Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

NF空港に戻ってから1ヶ月半が経過したマヒナ。
先週から坂路入りしました(*´∀`*)

まだ16秒程度と軽めということではありますが、曳き運動やウォーキングマシン、軽めのトレッドミルしか出来なかった期間が長かったことを考えると、坂路入り出来たことだけでも嬉しいです。

体重も競馬を460㌔で使っていたのに対して、現在510㌔。
軽い運動しかしていなかったことはありますが、しっかりと体重は戻していることは評価して良いと思いますし、ここからは頓挫無く順調にペースを上げていって欲しいですね。
来月には函館、札幌開催となっていきますし、その辺での滞在競馬での復帰を目指して進めて欲しいです。

トモの弱さは指摘されているものの、紫苑Sで騎乗した村田騎手には、紫苑Sのメンバーに全くひけをとらない能力の持ち主だと言ってもらっています。紫苑S上位はカルマート、デルマドゥルガー、アカンサスなど。アカンサスは重賞で3着に来ている馬ですし、その馬たちにひけをとらないのであれば、パンとすれば500万下クラスは通過点となるはず。
今は辛抱の時、秋以降に大爆発してもらうことを期待して、今はただただ復帰の時を待ちたいと思います。


◆マヒナ
5/1 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン24秒のキャンター2000mを行っています。また、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを取り入れています。「坂路での調教をコンスタントに行うようになってからも体調は変わらず安定していますね。引き続きじっくりと乗りながら現状のペースに体を慣らしつつ、さらに負荷を強めるタイミングを図っていきます。馬体重は510キロです」(空港担当者)

4/24 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン24秒のキャンター2000mを行っています。また、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを取り入れています。「乗り運動を行っているように状態は少しずつは上向いて来ていますし、競馬のころと比べると50キロ近くは馬体も戻って来てくれていますね。ここまでは体調を整えることをメインに乗っていましたが、確実に良化してきてますし、坂路での調教を開始しました」(空港担当者)

4/17 NF空港
周回ダートコースでダクを500mとハロン24秒のキャンター2000mを行っています。「角馬場での調整を継続していましたが、少しずつ状態は良くなっているように感じましたので、コースに入れ始めています。まだ軽めの調整で体を慣らしている段階ですし、本格的に乗って行くにはもうしばらく状態が戻ってからと考えていますが、今のところは順調に回復してくれていると思います」(空港担当者)

4/10 NF空港
角馬場でフラットワークを行っています。「この中間もフラットワークのみの調整で、心身のリフレッシュをメインに進めています。まだ完全に良くなったとは言えませんが、こちらに移動してきた当初と比べれば雰囲気はいいですし、この調子で進めていきたいですね」(空港担当者)

4/3 NF空港
角馬場でフラットワークを行っています。「先週よりは状態を良く見せるようになっていますし、角馬場での乗り運動を開始しています。ただし、先日来場した勢司調教師からもまずは心身の疲れを養って体力を付けつつ進めてほしいと言われていますから、焦って調整を進めるのではなく、あくまでも状態を第一にじっくりと進めていきます」(空港担当者)
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する