Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

ハーツクライネタで引っ張りますが、netkeiba.comの栗山求氏コラムでハーツクライ産駒についての記載がありました。

栗山求 新着POG馬紹介:ハーツクライ産駒の成功パターンにあてはまるトーセンジャズ

ハーツクライ産駒はSeattle Slewと相性が良く、カポーティスター(13年日経新春杯-GII)、アドマイヤラクティ(13年ダイヤモンドS-GIII)、カレンミロティック(13年金鯱賞-GII)、マジェスティハーツ(13年神戸新聞杯-GII・2着)、ダイワズーム(13年中山牝馬S-GIII・5着)など、少ないサンプルから多くの活躍馬が出ている。


と書かれていて、Seattle Slewのクロスはあるの?と調べてみたら、書かれていた全馬Seattle Slewのクロスはありませんでした。

で、マイティーハニーは?というと、Seattle Slewのクロスは無いものの、マイティースルーの母父がSeattle Slewなので、マイティーハニーにとっては母母父でSeattle Slewを持つことになります。

ま、マイティーハニーに対して良い記事があったので自分の気持ちを良くするために、この記事を紹介しただけです^^;

ちなみに、紹介されているトーセンジャズの母はスリリングヴィクトリー(Thrilling Victory)。
キャロットで募集され、期待されつつも骨折以降の骨膜や歩様の乱れで未出走引退したセイントニコラスの弟になりますね。





さて、話変わって、オレアリア。

帰厩して坂路乗り込み開始、5月上旬に使えそうというコメントを見て、

5/3(祝) 京都・ダ1900m
5/4(祝) 新潟・中ノ岳特別ダ1800m
5/11(日) 京都・ダ1400m

の中であれば、1800mという距離を考えてもダートスタートということを考えても「新潟・中ノ岳特別」が有力と思っていましたが、実際今日の公式コメントで発表されました。

石坂厩舎・後藤騎手のコンビで思い出すのはアロンダイト。
未勝利勝ちからの5連勝でジャパンカップダートを勝ちましたが、未勝利勝ち上がるレースから手綱をとっていたのが後藤騎手でした。
アロンダイトの域に達するのにはまだまだかかりそうな浜名助手のコメントではありますが、このコンビで一皮また剥けてくれれば良いなと思います。勿論、菱田Jでも良いと個人的には思っているんですけどね^^;

◆オレアリア
4/16 石坂厩舎
16日は栗東坂路で追い切りました(54秒5-40秒4-26秒5-13秒4)。
「今朝は坂路で馬なり程度の時計を出しています。楽な手応えでこれだけ時計が出れば十分でしょう。馬も変に力んだりせずスムーズに走れていましたよ。成長曲線が緩く、本当に良くなるのはまだ先だと思うのですが、その中でも確実に良化が感じ取れる状況ですし、昇級初戦でもクラスにメドの立つレースを期待したいですね」(浜名助手)
5月4日の新潟競馬(中ノ岳特別・ダ1800m)に後藤騎手で出走を予定しています。

4/10 石坂厩舎
9日は栗東坂路で追い切りました(56秒1-41秒3-27秒2-13秒5)。
「1ヶ月ほどの放牧から先週帰ってきましたが、しがらきでもそれなりに動かしてもらっていたおかげか馬体は極端に緩んだ感じはありませんね。水曜日は坂路で馬なり程度に動かしましたが、馬体同様に動きも悪くなさそうでしたし、こちらでの調整をスムーズに進めることができそうです。どのあたりから狙えそうかはもう少し乗り込んでから決めていくことになると思いますが、早ければ5月前半の競馬も考えていけそうですね」(浜名助手)

4/5 石坂厩舎
5日に栗東トレセンへ帰厩しました。

4/1 NFしがらき
坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。「引き続き坂路で順調に乗り込みを消化しており、中間にはハロン15秒近い時計もマークしています。体調や動きに問題はありませんので、少しずつペースアップを図りながら状態を上げていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

3/25 NFしがらき
坂路でハロン18秒のキャンター調整を行っています。「この中間から坂路を取り入れて調整を行っているように状態は上向いています。馬体も戻ってきていますので、徐々にペースを上げていきたいと思いますが、体調などしっかりチェックして適切な負荷をかけていければと考えています。馬体重は507キロです」(NFしがらき担当者)

3/18 NFしがらき
周回コースで軽めの調整を行っています。「マシン運動を行いながら様子を見てきましたが、大きな問題はなさそうでしたので、この中間から周回コースで軽めに乗り出しています。引き続き状態を見ながら調整していきますが、まずは心身のリフレッシュを図ってから進めていく予定です」(NFしがらき担当者)

3/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「レース後なのでマシンなどごく軽めの内容でリフレッシュを促しています。大きなダメージはなさそうですし、脚元などに気になるところもないようなので、馬体の回復などを見ながら乗り運動を取り入れていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

3/5 NFしがらき
4日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週はありがとうございました。直線スムーズに前が開いたこともありますが、内々で脚を溜め、最後はしっかりした伸びと、状態の良さをきっちり発揮してくれました。まだまだ良くなってくると思いますし、この勝利が飛躍のきっかけになればいいですね。レース後は大きなダメージはなさそうですが、ここで心身ともしっかりとリフレッシュしてもらいたいと思います」(浜名助手)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する