Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

以前もちょろっと記事にしたことがありますが、デビュー以来四連勝のエイシンヒカリ。
今日の東京メイン:アイルランドトロフィーに出走します。

エイシンヒカリのデビュー戦はアカネイロも出走していましたが0秒9千切られました。
この時は4番手からの競馬でしたが、その後は逃げて圧勝。
全戦時計的にも優秀で文句なし。
まだ3歳でこのパフォーマンスですからここから力が更に付いてきたらディープインパクト産駒の中でも上位と言われる馬になりそう。

アイルランドトロフィーは8頭立てと少頭数ですし他に逃げ馬なし。
今のところ1.2倍の抜けた1番人気に推されていますが、末もしっかりしている逃げ馬ですから(三木特別は逃げて32秒8の最速上がり)人気に応える可能性が高いでしょう。
ここを勝ったら天皇賞・秋なのかな?賞金的に無理かな?

しかし、"ディープインパクト×Storm Cat"は走りますね。
下に今日現在の上位10位をnetkeiba.comデータとして載せますが若い馬も多く、総賞金1億円超えは益々増えそうです。
ちなみに母キャタリナの2013年産はディープインパクト牝馬ということでエイシンヒカリの全妹となります。

aaaaa_2014101910583047c.png
※写真はクリックすると大きくなります。



さて、そのエイシンヒカリのデビュー戦で千切られたアカネイロ。

その次のレースでしっかりと未勝利勝ちし、その後リフレッシュのため放牧に出されました。
放牧先はNFしがらきでしたが"右前脚の蹄に痛み"が出てしまい、NF空港まで戻されて夏休みを過ごしました。
ツアー直前でNFしがらきへ再度移動、その後1ヶ月経過しましたが、ウォーキングマシン→坂路キャンター→坂路18秒→坂路17秒という過程で調整が進められています。

そろそろ帰厩させても良さそうな印象ですが、恒例の「調教師と話をしているところです」的なコメントが出ていませんので、帰厩まではまだ時間がかかりそうです。

芝1600mでデビューして芝1800m~2000mを主に使ってきて勝てませんでしたが、芝1600mに戻して勝ったこともあり、今後は芝1600m前後を主戦場として使っていくのではないかと思います。
中京には芝1600mの自己条件もありますし、そこら辺を目標に戻して欲しいですね。

同じ父・母父のホエールキャプチャのようになって欲しいです。
というのは難しいと思いますが、少しずつでも近づいて欲しいですね。

◆アカネイロ
10/14 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒のキャンター調整を行っています。「引き続き坂路と周回コースを併用しながらじっくり乗り込んでいますが、脚捌きなどを見ても問題は感じられません。順調に乗り込むことができていますので、さらなるペースアップも検討していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

10/8 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒のキャンター調整を行っています。「状態に不安なところはありませんので、この中間もスムーズにペースアップを図ることができています。今後もこの調子でじわじわと負荷を高めながらさらなる状態アップを図っていきます」(NFしがらき担当者)

9/30 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。「ここまで問題なく進めることができていますので、この中間から少しペースを上げています。その後も体調等に変化はありませんので、この調子で進めていければと思います。馬体重は505キロです」(NFしがらき担当者)

9/24 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「この中間からは周回コースと坂路でゆったりとしたキャンターを乗っています。乗り出してからの変化も特にありませんし、少しずつペースを上げた調教も取り入れていきたいと思っています」(NFしがらき担当者)

9/16 NFしがらき
周回コースで軽めの調整を行っています。「しっかり状態の確認を行い、問題は見られませんでしたので、この中間から騎乗調教を開始しています。まずは軽めのところを乗っていますが、北海道でも乗り込んでいますし、様子を見ながらペースアップを図っていくことができるでしょう」(NFしがらき担当者)

9/9 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週の金曜日にこちらに到着して、今はマシンで軽めに動かしながら馬体チェックを行っています。天栄を経由していますが、北海道から移動してきましたのでまずは輸送の疲れを癒して、タイミングを見ながら騎乗調教を開始していきたいと考えています」(NFしがらき担当者)

9/5 NFしがらき
5日にNFしがらきへ移動しました。

9/3 NF天栄
3日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。「少しずつ速めのペースを織り交ぜながらも順調に進めることができていましたし、このタイミングで本州へ移動させることになりました。移動までは輸送とリフレッシュを考えて軽めに乗っていましたが、いい状態で送り出せたと思いますよ」(空港担当者)

