Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

2/9(日) 小倉09R オレアリア(松山)→5番人気3着
2/10(月) 東京04R ケルシャンス(田辺)→5番人気4着 ※雪のため順延で月曜日開催
2/10(月) 東京06R ネオリアリズム(ベリー)→出走取消 ※雪のため順延で月曜日開催



■オレアリア
東京競馬が順延のためBS11で観戦できました。
馬体重は増減なしもパドック周回はまだお腹ポッテリに見えました。

スタートはまずまずも後ろから。これは鞍上が意識的に行ったようですが、調教でも見せる「ガーッと行く」のがわかったのでしょうね。昨年のツアー時に聞いた内容が調教でも、また実戦でも出ているようです。まあ、行きっぷりが悪かった馬なのでそういう気性が出てきたのは前向きに捉えたいと思っています。抑える鞍上は大変だと思いますが。

直線向くまでだいぶ後ろだったので心配しましたが、直線向くときにはインがポッカリ開いて距離ロス無く内を突くことが出来ました。ただ、ジリジリとした脚で前には迫る程度で差し切る事はできませんでしたね。

松山Jのコメントが良くわからないのですが、切れる脚が無いのは実力と見ているのでしょうか?それとも展開?位置取り?ペース?非常に悔しいとはコメントしているけど、何に対して悔しいと言っているのか良くわかりません。
最後は謝っているのですが馬に力が無いと思っているのであれば謝る必要は無いしね^^;
文章で伝えるのはなかなか難しいとは思うのですが、もう少し伝わる形だと嬉しいなあ.....と感じました。

正直今回のメンバーでは勝ち切るくらいでないとダメと感じていました。
レース振りから芝スタートでは無い方が現状は良いことが分かったので収穫はあるレースでしたが。

出来ればもう1戦小倉で走れたら良いですね。
ダ1700mは沢山組まれていますから。

◆オレアリア
2/9  石坂厩舎
9日の小倉競馬ではまずまずのスタートを切るも折り合いを重視して道中は後方を追走。勝負どころで内からスルスル進出し、追い上げるが最後は届かず3着まで。
「いい脚で追い上げてくれましたが、あと一歩届きませんでした。申し訳ありません。スタートからそのまま行くとガーッとなってしまうので、意識的に後ろに下げて折り合いを重視して道中は進めました。そのおかげでスムーズに運ぶことができましたし、いい感じでぽっかり内も開いてくれたのですが、最後はジリジリとしか伸びませんでした。直線では狭くなったところもありましたが切れる脚を使えていれば、そうなる前に抜け出せていたと思いますし、非常に悔しいです。十分に力があるところは見せてくれましたが、勝利に導いてあげることができず本当にすみませんでした」(松山騎手)
最後の追い上げには見応えがありましたが、勝ち馬を差し切ることはできませんでした。ただ、ここ最近はあと一歩の競馬が続いていただけに前進を見せてくれた点は評価できると思います。血統的にもこれからどんどん良くなってくるでしょうし、次走以降では更にいい着順を目指していきたいところです。今後は様子を見た上で決めていきます。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



■ケルシャンス
レーシングビュアーでレースのみ観戦。
馬体重は+6㌔とはいえ増えていて良かった。陣営の努力の結果ですね。今後は420㌔以上で走れればと思います。

レースは陣営から指示が出ていたということで先行して3番手追走の正攻法の形。
今回は見る限りでは後ろに下がる素振り・・・は感じられませんでした。

外目の追走で直線向く形は田辺Jのコメントの通り「いい格好」だったと思いますね。
そこからは前を捕らえるか・・・・と思ったけど粘られ、そして後ろから2頭に抜かれて・・・・の4着。
馬場云々はあるかと思いますが、今日の時点では力負けだと思います。
後ろから行くと差し切れない、前に行くと末が甘くなる・・・難しいものです。

田辺Jの乗り方は最高だったと思います。
「競馬の仕方は固執しすぎないほうがもしかしたらいいかもしれません」と乗り難しさ的なものもあるのであれば、出来れば次も乗ってもらいたいですね。

◆ケルシャンス
2/10  加藤征厩舎
10日の東京競馬ではまずまずのスタートから2列目につけて進める。最終的には交わされたがゴール手前までしぶとさを見せて抵抗し4着。
「これまでが後ろからの競馬になることが多かったので、今回は少し変えて前目の位置から競馬をしてほしいというリクエストをもらっていました。無理のない形で悪くない位置につけることはできました。いい格好で直線へ向かえましたし、最後までよく頑張っているんですが…。手応えはよかったのですが、いざ追われるとビュッと来るような脚はありませんでした。返し馬をしたところは馬場が緩くてノメりましたが、競馬では大丈夫でしたね。ただ、やはり非力なところがあって、力の出し方を考えないと苦しくなりそうです。展開ひとつだと思いますが、競馬の仕方は固執しすぎないほうがもしかしたらいいかもしれません」(田辺騎手)
「どのレースにするか悩みましたが、過去のレースをよく見直し、分析した結果この馬の使える脚とレースに求められる条件等から1400mがベストと考えてここへ向かうことにしました。相手関係も想像していたよりだいぶ楽に映りましたからね。それで、前回などは特に極端な格好になってしまったので、ハミをかけすぎないようにしながら少し前の位置より運ぶレースができないかとジョッキーに相談してレースへ送り出しました。結局は多少ハミをくわえていましたし、外枠で押してポジションを取った分、最後は脚色があまくなりましたね。距離は延ばしていいという感じではなかったでしょうが、力は見せてくれました。権利は獲ってくれましたが、この厳しい環境下で頑張ってくれましたし、レース後の状態をよく見た上で柔軟に考えていきたいと思ってます」(加藤征師)
前走後は東京開催を目標にじっくり乗り込んできましたし、中間の様子も悪くなくレースへ臨めたと思います。今回は違った形でレースを進めてみる作戦を取り、残り100mくらいまでは先頭に立ち思わず力が入るほどの頑張りを見せてくれました。最後は踏ん張りきれませんでしたが、展開ひとつでチャンスは来そうですし、何とかしたいところです。悪天候のなか調整も難しかったでしょうし、肉体面だけでなく精神面のケアも必要になるでしょうから、馬の状態と今後の目標等を考えながらこのあとについて決めていきます。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する