Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

どちらも人気より着順が悪いショックな結果となりました。

3/30(土) 阪神06R オレアリア(浜中)→1番人気6着
3/31(日) 阪神10R クロムレック(戸崎)→9番人気13着


■オレアリア
BS11で観戦。

馬体重は-2㌔。シンクリ産駒だけに見栄えする体ではありますが、なんというかまだ幼い感じは否めず。
圧倒的1番人気に最終的に推されましたが、そんなに人気するくらい他と差があるようには見えませんでした。

スタートは五分。
でも、まあ初戦のように動いていかず中団より後ろを追走。でも、少頭数だしある程度大丈夫だろうと楽観視していました。
浜中Jのコメントにもあるようにスタートしてからの走りは初戦よりは良くなっているように感じました。・・・が、少頭数でそれほどペースも上がっていないことも有り、ペースを上げたいところ思ったより上がって行けず、そして直線も後ろから来た馬に差されてしまう体たらく(;´Д`)

初戦は能力だけ、ここも慎重に慎重に、まだまだだよ・・・と戦前から思っていたとはいえ、ある程度は格好つけてくれると思っていただけに不甲斐なく見えましたね。せめて前の馬は捕まえられなくても、後ろからの馬は完封した3着とかお願いしたかったです。

体力不足や緩さを改めて露呈した形になりますが、騎手のコメントは前向き。
であれば、ぜひもう一度続けて乗ってもらって、レースを教えこんで欲しいです。

疲れが出ていなければこのクラスのペースに慣らす意味も含めて、中2週くらいで使わないかなと思っています。4/21は京都でダ1800mがあります。この日はマイラーズCもありますし、浜中Jは関西にいるんじゃないかな・・・と。とはいえ、成長途上なのですし、うまく成長させつつ秋くらいにある程度のクラスに行ってくれていればと思います。だって、この時期母ブルーメンブラットも1勝馬だったわけですから(フラワーC3着、忘れな草賞2着とか有りましたが)。

◆オレアリア
3/30  石坂厩舎
30日の阪神競馬では五分のスタートから押して中団の後ろを追走。3コーナー手前から気合いをつけて進出し、長く脚を使ったが、直線半ばで力尽きて6着。

「スタートから前半の走りなんかは初戦よりだいぶスムーズになっていましたが、やはりまだまだ体を持て余してドタドタ走っていますね。緩さがあって体力もつき切っていない分、最後は苦しくなってしまいました。素質があるのは間違いないですし、良くなるのはこれから。使いつつペースの変化にも対応できるようになるでしょう」(浜中騎手)

今日は残念な結果になってしまいましたが、キャリア一戦の身であることを考えれば悲観する必要もないでしょう。まだ緩さがあることは陣営の意見が一致するところですし、まだこれから良くなってくるはずです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



■クロムレック
パドックはBS11で、レースは民放で確認。

パドックは1周しか見れませんでしたが、そんなに良く見えませんでした。馬体重の-4㌔は悪くないようには思うのですが、張りがないというか・・・テレビで見てのものなので実際は違ったかもしれませんが^^;

スタートは良いですね。今回もなかなかの好スタート。そして二の脚もなかなか速い。
逃げられるくらいの感じでしたが、抑える競馬をして今後につなげようという思いが明確に見える感じでガッチリ抑えましたね。それが悪い方に出てか、その後も鞍上との喧嘩が終始続き、これは無理だろうと思いました。かなりリズムが狂っているようにも見えましたからね・・・。

今回のレースでは芝がどうこう判断は出来ないでしょう。鞍上も芝は悪くなかったと言ってますし。
ただ、今の感じだと芝ダート問わず1200mで走らせながら少しずつ行きたがるところを改善させていくしか無いのではないでしょうか。1400m走らせるならせめてダート。そんな感じに見えました。

最低掲示板にはと思っていた中でのこの結果で正直かなりショックです。
今回やりあったことがクロムレックにとってマイナスにならなければ良いのですが。

一度リフレッシュで放牧に出しても良いと思うんですけどね・・・ガス抜きが必要にも感じますけど、手元に置きたい戸田師なので、在厩で次走へとなる可能性が高い気がします。

◆クロムレック
3/31  戸田厩舎
31日の阪神競馬ではまずまずのスタートも、行きたがる素振りを見せてなだめつつの追走。終始リズムに乗ることができず13着。

「これまでも少しかかるところはあったので気をつけていたのですが、今日は終始ハミを噛んでしまって、行きたがっていたことが響きました。芝の走り自体は決して悪くなかったですし、十分対応できていました。それだけに行きたがったことでリズムを崩してしまったのが敗因のすべてです。申し訳ありません」(戸崎騎手)

連勝の勢いを持って臨んだ今回でしたが、あり余るスピードと気持ちの強さが良くない形で出てしまったのでしょうか。芝ダート云々ではなく折り合いをうまくつけられればこのようなことはなく巻き返してくれるはずです。遠征競馬のあとですし、まずは状態をよく確認していって今後の予定を決めていきます。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



スポンサーサイト
Theme :競馬 - Genre :ギャンブル

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する