Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts


6/30(土) 中京07R プレレフア(北村友)→6番人気4着
6/30(土) 福島09R リズモア(柴田大)→11番人気10着


■プレレフア
BS11で観戦。

馬体重は+2㌔と休み明けにしては微増に収まりました。

乗り方としては、現状のプレレフアを見る限り一番良いパターンだったかなと思います。
前走は少々無理に前目につけたことも裏目に出た気がしましたし、今回はかなり後方になってしまいましたが、出たなりで進めて馬のペースを壊さないというのが一番重要視しなければならないと感じます。

ただ、最初のコーナーを回るときにムチが入っていましたし、ズブいですね^^;
北村友騎手が書いているように、もう一列前で進めることが出来れば申し分なかったですが、あれだけ最初から気合いをつけないと追走できない現状ではあの位置が妥当でしょう。

最終コーナーを回る前に気合いを入れ始め、最終コーナーでは上手く大外ではなく一頭分内に切り込む鞍上のファインプレーもあり、良い形で直線を迎えたと思います。そこから少しずつ長く脚を使って伸びてきましたが4着まで。
位置取りがあそこまで後ろだったので、上がり最速は当然有り得ることとは思いますが、しっかり伸びてくれたのは収穫でした。

今回は大外枠だったので、砂をあまり被らなかったのも良かったかもしれませんね。

中2週で再度同条件の中京ダ1800mかと思います。気まぐれプレレフアだけに、枠が違ったら・・・砂を被ったら・・・と不安もたくさんありますが、そこでの初勝利を期待したいですね(*´∀`*)

◆プレレフア
6/30  松田博厩舎
30日の中京競馬では五分のスタートから無理せず後方を追走。勝負どころから徐々に進出し、直線は馬場の外めをよく伸びて4着。
「無理に前には行かず、馬のペースを壊さずに進めました。もう一列前で流れに乗れれば言うことなかったのですが、それでも直線は長くいい脚を使ってくれましたし、反応もしっかりしていました。ズブさがある分、急にペースが上がる芝よりも、淡々と流れやすいダートの方が合いそうです」(北村友騎手)

「しぶとい脚が身上で、逃げ粘るのがいいのかと思いきや、前に行くと良さが出ない。ましてや今回は外枠だから無理に前へ行くのもどうかと思い、馬まかせでジワッと進めるように指示しました。結果後ろからになったけれど、十分見どころはあったし、いい内容だったと思います。ダートでこの競馬ができれば、このあとも楽しみになりましたね」(松田博師)

4着という結果ではありましたが、切れないながらも長くいい脚を使うこの馬の良さは十分発揮されたレースでした。ひと叩きしての上積みも期待できますし、次走こそ待望の初勝利を挙げてもらいたいと思います。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



■リズモア
プレレフア同様、BS11で観戦。

パドック周回は正直前走のほうが良さそうに感じました。

短い距離を使ってきた分、位置取りは思った通り良い所が取れました。
道中の走りっぷりも良さそうに見えましたし、脚も溜められているように感じていたので直線を楽しみにした・・・のですが、そこからは伸びず。鞍上も首を傾げる走りだったようです。
乗り方も思った通りで申し分なしでした。

レース後のコメントで引退が示唆されていましたが、昨日夜の更新で引退が連絡されました。
近走の結果からは致し方ないところでしょう。
特に、気持ちの面を指摘された以上、コメントにもある通り、6歳3月までにガラっと変わることは正直難しいと思います。

リズモアが勝利を上げることが出来たのはコジシゲ先生のおかげだと思います。
彼じゃなかったら、デビューさせることすら難しかったかもしれません。
勝利時の勝ちっぷりが良かった分、上のクラスでもやれると欲を持ってしまいましたが、本当に陣営は出来る限りのことを考えてやってくれたと思います。本当に感謝ですね。

