Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

1/27(土) 東京11R リアファル(内田)→5番人気6着
1/28(日) 京都08R ヴィルデローゼ(武)→1番人気1着
1/28(日) 東京12R サーブルオール(C.ルメール)→1番人気1着


■リアファル
コメントを見ると体調はまだまだという感じだったのですね。
Twitterで拝見したパドック写真を見る限りでは悪く無さそうに感じたのですが、ジョッキーがそうコメントしているのですから、良くないんでしょうね。

個人的には逃げれるなら逃げてほしいなと思ったのですが、鞍上が考えて番手競馬をしてくれたのであればそれはそれで良いと思います。まだ復調途中でしょうからね。ただ、勝負トコロで離されてしまったところを見ると、まだまだこれからという感じがします。復活して欲しい気持ちはとても強いですが、二度も長期休養している馬ですからそう簡単ではないと思いながら応援したいと思います。

一度リフレッシュ放牧するみたいです。でも、出来れば問題ないなら阪神大賞典で逃げているところを見たいな~と思います。陣営の次のレースに対してのコメント、楽しみに待ちたいです。

◆リアファル
1/27  音無厩舎
27日の東京競馬では3番手を先行して粘り込みを図るが、直線では思うように差を詰めることができず6着。
「良いものを持っています。馬格があって力もある。ただ、毛の伸び方などを見ているとコンディション的にはまだ本調子までにはないのかなという感じもしましたので、今後のことを考えて大事に乗りたいと思っていました。返し馬ではガーンっと行きそうな気配がありましたので、丁寧に接してレースへ臨むようにしました。レースでも同様で、行こうと思えばハナにでも行けそうなくらいでした。それをそのまま行かせた場合、最後に苦しくなって失速させてしまったりすると心が折れてしまいかねませんよね。そうすると今後に悪影響を及ぼしてしまうと思って前に馬を置く形でレースをさせました。馬が理解をしてくれ上手に走ってくれました。直線でも頑張ってくれています。5着に何とかと思ったので足りず申し訳ありませんが、馬が最後まで諦めずに走ってくれたことはとても良いことです。楽しみな馬ですから少しずつです。段々と良くなって復調してほしいですね」(内田騎手)
久しぶりの芝のレースでして、長期休養明け初戦を使われてから臨んだ今回でしたので前進を期待していました。しかし、直線では思うほどグッと来ることはできませんでした。残念ではありますが、いちばんいいことは無事に走り終えてくれたことです。鞍上も馬のメンタル、そしてフィジカルのことを大事に捉えながらレースに臨んでくれましたので、この経験が後々の復活のキッカケになってくれることを願っています。この後についてはレース後の状態をよく確認してから判断していきます。



■ヴィルデローゼ
馬体重が増えていたのは戻しただけなので問題なし。
むしろもっと増えても良さそうです。

今回は能力で勝ったようなもので、師のコメントからするとまだまだ克服していくべきところはあるようです。ま、今回でガス抜きできれば次はまた違ったところが見えるかもしれませんし、出来れば続戦してほしいですね。コメントからは使ってくれそうですが。今年上に駆け上ってくれそうな馬が少ないので、本当に怪我しないようにして、トントンと上に行って頑張って欲しいです。

しばらくはダートを使ってください。

◆ヴィルデローゼ
1/28  石坂厩舎
28日の京都競馬では好スタートからすんなり先手を奪い、マイペースの逃げ。そのまま直線を向くと後続を突き放して優勝。
「ゲートがあまり良くないことは聞いていましたので、最後に入れる大外枠はかなりプラスでした。多少ゴソゴソはしていましたが、今日ぐらいの時間なら中でなんとか我慢できていましたし、スタートも良くてあとはスピードの違い、能力の違いでした。久々だったことを考えても強い内容だったと思いますし、これから楽しみです。今日はありがとうございました」(武騎手)
「パドックを見ていても目を三角にして気合いが乗りすぎているぐらいでしたし、最後入れの大外枠が当たったのはついていました。期待どおりにうまくスタートを切って、あとはスピードの違いを見せてくれました。長い休み明けで馬体も増えていましたし、使ってまた良くなってくるでしょう」(石坂師)
長らく戦列を離れていましたし、成長分があるとはいえ大幅な馬体増と決して楽な条件ではありませんでしたが、今日はスタートがうまく決まったこともありすんなり能力を発揮してくれました。キャリアも浅いですし、これから経験を積みながらどんな成長を見せてくれるか楽しみです。この後は馬体をよくチェックしてから検討します。



■サーブルオール
今回はスタートをある程度決めれましたね。普通に出れるだけで満足です。

前に行く馬が飛ばす展開でしたが、中団から競馬をしてくれましたし、前の脚を余すというか届かないということが無いように配慮して乗ってくれた感じがしたのは好印象でした。

今回はメンバー的にも勝って欲しいと思っていたので勝ってくれた結果は嬉しいですが、まだ鼻出血の兆候というか怪しさは常に見え隠れするということですので、目一杯仕上げることは今後も出来ないでしょう。そんな中の競馬になるので大変ですが、持てる力でまずはオープン入りしてほしいです。

◆サーブルオール
1/28  萩原厩舎
28日の東京競馬ではしっかりとゲートを出て、縦長の隊列の中団グループに付ける。そのまま脚を溜めて直線へ向くと、最後までしぶとく脚を使って優勝。
「スタートはまずまず出てくれましたし、道中はリラックスして走っていました。ペースが速かったけど、途中でしっかりと息を入れられていい手応えで直線へ向かえました。最後まで長く脚を使ってくれましたし、結果を出せて良かったです。今日はありがとうございました」(ルメール騎手)
「金曜日に15ー15程度に整えるように動かして今日の競馬へ臨みました。ゲートはこの馬にしては出てくれましたし、道中は息を入れながらいいリズムで走ってくれましたね。追ってからもう少しグッと伸びる姿勢になれば理想的ではあるものの、今日はしっかりと2着馬を振り切ってくれましたし、まずは勝てて良かったです。ジョッキーは息の感じは悪くなかったと言っていましたから、その点もホッとしましたね。レース直後の様子は特段変わりなかったですが、まずはしっかりと心身の状態を見てから次を考えていきます。今日は寒い中、応援いただきありがとうございます」(萩原師)
週中の追い切り時の息の感じがもうひとつだったことで微調整して競馬へ臨みましたが、それがプラスに出たのか今日は終いまでしっかりと伸びて勝利を収めてくれました。体質面を考えると今後も慎重に取り組んでいく必要はありますが、今日の走りなら上のクラスでも楽しみですし、今後のさらなる活躍に期待したいところです。この後はレース後の状態を見てから、リフレッシュ期間を設けるか判断していきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト
1/27(土) 東京11R リアファル(内田)
1/28(日) 京都08R ヴィルデローゼ(武)
1/28(日) 東京12R サーブルオール(C.ルメール)


各馬に対する詳細は後ほどアップします。

◎リアファル
能力的にはこれからも期待しているけど、まずは無事に。
(出走前にアップできなくてゴメン)

◆リアファル
1/25 音無厩舎
27日の東京競馬(白富士S・芝2000m)に内田騎手で出走いたします。

1/24 音無厩舎
24日は栗東CWコースで追い切りました。
「すでにお伝えしたとおり、出走状況を調べてみると小倉大賞典は賞金的に厳しいのではないかという見通しです。ハンデ優先で出られる可能性はあるのですが、確実ではないとなると出走が延び延びになってしまいますし、登録頭数も手頃な白富士Sに向かうことにしました。中1週と間隔は詰まるものの今週の追い切り1本やれば十分仕上がる状況ですから、むしろ何本も追い切りを重ねるより負担は少ないでしょう。今朝はCWコースで併せて追い切りましたが、終いだけ伸ばして楽に突き抜けましたし、乗っていた助手も一度使ってシャキッとしてきたと言っています。本来の状態に戻ってくるまではもう少し時間が必要かもしれませんが、今回は芝のレースでもありますし、前進を期待したいですね。鞍上は内田騎手にお願いしています」(音無師)
27日の東京競馬(白富士S・芝2000m)に内田騎手で出走を予定しています。

1/21 音無厩舎
「小倉大賞典を目標にしていましたが、賞金だけで言えば除外の可能性も高いということで、来週の白富士Sに登録させていただきました。出否は週中の想定なども参考にして検討していきます」(音無師)
27日の東京競馬(白富士S・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート14頭のところ、本馬を含めて10頭の登録があります。


◎ヴィルデローゼ
G1馬ベストウォーリアを調教で軽く突き放したヴィルデローゼ。
長期休養明けということとゲートが心配ですが、体調は良さそうです。

メンバーもそれほど強くなさそうで、いきなり勝ち負けしてほしいのが本音。
未勝利戦で勝ったスマートレイチェルが準オープン馬になっていることを考えても、そのスマートレイチェルに勝ったダ1400mの舞台で牝馬限定戦ということであれば期待して良いと思います。

勝ちましょう!

