Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

大井の戸崎騎手が一次試験に合格したそうですね。

netkeiba.com:大井の戸崎圭太騎手、JRAの一次試験に合格

岩田、内田と今日本を代表する騎手といえる2人も地方出身。
戸崎騎手の中央の成績を見ても、中央入りすれば馬も集まるでしょうし結果も残すでしょう。
リーディング争いとかも今より多い人数で熾烈な感じになりそうですね。
栗東は勝利数多い騎手が多いですから、出来れば美浦に来て内田騎手としのぎを削って欲しいです。
勿論関東にも蛯名騎手やノリさんなど、良い騎手多いですから色々刺激はあるでしょう。
二次合格、期待します。





さて、今日のエントリーは先日ゲート試験合格したフルグラン。
フロアクラフトほどではありませんが、入厩して二週間程度での合格とセンスの良さを見せました。
受験する前から手応え感じていたということですから、ゲートのセンスはありそうですね。

で、坂路も度々入っているようで、昨日初めてぼく馬メールが届きました。
まあ、やっと15-15より速い時計を出したということでホッとしています。

2012.10.06 76.9 -56.8 -38.1 -19.2
2012.10.06 68.3 -50.7 -34.5 -17.5
2012.10.07 72.5 -54.7 -37.4 -19.0
2012.10.07 64.5 -47.2 -31.2 -15.8
2012.10.13 76.1 -57.1 -37.5 -18.8
2012.10.13 72.6 -54.4 -36.6 -18.7
2012.10.15 60.1 -44.3 -29.7 -14.5
2012.10.18 70.6 -52.5 -34.7 -17.4
2012.10.18 58.7 -43.2 -28.7 -14.3

ダイワメジャー産駒ですし、早い始動を期待して良いかな?と思っていましたが、師のジャッジは遅咲きタイプとのこと。
「楽しみな馬」というコメントも頂いていますから、師もある程度期待してくれていると思います。

先々マイル位のG1戦線で父や姉のように活躍してくれることを期待して出資していますから、じっくりとしっかり育てて欲しいですね。トランスワープのようにレース出走数が少ないのはちょっととは思いますが、そのトランスワープをじっくり時間をかけてサマー2000チャンピオンになる馬に育てましたし、ダービートレーナーでもある訳ですから期待しちゃいます。

ぜひデビュー戦は現地に見に行きたいですね。

◆フルグラン
10/18  萩原厩舎
17日は軽めの調整を行いました。18日は美浦坂路で14-14を行いました(58秒7-43秒2-28秒7-14秒3)。「先週無事にゲートを受かりましたし、その後の反動も大きく見せなかったので徐々に動かし出しています。月曜日に15-15をやって、今朝は3ハロン43秒くらいのところを坂路で乗りました。気性的なことも考えるとそう時間をかけずに競馬へ向かえるかもしれないなと思っていたのですが、今朝の感じだと少し時間をかける必要があるかもしれないなと思えました。体の芯の部分がまだだなという印象で、遅咲きのタイプのような気はします。そう考えても早めに勝ちあがらせて長いスパンで考えながら育てていきたい楽しみな馬と思っていますよ。まだすぐにどこのレースとは言えませんから、徐々に動かしていって判断させてください」(萩原師)

10/11 萩原厩舎
11日にゲート試験を受けて見事一発合格しました。「先週の練習状況からそれなりの手ごたえを感じていたので今週受けるつもりではいました。昨日はじっくり動かし確認することに充てて今朝試験を受けに行ったのですが、極端にバタバタすることも少なくなり、無事にスタートも決めて合格をもらえることができましたよ。あまりこじれると負担にもなるので嫌でしたが、すんなりクリアできて一先ず安心しました。気性的にやんちゃなところがありますが、入厩当初に比べると馴染んできたのかいいほうに変わってきているように感じます。トモの運びなどが気になる馬なのですが、もし大丈夫そうならばそのまま競馬へ行くことも考えたいですね。ただ、反動の見極めはしっかりとしなければいけませんから、数日はよく見て大丈夫そうならば週末か来週あたりから徐々に時計になるところを取り入れていければと思っています」(萩原師)

10/4 萩原厩舎
3日、4日はゲート練習中心のメニューを行いました。「先週末に無事入厩しました。元気のいいところがありますが、そのあたりはうまく対応しながら少しずつ進めていますよ。昨日は内馬場のゲートへ行って練習しましたが、悪くはなかったので、今朝は外馬場へ行って練習しました。出は速いので、思わず北海道に確認の電話をしたくらい。ただ、中があまり良くないですね。落ち着いて駐立できるようにしないと苦しくなってしまいますから、そのあたりを考えながらまずはゲート試験合格を目指していきます。肉体的なことを言えばトモの歩様がもうひとつなこと。ただ、これは北海道にいる頃からトモをケアしていたように弱い部分があるんです。気にしていますが、乗り手の感触では目立った違和感もなかったようなので、頭に入れつつ進めていきたいと思っています」(萩原師)

9/29 萩原厩舎
29日に美浦トレセン・萩原清厩舎へ入厩しました。

9/28 NF天栄
28日にNF天栄へ到着しました。状態が問題なく、検疫も確保できれば29日に美浦トレセンへ入厩する予定です。

9/27 NF天栄
27日にNF天栄へ向けて移動しました。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する