Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

せっかく前走で復活・・・な感じが少し見えたサウンドアクシスですが、厳しい状況です。

間隔が空くからということでリフレッシュ放牧に出たNFしがらきで、繋靭帯を少し痛める頓挫。
4月頭までウォーキングマシンやトレッドミルで軽めの調整をして、その後坂路入り。
そこから2週間ほどで終い15秒くらいまでできるということどで帰厩。

帰厩後の坂路で予定以上に速くなったせいで大きな反動で放牧。
NFしがらきでのチェックでかなりのダメージ。



・・・なんか、人災ですね(;´Д`)
サウンドアクシスが可哀想。

元々夏は弱いという判定を下されていますし、秋までお休みかなあ。
せっかく復調気配というか、良い結果を残した後だったのに、繋靱帯炎にしても今回の厩舎での出来事にしても、勿体無いというかちゃんとしてくれよ・・・という思いで一杯です。

◆サウンドアクシス
5/7 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後、軽く動かしながら馬体のチェックを行っていますが、やはり背腰の筋肉にかなりダメージがある状態です。疲労回復などの治療を行って、その後の反応を見てプランを検討していきます。脚元は今のところ落ち着いています」(NFしがらき担当者)

5/2 NFしがらき
2日にNFしがらきへ放牧に出ました。

5/1 音無厩舎
1日は軽めの調整を行いました。「先週末、坂路で時計を出したのですが、思ったよりも速くなったせいか、大きな反動が来てしまいました。放牧先でも楽をさせていた時間が長かったですし、トレセンでの強い負荷に馬体が悲鳴を上げてしまった感じで、全身がコズんでいます。背中をちょっと押しただけで嫌がる素振りをしますし、今朝も曳き運動をして様子を見ている状況で、目標となる栗東Sに向けてこれ以上速い追い切りをしていくことは難しいと言わざるを得ません。大変申し訳ありませんが、再度放牧に出してしっかりと馬体のチェックを行ってもらいます」(音無師)2日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

4/29 音無厩舎
5月5日の東京競馬(ブリリアントS・ダ2100m)と同日の京都競馬(鞍馬S・芝1200m)に特別登録を行いました。ブリリアントSはフルゲート16頭のところ本馬を含めて24頭、鞍馬Sはフルゲート18頭のところ本馬を含めて30頭の登録があります。

4/24 音無厩舎
24日は軽めの調整を行いました。「昨日戻って来たばかりですから今日はまだ軽めの内容です。脚元に関しては現状で変わりなく見せていますが、しがらきで不安が出ていたことはありますから、こちらでもしっかりと変化を見ていきたいと思います。一応週末くらいから時計を出してみて、その後に問題がなければ栗東Sを目指します」(音無師)今のところ5月12日の京都競馬(栗東S・ダ1200m)を目標にしています。

4/23 音無厩舎
「この中間も15-15ぐらいのところをコンスタントに乗ってきて、順調に良化してきましたので、厩舎とも相談をして移動の段取りをして、今朝帰厩しました。脚元については慎重なケアが必要ですが、今のところここまで進めてきても安定した状態です」(NFしがらき担当者)23日に栗東トレセンへ帰厩しました。

4/16 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末から、トレッドミルに加えて坂路調教も取り入れるようにしています。坂路の乗り出しはさすがにトモの踏ん張りが物足りなかったのですが、徐々にしっかりとキャンターできるようになってきました。今朝は終い15秒近くまで脚を伸ばしていますので、このまま脚元が落ち着いてくれれば移動の話もできそうです」(NFしがらき担当者)

4/9 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週末からトレッドミルでの調教を開始しました。騎乗しての軽い運動も行って、ジワッと動かすようにしているところです。今のところは脚元も安定していますし、このまま動かしながら少しずつペースアップしていきたいですね」(NFしがらき担当者)

4/2 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もウォーキングマシン中心に軽めの調整を行っています。脚元はだいぶ安定してきましたが、引き続きしっかりとケアをしていきます。1ヶ月後ぐらいの移動を視野に入れて、トレッドミルから騎乗調教へとメニューを考えていきます」(NFしがらき担当者)

3/27 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「先週に引き続き、治療を行いながらウォーキングマシン中心に軽めの運動を行っています。今はレーザー治療などを行って脚元も落ち着いていますので、状態を見ながら乗り出してみて、その後の反応を確認していくことになります。馬体重は485キロです」(NFしがらき担当者)

3/19 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間も軽めの調整で脚元の状態を見ています。まだ本格的な騎乗調教も行っていませんし、現段階ではどこまで良化しているかは分かりにくいのですが、もう少しゆっくり動かしつつ治療を行っていきます」(NFしがらき担当者)

3/12 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「治療を行いつつ、先週末軽く坂路で乗ってみたのですが、その後また熱感があったので軽めに落として様子を見ています。このあとも治療を行いながら状態を確認し、良化具合を見て方針を検討していきます」(NFしがらき担当者)

3/5 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後すぐは特に問題なかったのですが、乗り出してみると右前脚の球節部分にボーっとした腫れが見られました。エコー検査を行ったところ、繋靭帯が少し傷んでいるようなので、薬による治療を行ってその後の反応を見ているところです。箇所が箇所だけに慎重に状態を確認してかなくてはいけませんし、もうしばらく様子を見ます」(NFしがらき担当者)

2/27 NFしがらき
27日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は、内々をうまく捌いていい内容でした。ジョッキーはレース前から枠を活かして内を突く競馬をすると言っていましたが、そのとおり、これしかないというレースをしてくれたと思います。使ったあとは特に疲れなどありませんが、目標の京葉Sまでは中途半端に間隔が空くので、短期放牧に出してリフレッシュさせ次走に備えたいと思います」(音無師)
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



スポンサーサイト
Theme :競馬 - Genre :ギャンブル

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する