Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

もう少しデビューするまで時間がかかるかなと思っていたマイティーハニーですが、今週の想定に入っています。

洋吉先生は体が出来るまでは坂路2本追い、体が出来れば坂路3本追いというのが主流。
マイティーハニーも基本2本ずつの坂路を乗っています。
と言っても18-18~20-20程度が多く、速めの時計を出す追い切りはウッドコースで行っています。

20140608 83.5 -63.2 -42.4 -21.5
20140608 77.3 -58.0 -38.8 -19.5
20140610 87.7 -66.4 -44.7 -22.9
20140610 86.0 -64.1 -43.1 -21.8
20140611 77.4 -57.6 -38.4 -19.4
20140611 76.1 -57.1 -38.1 -19.5
20140614 79.3 -59.8 -40.0 -20.3
20140614 72.8 -54.7 -36.5 -18.6
20140615 76.1 -57.1 -37.8 -18.8
20140615 66.3 -46.7 -30.9 -15.5
20140617 76.0 -57.2 -38.3 -19.6
20140617 74.4 -55.8 -36.9 -18.9
20140618 78.3 -58.9 -39.2 -19.8
20140618 74.4 -55.8 -36.1 -18.5



母マイティースルーの母スルーオールからの牝系図は以下の通り。
マイティースルーの姉スルーレートから札幌2歳S3着のハイアーレートが出ているものの、あまり活躍馬は出ていないです。
こうなったらマイティーハニーにこの牝系を支える活躍を期待しないといけませんね(*´∀`*)


スルーオール Slew All [米] (牝 1990 鹿毛 Seattle Slew)
|-- グラスミライ (牡 1998 栗毛 Theatrical) 1勝、地方3勝
|-- キングスミール (牝 2001 栗毛 Theatrical)
| |-- ジャングルストーン (牡 2006 栗毛 ジャングルポケット) 3勝
| |-- プランテーション (牝 2007 芦毛 クロフネ) 地方4勝
| |-- イヤサカ (牝 2009 鹿毛 アジュディケーティング)
| |-- シュウギン (牝 2010 鹿毛 スウェプトオーヴァーボード) 1勝、中央現役
| |-- エクストラゴールド (牡 2011 栗毛 ゴールドアリュール) 1勝、中央現役
| |-- キングスミールの2012 (牡 2012 鹿毛 キンシャサノキセキ)
| |-- キングスミールの2013 (牡 2013 黒鹿毛 アドマイヤムーン)
|
|-- スルーレート (牝 2002 鹿毛 フレンチデピュティ) 2勝
| |  2着 - 時事通信杯フラワーC(G3)
| |  3着 - クイーン賞(G3)
| |-- トゥルーマートル (牝 2009 黒鹿毛 ネオユニヴァース)
| |-- アンプリファイア (牝 2010 鹿毛 ダイワメジャー)
| |-- ハイアーレート (牡 2011 黒鹿毛 ゼンノロブロイ) 1勝、中央現役
| |  3着 - 札幌2歳S(G3)
| |-- ビットレート (牝 2012 栗毛 スペシャルウィーク) 中央現役
|
|-- ロビュスト (牡 2005 栗毛 フジキセキ)
|
|-- マイティースルー (牝 2006 芦毛 クロフネ) 4勝
| |-- マイティーハニー (牝 2012 芦毛 ハーツクライ) 中央現役
| |-- マイティースルーの2013 (牡 2013 栗毛 ゴールドアリュール)
|
|-- カトルズスルー (牝 2008 栗毛 スペシャルウィーク) 中央現役
|-- トップスカーレット (牝 2009 栗毛 ダイワメジャー) 1勝
|-- ケイツーリマーク (牝 2010 鹿毛 デュランダル) 地方7勝



週を追うごとに良化が見られるということですし、「せっかくの新馬戦ですし、より納得行く形で競馬に行きたい」と師はコメントしていますので、出走するならそれなりの状態なのでしょうね。
明日の確定を待ちたいと思います。

◆マイティーハニー
6/12 大久保洋厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒0-53秒0-39秒0-14秒0)。「先々週あたりは正直あまりいいなと感じなかったのですが、週を追うごとに良化してきてくれているように感じます。今日追い切ったのですが、先生からも"馬場状態を選びながら動かしてくるように"と言われていましたし、内ラチ沿いぴったりではなく4コーナーから直線は少し外目に誘導して3頭で併せて伸ばしてくるようにしました。気持ちはあるし、最後までちゃんと走れていましたからいいと思いますよ。この調子で調教をこなしていってよりいい状態に持っていきたいですね」(吉田豊騎手)「先週も程良く動かしましたが今週も併せる形にしてじわっと負荷をかけました。マイティーハニーを含めた2歳が前を進み、それらを見ながらペガサスジュニア(3歳1000万下クラス)が直後を走って直線で併せる形にしたんです。まぁ、馬場のこともあって乗り役連中も無理をしなかったので時計はそこまで目立つものではないし、先週と感じとしては変わらない内容の調教だったけれども、前向きさもあっていいかなと思える動きでしたね。ただ、強いて言えばやはりもう少し体を良くしたいよな。見た目だとちょっとすっきり見える。これでもカイバは食べれるようになっていて、入厩当初よりも良くなっているんですよ。せっかくの新馬戦ですし、より納得行く形で競馬に行きたいですから、もうちょっと乗り、そのうえで競馬を決めたいと思っています。来週の可能性が全くないわけではないのですが、現時点ではここと決めずにおいて、ヨシッと思えたタイミングで行ければ理想的と思っています」(大久保洋師)

6/4 大久保洋厩舎
4日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒0-52秒6-38秒4-13秒2)。「これまではじわじわと動かしてきていてまだ序盤の調整という感じの内容でしたが今週から本腰を入れてピッチを上げています。今朝はウッドチップコースで2頭併せ。豊を乗せて先行し相手に合わせて終いを伸ばすようにしたのですが、最初としては時計も悪くないし、“まずまずかな”という感じでしょうか。ただ、理想はもうちょっと体に幅と迫力がほしいところなんですよね。カイバは2歳っ仔なりに食べている方だし、そのあたりは問題ないと思うんだが、今後の成長があればなおいいという感じですかね。また、豊も少し硬さがあるかなと言っていましたし、しっかりしてくるにはもう少し時間がほしいのかなという気もしています。現状そのような状況なので今のところ具体的なことはまだ決めていません。もう少し動きを見せていってから考えていきましょう」(大久保洋師)

5/29 大久保洋厩舎
28日は軽めの調整を行いました。29日は美浦南Wコースで15-15を行いました(75秒1-58秒6-43秒4-15秒1)。「先週無事にゲート試験をクリアーできたので様子を見ながら競馬へ向かっていければと思っています。週末には坂路に入ったように、完全にポリトラックのみという形にはしなくてもいいかなという状況にありますよ。ただ、まだいくらか不安定なところもあるので今後も気を配りながら調整を進めていくつもりです。今朝はポリの角馬場でじっくり乗った後にコースへ移って少し動かしました。時計的には43秒くらいでいかにも最初というような内容。まだまだこれからですし、動かしていって良化具合を見ていかなければいけないでしょう」(大久保洋師)


※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する