Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

昨日書いた通りクロムレックは「マジかよ・・・」ということに。
半年前後のお休みとは痛いです。

夏を挟むので北海道でというのは話としては良いのですが、元より北海道に行く必要がないのがベストですからね。
体が思ったように絞れてこないため、焦り過ぎ・・・ということでしょうか。

成績も安定してきて今年中には経験を積んで準オープン、オープンまで行って欲しいと思っていたんですけどね。
既に5歳で「このお休みを成長に」なんて話ができる年齢でもありません。
1日でも早く戻ってこれることを切に祈ります。

というか、得意の東京ってそんなに成績良い訳ではないと思うのですが・・・やはりそう思っていたのですね。

◆クロムレック
5/1 戸田厩舎
「昨日の追い切り後の様子をチェックしていると膝が若干気になったので獣医師を呼んで診てもらいました。すると、膝部分に骨膜が見られ、それが剥がれていて少し炎症を起こしているということでした。その画像から遅かれ早かれ剥がれていただろうという話でしたが、得意の東京でいい走りをさせてあげたいと思っていただけに非常に残念です。ちょっと立派な体つきだったので少し強めに動かさないといけなかったのですが、このようなことになり本当に申し訳ありません。少なくても半年前後のお休みは必要になるだろうということで北海道と相談して空港牧場で休養してもらうことになると思います。大型連休になりますので、退厩のタイミングは相談しながら決めていきます」(戸田師)

4/30 戸田厩舎
29日は軽めの調整を行いました。30日は美浦南Dコースで追い切りました(64秒8-49秒7-37秒3-13秒1)。
「先週に続いて今週も木曜日にしっかりと動かす追い切りを行いました。順調に来ることができていますが、ちょっと体が立派ですね。それなので、今週はダートコースで長めからしっかりと動かしてよりフィットするように追い切っています。動き自体は悪くないので、より良い状態に持っていければと思っています。引っ掛かる可能性もあるのでその点が心配ではありましたし、できれば手を替えず祐一で行きたいと考えていてオファーを出していました。しかし、予定していた馬がマイルカップを使わなくなり、その一方で新潟で乗ることになったらしく、今回はコンビ続行が難しくなってしまいました。鞍上に関してはまだ調整中で確定ではありませんが、乗り馬が見つかればルメールが東京に来るようなので、来ることになり調整がつけば彼にお願いするつもりです」(戸田師)
5月10日の東京競馬(日吉特別・ダ1400m)に出走を予定しています。
4/23 戸田厩舎

22日は軽めの調整を行いました。23日は美浦南Pコースで追い切りました(66秒5-50秒4-37秒2-12秒2)。
「順調に行けば東京開催の3週目、マイルカップの日のレースを目標にしたいと考えていましたので逆算して先週末の検疫を確保して帰厩させていただくことにしました。そこまで長い休養ではありませんでしたけれど、立派な馬体の持ち主でもありますし、さっそく動かし出して徐々にフィットさせていい状態へと持っていけるようにしています。追い切りは今朝木曜日に行いました。ポリトラックコースに入って単走の形で動かしましたが、相変わらず力強いものの、多少なりとも重たさはあるかなと思いますので、本数を重ねていって状態を上げていきたいですね」(戸田師)
5月10日の東京競馬(日吉特別・ダ1400m)に出走を予定しています。

4/18 戸田厩舎
18日に美浦トレセンへ帰厩しました。

4/14 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「この中間もしっかりと動かすことができていますし、順調に来ていると思います。まだいくらか重たいかなという印象はあるのですが、大きな馬でもありますし、ある程度は仕方ないところでもあるでしょう。戸田調教師から"最短で週末に入れるかも"という連絡をもらっています。それが来週になるかもしれませんが、基本的に近々の移動となりそうですし、それに備えてしっかりと体調を整え、送り出せるようにしていきたいと思っています」(天栄担当者)

4/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「順調ですね。しっかりと乗り込んでいますし、脚元に疲れは見せず体調面の不安もなく、いい雰囲気を保ちながら調教を進められています。今朝はコース調教にしましたが、道中も唸っていてこの馬らしいエネルギーを感じさせるような動きをしていました。帰厩のタイミングに関しては現在検討してもらっている最中ですが、先生からは“前後するかもしれないけれど、基本は東京の3週目あたりをメインに考えている”という話をもらっていますので、いつのタイミングになったとしてもいい状態でレースにも向かえるようしっかりとやっていきたいと思っています」(天栄担当者)

3/31 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「脚元のケアも行い、入念に調整を行っています。調教のほうは再び坂路にも入れており、しっかりと負荷をかけるようにしていますし、問題なく動かせています。戸田調教師からも“5月半ばごろの競馬を考えて戻したい”という話をもらっていますし、移動に備えて引き続き動かしていきます」(天栄担当者)

3/25 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「体調面に不安を見せることはありませんし、順調です。先週末にも坂路に入れてしっかりと動かしましたし、動きは良かったですよ。ただ、いくらか硬さがあって膝部分に少し疲れやすい印象も受けました。決して悪いわけではないのですが、先々のことも考えて関節のケアを行っています。その分、火曜日の速いところは控えて軽めの調整にしたのですが、折を見て再び負荷をかけていき、競馬へ向かっていけるように持っていきたいと思っています。馬体重は554キロです」(天栄担当者)

3/18 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「先週あたりまではレース後のケアの期間としてトレッドミルなどでじっくりと体を動かすようにしていました。そして、この中間より乗り出しを開始しています。楽をさせた分、動きや息遣いなど、これからと感じる部分はありますが、悪いわけではありません。少しずつ進めていって目標としている東京などのダート1400m戦を狙っていけるようにしていきたいですね」(天栄担当者)

3/10 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週こちらに帰ってきています。2回競馬を使ったこと、そして前走は関西圏への輸送だったことも加味して、まずは馬体の回復、疲労を取ることから始めています。最初はマシンでの運動、そして今はトレッドミルでの運動を行っているところですよ。血液等も見ながら状態を把握していき、ある程度乗っていっても大丈夫そうかなと思える状態になって来たら乗り出しを開始したいと考えています」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する