Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

3/28(土) 中京12R クリーブラット(松若)→1番人気12着
3/29(日) 中山07R ケルシャンス(横山典)→6番人気3着
3/29(日) 阪神09R アカネイロ(シュタルケ)→3番人気2着
3/29(日) 阪神10R フロアクラフト(シュタルケ)→2番人気3着


■クリーブラット
未勝利勝ったあとの長期休み明け。
特に特筆すべきものがない中、なぜか1番人気に推されました。

レーシングビュアーでパドックを見ましたが、歩き方は前と変わらないものの、腹回りはまだ余裕がある形に見えました。元々スッキリと見せるタイプではないと記憶してはいますが、やはり長期休み明けで完全ではなかったというところでしょうか。

チチカステナンゴ産駒で初戦からという馬ではないと思うのですが、掲示板を外していますし休養に出るのでしょうか・・・。
出来れば使って使って育てていって欲しいです。

ツアーでの評判も上々で、一次申し込みでも人気だった同馬ですが、現状の結果からは募集価格に見合う成績を全く残せていないと言って良い状態。出資できなかった方が「良かったかも」と思えてしまう感じなのが残念。この思いに反発して、成長した姿を見せて活躍して欲しいです。

◆クリーブラット
3/28 石坂厩舎
28日の中京競馬では中団やや後ろからリズム重視で進める。直線勝負にかけたが、思うような伸びは見られず12着。
「いい結果を出せなくて申し訳ありません。リズムよく、そして上手く流れに乗れたらと考えていました。程よく流れている展開に見えましたし、現に勝ち馬が側にいたので、位置取り自体は悪くなかったのかなと思っていました。しかし、最後は思ったほどグッと伸びることがありませんでした。馬場が悪いところもありますけど、脚をとられるようなシーンもなくリズムを崩さずに走れていました。考えられることと言えば、4頭分ほど外を回りましたからそのロスが堪えてしまったのでしょうか…。以前との比較ができないのでしっかりとした言葉でお伝えできなくて申し訳ありませんが、休み明けでもありましたし、古馬と混ざっての経験もなかったですから、力をつけてくれば通用するようになってきてくれるはずです」(松若騎手)
未勝利脱出後は休養に入りましたが、順調さを欠いたときもあり思った以上に長引きました。その分、休み明けの影響はあったでしょう。勝ち上がったときの舞台でしたし、期待はかかりましたが、まだまだこれからです。キャリアも浅いですし、経験を積みながら渡り合えるだけの力を養っていけたらと思います。今後については馬の状態と出馬状況を見ながら判断していくことになります。



■ケルシャンス
BS11で観戦。
パドックでの歩き方は前と変わらず、良くも悪くも見せない感じですが、他馬を比べると多少見劣りするように感じました。

スタートはまずまずでノリさんが促してポジション取りに行き、一度は良い位置を取ったと思ったのですが、そこからは芝もダートもかわりなく段々と後ろに位置を下げていく展開。1枠1番ですし位置取りが悪くなれば抜けてこれないと思っていたので、かなりヒヤヒヤしながら見ていました。

行きっぷりもあまり良く見せていなかったので、「ダートが合わないのか?」「惨敗か?」と思ったのですが、最終コーナーでうまく外に持ち出してからは素晴らしい伸び脚で3着に。1800m→1400m→1200mという距離短縮や初めてのダートが続いたことなどが行きっぷりの見せ方に影響を与えたのかな?と思いますが、あの脚が繰り出せるのであれば、これからはダートで良いと思います。
降級前にもう1勝、なんとかお願いしたいですね。

最後に他馬の位置を確認して大外に持っていって末脚を引き出したことも含めて、ノリさんの騎乗は良かったと思います。出来れば次も乗って勝たせてください。
ありがとうございました<(_ _)>

◆ケルシャンス
3/29 加藤征厩舎
29日の中山競馬ではまずまずのスタートも砂を被ったことで中団を追走する。直線では外に出して鋭く伸びたが3着まで。
「芝で走っていた馬だけあって、芝部分のスタートはまずまず出てくれましたよ。それでも隣の馬などさらに速い馬たちがいましたし、ダートに入って砂を被ってからはさすがに気にしてふわふわしてしまいました。それでも、返し馬の時からダートの走りはいいなと感じていましたし、実際に競馬のスピードでも手応えはありましたよ。直線では待たされて待たされて追い出した形も、あの脚でしたからね。初ダートながら次につながる走りはしてくれたと思いますし、慣れが見込めるので楽しみです」(横山典騎手)
「スタートは悪くなかったけど、砂を被ってちょっとさげる格好になってしまいましたね。直線でもスペースを探りながらになりましたし、今日の枠でなければもっと際どかったはずです。ダートが実戦でどう出るかはわかりませんでしたが、返し馬から芝を走っている時と変わらないくらい違和感なく、むしろいいなと思える走りでしたからね。直線での脚は見どころがありましたし、この条件で対応できたのは先を考えても大きいですね。一度使って次はより対応しやすくなるでしょうし、さらにいい結果を出せるにしっかりと調整していきます。とは言え、初ダートの後になりますから、まずはダメージの有無をしっかりと確認していきます」(加藤征師)
結果こそ最良のものではありませんでしたが、終いにしっかりと脚を使ってくれましたし、上位の他馬と比較しても際立つ伸びでした。芝の条件はどうしても節次第になってしまうところがありますから、今回のこの条件で悪くない内容を示せたことは、選択肢を広げる意味でも非常にプラスになったと言えるでしょう。この後はレース後の状態をしっかりと確認してから、次をどうするか判断していきます。



