Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

前走惨敗したサウンドアクシス。

魅力だった末脚が全く見られない近走の結果から引退もあり得ると考えていましたが、昨日引退の連絡がありました。
引退理由としてはやはり「能力の陰りが見られる」ということでしょうね。

私も書いていましたが、前走は順調に2個の除外権利を取れたので、ビシッと仕上げられたと思います。中間の調整について、そして最終追い切りを一杯に出来たことで、ここでダメならと思えるくらいやってくれたと思います。外枠がどうこう、ペースがどういうもあるとは思いますが、あれで末脚が36秒台なのは以前の力が無くなったと言っても仕方がないと感じました。

結局獲得賞金も1億円に届かず引退。
正直、松岡が主戦になったのも運が無かったのかもしれません。鼻息荒く重賞級というコメントを発していたにも拘らず、毎回同じようなレースをしたりで結果を残せず謝ってばかり、結果として重賞に1度も出れなかったのは「重賞級」とコメントをした者として恥じるべきところだと思います。だってそのコメントをしたのは3年以上前ですから・・・。

全盛期のあの末脚は本当に魅力的でした。
すごく個性を持った馬だったと思います。
なんだか悔しい思いもありますが、まずはお疲れ様と言ってあげたいです。

◆サウンドアクシス
3/6  引退
「先週の競馬は、外枠が当たってしまったことで厳しい形になってしまいました。最近は脚元のことを考えて加減しながら追い切っていたところもありましたが、この中間は脚元が落ち着いていたこともあって、結構ビッシリと仕上げたんです。馬はそれに応えてくれたと思いますし、状態も良かったのですが、残念な結果になってしまい申し訳ありませんでした。内枠ならまた違ったかもしれませんが、ビシッと調教を積んできていい仕上がりで臨んだ中で、この馬らしい終いの伸びが見られなかったことも確かです。脚元はきっちりケアをして落ち着いてはいましたが、馬自身、まったく気にしていないかといえば嘘になるでしょう。オープン馬としてこの年齢まで頑張って走ってくれて、もしもこの後レース中に痛い思いをするようなことがあっては悔やんでも悔やみきれません。まだやれると思う半面、馬にこれ以上頑張れと言うのは酷のように思います。もっと活躍させなくてはならない馬でしたし、会員の皆様には申し訳なく思いますが、馬は怪我にも負けずよく走ってくれました。長らくご声援いただいてありがとうございました」(音無師)
3歳夏、がけっぷちの小倉で未勝利を脱出してから4年半、オープンにまで上り詰めたサウンドアクシス。全盛期には、上がり3ハロン34秒台と芝並みの末脚を武器にして名をはせてくれました。昨年は脚元を傷めながら、厩舎、牧場の手厚いケアでここまで頑張ってくれましたが、持病を抱えているのは事実ですし、この後追い切りやレースで大きな故障を招かないとは言い切れません。このような状況を踏まえた上で、音無秀孝調教師と協議を行った結果、ここで現役を引退して競走馬登録を抹消することになりました。なお、本馬に出資されています会員の方へは追って書面をもちましてご案内いたします。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する