8/28 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンターを2本行っています。「速めのペースも取り入れてしっかり乗り込むことができています。だいぶ体調面も上向いてきていますし、近いうちに本州へ送り出すことができそうです。馬体重は492キロです」(空港担当者)

8/20 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週2日は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを2本行っています。「この中間も継続的に乗り込むことができているように調整過程は順調です。この調子でしっかり乗り込んでいき、心身ともに成長させていければと思います」(空港担当者)

8/14 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週2日は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを2本行っています。「徐々にピッチを上げて進めていますが、動きに問題はなく順調に負荷をかけることができています。このままメニューを消化させていき、良化を促していければと考えています。馬体重は491キロです」(空港担当者)

8/5 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週2日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを2本行っています。「この中間から坂路コースでの調整をスタートしています。乗り出し後も問題なく進めることができていますので、この調子で良くしていければと思います」(空港担当者)

7/29 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「引き続き、周回ダートコースで継続的に乗り込みを行っています。増えてきていた体重も乗り出したことによって絞れてきていますし、見た目も上々です。もうしばらく様子を見た上で坂路コースでの調整に移行できれば理想的と考えています。馬体重は498キロです」(空港担当者)

7/23 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「蹄の状態を確認しながら進めていますが、この中間より騎乗運動を開始しています。まずは周回ダートコースで感触を確かめていき、徐々に負荷を高めていければと思います。今後も早期の復活を目指して取り組んでいきたいと考えています」(空港担当者)

7/9 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間からウォーキングマシンで軽めに動かすように心がけています。こちらの環境にも馴れてきたようでいい形で過ごすことができています。今後も定期的に蹄のケアを行いつつ回復を待ちたいと思います」(空港担当者)

7/2 NF空港
軽めの調整を行っています。「蹄を痛めてしまったということで、先週末にこちらへ戻ってきました。こちらは過ごしやすい気候ですし、いいリフレッシュにもなってもらえればと思います。まずは痛みがなくなるまで軽めの運動で様子を見ていきます」(空港担当者)

6/28 NF空港
28日にNF空港へ向けて移動しました。

6/27 NF天栄
27日にNF天栄へ向けて移動しました。

6/24 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「引き続き右前脚の蹄のケアを行っていますので、軽めの運動に留めて回復を促しています。焦らずケアしていけば問題ない程度ではありますが、やはりきっちり治るまでは時間がかかりそうですし、涼しい北海道で過ごした方が馬にも良さそうですから、近々移動させるかもしれません。馬体重は502キロです」(NFしがらき担当者)

6/17 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「ここまで順調に動かしていたのですが、この中間ちょっと右前脚の蹄に痛みが出てしまったため、運動程度に落として様子を見ています。大きな問題はなさそうですが、今はまだ少し歩様にもみせていますので、まずは患部のケアを第一に行って経過を見ていきます」(NFしがらき担当者)

6/10 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「1つ勝ってくれたあとですし、引き続きゆったり動かしながらリフレッシュを促しています。周回コース中心とはいえ3000mほど長めに乗っていますし、いい汗をかくことができていますよ。もう少し様子を見たうえで適宜負荷を強めていければと考えています」(NFしがらき担当者)

6/3 NFしがらき
周回コースで軽めの調整を行っています。「この中間から周回コースに入れて騎乗調教を開始しました。まずは軽めにゆったりと動かしながら体を解しているところですので、もう少し様子を見てそれから今後の方針を決めていきたいと考えています。まずはしっかりリフレッシュさせてあげたいですね」(NFしがらき担当者)

5/27 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後はマシンで軽く動かしながら様子をみていますが、大きなダメージはなさそうですね。今回は勝利しての放牧ですから、焦らずリフレッシュを図ることができますので、じっくり立ち上げていきたいと思います。馬体重は473キロです」(NFしがらき)

5/22 NFしがらき
22日にNFしがらきへ放牧に出ました。

5/21 清水久厩舎
21日は軽めの調整を行いました。「先週はありがとうございました。また、ここまでお待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。レースの流れを見ながらも馬のリズムを大事にしてジョッキーが上手く運んでくれましたし、何よりも待ちに待った勝利ですからね。嬉しいのはもちろんですが、まずはホッとしたと言うのが本音でもありますね。本格的に熱くなる前にひとつ勝利を挙げられたことは大きいでしょうし、今後も楽しみな馬ですよ。今後は一度お休みを挟みたいと思いますが、現地での様子を見ながらどのあたりで始動できそうか改めて考えていきます」(清水久師)22日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する