◆ヴィルデローゼ
1/25 石坂厩舎
28日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に武騎手で出走いたします。

1/24 石坂厩舎
24日は栗東坂路で追い切りました(53秒2-38秒5-25秒3-12秒9)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。2週前に乗った時はまだ息遣いが物足りなく感じたのですが、先週ジョッキーに乗ってもらってビシッとやったことでだいぶ中身もできてきたようで、今日は最後まで余力十分に動けました。最後まで脚色もしっかりしていましたし、あとは実戦勘がどうかというところだと思います」(松岡助手)
28日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に武騎手で出走を予定しています。

1/17 石坂厩舎
17日は栗東坂路で追い切りました(53秒8-38秒7-24秒9-12秒4)。
「来週の競馬は新馬戦に乗ってもらった武豊騎手にお願いして、今朝さっそく追い切りに跨がってもらいました。併せた相手は3歳未勝利馬でしたが、軽く仕掛けただけで最後は楽に突き放して3馬身ほど先着。ジョッキーも『走るね』と驚いていました。息遣いはまだ本物とは言えませんが、動きはこの馬らしさが戻ってきていますよ」(石坂師)
28日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に武騎手で出走を予定しています。

1/11 石坂厩舎
10日は軽めの調整を行いました。11日は栗東CWコースで追い切りました。
「先週の追い切り後も特にテンションが上がりすぎることもなく順調なので、次開催京都1週目の牝馬限定ダート1400mを目標に進めていくことにしました。芝でもいい走りをしていますが、骨折明けで硬い芝を走らせるよりもまずはダートの方がいいでしょう。今朝はCWコースで併せて追い切っています。相手のベストウォーリアには遅れましたが、5ハロンから14-13程度という指示を守ってのもので、ビッシリと追ったわけではないので思惑どおりですよ。乗っている助手によると体の使い方も動きもとてもいいとのこと。ただ、息遣いはまだまだという印象なので、あと2週しっかりと造っていきます」(石坂師)
28日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)を目標にしています。


◎サーブルオール
体調が芳しくないというか完調ではないところがとても心配なサーブルオールです。
今日多少補ってくれて良くなっていれば良いのですけど。

ただ、メンバーはかなり軽いですね。
本来なら勝って当然と強気にコメントしたいくらいです。
でも、体調のこともあるし、入れ込みすぎないように見守りたいと思います。.....というか、体調不十分で走った場合、反動が心配になっちゃいますけどね。

続けて使えない馬ですから、ここで決めて、間隔あけて次に向かえるようにと願うところです。
勝ちましょう!

◆サーブルオール
1/25  萩原厩舎
28日の東京競馬(4歳上1000万下・芝1800m)にルメール騎手で出走いたします。

1/24  萩原厩舎
24日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒1-53秒4-39秒6-13秒3)。
「今朝は早い時間帯に馬場へ入り、入念に小さな馬場で乗り、体を温めて身のこなしを良くしてからコースで追い切っています。2週間くらいで競馬へ向かうようにしているので、それなりに動かして負荷を求める必要があり、今朝もしっかりとした動きを求めました。実際のところそれなりに動けていて、こなし等を見ているといいと言えます。ただ、息遣いを聞くともう少しまとまりと言いますか、入りが良いものになってほしいという状況ですね。先週よりはいくらかいいかなと思うのですが、物足りない点を挙げるとするならばそのあたりです。だからと言ってさらに求めてやりすぎてしまうと今度は内臓面が堪えてしまいかねません。そのあたりのさじ加減が非常に難しく悩ましいのですが、今のところレースの予定は変えないで今週のつもりで行こうと思っています。ただし、このままではいくらか物足りなく思い、少し補っておきたい気持ちがあるので、金曜日あたりに少し伸ばしておいてレースへ向かうようにするかもしれません」(萩原師)
28日の東京競馬(4歳上1000万下・芝1800m)にルメール騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ピンクブーケの引退が決まりました。

あの素晴らしい勝ち方をした新馬戦は本当に良かった。
ただ、その後の人災で大きく運命が変わりましたね。
骨折も2度あり、生涯で地方を入れて13戦しか出来ませんでした。

それでも、地方を3戦3勝の圧勝で出戻り、中央でも2勝してくれました。
繁殖生活のことを考えると、そして、持っていた能力的なことを考えるともう1~2勝してほしかったですが、仕方ありません。

母の無念は仔に晴らしてもらいたいです。
母父メイショウサムソンは正直微妙かもしれませんが、なんでも付けられますし、良い仔を産んで欲しい。
そして、キャロットクラブで募集してほしいです。

まずはピンクブーケお疲れさま。次のステージでも頑張れ!

9e3c9a3e2018121b026ca218cb96168.jpg

◆ピンクブーケ
1/24  引退
「コンディションは良い意味で変わりなく、同じくらいの状態の時に2着に来ていたので、今回もそれくらいは走ってほしいと考えていました。しかし今回は直前にゲートを確認したときも、そして肝心のレースでもゲートで良くない部分を出していましたね…。これまであそこまでの素振りを見せることはなかったので、もしかすると肉体面そして精神面でも苦しさが蓄積されているのかもしれません。できることならばあと1つは勝たせてあげたいと思っていましたし、引退まであと1回チャンスはあるかなと考えていましたが、短期間でこの苦しさを取り除いてあげることは難しいのかもしれません。そのような中、今後についてピンクには第二の仕事が待っているという良い話を聞くことができました。それならば苦しさを抱えている中で無理強いせず、子供たちに夢を託していこうとのことで、このタイミングで競走馬としての生活にピリオドを打つことになりました。デビュー戦の内容が圧巻でした。その後は皆さんもご存じで運に恵まれませんでしたが、帰ってきてくれた時は嬉しかったですし、中央でも勝ち上がってくれた時は本当に嬉しかったですね。今後は元気な子供たちを世に送り出してくれたらと楽しみにしています。長い間応援いただきまして誠にありがとうございました」(小西師)
1000万下クラスでも勝ち負けできていましたから何とか勝ち星を追加し、引退に花を添えてあげたいと思っていましたが、先週の様子を見ていますと馬が苦しがっているのかもしれません。このまま無理をして万が一のことがあってはいけないですし、それだけは避けたいと考え小西一男調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。恵まれず悔しい思いをしました。しかし、ピンクブーケ自身の頑張りで中央へ復帰し、その後に2勝を挙げてくれました。また、小西先生や担当の藤原さんには本当に良くしていただき、心より感謝申し上げます。会員の皆様には長い間温かいご声援をいただき、誠にありがとうございました。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
1頭たりとも回顧したくない結果に。
すみませんが、何も書きません。

1/20(土) 京都12R クラシックリディア(藤岡佑)→11番人気14着
1/21(日) 中山07R マイティーゴールド(内田)→3番人気8着
1/21(日) 中京10R ピンクブーケ(丸山)→1番人気10着



