Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

ツアーの振り込みしました。
後は「旅のしおり」が来るのを待つばかり。
ご一緒する方、よろしくお願いします。

8/10(日) 新潟11R ファドーグ(北村宏)→10番人気7着

■ファドーグ
書きたいことはほぼ昨日書いたので割愛。
レーシングビュアーでパドックを見ましたが、結構落ち着いて周回できていました。
なので、前入りするという陣営の努力は報われたのだと思います。

だからこそ、やっぱりスタートがね・・・
制御できないこともあったとか、危なかったとか色々コメントはしていますが、それを含めて決めるときは決めないとね。

それにパトロールビデオを見ましたが、スタートしてランウェイワルツより内側に位置取りできるチャンスがありました。そこで敢えて下げて外に出していましたが。インで詰まるリスク、砂を被った時のリスクを考えてのものだったかもしれませんが、最後方から大外ぶん回して届くくらい抜けた力があるわけではないのですから、そこでインを突いて勝負するという手もあったと思います。
これは結果論ですがランウェイワルツの位置取り、最終コーナーで前がガラ空きだったことを含めてね。
ま、終わったことは仕方ありませんが、人気もなく、力が抜けていない時は勝負することも必要だと思います。やらなければならないところを失敗した場合は特に・・・ね。


ここで一度放牧に出すようですね。
環境を変えてリフレッシュさせるということであれば、北海道に移動して涼しい環境で調整して欲しいですね。
北海道に移動しても2ヶ月位休ませて秋に復帰と出来ると思いますし、結果に出ている中山に良い状態で向かうためにもそれくらいのローテが良さそうです。暑い天栄より北海道の方がリフレッシュできそうですし、なによりそれくらいのローテだと後藤Jに復帰戦から乗ってもらえる可能性も出てくる気がするので。
やっぱりファドーグは後藤Jと共に上に行って欲しいです( ´∀`)b

◆ファドーグ
8/10 新潟競馬場
10日の新潟競馬ではゆっくりとしたスタートになり後方を追走。道中はじっと我慢して最後の勝負に出て直線はいい伸びを見せたが前も止まらず7着。
「ゲートがひとつ鍵となっていましたが、一度だけ制御が利かないくらい強い力でガツンと下に潜る格好を見せ危ないところがありました。プレッシャーによるストレスから逃れるためにも自分を出そうとしてそういう行動を取ろうとしてしまうのでしょうが、美浦で練習したときよりは良かったし、滞在の効果もあったのかなと思いました。位置は後ろになってしまい、前もあまり速くはなってないなと感じたのですが、あそこから外をブン回しても無駄に脚を使ってしまうだけだし、動かしたことで全体のペースが上がってしまうと余計に苦しくなるだけと思い、ロスをできる限り少なくして勝負どころへ向かう選択をしました。前回は勝負どころでの立ち回り方にあまり余裕がなかったのですが、今回はキックバックを受けても怯まずいい格好で馬群の後ろを回れたんです。位置が位置なので目立たないかもしれませんが、最後もいい脚を使っているから今日の経験はプラスになるはずで今後に活きてほしいです。ゲートに関しては、長い目で見ていく上でキチッと教える必要もあるかもしれませんが、落ち着いて走れるようになれば良くなってくるはずです」(北村宏騎手)
「今日は一度装鞍所のところで元気な素振りを見せましたが、滞在で慣らしておいたこともあって、その一回以外はほとんどおとなしく、落ち着いた状態でレースへ臨むことができましたよ。ゲートは厩務員が付き添って少しでも落ち着いた状態で臨めるようにしました。全体的には落ち着いていた方だと思いますが、ジョッキーの話だと一回ガツンと下に行こうとしたという話でしたし、根っこから改善されたとは言い難いところもあります。直線いい脚で来れているように力はあるわけですから、あとはいかにそういった難しさをうまく改善していけるかでしょう。今回は大一番を前にできることも限られたので慣らすことを重点的に行ってきましたが、今後あまりにもひどくなっていきそうならば何らかの対応は考えていかないといけないと思っています。勝負を意識していただけにそうならず会員の皆様には申し訳ございませんが、要所要所のところでは少しずついいほうへ向いていきそうな手応えも感じられましたし、滞在で調整させていただいた効果も見られた一戦でしたから、この経験を今後にしっかりと活かしていけるようにしたいと思っています。この暑い中、頑張ってくれましたからこのあとはひと息入れますし、また秋に頑張ります」(奥平師)
試行錯誤の上、除外のリスクもありましたが勝負に出るため早めに新潟競馬場へ入り、滞在での調整を行いました。その結果、完全に不安のない状態で臨めたとまでは言い切れないものの、比較的落ち着いた状態を保てており、前回の課題にはある程度対応してレースへ向かえたと思います。それも陣営の勇気ある決断のおかげでもありますし、感謝の意を伝えるとともに、今後に飛躍につなげていってほしいと祈るばかりです。もちろんまだゲートを中心に精神面の課題、不安は残る現状ですし、今後も気をつけつつ対応していきたいと思います。ここを目標に頑張ってくれましたし、このあとは少しゆっくりさせるためにもこのまま競馬場からNF天栄へ放牧に出してリフレッシュを図る予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する