◆リズモア
7/1  引退
「体調、稽古の動きともに良く、特別戦で楽な相手ではなくてもどれだけやってくれるか期待して送り出しました。レースは、ゲート内で少しガタガタしてしまいましたが、出てから大きな問題はありませんでした。もう少し前につけるかなと思ってはいたのですが、溜めるポイントを作って運ぶようにした乗り方を選択していましたね。ただ、あの手応えで回っていざというときに反応しない。リズモア自身が走るのを止めているような感じにも見受けられました。前回後も、もしかしたらと思って内面だけで鼻出血を発症したりしていないかと考えてこの中間に内視鏡で中を覗いたのですが、その点は問題ありませんでした。そうなると気持ちの部分につきますが、端的にガラッと変えられるかというとちょっと難しいと言わざるを得ません。少なくても今年一杯まででも頑張らせたいと思っていたのですが、メドが立たない状況ですし、クラブと協議の結果ここで判断することとなりました。初勝利までの時期は本当に悩まされたし、達成できたときの喜びは何とも言えないものでした。もうひと華咲かせてあげられなくて申し訳ありませんが、リズモアと皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」(小島茂師)

最近は短い距離で新味を引き出す取り組みを行っていましたが、悪くはないもののもうワンパンチ足りない状況でした。また、前走で跨った鞍上の感触からも中距離に再チャレンジすることにしました。中団から脚を溜めて終いを伸ばすような競馬をしたわけですが、グッと来ることがなく結果的にここでもあとひとつ足りず、上位との差は明確なものとなってしまいました。これまで試行錯誤した結果、今のクラスにメドが立ちにくい現状ですし、会員の皆様のご負担が増す一方になってしまうことから、小島茂之調教師と協議を行った結果、中央競馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されています会員の方へは追って書面をもってご案内いたします。

6/30  小島茂厩舎
30日の福島競馬ではまずまずのスタートを切るもじっくり溜めて中団待機策。勝負どころから動いていきたかったがジリジリとした伸びで10着。

「前回は短めの距離の競馬だったので、中距離に延ばした今回は少し脚を溜めるようなイメージで臨みました。道中のリズムは悪くなく、わりと考えていたものに近いような運び方ができたのですが、いざ仕掛けても反応しきれませんでした。まるで自分で加減しているような感じと言いますか…。相手も骨っぽいメンバー構成だったので相手関係が違えばとも思いますが、もっとやれると期待していただけに思うような結果を出せなくて申し訳ありません」(柴田大騎手)

最近は短い距離で新味を引き出す取り組みを行っていましたが、悪くはないもののもうワンパンチ足りない状況でした。また、前走で跨った鞍上の感触からも中距離に再チャレンジすることにしました。中団から脚を溜めて終いを伸ばすような競馬をしたわけですが、グッと来ることがなく結果的にここでもあとひとつ足りず、上位との差は明確なものとなってしまいました。まずは様子を見ていますが、今後について検討しています。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


スポンサーサイト

Comment

お疲れさまでした。

リズモアがデビューできたり、勝ち上がったりしたときの感動は、今でも忘れません。
出資もせず、大レースに出るわけでもないのに、こんなにも注目し続けた馬は初めてです。
上手く行かないことの多い一口馬主生活を照らす、希望の星のように感じていたのかもしれません。

スクミや骨折を乗り越えて、十分に頑張ってくれたと思います。
でも‥‥寂しくなるなぁ。

  • 稲妻利一 #- - URL
稲妻利一さん

稲妻さん、こんにちは。

リズモア、出資馬ではないのに注目し続けていらっしゃったんですね。
デビュー前のスクミなどの状況から、デビューすらままならないのでは?と心配していましたが、デビュー出来て、しかも未勝利を圧勝してくれました。
デビュー戦から見所あるところを見せてくれましたし、師をはじめスタッフさんたちが一生懸命ケアしてやってくれたお陰と思います。
馬に対して一生懸命な師ですから、最近はちょっと成績が低迷していますが、盛り返して欲しいです。

最近の成績は、リズモア自身頑張ってきたけど、ちょっと疲れたよ。
・・・という思いが反映されたものかもしれませんね。

ゆっくり休んで欲しいです。
ぜひ、繁殖入りさせてほしいなあ。

  • まこと #GCA3nAmE - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する