◆クラシックリディア
1/20  斉藤崇厩舎
20日の京都競馬では好スタートから前を伺うが内が速く好位で運ぶ。道中は行きたがってしまい直線半ばで一杯になり14着。
「返し馬からゲート裏にかけてはチャカチャカはしているけど背中の力みはなくて変なテンションではなかったのですが、とにかくスタートが速かった上に内から主張されてハミを噛んでしまいました。そこからは、直線並ばれるまでずーっと力んでいる状態。すんなりと逃げられていればまた違ったと思うのですが…。能力はありそうなのに、もうひとつ噛み合っていない感じでいい走りをさせられませんでした。申し訳ありません」(藤岡佑騎手)
「出たなりでじっと溜めてという指示をしていましたが、予想以上にスタートが良くて息の入らない展開になってしまいました。無理に控えると喧嘩になりますし、スムーズに前へ行きたいところでした。なかなかうまく噛み合わなくて申し訳ありません。ひと息入れて条件の見直しも考えていきます」(斉藤崇師)
好スタートでしたからスッと行ければハミも抜けたのでしょうが、今日は自分のリズムではありませんでした。ただ、頭の位置などだいぶいい姿勢で走れるようにはなっているので、スムーズに運べる形を探っていきたいところです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決めますが、ひと息入れることも検討しています。




◆マイティーゴールド
1/21  尾関厩舎
21日の中山競馬ではゲートを出てから促すが勢いがつかず中団からに。道中はそのままの位置を追走し、直線ではジリジリ脚を使うも8着。
「理想は前走のようにある程度流れたとしても前目でリズムを整えて運べることですし、今日もスタート直後は結構押して行きました。それでも最内枠でちょっと馬も気にしていたのかこの前よりも進んで行く感じがなく、また隣の馬が速くて一気に前に出られてしまったので、切り替えることにしました。この馬としては楽ではない展開でしたけど、最後まで集中力を切らさないように乗ったつもりですし、実際に直線でもパタッと止まるようなことはなく、むしろジリジリながら脚を使ってくれています。結果を出せなかったので申し訳ない限りですが、枠によってはどうしても揉まれる形になることはあるでしょうから、今日の我慢した経験がその時につながってくれたらと思います」(内田騎手)
「スタート直後はそれなりに促してくれましたが、さすがに内枠が響いて早々と囲まれてしまいましたね…。枠ばかりはどうしようもないとは言え、間隔を詰めて勝負に来ましたからいい結果を出せず申し訳ありませんでした。直線では上位には迫れなかったものの、その中でもジョッキーは上手く気持ちを切らさないように走らせてくれて、最後まで脚を使おうとしてくれています。自分のスタイルに持ち込めないと脆いところはありますが、もう少しでもスムーズならまた違ったはずですし、次走ではしっかりと力を発揮したいですね」(尾関師)
前走がこの馬らしいしぶとさを見せてくれたのでさらなる前進を期待しましたが、今日は内枠で包まれる厳しい競馬を強いられ、最後まで見せ場をつくることができませんでした。展開に左右されやすくもどかしさもありますが、スムーズならこのクラスで勝ち負けできる力はありますから、態勢を立て直して巻き返しを図りたいところです。この後はレース後の状態を確認してからになりますが、続戦したので今のところリフレッシュ期間を設ける考えです。




◆ピンクブーケ
1/21  小西厩舎
21日の中京競馬ではゲートで立ち遅れ、最後方からの追走を余儀なくされる。向こう正面から外めを進出していくも直線は伸びを欠き10着。
「偶数番ならまだよかったかもしれませんが、先入りの奇数番で待たされた際にずっとゲートを潜ろう潜ろうとしていたことで出遅れてしまいました。稽古でいい頃と比べると物足りないかなと感じていましたが、その不安は実際にレースで出てしまいました。トモのはまりが良くなく、ハミに乗っかかり気味の走りになり、直線で追い出すとフットワークがバラバラになってしまいました。力量的にこんなに負ける馬ではないだけに心身ともにキツい部分があるのかもしれません。稽古での感触をもとに何とかピンク本来の走りを引き出したいと思っていましたが、力になれずに申し訳ありません」(丸山騎手)
「稽古の動き自体はそれほど悪くなかったものの、それでも好調時と比べると物足りなさがあったのは確かです。それでも力のある馬なので何とかいい走りを見せてほしいと思い、レースに送り出しました。ゲートがひとつのポイントになるかなと見ていましたが、大きく出遅れてしまいましたね…。それが痛かったことは確かですが、走り自体も本来のものには程遠いものでした。立て直しが必要で、少ない時間のなかでできることは限られてくると思いますが、何とか輝きを取り戻せるように色々考えていきたく思います」(小西師)
中間の稽古は本調子にはもうひとつといった動きで、ピンクブーケの底力に賭けた一戦でしたが、出負けは痛く、そのあとも本来の走りができませんでした。このクラスを卒業できるだけの力量の持ち主だけにもどかしさはありますが、それには状態が伴う必要があるでしょう。このあとは、まずはレース後の状態をしっかりと確認してどうするか考えていきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)

続いて日曜日分。

1/21(日) 中山07R マイティーゴールド(内田)
1/21(日) 中京10R ピンクブーケ(丸山)



前走少し見どころがあったマイティーゴールド。
続けて内田騎手で出走となります。

前走は前に行くためにかなり脚を使いましたが、逃げてからのレース振りは良かったと思います。今回も同じように前に行きたいでしょうからスタートを決めてくれること、少しでも脚を使わずに前に行くことが出来ればですね。

ただ、今回はどうしても逃げたいであろうアイアムジュピターがいますので、これとの兼ね合いがポイントになりそうです。

インザバブルと久しぶりの再戦。どちらも5歳で500万下にいるとは思っていなかったでしょうね^^;
東京よりは中山が合うと思って厳しいローテでの一戦となりますし、結果も欲しいですね。

◆マイティーゴールド
1/18 尾関厩舎
21日の中山競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に内田騎手で出走いたします。

1/17 尾関厩舎
17日は美浦南Wコースで追い切りました(57秒0-41秒3-12秒9)。
「先週いっぱいの様子を見ていても特に変わった様子はありませんでしたね。そのため、中1週とタイトになりますが良い印象を持っている中山へ向かうことにしました。間隔が詰まりますので何よりもオーバーワークに気を付けなければいけません。引っ掛かりがちな馬なのでそのあたりを用心して乗ってもらえればと思い追い切りに臨んだのですが、却って折り合いがつきすぎたくらいですかね…。ウッドチップコースで単走追いにしたところ、3コーナー付近で少し気が入るところこそあったものの全体的にはゆったりと走れた方で、時計が考えていたより少し遅くなりました。それなのでゴール板をすぎてから向こう正面まで流すように指示を出しまして、そこで補うようにしたつもりです。あとは実戦へ行ってみてどうかですね。あまりこのスケジュールで向かうことがないだけに馬が対応できるかどうかというのは何とも言えませんが、前走でこの馬の力の一端を示すレースをできたように思いますので、引き続き良い走りを見せてほしいと期待しています」(尾関師)
21日の中山競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に内田騎手で出走を予定しています。

1/10 尾関厩舎
10日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は悪くない走りを見せてくれましたね。良い結果だったわけではないので満足していいわけではないのですが、この馬らしさが少し見られたように思います。このあとについてですが、調教の難しい馬なのでできれば間隔を取りすぎずにサッと使えればという思いがあります。それを考えるにはまず何より状態次第になるでしょうね。堪えているようならそのプランはさすがに難しいでしょうから今週いっぱいしっかりと見極めて対応可能かどうか判断していきます」(尾関師)
状態次第で変更になる可能性はありますが、早ければ21日の中山競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に内田騎手出走を予定しています。




