Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

マヒナの更新を2ヶ月くらいしていなかったので、公式コメントも一気にアップ。

先週は勢司師が空港牧場に行って、マヒナの状態も確認してくれたようです。
まだまだの状況ながら、天栄に居た時は良化しているように見えるとのこと。
思ったより良化がスローですので、夏・・・も難しい感じがしますが、少しでも早くターフに戻ってこれるようになってほしいものです。

◆マヒナ
3/27  NF空港
トレッドミルで軽めのキャンターを行っています。
「トレッドミルでの運動を行うには問題ない状態ですが、それ以上進めるとなるとまだ心もとない感じが残ります。引き続き軽めの調整を行いながら心身のリフレッシュを図りつつ、良化してくるのを待ちたいと思います」(空港担当者)

「先日北海道へ行ってマヒナのことを見てきました。脚元はまだ腫れぼったい状態でスッキリとはしませんでしたが、天栄にいるときより目の輝きが増していました。まだ体調面が万全ではないのでしょうが、時間をかける分だけ良化してきているのは確かだと思います。空港牧場のほうが自然も多くよりリラックスできる環境だから精神的にもいい効果を生んでいるのかもしれませんね。今はまだ乗っていないようでしたが、体調を見ながら少しずつでも動かしていって体力を養ってもらえるようにお願いしてきたところです。復帰はまだ先になるかと思いますが、楽しみに待っています」(勢司師)

3/21 NF空港
トレッドミルで軽めのキャンターを行っています。
「この中間からはトレッドミルでの運動を開始していますが、あくまでも心身のリフレッシュを目的に進めています。今後もまずは軽めに動かしつつ、体力の戻り具合を見ながら進めていきたいと思います」(空港担当者)

3/14 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。
「天栄で調整を行う中で少しずつ良化はしていたようなのですが、そのスピードがかなりゆっくりとしたものだったようですし、改めてこちらで立て直しを図っていきたいと思います。こちらに移動してきてまだそれほど経っていませんし、現状では軽めに動かして状態把握に努めていきます」(空港担当者)

3/8 NF空港
8日にNF空港へ移動しました。

3/6 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
今のところ8日にNF空港へ移動する予定です。
「時間をかけさせていただいていることでひと頃に比べれば元気は出てきたのですが、まだ一気には攻めていけない状況です。これまでの回復具合を考えると今後の具体的な復帰の見通しはおそらく夏競馬になってしまうと思います。本日調教師と相談したのですが、それならばまだしばらくの時間を要してしまいますし、輸送もこなせるだろうと言う状況になったことからいったん北海道へ移して、現地で調整をしてもらって復帰を目指してもらうことになりました」(天栄担当者)

2/28 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「引き続きトレッドミルを用いてダクで体をじっくりと動かすメニューを課しています。症状自体に大きな変化は見られませんが、悪くなることはありません。時間はかかるかと思いますが、辛抱強く接していって復帰を目指していければと思っています」(天栄担当者)

「ご心配をおかけして申し訳ありません。先週にも見に行ってきましたが、まだ脚元などに腫れは残っていて軽めの運動に制限している状況でした。ただ、眼力や表情を見ていると以前より良くなってきている点と言えるような気がします。今の状況からすると競馬は夏ごろになってしまうかもしれませんが、能力のある馬です。天栄のスタッフたちも一生懸命にやってくれていますし、何とかいい形で戻ってきてくれるようになって欲しいと思っています。引き続き私も定期的に牧場へ行って状態を確認するつもりです」(勢司師)

2/21 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「外見上の症状はさほど変化が感じられないので、今週もトレッドミルに入れてゆっくりとダクを踏ませながら体を動かす調整をしています。原因がこれとハッキリ言えるものではないのですが、帰厩の際の輸送で疲れが出てしまったこと、気候の変化などが堪えてしまったことから抵抗力の低下し、複数の菌による混合感染を起こしてしまって、それがまだ根強く残ってしまっています。現在も脚元に腫れが見られ、“スッキリしたいい状態”というものには程遠い状況です。回復スピードが遅いことを考えると復帰は早くても夏ごろになってしまうかもしれませんが、何とかいい形に持っていけるように馬に合わせて進めていきたいと思います」(天栄担当者)

2/14 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週に引き続きトレッドミルで軽めに動かしています。運動はあくまでも健康状態を維持するのが目的というレベルで、本格的な調教を行っていける段階ではまだありません。体重は492キロほどありますが、脚元などを見るとまだ腫れぼったい状態で、見た目もひと息なままです。今は焦っても体調を崩すだけになりますから、しばらくはゆっくりでもいいので体を動かしずつ体力を養っていくことが大事になると思います」(天栄担当者)

2/7 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週まではマシン運動に終始していましたが、表面上はいくらか良くなったかなという感じがしましたので、今週よりトレッドミル調整を始めました。まだゆっくりとしたペースでダク調教レベルなのですが、少しずつでも動かして体力をつけていけるようにしたいですね。競馬はしばらく先になってしまいますが、慌てず地道に取り組んでいきます」(天栄担当者)

1/31 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。
「先週までと変わらず午前と午後に15分ずつマシン運動を行って、合計30分の運動を課して体調を少しでも良化できるようにしているところです。ただ、あまりやりすぎるともっとガクッと来てしまう恐れもあるので、今回ばかりは時間をかけるほかありません。体力を回復させて抵抗力が出てくるのを待たないと体調を崩すことになりますから、しばらくは今の軽めの調整を行っていくことになると思います」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する