■アカネイロ
BS11で観戦。

ここ数戦体重が増えていましたが、ここで一気の減少。短期とはいえ休みを挟み、輸送もほとんどない阪神だったのですが、やはり直前の追い切りが当初の予定よりもだいぶ強くなってしまったのが影響してしまったのでしょうか。
もっと増えて良いと師が言っていた中でのこの減少は気になりました。

少頭数なのでスローペースで掛かってしまうことを懸念していました。シュタルケも「逃げると掛かる」とよく汲みとってくれて、しっかりと抑えて番手競馬をさせてくれました。これは本当に良かったと思います。

リラヴァティを捕らえられませんでしたね・・・スローで逃げられたし、1番人気が最後方からだったので、相手はこれだけと思ったんですけどね。残念です。

「距離に関しては2000mも大丈夫」とジョッキーがコメント、師も「2000mをこなしてくれたのは大きな収穫」とコメントしているので、今後も使われちゃいそうな感じに見えるのが心配。今回はスローペースで且つジョッキーがうまくなだめてほとんど掛からなかったのでこなしたと見るのが妥当と思うんですけどね。出来れば1600~1800mで使って欲しいです。

最後に・・・「続けて使わせていただいたので」とありますが、放牧に出したんだし、続けて使ったとは言わないのでは?

◆アカネイロ
3/29 清水久厩舎
29日の阪神競馬では好スタートから先団のインコースを追走。直線もよく差を詰めているが勝ち馬しぶとく2着。
「結果的には勝ち馬向きのペースになってしまいました。逃げるというのもひとつの選択肢でしたが、それだと引っ掛かってしまいそうでしたからね。ただ、道中はうまい具合で折り合ってスムーズでしたし、最後まで頑張ってよく差を詰めてくれていますよ。今日みたいに折り合いがつけば距離も問題ありませんし、このクラスでも力は通用しますよ」(シュタルケ騎手)
「競馬へ行って前向きなところがあるので、今回は折り合いがポイントになるかなと見ていました。スローペース。少頭数でしたが、ペースがゆっくりめな中で折り合え、2000mをこなしてくれたのは大きな収穫でした。同じ勝負服の馬に負けてしまいましたが、前回は逆にウチの馬が勝たせていただきましたからね(苦笑)。負けたことは残念ですが、次に繋がるはずですし、またいい競馬ができればと思っています。今後については様子を見てからになりますが、続けて使わせていただいたので、より慎重に考えていきたいと思っています」(清水久師)
昇級初戦、久々の2000mと決して条件自体は楽ではありませんでしたが、競馬ではジョッキーがうまく乗ってくれ、早くもこのクラスにメドを立ててくれました。折り合いさえ問題なければ距離も大丈夫だと言ってくれていますし、非常に収穫のあったレースだったと思います。この後についてはトレセンに戻って馬体を確認してからになりますが、状態次第では一度リフレッシュさせることも検討しています。



■フロアクラフト
BS11で観戦。

雨が苦手なフロアクラフトなので、降り続いて良→稍重になった時点で、実質トップハンデなことも含めてかなり厳しいなあと思っていました。アカネイロのレース前から雨は止んだものの馬場はすぐに回復するわけではありませんからね。

レースでの位置取りが良くないなと思いましたが、シュタルケのコメントではやはり「ノメった」ようですね。短距離戦ですし、位置取りは大きなポイントなので、この点はかなり痛かったです。かと言って押していくと掛かったり消耗したりしますからね。結果的にあの位置取りになったのは仕方ないということでしょう。
最後は馬場が多少良い位置に出したからということもありますがよく伸びました。前走と同じく、インで脚が溜まった馬にスパッと差されてしまいましたが^^;
前走よりは内枠でしたが天気が悪くてスタートの後手で縦にも横にも良い位置が取れなかったのが全てと思います。

勝てば重賞、G1へ・・・と思いましたが、結果的に勝てませんでしたし放牧でも構いません。
ただ、府中も開幕しますのであまり長くないと良いなと思います。

◆フロアクラフト
3/29 西園厩舎
29日の阪神競馬ではまずまずのスタートから好位を追走する。直線は大外に出してから鋭く伸びてくるが3着まで。
「スタートしてから一完歩目でノメって脚を取られてしまい、予定していたよりもポジションがひとつ後ろになってしまいました。ただ、それでも直線はものすごい脚を使って追い込んでくれていますからね。馬場状態だけが非常に悔やまれますし、乾いていたら突き抜けていたかもしれません。阪神の1400mだと直線が短いので、マイルだともしかするとより堅実にいけるかもしれませんね」(シュタルケ騎手)
最後はしっかりとした脚で目を引くような伸びを見せてくれていただけに、馬場悪化によるポジション取りが悔やまれます。ただ、ここにきて安定感を増している印象さえありますし、次あたりはそろそろ順番ではないでしょうか。この後はトレセンに戻って馬体を確認してからになりますが、ここまで続けて使ってきていますので、一度放牧に出すことも検討しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する