あと2ヶ月の現役生活、ピンクブーケです。
芝2000mという条件は悪くないと思いますし、あとは力がどれだけ出せるかですね。

年齢的なものもあり前と違うところがあるのは致し方ないと思いますが、元々の能力はこのクラスのものではないでしょうし、もうすぐ来るであろう繁殖生活をノーザンファームで過ごすためにも中央3勝目が欲しいですね。

2018.01.17 丸山 美南坂良 53.3 - 39.1 - 25.3 - 12.4 馬ナリ余力
         ジェイエルスピード(三500万)一杯を1.0秒追走同入
2018.01.11 丸山 美南坂良 54.7 - 39.3 - 25.1 - 12.2 馬ナリ余力
         ジェイエルスピード(三500万)強目を0.7秒追走同入

鞍上丸山は正直不安ですが、追い切りに乗ってくれていますし、状態を把握してくれているという意味では良いでしょう。追い切りも追走してしっかりと併入出来ていますし、まずまずと思います。

ディープ産駒もいて厳しいとは思いますが、頑張って欲しいです。

◆ピンクブーケ
1/18  小西厩舎
21日の中京競馬(恋路ケ浜特別・芝2000m)に丸山騎手で出走いたします。

1/17  小西厩舎
17日は美浦坂路で追い切りました(53秒3-39秒1-25秒3-12秒4)。
「先々週、先週と元気に跨ってもらって追い切りましたが、レースも頼みましたので当該週追いである今朝の追い切りにも跨ってもらいました。感触としては以前に比べると物足りない感じがあるようですが、それでも先週より良かったようですよ。全体の時計も53秒台で終いを12秒4でまとめてきましたからね。どうしても良い時のピンクを知っていると物足りなく感じると思うんです。それでも今と同じような状態だった前回でも終いにいい脚を使えていましたから、今回も大丈夫と思いたいです。それに先週より今週のほうがいい感触を得られたのであればいい流れにはなってきていると思いますので、何とか良い競馬をしてほしいですね」(小西師)
21日の中京競馬(恋路ケ浜特別・芝2000m)に丸山騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今週は3頭が出走。
小分けにエントリー。

1/20(土) 京都12R クラシックリディア(藤岡佑)

クラシックリディアはようやくあんちゃんの騎乗から抜け出しまして中堅藤岡兄への依頼となりました。
これだけで何かが変わりそうな気がしていて楽しみです。
別に藤岡兄が上手いとか思っているわけではないのですが、御することができずに掛かって消耗させるレースが多かったので、それを少しでもうまくなだめてくれればと思っています。

「道中きっちりと折り合って進められましたし、動きも良かった」「この感じでレースでもスムーズに運べればいい走りができると思います」

まさにその通り。
まがりなりにもヴィブロスに勝った馬ですから(笑)、持てる力をしっかり発揮できれば500万下は勝ち負けできると思います。

頑張って欲しいです。

◆クラシックリディア
1/18 斉藤崇厩舎
20日の京都競馬(4歳上500万下・芝1600m)に藤岡佑騎手で出走いたします。

1/17 斉藤崇厩舎
17日は栗東Bコースで追い切りました。
「先週に引き続き、今朝もBコースで追い切りました。予定どおり今週出走できそうな見込みでしたし、長めから終い強めにある程度しっかりと負荷をかけましたが、道中きっちりと折り合って進められましたし、動きも良かったですよ。この感じでレースでもスムーズに運べればいい走りができると思います。なお、今回の鞍上は藤岡佑介騎手にお願いしています」(斉藤崇師)
20日の京都競馬(4歳上500万下・芝1600m)に藤岡佑騎手で出走を予定しています。

1/11 斉藤崇厩舎
10日は軽めの調整を行いました。11日はBコースで追い切りました。
「3場開催になって出走のチャンスも増えそうなので、先週帰厩させています。これまではポリトラックで追い切ることが多かったのですが、ちょうどダートのBコースの改修が終わって馬場状態がいいとのことだったので、今朝はBコースで追い切っています。5ハロンから終い重点ですが、頭の位置も高すぎず安定して走れていますし、自分からハミを取っていい雰囲気でした。想定を見ながらにはなりますが、来週の競馬から考えていきたいと思います」(斉藤崇師)
20日の京都競馬(4歳上500万下・芝1600m)に出走を予定しています。

1/5 斉藤崇厩舎
5日に栗東トレセンへ帰厩しました。

12/19 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後は馬体に異常がないことを確認して、週明けからはトレッドミルでの調整を開始しています。特に疲れた様子も見せていませんし、長い休みにはならない予定ですから、このまま緩めずに動かしていきます」(NFしがらき担当者)

12/16 NFしがらき
16日にNFしがらきへ放牧に出ました。

12/14 斉藤崇厩舎
13日、14日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、道中溜める形で進めて最後にどれくらい脚を使えるかを見たかったのですが、思っていたよりもジリジリとした伸びになってしまいました。あのレースぶりからも2走前に新潟で進めた時の位置くらいの方がいいのかもしれません。結果を出せず申し訳ありませんが、ジョッキーが今回こうして馬に我慢をさせたことは次につながってくると思いますし、あとはもっと力まずに走れるよう普段の調整から気を付けていきたいですね。レース後は目立つ疲れは見せていませんが、優先権を逃したこともあるのでいったん放牧に出させていただくつもりです」(斉藤崇師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
リアファルの次走が小倉大賞典とアナウンスされました。
芝1800mに対応できるかもポイントになりますが、脚元が問題なければ良いなと思います。叩いた上積みは少なからずあるでしょうし、結果もある程度は期待したいところです。

在厩中のお楽しみ、ワクワクさん。のTwitter。
続々動画をアップしてくださってますが、元気そうです。眼力もありますし。








しかし、キャロットクラブからの出走予定がリアファルの他にもストレンジクォーク、フェルメッツァ、サンマルティンといるのですね。クラブ内での戦いも大変。リアファルは3歳時の戦績からもクラブを引っ張っていって欲しい馬のはずですから、ここで復活して力を見せたいですね。

◆リアファル
1/18  音無厩舎
17日、18日は軽めの調整を行いました。
「この中間、乗り出してからも脚元を含め大きな反動は出ておらず、順調に調整できています。一度放牧に出すことも考えていましたが、前走はやはり約1年ぶりが響いたと思いますし、可能なら続けて使った方がいいでしょう。そこで、在厩で調整しつつもしっかりと間隔を空けて小倉大賞典あたりを第一の目標として進めていこうと考えているところです。もちろんダートも視野には入れていきますが、勝ちに行くなら芝という気持ちはありますし、今の小倉なら夏以来の開催で馬場もいいですから、上積みを考えればチャンスはあるのではないでしょうか」(音無師)
2月18日の小倉競馬(小倉大賞典・芝1800m)を目標にしています。

1/10  音無厩舎
10日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は中山への輸送も問題なくクリアしてくれて、パドックでも最初は大人しくて大丈夫かなというくらいでしたが、周回を重ねて徐々に気合いも乗ってきていました。いざレースに行くとうまく手前を替えなかったりと久々の影響は感じさせましたが、それでも最後までバッタリとは止まっていませんでしたからね。一度使ったことでまた中身も違ってくるでしょうし、次走での変わり身に期待したいと思います。今はまだ軽い運動で様子を見ているところですが、幸い脚元の状態も落ち着いています。続戦させるか、一度放牧に出すのかどうかはもう少し動かしてみてから判断することになると思います」(浜田助手)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
帰厩、目標レースも決まったサーブルオールです。

調教時計的には文句ないものでしたが、ハギーのジャッジは厳しめ。確かに時計だけでは確認できないものってたくさんありますからね。前回のエピカリスもそういう感じでしたし、ダメと思ったらやめる勇気も必要です。鼻出血持ちですし、一戦入魂の馬ですから。

