Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

いやあ、「正ちゃん、好きだなあ~」と思わずコメントしたくなった、昨日の更新。


前回のクリーブラットの出走結果エントリーで

「500万下の馬2頭に貴重な函館馬房は割り振れん!と言われるかもしれませんが、兄オレアリア同様に北海道に持って行って出走機会を伺うとか思い切ってやって欲しいですけどね。厩舎事情でそれが出来ないのであれば、転厩するということも考えて良いかもしれません。
厩舎にいれば良いというものではありませんが、放牧してしまうと出たいときに出られません。北海道だったら毎回フルゲートになるということも考えにくいですし、調教して絞りながらということも出来るのですから、500万下の身でやってもらえるのか分かりませんが、なんとかお願いしたいです。」

と記載したのですが、その通りになりました!!!クリーブラットも函館入場、滞在競馬が決まりました。
兄オレアリアと同じ馬運車っぽいですし、「兄弟船」で函館へ渡っています(*´∀`*)

ちなみに、クローディオも同日函館移動、昨日更新がなかったデリッツァリモーネも函館移動と、石坂厩舎キャロット馬が4頭も函館にいるという極めて珍しい状態になりそうですね。

函館の芝が合うかどうかは分かりませんが、出走機会は得やすいと思いますから、良さそうなレースはバンバン使って経験値を上げて欲しいです。今まで1800mまでしか使ったことがない馬ですが、開幕週は平場2000mや駒ヶ岳特別(芝2600m)なんて組まれていますので、出走頭数次第では中長距離も考えてほしいなと思います。

◆クリーブラット
6/3  函館競馬場
「この中間も順調に乗り込んできましたが、今週からクラス再編成で降級馬も出てくることを考えると、出走するまでに少し間隔が必要そうです。函館は、各厩舎限られた馬房数の中でレースに使って行くので、こちらよりは出走しやすいはず。また、元々時計のかかる芝が向いている馬ですし、北海道の洋芝は合うのではないかということで、急遽ではありますが函館へ移動させることにしました。今朝トレセンを出発し、明日函館競馬場へ入場する予定です」(石坂師)
3日に函館競馬場へ向けて移動しました。

5/28  石坂厩舎
27日、28日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、着順こそ良くありませんでしたが、ジリジリと差は詰めてきていますし、レースぶりは悪くなかったと思います。とにかく長期休養明けからまだコンスタントに使えていませんし、クラス慣れも必要でしょう。優先出走権がないので狙ってレースを使えるかどうかは分かりませんが、今のところは次走に向けてこのまま厩舎で調整していくつもりでいます」(石坂師)




兄オレアリアは本州最終追い切りをウッドコースで行いました。
ぼく馬メールを見て「珍しいなあ」「でも、あまりやらないことをやってほしいよな~」と思っていたので良かったです。

こちらは開幕週からというアナウンスが出ていますし、木古内特別(ダ1700m)か平場のダ1700mかのどちらかでしょう。
※木古内は「きこない」と読むんですね(地名)

2勝→500万下へ降級→500万下で掲示板にも載れない・・・とガッカリ成績が続いています。精神面で脆い感じのところがあるようなので、滞在競馬を活かして勝ち上がってほしいと思います。
京都ダ1800mで稍重ながら1分50秒台で走破できる脚力があるのですから(この時は出走16頭中7頭が1分50秒台ですが)、気持ちの面が問題なければ勝ち負けは絶対にできるハズ。5歳夏ですから、正直「背水の陣」と今回を考えて頑張ってほしいと思います。

石坂厩舎は函館には出張馬房を持っているものの札幌には持っていないという話を聞きますし、となると、7週で結果を求められます。滞在競馬というメリットを考えると、開幕週から出走して2~3走。続けて使うには最低掲示板を確保して次に臨むことが、オレアリアもクリーブラットも大事。正直両馬小回り適性がものすごくあるわけではないですし(オレアリアは小倉で勝ってるけど)、脚を使わずに先行できる器用さも微妙ですが、熱い北海道の夏になって欲しいです。

◆オレアリア
6/3 函館競馬場
「函館へ移動すると坂路がありませんから、向こうでの調教の下準備というつもりで、先週末はCWコースに入れてさっと15-15程度のところを乗っています。その後も、状態はいい意味で変わりなく来ています。今朝、トレセンを出発して、明日の昼ごろには函館競馬場へ到着する予定です。移動後の体調を見ながらですが、開幕週から使って行きたいというプランですし、問題ないようなら、すぐに動かしていきたいですね」(荻野要助手)
3日に函館競馬場へ向けて移動しました。

5/28 石坂厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(56秒4-41秒8-27秒6-14秒1)。28日は軽めの調整を行いました。
「今のところは来週中に函館競馬場へ輸送させる予定です。水曜日は坂路で15-14程度のところを乗りました。動きはしっかりしていましたし、見た目に馬体も締まってスッキリしています。雰囲気は悪くないですよ。輸送後の体調や調教次第ですが、開幕週から使って行くつもりですし、滞在競馬でこの馬の良さが出てくれればと思っています」(石坂師)

5/20 石坂厩舎
20日は軽めの調整を行いました。
「函館開催に向けて、火曜日に帰厩させています。こちらで来週まで調整していって、今のところ6月3日に函館競馬場へ向けて移動する予定です。小回りのダートは小倉でも結果が出ていますし、調教で隣の馬を気にしたり、案外気の細いところもあるので、滞在競馬がプラスに出てくれるのではないかと思っています。開幕週から使って行きたいですね」(石坂師)

5/19 石坂厩舎
19日に栗東トレセンへ帰厩しました。
「今月末の函館競馬場移動に向けて、まず今朝トレセンへ帰厩しました。こちらでは15-15をコンスタントに乗れるところまで進めていましたし、馬体も緩んだ感じはなくいい状態で送り出せたと思います」(NFしがらき担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する