Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

1/5(月) 京都04R リアファル(松若)→3番人気6着
1/5(月) 中山10R アンヴァルト(ベリー)→5番人気2着


■リアファル
振り返るのも嫌になるレース(;´Д`)
勿論、スタート前にゲート内でガタついていたり馬に若さがあるのは明確。
ただ、まだ2戦目の馬ですから、当然そういうこともあるでしょうし、もともと北村友Jがコメントしていたのだからそういう情報は入っていたはず。

砂を被ると嫌がったとありますが、最後の勝負所に影響があるところで試したりするものでしょうか?1800mとある程度距離があり、そして8頭立てと少頭数と、前走で砂を被らなかったのだからスタート直後に軽く試してみるとかしたら良いと思うんです。それを道中行わずに勝負所でやるから結果に大きく影響したのでは?
最後の脚は見どころがありましたし、今回メンバーがそれなりに揃っていたとはいえスムーズなら掲示板を外すことはなかったと思いますので、今回の騎乗には本当に疑問が残ります。

期待している馬ですからね・・・本当にガッカリです。
状態に問題がなければ、続戦して欲しいです。
出来れば馬に色々と教えつつ結果を期待できる上位ジョッキーを配して欲しいです。

◆リアファル
1/5  音無厩舎
5日の京都競馬では立ち遅れ気味のスタートから道中は後方2番手を追走。勝負どころから追い出されるも、前との差は詰まらずに6着。
「ゲート内で後ろにモタれたりして駐立が悪くなり、出遅れてしまいました。前の馬との距離を保っているうちはまだ良かったのですが、差を詰めていくと今度は砂をかぶるのを嫌がってしまってしまいました。本当は前目で競馬をしたかったですし、スムーズならもっと上位を争うことができたはずです。せっかくいい馬に乗せていただいたのに申し訳ありません」(松若騎手)
まだ余裕残しだったデビュー戦での快勝から、上積みが見込めるここでも好勝負が期待されましたが、スタートで遅れてしまい、道中は少しチグハグな競馬になってしまいました。ただ、揉まれたり砂をかぶったりした経験は今後に活きてくるはずです。この後については状態を確認してから検討していきます。



■アンヴァルト
馬体重に大きな変動はありませんでしたが、在厩で調整しただけに馬体として締まってたんでしょうね。

スタートをある程度決めてスピードを活かして先行。
このスピードがあればまだまだやれると感じました。
そして、ベリーは上手く乗ってくれましたね。道中の乗り方も上手かったですし、直線も良かったと思います。確かに前が詰まってしまって残念な結果ではありましたが、スムーズだったとしても勝ち馬の末脚には屈していた可能性はありますからね。今回の結果は満足しています。

この期に及んで師がまだ1400mのことをコメントしているのが驚きなのですが、これからは1200mに拘って欲しい。

中1週の中京は当日に東西で重賞があるのでベリーは乗れないでしょうね。これは大きい。騎乗に関してベリーと高倉との違いは明らかでしたから。次開催中山のアクアマリンステークスとか今回の結果を踏まえ良さそうと感じるのですが、この時はベリーいないしね。また、左回りに良績が無いのでそれも気になるところです。中京、京都よりは阪神や中山のほうが合いそうですね。でも1200mの準オープン自体少ないですし、柔軟に考える必要があるのでしょう。

明け8歳でもまだまだやれるところを見せてくれたアンヴァルトには感謝。
これからも怪我なく、持ち前のスピードを見せて欲しいです。

◆アンヴァルト
1/5  平田厩舎
5日中山競馬ではまずまずのスタートからスッと先行グループにつける。道中はそのまま追走して直線では最後までしっかりと脚を使っているが2着まで。
「道中はリラックスしながらも前向きさがあって楽にいい位置に付けることができていましたし、勝負どころでの手応えからも直線が楽しみになるほどでした。実際にいい脚を使って前との差を詰めて来たのですが、なかなか前が開かずにちょっと追い出しのタイミングがもうひとつになってしまいました。あそこをスムーズに捌けていたらと思うと悔しいですし、勝ちきれず申し訳ありません」(ベリー騎手)
「ここのところ残念な結果が続いていましたが、一度競馬を使って調教から動きが良くなっていましたから今回は特に楽しみにしていました。勝ちきれなかったのは悔しいですし申し訳ないとしか言えないものの、この馬の力を発揮してくれたのは良かったですね。1400mが悪いとは思わないものの、今回のスプリント戦の走りからも次も同じ1200mにしようかなとは考えています。今後の状態が問題なければの話にはなりますが、この条件は頭数が多く除外も考慮しなければなりませんし、中1週の中京に登録しつつ先の京都まで視野に入れていきたいですね」(平田師)
もう少しのところまで来ていただけに悔しい気持ちもありますが、噛み合えばしっかりと上位争いに加わってくれますし、明け8歳馬とは言えその頑張りには頭がさがる思いです。この後はレース後の状態を見ながらにはなりますが、除外なども考えながら次に向かって在厩で調整していく予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する