あとは鞍上。
ルメールが継続騎乗できるのか?それとも他のジョッキーに変わってしまうのか。決してサーブルオールで良い騎乗をしているわけではないですし、今年に入ってのルメールの微妙な成績から不安視したくなる人もいるかもしれませんが、やはり信頼できるトップジョッキーですからね。乗ってほしいです。

あと10日でどこまで持っていけるか、持っていけない場合はしっかり判断してくれるのか。
来週のコメントが待ち遠しいです。

◆サーブルオール
1/17 萩原厩舎
17日は美浦南Wコースで追い切りました(50秒5-36秒9-12秒4)。
「順調そうでしたので直前まで天栄で乗ってもらって、2週間ほどでレースへ向かえるようにしたいと考えていました。うまく行けば東京の開幕週にある芝の1800m戦を目指そうという話になり、先週末に帰厩させています。帰ってきた印象はまずまずでして、体、雰囲気は悪くないですよ。数日はじっくりと動かしていましたが、今朝から追い切りを開始しました。単走で終い重点の内容も、それなりにしっかりと動けていたように感じました。こなしを見ていても悪くはなさそう。ただ、息の入りがもうひとつ良くなかったですね…。それは鼻血云々の不安を感じるようなものではなかったのですが、そうは言っても過去に症状が出たことのある馬です。気を付けるに越したことはないので、今後の調整も注意しながら接していって態勢を整えていければと考えています」(萩原師)
28日の東京競馬(4歳上1000万下・芝1800m)に出走を予定しています。

1/13 萩原厩舎
13日に美浦トレセンへ帰厩しました。

1/10 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては周回コースもしくは坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。
「年末年始、お休みのとき以外は基本的にしっかりと動かして、乗る際はバランスを取りながらコースと坂路を使っていましいた。良い意味で変わりなく来ているので順調ですね。萩原調教師と相談した結果、東京開催を目指そうということになり、早ければ今週末にも移動することになりそうです。この後も気を抜かずにしっかりと調整して無事に送り出せるようにしたいです」(天栄担当者)

12/19 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては周回コースもしくは坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。
「今回は坂路とコースをバランスよく取り入れるようにしています。坂路だとどうしても力みがちなので、その状況でバンバンやりすぎてしまうと内臓面へ負担がかかってしまうと思っているからです。今は週に2回ほど速い時計を出すようにしているのですが、その2回のうち1回を坂路、もう1回をコースというようなバランスにしています。今はそれがうまく行っているようで、特にコースで速いところをやる際に馬が気負いすぎずにいるんです。時にはハッキングをやっているときの雰囲気のまま速いところへ移行することもできているので、この感じで進めていければいいですね」(天栄担当者)

12/12 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によってはハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「こちらに帰ってきてから、しばらくの間は軽めの調整に留めていましたが、この中間より馬場に入り少しずつキャンター調整を取り入れて、じわっと伸ばし始めています。日によっては15-15前後くらいまで動かす時もありますが、過度な負担がかからないようにじっくりと進めていくつもりです」(天栄担当者)

12/5 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「美浦でレース後の状態をよく見てもらっていましたが、こちらでも引き継いでしっかりと経過を観察していました。幸い、脚元に疲れを見せることはなく、体調のほうも悪くないと思える状態です。まだトレッドミルでの運動を行っているところですが、乗り出しに関してもそこまで時間をかけずに考えていけるかもしれません。もちろん内臓面の負担も考慮しながら動かしていかなければいけないと思いますから、慌てずに立ち上げて来年の競馬を目指していければと考えています」(天栄担当者)

11/30 NF天栄
30日にNF天栄へ放牧に出ました。

11/29 萩原厩舎
29日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は思うような結果を出せず申し訳ありませんでした。レース後の状態は、前走後に若干脚元に疲れを見せることがあったので慎重に見ていたのですが、今回は大丈夫でしたね。ただ、レース前に気になっていた背腰は使った後の方が良くないですね…。それなりに走っているということなのでしょう。それに端的な対処だけでなく、この後もしっかりとケアをしていかなければいけないポイントということなのだと思います。今回も鼻血が出ることはなかったのですが、そういった過去があること、そしてレース後の背腰の状態面を考えるとこのまま続けて使うのは決して得策ではないので、様子を見てひと息入れ、それから再び競馬へ向かうようにします」(萩原師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
エピカリスは坂路調教を再開して14~15秒ペースで乗り込んでいます。

が、まだ体調は本物では無いようで、下痢の症状を見せたりと不安定のようです。

完全に蹄の不安が無くなれば蹄鉄も履けて調整もしやすくなっていくのでしょうけど、まだその点も不安が多そうで、様子を見つつという感じのコメントと受け取れます。ただ、自分で体を作る馬なのか(だったら前走太かったという結論を出さないとも思うのですが)、先日見学に行った方のブログを拝見したところ、太め感の無い馬体でしたね。

状態としてはまだまだと思いますが、一歩ずつ良さを取り戻し、あの北海道2歳優駿の時のような爆発的な力を見せてほしいです。2017年のNAR年度代表馬がその時に大差で破ったヒガシウィルウィン。2017年の実績としては大差を逆につけられてしまいましたが、エピカリスも負けていられませんよ。

netkeiba.com:ヒガシウィルウィン地方の年度代表馬に ジャパンダートダービー優勝の南関2冠馬
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=132047

◆エピカリス
1/16 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週半ばは軽めの調整に留めていましたが、徐々に調教メニューを戻していこうかと考えたタイミングで若干下痢気味な様子を見せました。週末に1本時計を出しましたが、あまり詰めてやりすぎると体調面に悪い影響を及ぼしかねないので、そのあたりのバランスを考えながら乗るようにしています」(天栄担当者)

1/10 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間は再び坂路入りしていてコンスタントに乗り込んでいました。しばらくは鉄を外して裸足にし、刺激を与えて蹄を伸ばすことができるようにしていました。その甲斐あって蹄の質は硬くなりつつあります。ただし、この時期の寒さで馬場が固くなりがちで、その中での調教を行っていることで蹄が若干擦り減ってきている状態でもありました。そのあたりを踏まえて獣医師と相談をして、このタイミングで再び蹄鉄を履かせることにしました。今は履かせて馴染ませているところですので強い調教は行っていませんが、様子を見て再開していこうと考えています」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
1/14(日) 中山05R カラドゥラ(石橋脩)→11番人気8着

Twitterでつぶやいた通り、戦前思った通りのコース取り、展開、着順の結果でした。

最終コーナーで思った以上にごちゃついて想像以上に外を回さなければならなくなったのは痛かったですね.....ここでかなりの距離ロスをしていると思います。ブレーキもかけたということですし、それがなければもう少し時計も詰められたかもしれません。しかしながら、今のカラドゥラではあの戦法を取るしか無かったというコメントですし、現状ではたくさんの展開の助けをもらわないと厳しいというのが正直な感想です。

今回のレース振りを見ても器用さも足りないですし、中山が合うようにはとても思えませんが、このレースを選択した意図を出来れば公式内で報告頂きたいですよね。距離を1600mにしているところも含めて、説明が足りないように思います。

この2戦でナラトゥリスに似たようなイメージを持ってきています。ナラトゥリスは現状こういう馬だからこういうレース選定、戦法を取りますと公言しているような形で結果を残しています。カラドゥラもこの2戦の結果を十分に回顧して、活かしていってほしいです。

