Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

クリーブラットの次走が決まりました。
前走後に怪我した右目もそれほどひどくなく、思ったより間隔開けずに出走できるのは良かったです。

クリーブラット自身もG1馬ブルーメンブラットの仔ですが、調教相手がまた豪華。
レゲンデ(ジェンティルドンナ、ドナウブルー全弟 1戦1勝)、モーニン(馬場幸夫氏所有○外 先週未勝利デビューで0秒9差圧勝)など、さすが石坂厩舎という面々と調整できています。上記どちらも3歳馬で本当は胸を貸す立場になければならないのですが、そういう形にはなっておらず合わせても脚色劣勢遅れなのですが(;´Д`)
調教がレースに直結するわけではないですし、チチカステナンゴ産駒ということも含めて仕方はないと思っていますけどね。

次走は京都マイルの予定。
時計が速くなりがちな京都で出走というのは上記の通りチチカステナンゴ産駒ということを考えても心配な点ではあるのですが、相性の良い(手が合う)和田騎手とのコンビ復活ですので、多少期待して応援したいと思います。

前走はまさかの1番人気でしたが今回は前走の惨敗もありますし、人気は無いでしょう。
気楽な気持ちで思い切ったレースを見せて欲しいです。

◆クリーブラット
5/14 石坂厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-39秒6-26秒2-13秒3)。14日は軽めの調整を行いました。
「先週は、こちらが先行する形で目標にされた分、交わされてから踏ん張りきれませんでしたが、今週はスタートから馬体を並べて進めていったので、ゴール前まで集中して粘っていました。動き自体は追うごとにしっかりしてきましたし、体もできています。前走は半年以上空いていましたから、実戦勘という意味でも今回は違ってくるはずですよ」(井上助手)
23日の京都競馬(4歳上500万下・芝1600m)に和田騎手で出走を予定しています。

5/6 石坂厩舎
6日は栗東坂路で追い切りました(55秒3-40秒8-26秒9-13秒6)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。こちらが先行するような形で進めたので相手に目標にされてしまって、最後交わされてから踏ん張りきれませんでした。馬体を並べて追っていればもっと頑張れるので、遅れ自体は仕方ないところでしょう。動き自体は悪くありませんし、息遣いなどもいいですよ。今のところ再来週のレースを予定していますので、ここからあと2週追えると思えば現時点ではこのぐらいで十分。来週、再来週もしっかりやっていきます」(井上助手)
23日の京都競馬(4歳上500万下・芝1600m)に出走を予定しています。

4/30 石坂厩舎
29日は栗東坂路で追い切りました(57秒0-42秒3-28秒0-14秒3)。30日は軽めの調整を行いました。
「先週の帰厩後は問題なく順調に乗り込んでいます。水曜日は坂路で併せて追い切っていますが、指示が15-14程度の軽めでしたし、このぐらいのタイムなら手応え十分に上がってきてくれますよ。未勝利戦を勝った後、前走後と目に怪我をして戻ってきましたし、傷つきやすいタイプなのかもしれませんから、この調教からパシュファイヤーを着用しているのですが、変に入れ込んだり落ち着きすぎたりということもなく、特に違和感なく走れています。前回は長い休養明けのレースでしたし、ひと息入れたとはいえ気合い乗りも違ってくるでしょうから、前進が期待できるようしっかりと仕上げていきたいですね」(井上助手)

4/23 石坂厩舎
22日に栗東トレセンへ帰厩しました。23日は軽めの調整を行いました。
「目の怪我は順調に治って、放牧先でも元気いっぱいでしたので、水曜日に帰厩させています。半年ぶりの競馬を一度使った後ですし、できるだけ早く戻したいと思っていたので、すんなり回復してくれてホッとしました。多少楽をさせた期間もありますから、週末あたりからペースを上げつつどこを目指すか検討していきます」(石坂師)

4/21 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「右目の怪我はまったく問題なく、しっかりと乗り込むことができています。先週木曜に石坂師が来場したときも、『この状態なら近々戻せそうだね』と話しており、こちらもそのつもりで今朝は15-15を行いました。目の怪我があってひと息入りましたが、久々を使って馬体は締まって良く見えますし、なるべく間隔を空けずに戻してあげたいですね」(NFしがらき担当者)

4/14 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「右目の怪我については軽い症状でしたし、もう騎乗調教を行っても問題ない程度に回復しており、この中間からはもう周回コースと坂路に入れて乗り込んでいます。もちろん馬の様子を見ながらにはなりますが、この調子ならば順調にペースアップしていけると思いますよ」(NFしがらき担当者)

4/7 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「先週の土曜日にこちらへ到着しています。レース中に右目を怪我したとのことでしたが、症状としては軽いものでしたし、引き続き点眼など必要なケアは行っており、この後は順調に回復していってくれるのではないでしょうか。今はウォーキングマシンで動かしている程度ですが、良化具合によっては、今週中にはもう乗り出してみようかと考えているところです」(NFしがらき担当者)

4/6 NFしがらき
4日にNFしがらきへ放牧に出ました。

4/1 石坂厩舎
舎飼で様子を見ています。
「先週の競馬は、半年ぶりのレースとはいえ思ったより走り切れませんでした。使っての上積みに期待したいところだったのですが、芝か土の塊が飛んできて右目を怪我してしまいました。幸い以前ほどはこじらせずに、きちんと治療を行って日々良化しているものの、今は動かすことができません。目の怪我は絶対安静ですから、乗り出すまでには少し時間を要しますし、獣医のOKが出たら一度放牧に出すことになると思います。久々の実戦でここからと思っていただけに、大変申し訳ありません」(石坂師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する