Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

先週の「みんなのKEIBA」で後藤Jがゲスト出演。
退院後順調で、今週から調教騎乗するという話でした。
facebookを見ると昨日シゲルスダチに騎乗した写真が載っていましたが、今日から本格的に調教騎乗という感じですかね。

ファドーグも年末の開催を目標に進めると、少し具体的なコメントも出てきました。
後藤Jの復帰戦がいつになるのかはまだわかっておりませんが、ファドーグの復帰戦から後藤Jが乗る・・・という理想的な形が現実味を帯びてきたと感じています。

12月は中山開催。
ファドーグが2勝したのは中山が舞台。
その中で復活の3勝目となったら最高です。

ズバリ
2014.12.21(日) 中山・平場自己条件ダ1800m
2014.12.27(土) 中山・平場自己条件ダ1800m
が目標と宣言しておきます。
(ま、それくらいしか良さそうなレースが無いのですが)

ファドーグも後藤Jも順調にいきますように。

◆ファドーグ
10/21 NF天栄
トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「順調に来れていますね。あまりやりすぎてゴトゴトにしないようにしなければいけないですし、適度に動かしていく中で少しでも平常心を保てるように配慮しながら調整をしています。今日は奥平調教師が来場され状態を見てもらいました。ゲート練習にも付き合っていただき、現状を確認していただけましたよ」(天栄担当者)
「前回見に来た時から少し経ちましたが、牧場スタッフからも徐々に形になってきたということを伺っていたのでこのタイミングで天栄へ確認しに来ました。今朝は坂路2本で、15-15から14-14くらいのペースでじっくり登った後に馬場内の角馬場に設置されているゲートで練習するということで、そこに立ち会わせていただきました。一度、中に入れて後ろ扉を閉め、また開けて後ろ出し。それからもう一度入れて再度扉を閉めて駐立を行うという練習でした。騎乗スタッフ、曳き手のスタッフも気を遣ってくれていますし、以前よりも我慢できるようになってきていましたね。ちょっと離れたり、ゲート外でもジッと立つことはできず頭を上下させたりはしていましたが、前回入厩していたときよりは我慢もできつつあり、いいかなと感じることができました。牧場、トレセン、競馬場。後者の環境になるにつれて競馬のプレッシャーがきつくなるわけで、牧場でできないことをトレセン、競馬場で求めるのはちょっと難しい。そう考えるとまず牧場である程度のレベルまでに到達しないと今後のことを考えにくいと思っていましたから、今日は来た甲斐がありました。まったく不安がないというわけではありませんが、これなら具体的なことを考えていけそうな状況かなとも思えたので、今度は競馬のことも加味して乗り込みを進めてもらって年末の開催あたりをひとまずの目標として考えていければと思っています」(奥平師)

10/14 NF天栄
トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「この中間も調教自体は無難にこなせています。体調が下降するようなことはありませんし、この調子で動かしつつ精神面の安定を求めていきたいです。こちらではゲートでの駐立もしますし、普段、止まる時などに変にバタバタせずジッと我慢ができるようにもコンタクトを取りながら行うようにしています。まだ万全とは言えませんが短期間ですぐ直るというものではありませんからこれからも地道に接し、この馬の能力をしっかり発揮できるような状態に持っていきたいです」(天栄担当者)

10/7 NF天栄
トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「調教のほうは与えたメニューを無理なくこなせていますし、その点では順調と言えると思います。ただ、ゲートに関してはまだ小まめに確認をしているところで、求めているレベルまでには至っていない状況です。そのことは奥平調教師にも報告をしていますし、もう少し進展が出てくれば見に来てもらうことも含めてまた相談していきたいと思っています」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する