2戦続けて8着という着順もそうですが、レース振りやレース選定を見ると、厳しいなあと思います。

◆カラドゥラ
1/14  斎藤誠厩舎
14日の中山競馬では二の脚がつかず後方からに。直線では外からジリジリと脚を使ったが8着まで。
「ゲートの出自体はそこまで遅い訳ではないものの、まわりを気にして躊躇していました。また、まだ体が付いて来ていなくてそこで無理をすると走りがバラバラになりそうでしたから、ジックリとリズムを整えて行きました。内々の荒れた馬場は避けつつ追走して勝負どころへ向かいましたが、コーナーで前がごちゃついた際に少しブレーキをかける格好になってしまいました。直線では終いまで脚を使ってくれただけに、外を回すにしろ僕がもっと早く進路を決めてスムーズに追い出せていたらさらに差を詰められたはずです。上手く乗れず申し訳ありません。まだ心身に幼さは感じますが、スピードに乗った時の感触は良かったですから、一歩ずつでも成長していって欲しいですね」(石橋騎手)
レース序盤は周りに気を遣ったり、フォームを安定させたりするのに時間がかかり後方からになりました。そのことからも心身に幼さを残している状況と言えますが、終いは外からこの馬なりに差を詰めてきています。今後は適度に経験を重ねながらさらなる成長を促していき、結果につなげていきたいところです。この後はレース後の状態や番組を見ながらどうするか判断していきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ピンクブーケが恋路ヶ浜特別に特別登録しました。

aaaaa_20180115123208333.png


500万下勝ったばかりの活きの良い馬もいますし、1000万下で勝ち負けしている馬も結構います。ピンクブーケも能力的に勝ち負けすることは十分可能ですが相手もそれなりという感じですね。

鞍上丸山はピンクブーケでは1勝して一応結果を出していますが、年度内成績は年々下降の一途というジョッキー。その点はちょっと心配です。昨年の勝率.047もお世辞にも良いとは言えませんからね。ただ、調教にも乗って状態を確認してくれているのは良いこととも思いますし、残り出来て2戦のピンクブーケの今後のためにも精一杯の騎乗を見せてほしいです。

2018.01.11 丸山 美南坂良 54.7 - 39.3 - 25.1 - 12.2 馬ナリ余力
            ジェイエルスピード(三500万)強目を0.7秒追走同入
2018.01.08 助手 美南W良 71.3 - 54.9 - 40.2 - 13.6(8) G前仕掛け
2018.01.03 丸山 美南坂良 55.3 - 40.1 - 26.1 - 12.6 馬ナリ余力

勝ち負けしてほしいです。

◆ピンクブーケ
1/14 小西厩舎
21日の中京競馬(恋路ケ浜特別・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。

1/11 小西厩舎
10日は軽めの調整を行いました。11日は美浦坂路で追い切りました(54秒7-39秒3-25秒1-12秒2)。
「先週に続いて今朝も乗せていただきました。週末の調教が予定よりも少し速くなったそうなので、そのあたりのことを加味して今朝は動かしてほしいとリクエストをもらっていたんです。それで坂路に入り終い重点で伸ばしたのですが、時計自体は出ています。ただ、強いて言うと弾みというか伸びやかさが物足りないかな…と言うのは感じましたね。以前のこの馬の良さを知っているだけについそう思ってしまうのですが、聞くところによるとここ最近はそういう状況にあるようでしたから、気にしすぎなくてもいいのかもしれませんね」(丸山騎手)
「先週に引き続き今週も元気に手伝ってもらいました。相変らず弾みという点でいい頃に比べると物足りないようですが、それでも終いはそれなりの伸びを見せてくれています。冬場ということと、年齢を重ねて来たこともあるのかここ最近は硬さを感じる状態が続いているのですが、秋もこの状態で走ってくれましたからね。もちろん少しでもいい状態へ持っていけるようにしたいですが、今の流れで調整を続けていき来週の競馬へ向かえればと思っています。良い時のことも知っていますし、調教も続けて乗ってくれていますので、レースも元気にお願いをしようと思っています」(小西師)
21日の中京競馬(恋路ケ浜特別・芝2000m)に丸山騎手で出走を予定しています。

1/4 小西厩舎
3日は美浦坂路で追い切りました(55秒3-40秒1-26秒1-12秒6)。4日は軽めの調整を行いました。
「ピンクブーケは今年6歳で引退まであと僅かですから、何とか残りの現役期間を良いものにしたいですね。当初は年明けに入れようと考えていたのですが、幸い年末の検疫を確保することができました。それならばこちらで余裕を持って調整していったほうがいいかなと思い、急遽ではありましたが昨年のうちに入れさせていただいたんです。実際入れてみた感じはちょっと硬さがあり、前回と大きくは変わらない状態に思えましたね。ただ、悪くはなっていません。前回もそれで走れましたから、じっくり時間をかけて乗っていき態勢を整えていきます。さっそく時計を出し始めていて、今週は水曜日に坂路で追い切りました。レースでも乗ってもらったことがある元気に手伝ってもらいましたが、無理なく駆け上がっていて動きは悪くなかったように思いますよ。今じわりじわりと上げてきているところなので予定はスライドするかもしれませんが、早ければ中京開催を考えていきます」(小西師)

21日の中京競馬(恋路ケ浜特別・芝2000m)に出走を予定しています。
12/26 小西厩舎
26日に美浦トレセンへ帰厩しました。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
1/14(日) 中山05R カラドゥラ(石橋脩)

カラドゥラは思ったレースに出走が叶いました。
思ったレースは私が思ったレースではなく、陣営が思ったレースですが(;・∀・)

前走結果を見ると結構相手は揃ってますね。新馬戦で2着になっているスールマカロン、ラヴァクールや前走で2着に来ているソーラーフレアなどは強敵でしょうか。

京成杯に出走するギャンブラーと合わせたためレーシングビュアーで調教を見ることが出来ました。直線入った時にムチで気合いを入れられていますが、伸びている感じはそれほど無いものの垂れている感じもしないため、まずまずの調教だったのでは?と思います。

2018.01.11 助手 美南D良 68.6 - 53.7 - 39.4 - 12.6(7)強目に追う
         ギャンブラー(三500万)直強目の外を0.6秒先行0.2秒遅れ

カラドゥラの場合は前走見せたような相手に譲ってしまう面など精神的な問題を如何に見せないように走らせるかがポイントになると思います。そう考えると、昨日つぶやきましたが、1㌔減の井上よりは石橋脩の方が鞍上としては良いでしょう。前進見せてほしいです。今週、斉藤師は石橋脩に5頭も依頼していますね。

優先権を取らないと続けて使っていくことも出来ません。体質的にも弱さが見えるカラドゥラですので、そもそも続けて使っていくことが出来ないかもしれませんが、まずは権利をしっかり取れるよう、見どころあるレースが出来るよう応援したいと思います。

◆カラドゥラ
1/11  斎藤誠厩舎
10日は軽めの調整を行いました。
11日は美浦南Dコースで追い切りました(68秒6-53秒7-39秒4-12秒6)。
「先週の除外は残念でしたが気持ちを切り替えて今週に備えていました。レースは日曜日のマイル戦を考えていましたので変則日程の中でも特に問題はなく、今朝追い切っています。ダートコースに入り、乗り役を背にした相手と併せました。カラドゥラが先行する形を採り、後ろから突いてもらったのですが、気持ちは切らしていません。ただ、少し早めに気持ちを乗せておかないとちょっとふわっとする感じもありましたね。目標にされた分と乗り手の体重の差もあって見た目はやや劣勢でしたが悪くはなかったと思いますよ。あとは無事に使えるかどうかでした。新聞社によっては抽選対象になっている想定状況でしたので心配していたのですが、無事に出走が確定しました。あまり長引くとコンディションをキープするという点で不安が出てきますから良かったです。前回からの前進を見せてほしいと思っています。今回は石橋脩で向かいます」(斎藤誠師)
14日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)に石橋騎手で出走いたします。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)

ナラトゥリスが帰厩しました。

無難に自己条件を使うのかな?と思っていましたが、ちょっと調べたらクイーンカップの可能性もあるようですね。
公式ではその点言及はされませんでしたが、その通りとなるとマウレアとの再戦となりますね。

ナラトゥリスの器用さの無さは改善していくものでも無いと思いますし、基本的にはレース振りは今までと変わらず、「脚を溜めて直線外に出して邪魔されないようにしてから伸びる」というスタイルになると思います。重賞でそのような戦法は不利にしかならず、結果に結びつきにくいとは思いますが、賞金加算できると良いなと思います。

