Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

エクストラペトルが帰厩しました。

1400mを本線に・・・ということですので、5月2日の芝1400mが狙いかなと思います。
翌日の牝馬限定戦芝1600mでも良いと思いますけどね。

6月4日生まれなのでまだ3歳になっていません。
現状その遅生まれの影響か心身ともに幼さが残り、基礎体力もまだまだという状況ではありますが、そんな中掲示板にはしっかりとのっている訳で、今回の放牧での成長で更に良くなっていてくれないかなと思います。

石川騎手も大きな問題なく騎乗してくれているので減量特権を活かすために継続騎乗でも良いと思いますが、5月2日は青葉賞の日ですし上位騎手を配してもうひと押しプラスするという手もあると思います。まずは一勝しなければ先はありませんから、騎乗予定の騎手を見渡してよりよい判断をお願いしたいです。

最近の加藤征弘厩舎騎乗依頼を見渡すと石川騎手も多いですが、ノリさん、デムーロ兄、戸崎あたりが目につきます。
デムーロなんて乗ってくれたらかなり期待しちゃいますけどね。

◆エクストラペトル
4/9 加藤征厩舎
9日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「番組を見て、最初は福島の2週目に組まれている牝馬限定戦を狙ってみたいなと思っていたのですが、天栄からはもう少しだけ時間が欲しいということでしたので、福島プランは見送り改めて検討していました。状態も整ってきたということでしたので、5月の競馬を目標にして本日帰厩させていただいていますよ。マイルくらいでもこなすことはできるのでしょうが、現状やはり短めのところでスピードを活かす競馬をした方が勝利に近いのかなという気もしていますので、1400mあたりを本線に据えて次走を検討していきたいと思います。よろしくお願いいたします」(加藤征師)

4/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては周回コースまたは坂路コースでハロン14~15秒のキャンター調整も取り入れています。
「順調ですね。今朝はパンデイアと一緒に併せて周回コースで15-15を行いました。長めからしっかりと動かしていて、フットワークとしても雰囲気としてもまずまずの状態にあるように思います。この調子で進めていければ理想的でしょう。厩舎からは東京開催あたりを目標に近々戻したいという話をもらっていますし、いつ声がかかっても対応できるように、体調もしっかりと整えて準備していきます」(天栄担当者)

3/31 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては周回コースまたは坂路コースでハロン14~15秒のキャンター調整も取り入れています。
「様子を見ながら徐々に動かしていますが、まずまずの状態になってきたように思います。心身ともにまだ幼さは残りますが、良化傾向にはあるように感じますね。調教は先週と同様に周回コースまたは坂路コースを使いつつ、じっくりと乗り込み基礎体力をしっかりとしたものにしていけるように取り組んでいますし、今後も継続していき、再び競馬へ向かっていけるように持っていきたいと考えています」(天栄担当者)

3/25 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によっては周回コースまたは坂路コースでハロン14~15秒のキャンター調整も取り入れています。
「気性も体つきも遅生まれらしくまだ幼いところを残しているエクストラですが、今の時点で考えるとまた良くなってきていますね。体の張りも出てきたように、ようやくいい傾向になってきたように思います。今はまだ基礎体力を養っていけるように意識して調教を行っています。今週火曜日は坂路を使いましたけれど、基本は周回コースを用いてインターバル調教を課し、トレーニングしています。焦らず成長を促していければ、いい走りをしてくれるはずですし、加藤先生もそのように思ってもらっているようですから、地道に接していき、厩舎にバトンタッチしていきたいですね。馬体重は451キロです」(天栄担当者)

3/18 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「様子を見ながら少しずつ動かすようにしていますが、まだコンディションは物足りなく感じるんです。成長途上の馬なのですごく良くなったとは言いにくい部分もあるのですが、それを考えても正直もうひとつかなと思うんです。具体的に表現するとすれば体の動きの硬さがなかなか解消してこない点でしょうか。調教師からは可能ならば最短で福島が行われている時期の競馬も考えたいという話をもらったのですが、現状だとちょっと時間が足りないかなという印象です。もう少し良化してきたタイミングで改めて相談していければ理想的と考えています」(天栄担当者)

3/10 NF天栄
軽めの調整を行っています。
「引き続き軽めの運動で様子を見ています。悪いほうへ行っているという感じはないのですが、焦って進め出して却って時間がかかってしまうようなことは避けたいですから慎重に接するようにしています。脚元などは悪くはないですが、もう少し時間をかけて本格的な騎乗調教へとシフトしていければと考えています」(天栄担当者)

3/4 NF天栄
軽めの調整を行っています。
「体調面で大きな不安を抱えることなく、疲れも取れてきて悪くない状況にはなってきているのかなというところです。ただ、運動中に脚をぶつけて球節に少しだけ傷ができてしまったので、急なペースアップはせずに軽めで様子を見ています。幸い大ごとにはなっていないので支障はないと思うのですが、普段元気のいいところもあるので気をつけつつ調整にあたっていかなければいけないと思っています。馬体重は446キロです」(天栄担当者)

2/24 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「移動してきて1週間ちょっとはマシンやトレッドミルでの運動に留めて疲労回復に充てていましたが、この中間より乗り出しています。現在は周回コースでのキャンター調教も取り入れていますよ。時に難しさも見せる馬で跳ねることもありますから、スタッフも気を引き締めて対応するようにしています」(天栄担当者)

2/17 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「ガクッと来ているわけではなさそうだったのですが、このまま押していくと良くないだろうという判断のもと先週こちらへ放牧に出てきましたので、現在はまだ軽めの内容に留めています。状態を見ても、若干の疲れはあるのかなという気もしますし、最初はトレッドミルで軽めに体を動かす調整を行い、体調を見ながら少しずつ進め出したいと思っています」(天栄担当者)

2/12 NF天栄
12日にNF天栄へ放牧に出ました。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する