Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

今朝は男子体操団体を見ていて、内村選手の審議を待っていたことで危うく会社に遅れそうになりましたΣ(´∀`;)
審議となったあん馬の後、「降り技の難度が取れて2位になったが、正直2位でも4位でもあまり変わらなかった。メダルはとれたが、やはり後味の悪いチーム戦だった」と内村選手がコメントしたそうですが、確かに選手としてはそうでしょうね。柔道の青3本→白3本の判定変更もありましたが、やはり判定・裁定は後味悪くならないようしっかりと行なっていただきたいものです(勿論人間のやっていることなので完璧がないことは分かりますが)

それから・・・18歳の加藤凌平選手が石橋脩騎手に見えて仕方ありませんでした。
え、ちょっと違う?^^;




今年は暑い夏い休みを過ごしているエース・フィフスペトルの近況を。

しがらきでも体調を崩すこと無く、淡々と調整を進めているのはさすがというところ。
今日の更新では、終い15秒くらいまで進めていることが書かれていました。

秋の番組表が発表されましたが、恐らくの始動戦になるであろう昨年勝った京成杯AHはキャロットツアーの9/9(日)。
明日から8月ということを考えると、そろそろ帰厩の声もかかるかもしれませんね。
この秋のローテーションはどう考えているのでしょうか。
昨年や今年初めのコメントからすると寒くなってから無理はしないでしょうから、昨年秋と同じローテーションになるんだろうなとは思っています。年齢的にもこの秋がG1取りのラストチャンスと思いますし、出来る限り現地応援したいと思っていますが、想像通りのローテーションだとすると、京成杯AHは観戦できず。
となるとスプリンターズSとMCSは現地応援できるよう調整したいところです。

まずはこのまま順調に。
加藤師に期待しています。

◆フィフスペトル
7/31 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末からジワッと終いだけハロン15秒ぐらいまで脚を伸ばしています。体調面に不安がなく馬は元気いっぱいですね。順調にペースを上げられていますし、このまましっかりと状態を上げていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

7/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、坂路でハロン17秒ぐらいのところをコンスタントに乗っています。このペースで乗り出しても特に疲れは出ていませんし、秋競馬を目指してジワッと攻めていきたいと思います。馬体重は477キロです」(NFしがらき担当者)

7/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「今週から、坂路ではハロン17秒までペースを上げました。右回りの時にまだ硬さが気になるので、重点的に解すようにしていますが、大きな問題はありませんし、様子を見ながら徐々にペースを上げていきます。馬はこの暑さでも元気いっぱいですよ」(NFしがらき担当者)

7/11 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン20秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間もゆったりとした調整を行っています。屋内角馬場を使ってじっくりと体を動かし、坂路では楽なキャンター程度という程度です。この放牧はしっかりと疲れを取ってリフレッシュするための期間ととらえて、焦らずに進めていきます」(NFしがらき担当者)

7/3 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン20秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、角馬場での調整に時間をかけてしっかりと運動量を確保しています。歩様などは硬さが取れて疲れが癒えてきた感じがしますから、このままいいリフレッシュ期間になるように取り組んでいきます」(NFしがらき担当者)

6/26 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン20秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も、調教というよりは運動といったイメージでじっくりと乗っています。近々の帰厩はありませんし、少し時間をかけて体を解しつつ、しっかりリフレッシュさせていきます。馬体重は467キロです」(NFしがらき担当者)

6/19 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン20秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、ウォーキングマシンと軽いキャンターのみでじっくりと体を解しています。体調はいいですし、まずは肉体面の疲れをしっかりと取ってから普段の調教へと移行していきます」(NFしがらき担当者)

6/12 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン20秒程度のキャンター調整を行っています。「こちらへ到着後、馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。大きな傷みはなさそうですが、体の右側に硬さを感じるので、軽いキャンターでしっかりと解して、まずは疲れを取っていってあげたいですね」(NFしがらき担当者)
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

スポンサーサイト

Comment

まことさん、おはようございます。

フィフス、いよいよ帰厩に向けて秒読み段階に入ってきましたね。
復帰戦は昨年と同じ京成杯AHでしょうか。
昨年勝っているだけにハンデを背負わされそうな気がしますが、それでも中山マイルなら安心してみていられますし連覇を目指してほしいです。

そしてこの秋はG1制覇のラストチャンスですね。
昨年は僅かに届かなかったG1の勲章。
2歳夏からここまで第一線で活躍し続けてくれたフィフスに、なんとしてもG1をとらせてあげたいです!

  • ぎり #- - URL
ぎりさん

ぎりさん、こんばんは。

フィフスペトル、いよいよ帰厩の文字が出そうな時期になりましたね。
私は復帰戦は昨年と同じと見ています。
今年は掲示板に載ってませんし、あまり過度なハンデは課されないと思います。
57㌔~57.5㌔で出走だったら良いのですが。
中山マイルのパフォーマンスを見ることで、実力に翳りがないかなども確認できると思います。

この秋はラストチャンスですよね。
2歳から良く頑張ってくれました。
フィフスペトルにはG1の勲章をあげたいですよね。そして種牡馬入りさせたい!

  • まこと #GCA3nAmE - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する