そう思っていたら普通に自己条件を選択したりして(笑)

あとは鞍上が誰になるかですね。重賞出走となると菱田騎手が敢えて乗りに来るということも考えられると思いますが、関東馬ということを考えると、大野騎手固定で育ててもらうのもありかなとも思います。

◆ナラトゥリス
1/10 加藤征厩舎
10日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「前走後は2戦続けた後でしたのでゆったりとさせて、背腰のケアを入念に行いながら乗りすぎないように気を遣って調整を進めてもらっていました。無事に年を越したようでしたので、できれば広い東京コースを考えられればと思い、このタイミングで入厩させていただきました。まずは改めてこちらでも状態を確認しながら動かし出し、徐々に目標を定めていければと考えています」(加藤征師)

12/19 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を行っています。
「少しずつですが乗り出しました。ただし、背腰に関しては傷みやすいので乗る場合も加減しながらやっていかなければいけないと思っています。おそらく根本的に強くしようと思うと結構な時間がかかりますから、中間の調整で堪えさせすぎないように気を付けながら進めていきたいですね」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
人気には推して頂きましたが、残念ながら初日出ず。

1/7(日) 中山08R マイティーゴールド(内田)→4番人気4着
1/7(日) 中山10R リアファル(津村)→4番人気9着


■マイティーゴールド
スタートがそれほど良くありませんでしたが、思い切って逃げましたね。
ただ、かなり脚を使っての逃げになったので、最後の余力は無かったですね.....それでも4着に粘ったのは相手がそれほど強くなかったからかな。

出来れば中山で続けて使ってほしいですけど、あと2週しかありません。東京よりは中山のほうが合うでしょうけど、師のコメントからすると中山での出走は無さそう。権利を取ったので続けて使うとは思いますけどね。東京ダ2100mとかも厳しそうな気はするのですが、どういう判断をしますか。

1度勝っているクラスですので勝ち上がって欲しいですが、今のままだと1000万下では頭打ちになっちゃいそうな懸念もあります。喉の問題だけではなく、実力なのでしょうか.....昨年末に2勝目を上げた時は500万下でウロチョロするとは思っていなかったんだけどな。

◆マイティーゴールド
1/7  尾関厩舎
7日の中山競馬ではゲートの出がもうひとつで促して先手を奪う。道中はそのままリズムを整え直線へ向くが、最後は後続馬に先着を許し4着。
「脚質だけでなく、息遣いのことを考えても変に囲まれて力むより行き切った方がリズム良く運べると考えて押して行きましたが、ここのところ前に行けなかった影響か、なかなかスピードに乗れませんでした。それでもこちらが主張していた分まわりがそこまで来ませんでしたから、あとはスムーズ。少し流れていた感じはあったものの、気分良く走っていましたし、しぶとさを活かせるように進めました。直線では上位馬に交わされてしまいましたし、いい結果を出せず申し訳ありませんが、力は示してくれましたね」(内田騎手)
「ここのところ行き切れない競馬が続いた影響もあるのか、ゲートを出てからなかなか進んでくれませんでした。結果的にはあそこをもう少しでもスムーズに行けていたらと思いますが、それでもこの馬らしい形をしっかりと作れましたし、直線でも粘り強さを見せてくれました。調教では折り合いに気を遣ってどうしても単走中心でもありましたから、そう言った点からも直線での追い比べは楽ではなかったでしょう。もちろんこの結果でいい訳ではありませんが、次にしっかりと活かしたいですね。レース後の状態次第で続けて使えるか、短期でもリフレッシュ期間を設けるか判断していきます。今日はベストな結果を出せず申し訳ありませんでした」(尾関師)
結果的に逃げ馬には厳しい展開になりましたが、それでいて直線ではしぶとく脚を使ってくれています。得意の条件でこの馬らしさも垣間見られましたから、次走ではしっかりと結果につなげたいところです。この後はレース後の状態を見ながら続戦できるか判断していきます。



■リアファル
さすがオープン馬という感じでしょうか、馬体重はそれほど増えず。しっかりと体は作ってきたということでしょうか。
ただ、騎手のコメントからすると今回の9着という結果は息切れということでしょうね。

このメンバーではもう少し結果が出せるかと思いましたが、まずは無事に戻ってきたということで良しとしましょう。
ワクワクさんのTwitterで状況をたくさん見せて頂きましたし、無事ならそれが今後もあるのですから、それをまずは楽しみにしたいと思います。

でも、次は叩いた上積みもあるでしょうし、結果もある程度期待したいですね。
ワクワクさんのTwitterからすると芝は無さそうですが、阪神大賞典→天皇賞春とか良いんじゃないかと考えちゃいますけどね.....

◆リアファル
1/7  音無厩舎
7日の中山競馬ではまずまずのスタートから前目を追走するも、勝負どころにかけて徐々に余裕がなくなり、直線で上位馬に迫ることはできず9着。
「ゲートはまずまず出てくれましたし、道中は前を見ながら悪くないリズムで運べましたが、終盤になると余裕がなくなってしまいました。申し訳ありません。長期休養明けで息遣いを含めてこれから良くなりそうな感触はありましたから、まずは無事に数を使っていければいいですね。久々のダート戦でもまったく問題なかったですし、背中の感触はさすがと思わせるものがありましたよ」(津村騎手)
「今日は京都競馬場に臨場していたので、モニター越しでレースを見ました。一番の敗因は久々ということでしょうし、次は息の持ちも違ってくると思います。現地のスタッフからは、レース後は脚元を含め異常はないと連絡がありました。まずは栗東に戻して数日様子を見て、今後のプランをじっくり考えていきます」(音無師)
調教では悪くない動きを見せてくれたものの、さすがに前走からの間隔が空いていて楽ではありませんでした。それでも終いまでしぶとく脚を使おうとしていましたし、まずは無事に次走につなげていきたいところです。この後はレース後の脚元の状態を中心に確認して、次をどうするか慎重に判断していきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
三日間開催はシルク・戸崎が開幕ダッシュ。
三日間連続重賞制覇を成し遂げました。

やはり今年のシルクは怖い。馬主リーディング、社台RHとの3位争いではなく、2位争いまで絡んでくるかもしれません。

そして、この重賞三連勝を馬仲間のラムさんも達成されており、素晴らしいなと思います。

シルクはだいぶ会員が増えているということですが、実績制度が基本ですし、今後入っても実績で負けて抽選に賭けるという基本キャロットと同じ形になりそうなので、今から追って入るのは賢明ではないと思いますね。

では、どこが良いのか......なんとも言えません。
でも、あるクラブのカタログを手配しまして、ちょっと眺めています。


さて、私は全く流れに乗れていないというか勝てない最初の週を過ごしましたが、ここから少しでも山に向かっていきたいです。

ヴィルデローゼは「なんとか」というコメントが気になりますが、なんとかゲート再審査をパスできたようです。難しいところを見せているということでこの先もちょっと心配ですが、継続して練習をしていってくれるようですし、改善することを期待しています。

仕上がり自体はそれほど時間がかかるタイプではないと思いますし、今月中の出走は出来そうな気がします。ダ1400mを狙って、状態を上げていってくれれば復帰戦から悪い競馬はしないと思いますし、今年ポンポンと複数勝って欲しい馬ですから、なんとか頼みます、石坂先生。

◆ヴィルデローゼ
1/4  石坂厩舎
3日は栗東坂路で追い切りました(56秒0-41秒2-27秒3-13秒6)。
4日は軽めの調整を行いました。
「継続してゲート練習をする中で、時折難しいところを見せるようになっていたので心配したのですが、なんとか12月27日、年内最後のゲート再審査にパスすることができました。今朝は坂路で併せて15-14程度の調教を行っていますが、実質1本目としては十分な動きだったと思いますよ。ゲート練習に関しては継続して行っていきます」(石坂師)

