もあるので頑張って欲しいです。
やはり女子バレーは見ていても楽しいです。

トウショウ牧場閉鎖ですか.....
1965年開業で、今年10月を目処に閉鎖。
時代なんでしょうか、残念です。




前走人気で凡走し、リフレッシュのため放牧に出ていたケルシャンス。
約2ヶ月の休養を経て、帰厩の運びとなりました。

ダートに矛先を変えてから3→3→2→7着という戦績ですが、この後もダートを使っていくのかな。
3→3着は中山でのものですが、正直距離はもう少しあったほうが良いのでは?と思っていたので、復帰は東京かと思っていました。

今年は430㌔前後でレースを使っていて、牧場での計測は448㌔。多少余裕があるとはいえ、それ程重いわけではなく(多分太りにくい)、仕上がりに関してはそれ程長い時間はかからないでしょう。

ダ1200mは毎週の番組が組まれていますし、出走間隔から出ることは問題ないでしょう。
復帰戦から良い状態で、出来れば500万下クラスは一発でクリア、1000万下で力をつける形を求めたいですね。

鞍上はどうなるんだろう?
3→3着の時のノリでも良いし、ルメールでも良いし。
500万下クラスは平場が多いので石川でも良いと思います。

◆ケルシャンス
9/2 加藤征厩舎
2日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「6月末あたりに帰ってきて約2ヶ月ほどの時間をかけてましたが、まずまずかなと思える状態に持ってくることができたように思います。改めて厩舎とも話をして9月の中山開催を目指し本日の検疫で送り出すことになりました。弟も頑張ってくれましたし、お姉ちゃんもまた頑張ってほしいですね。馬体重は448キロです」(天栄担当者)
「前走後時間をかけて乗り込まれていましたが中山開催へ行けそうだということから先生も入れて仕上げていくぞという言っていましたし、今週の検疫で入れさせていただくことになりました。今日は入ってきたばかりなのでまずは体調をしっかりと見て明日より少しずつ動かしていき、どのあたりを考えていけるようになるか判断していくことになると思います」(伊丹助手)

8/25 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「順調ですね。ここまでしっかりと乗り込まれていますし、そろそろ移動になってもいいかなというくらいの状態にはなってきています。もちろんこの後もしっかりと乗り込みながらよりいい状態に持っていくようにし、厩舎から入厩の声がかかれば対応できるようにしていきたいと思っています」(天栄担当者)

8/18 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「良い意味で変わりないですし、順調に来ていると今週も言えると思いますよ。調教のほうは基本坂路で速い時計を出すようにしていて、日によりますが基本的には14-14前後のペースで動かすようにしています。9月の競馬を目指していくことになるでしょうから、逆算して進めていき、移動に備えていきたいと思っています」(天栄担当者)

8/11 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「順調に来ていますよ。体調の方は問題なく、調教の方もいたってスムーズで順調に来ています。先日、秋番組をもとに加藤調教師と相談して一応中山開催のいいところを目指していこうという話になりましたよ。引き続きしっかりと乗り込み、厩舎から声がかかった時により良い状態で送り出せるようにしたいです」(天栄担当者)

8/5 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「秋の番組も出ましたし、徐々に調整のピッチを上げていこうとしているところですよ。体調のほうは問題ないように感じますし、この後も順調に乗っていきたいですね。具体的なことについては今後の状態を見ながらまた改めて加藤調教師と話を詰めていくつもりです」(天栄担当者)

7/29 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じわじわと乗り込んできていますが、感触は悪くありませんね。まだビッチリと進めてきているわけではないのですが、まずまずの状況でもあります。調教師とは秋番組を目指していきましょうという話になっていますので、様子を見ながらピッチを上げていくつもりです。馬体重は440キロです」(天栄担当者)

7/21 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。
「前走後は少し時間をかけてゆったりと動かしてきて、この中間より乗り出しています。今は坂路にも入っていてサッと程よく乗り込んでいますし、悪くはないでしょう。ただ、今のところはすぐの競馬というよりも秋口くらいの競馬かなというイメージではいますし、調教師と相談しつつですがじわじわと乗り込んでいければと考えています」(天栄担当者)

7/7 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。
「レースを終えてからの放牧でしたし、この中間も軽めに動かしながら状態のチェックを行っています。具合が良さそうならば新潟開催も視野に入れたいと調教師から言われていましたが、現状ではちょっと背腰に疲れを感じさせます。あくまでも今後の状態次第にはなるでしょうから夏競馬の可能性がなくなったわけではありませんが、ちょっと回復に時間がほしいと思えれば無理をせず夏の後半や秋開催に備えることになりそうですね。馬体重は416キロです」(天栄担当者)

6/30 NF天栄
28日にNF天栄へ放牧に出ました。ウォーキングマシン調整を行っています。
「レース後の様子を見てもらったうえで、いったん仕切り直すという判断になりました。それで週末にこちらへ放牧に出てきています。もちろん体調等を見ながら改めて今後について相談していくことになるでしょうし、おそらく夏のどこかで行くかどうかという相談になってくると思いますよ」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する