Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

土曜日の夜は下北沢で総勢26名の馬談義。
場所は前にエントリーしたブリキボタンで、貸切させていただきました。
前回行った時のエントリは↓
m.i.stable:ブリキボタン@下北沢



日曜日は朝から野球。
河川敷での試合でしたが、日照りがすごく風も無かったので結構きつかった~。
日焼け止めはちゃんと塗っていますが、コンガリとなっています^^;

野球の試合後、楽しみにしていたクリティカルヒットのレースを見ましたが、消化不良の残念な結果に。
うーん・・・、とモヤモヤした気持ちを持ちながら、涼みがてらの遅めランチに行きましたとさ。


このエントリーも私の考えを書かせてもらいますので、嫌な方は読まないでくださいませ。


7/29(日) 新潟07R クリティカルヒット(岩田)→6番人気10着

■クリティカルヒット

なんだか意味のない一戦になったなあというのが正直なところですね。

馬体重は+2㌔。太め感は無いとコメントにありますが、腹回りポッコリで太くないとは言い難いと正直思いました。

スタートはまずまず良かったですが、スタートからの直線途中で内に入れました。これは少し行きたがっているところを落ち着かせようとしたのでしょうか。スタートから最初のコーナーまで長いコースでインに入れたら、ペース次第で外から上がっていかれポジションが悪くなりやすいと思います。瞬間的な動きが出来ない馬だというのは誰もが持っている共通認識ですし、末脚がものすごく切れるわけではないということも共通認識でしょうから、このポジション取りは正直「???」というもの。多少外目の5~6番手を取ってくれるものと思っていましたが・・・。断然一番人気のパッションダンスが先行して前々のポジションをとっていることからも、勝負するつもりならその後ろにいるくらいの積極性が無ければならなかったと思います。内回りの新潟コース、そしてスローペースということを考えれば、あの位置取りで直線を迎えるという事自体競馬に参加していないことを意味しますよね。そういうことで今回のレースは全く意味のない一戦だったと思います。

放牧先を含めしっかりと乗り込んできたとありますが、これも疑問。
帰厩後は時計になるところは馬なりポリトラックで2本しか出していないわけですし、放牧先でも周回コースをキャンターで乗り込みとしか報告されていないわけです。それなのに「しっかりと乗り込んできた」と言われても納得する人そんなに居ないんじゃないでしょうかね?

戦前書いた通り、私はダートのほうが適性あると思っています。
ただ、今回はレースに参加していない結果であることを考えても芝適性が無いと判断する材料には出来ないと思っています。

>間隔を空けずにもう一度競馬を考える
とコメントがありますが、続戦するのは当然でしょう。
休み明けを追い不足で一走し、消化不良のレースをして、また放牧っていうのは出資者が納得しませんよ。
ただ、間隔を空けずに硬い新潟の芝を続けて走らせるのは少々不安ですし、そこら辺は体調同様にしっかりと見極めて欲しいです。
また、岩田騎手などの騎手の都合によるレース選定はしないで欲しいです。
今回のような騎乗であれば別に岩田騎手に乗ってもらわなくても良いと個人的には思います。
菊花賞云々では無いと陣営もわかったでしょうし、しっかりとクリティカルヒットにとって良いと思われるレース選定をして、育てつつ追える、続けて乗れる騎手への依頼も考えてほしいものです。

今度の土曜日はクロムレックに岩田騎手は乗るわけですが、外回り芝1600mとは言え、血統構成がクリティカルヒットに似ているクロムレックですから、積極的なレースをして欲しいと心から願います。

◆クリティカルヒット
7/29  戸田厩舎
29日の新潟競馬では中団後方のインコースを追走する展開に。直線で必死に追われるも最後は他馬と同じような脚色になり10着。

「久しぶりに競馬で跨がりましたし、返し馬はじっくりと感触を確かめるように行いました。道中の感じは悪いという訳ではないんだけど、休み明けの影響か、または久々の芝で戸惑いがあったのか少しハミにモタれていました。能力は高い馬だし、本来の走りはこんなもんではないはず。前走から間隔が空いていたこともありますから、一度使ってさらに良くなってくれればと思います」(岩田騎手)

「体は成長している部分がありましたし、もう少しプラス体重になるかとは思いましたが、輸送や発汗で少し減っていた部分はありましたね。それでも放牧先を含めしっかりと乗り込んで来ましたし、悪くない状態で競馬の臨めたと思います。レースでは内回りの競馬でしたしもう少し積極的に行ってほしかったのですが、道中はジリジリと位置を下げるような形になってしまいましたし、少しチグハグな走りになってしまったように感じます。久しぶりの芝と言うことでハミの取り方などジョッキーなりに感じた部分はあるでしょうが、能力的にはもっとやれていいはずですし、モヤモヤッっとしたところが残る結果となってしまい会員の皆様には申し訳ありません。今後については暑い中で走りましたのでまずはその影響がどれくらい出るかを見たいと思いますが、今日は目一杯に走っていないようにも感じますから、問題がなければそれほど間隔を空けずにもう一度競馬を考えるかもしれません」(戸田師)

放牧明けの一戦になりましたが、見た目に太め感はありませんでしたし、状態としては悪くありませんでした。ただし、道中から思ったほど進んで行かず、直線でも目立った脚を使えませんでした。これが前走から間隔が空いていたからか、暑さの影響なのか、または芝を気にしてのものなのかは何とも言えないところですが、能力的にこれほど負けるとは思えませんから、次走ではその力をフルに発揮してほしいものです。今後については、レース後の状態に問題がなければ続戦することを考えています。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


スポンサーサイト

Comment

まことさん、こんにちは。

土曜日は参加できずにスミマセンでした。
26名も集まったんですか?
スゴイ!超大所帯ですね(笑)。馬談義、盛り上がったのではないでしょうか。
行きたかったな・・。また次回あるようなら懲りずに誘ってくださいね。

それはそうとクリティカルヒット。
残念でしたね・・
なんか消化不良ですよね。
芝への適性云々を語る前に、それを判断できる材料すら見つけることができなかっただけに、なんかモヤモヤとした気持ちになるレースでしたよね。

陣営がいうようにもちろん芝でも力は出せるとは思いますが、ダートの競馬が非常に強い内容だっただけにダートを使ってほしかったです。
パドックでの馬体も太めは残るものの雰囲気のある好馬体をしていますし、うまく使って行けば相当上までいける素材だと思います。
戸田先生、厩舎関係者、そして鞍上も含めて、クリティカルヒットにとって最高に力を出せるレース選択をお願いしたいですね。

  • ぎり #- - URL
ぎりさん

ぎりさん、こんにちは。

いえいえ、出れる時もあれば出れない時もありますから^^
また機会はありますので、その時参加できるようでしたらお願いします。
今回はお店のオーナーがあの人だっただけに、これだけ集まったんだと思います^^;

クリティカルヒットは消化不良でした。
なんかもやもやします。
なんでもいいので出走した甲斐があったね・・・というところがあれば良いのですが、今回はそれが見えません。

今後どのように進めていくのか分かりませんが、骨折した馬なので無理使いはしないで欲しいです。
間隔詰めると書いていましたが、芝で連闘なんて言ったら抗議ものです。
出来ればダートでコツコツいって欲しいですが、クリティカルヒットのことを考えて陣営で最善の選択をしていって欲しいです。

  • まこと #GCA3nAmE - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する