12/20  石坂厩舎
20日はゲート練習中心の調教を行いました。
「先週帰厩して環境にも慣れてきましたので、再審査に向けて週明けから本格的にゲート練習を開始しました。ゲートで少し難しいところはあると言っても、前走のようにジョッキーを振り落とすようなことはありませんでしたし、再審査に関してはそれほど心配しているわけではありません。ただ、牝馬ですからできれば縛り練習までしたくないという気持ちもあるので、慎重に進めつつ、いいタイミングで受けられればと考えています」(石坂師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
新年一発目は2頭が出走です。

1/7(日) 中山08R マイティーゴールド(内田)
1/7(日) 中山10R リアファル(津村)


◎マイティーゴールド
先週、1/2の確率で出走できなかったマイティーゴールドですが、年末、そして3日と時計を出して良い雰囲気の中で出走が出来るようです。

師のコメントで状態の良さが感じられますが、確かにコメント含めてモヤモヤした印象がない形での出走は久しぶりだと思います。寒い時期に結果を出している馬ですし、是非外枠を引いてスムーズな競馬をしてほしいなと思います。

2018年の最初の出走ですし、良いスタートを切れたら良いですね。
鞍上は歳男の内田。今年に賭ける気持ちも強いでしょうし、期待していますよ。

◆マイティーゴールド
1/4  尾関厩舎
3日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒8-39秒8-12秒7)。4日は軽めの調整を行いました。
「年末の除外は2分の1の確率だったため頭を抱える思いでしたが、こればかりは言っていても仕方ないので気持ちを切り替えて調整をしています。幸い、予定が延びたからと言って悪い変化はなくここまで来ることができました。それで日曜日の競馬に備えて水曜日に追い切りを行ったのですが、その時の動きは最後まで余力がありましたね。見た目の印象は良かったのですが、乗り手に聞いてもここ数回の追い切りの中ではいちばんしっかりとした脚取りで走れていたということでしたよ。ここまではモヤモヤとした印象があったのですが、それを払拭した状態でレースへ向かえそうという点では予定が延びて良かったかもしれません。もちろん大事なのはレースでどういう走りができるかですから、何とか今年のいいスタートを切りたいですね。今回の鞍上は内田さんにお願いをしています」(尾関師)
7日の中山競馬(4歳上500万下・ダ1800m)に内田騎手で出走いたします。



◎リアファル
ポルックスステークスに出走確定。
鞍上津村は今回は文句言えないかな.....ベテルギウスは川田予定だったことを考えると大幅な鞍上弱化と言えるのですが、津村も勝ち星だけを見るとだいぶ増やしてきているのでリーディングだけを見ると悪くないんですよね。

今回は何はともあれ無事に戻ってきてほしいというのが一番。無事なら次がありますからね。

ただ、万葉ステークスが9頭立てということを考えると、そっちが良かったなという思いはどうしても持ってしまいますが(;・∀・)

◆リアファル
1/4  音無厩舎
3日は栗東CWコースで追い切りました。4日は軽めの調整を行いました。
「年末は12月31日に坂路でサッと時計を出しています。予定より速くなってしまったのですが、その後はケロッとしていましたし、息遣いも徐々に良くなってきました。水曜日はCWコースで併せて追い切り、直線はしっかり馬体を並べていい負荷をかけることができました。正直、1週前追い切りの時の方が反応は良かったのですが、昨日は馬場もあまり良くなかったですし、6ハロン80秒台と思ったより時計は出ていますからこれだけやれれば十分でしょう。年末の競馬は除外になってしまいましたが、脚元を含めていい状態をキープできていますので、まずは次につながる競馬を期待したいと思います。なお、年末の競馬が除外になった時点で鞍上を探していたのですが、これまで乗っていたジョッキーの都合がつかず、今回は津村騎手にお願いしました」(生野助手)
7日の中山競馬(ポルックスS・ダ1800m)に津村騎手で出走いたします。

12/28  音無厩舎
1月7日の中山競馬(ポルックスS・ダ1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて31頭の登録があります。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
日曜中山の芝1600mに出走予定だったカラドゥラ。
想定Cということで出走厳しいのかなと思っていましたが、結果としてやはり非抽選除外となりました。

ここでなぜ?と思うのは前日土曜中山の芝2000mに投票しなかったのか?ということ。
元々距離はあったほうがよいという情報が有ったような気がします。そうなのであれば、芝2000mにすることは特に問題ないと思います。この2000mに投票した場合は出走感覚的に問題なく出走できたと思うのですが、なぜ投票しなかったのでしょうか?

非力さがあるから距離を短くする?それとも別に何か理由がある?その辺は出資者に説明があって良いような気がするんですけどね.....(;´∀`)

状態としてはそれほど悪くなく、シャドーロールも集中力の面で良い方向に作用しているということもありますし、状態が良いうちに出走が叶えばと思います。来週も芝2000mと1600mが組まれていまが、今週の感じだと1600mは出走できるか微妙なラインと思いますし、是非2000mも含めて柔軟に選択してほしいです。選択肢に入らないのであれば、その理由を教えてほしいですね。

◆カラドゥラ
1/4  斎藤誠厩舎
3日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒4-40秒5-13秒7)。4日は軽めの調整を行いました。
「年末年始も特に問題はなく順調に調整を行えていますよ。中間の様子から今週末、日曜日の競馬を目標にして水曜日に追い切りを行いました。ウッドチップコースにて3頭併せを行ったのですが、その中で先頭を走る形にしました。ちょっと遅くなったのですが最後まで集中して、余力も持って走れていたように思います。今回のように後ろから突かれると気持ちを切らさずに走れるのですが、昨年前を追いかける形で動かしていた時に悪くはないもののちょっとふわっとした感じがあったんですね。気持ちの問題だろうなと思えたため集中力を保つようにシャドーロールを着けているのですが、今のところ感じはいいですね。上積みを感じることができているのでレースが楽しみと思っていたのですが、考えていたよりも頭数が多くて想定から除外対象で、最終的にも回ってきませんでしたね…。残念ですがこればかりはどうしようもないことなので気持ちを切り替えて次へ備えていきます」(斎藤誠師)
7日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)に出馬投票を行いましたが、残念ながら非抽選除外となりました。来週以降のレースを目標に調整を進めていきます。

12/20  斎藤誠厩舎
20日は美浦南Dコースで追い切りました(64秒8-51秒1-38秒0-13秒5)。
「天栄ではゆったりと乗り込んでもらっていたようですから、先週の帰厩後はこちらでも引き継ぐようにじわっと進め出していますよ。体は前回よりもいいかなと思える状態でして、好印象を持って調整をスタートできています。週末は15-14くらいでじわっと動かして、今朝は長めから動かしました。馬場状態を考慮して今回はダートの外コースを使いましたが、前の馬を見ながら進めて反応を確かめるようにしました。前を行く馬がそれなりのペースで進んでいるのを追いかけた分だけそこそこ速くなりましたが、最後まで頑張っていたと思います。少し遅れましたが、しっかり乗れたことは良いことでしょう。レースはこのあとの変化をよく確認してから決めますが、体が寂しくならなければ年明けのマイル戦を本線に考えたいです」(斎藤誠師)
この後の状態次第ですが、今のところ1月7日の中山競馬(3歳未勝利・芝1600m)に出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
皆様、明けましておめでとうございます。
2018年が開幕しました。


今日元旦から帰省したりしているので、ブログのエントリーはちょっとむずかしいと思いますが、ちょっと落ち着いた時に今年の抱負なども含めて書けたらと思います。

スマホを見る時間は少しあると思うので、ふじやんに誘われて登録したTwitterの使い方を勉強します(笑)Twitterやってる方はよろしければフォローしてくださると幸いです。名前はここと同じです。


今年も例年同様自分の出来る範囲で更新していきたいと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。
それでは、2018年もどうぞよろしくお願いします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)