Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

ベルモントステークス出走が既定路線になったエピカリスです。

先日のツアー案内に続き、諸経費案内が届きました。
現在のところ、総額2000万円で一口あたり5万円程度の経費がかかるとのこと。

招待レースですと今までの経験からすると一口あたり1万円程度の経費だったので、かなり割高なのが明らかです。ま、前からわかっていたことではあるのですが。この経費だけで、UAEダービーの実際手元に入ってくる賞金は全て消えますね。
.....あ、あまりお金のことを書くと外野が騒ぎそうなので書かないようにしないとね(;´∀`)

ベルモントステークス出走はお上のお言葉なので、天栄のコメントも今後はそれに間に合うような合わせたコメントになっていくことでしょう。特に天栄は逆らえるはずがないですから、仕方ありません。その辺も加味してコメントを読むことにします。

UAEダービーを制したサンダースノーはケンタッキーダービーか英2000ギニーのどちらかとのこと。ケンタッキーダービーに出ればエピカリスの能力をはかる物差しになりそうですし、個人的にはケンタッキーダービーで見てみたいですけどね。



でも、本音は行ってほしくない。
出来ればジャパンダートダービーとかに出て、まずはG1馬になってほしい。

なんて書いても仕方ない。

今回のネオリアリズムと同様、アメリカまで一頭で行くことになるのでしょう。
香港までと違って距離がかなり違いますのでその点だけでも心配が大きい。
なにはともあれ、無事に戻ってきてくれることが大事。

損する可能性が高いチャレンジ。
誰もが厳しいチャレンジと分かっていながら臨まなければならないエピカリスのことが心配でなりませんが、乗り越えてくれると信じましょう。

◆エピカリス
4/25 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒でキャンター調整を行っています。
「ドバイ帰り直後はさすがにちょっと疲れもあるかなとも見ていましたけれど、少しずつ回復してきているのは確かだと思います。現状でも良化傾向にありますが、この調子で徐々に上がってきてくれるはずです。今朝は坂路に入れて14-14くらいのところを乗りましたが、こなし等は悪くないなと思えますよ。週末には再度北海道から獣医師が来るということでまたチェックを受けたいと思いますし、気になるところへのケアをしっかりとしてもらってさらなる状態向上につなげていきます」(天栄担当者)

4/18 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒でキャンター調整を行っています。
「ソエっぽいところがある馬ではありますが、想像していたよりは前走でダメージを受けることはなかったようで、歩様もさほど問題ないように映ります。もちろん不安がまったくないというわけではないので引き続き気を付けながら調整をしていきます。それよりも体の方はちょっと堪えたのかなと思え、毛ヅヤがもうひとつで体も萎んだように見えましたから、それらの回復を特に図っていきたいと考えながら調整しています。徐々に動かし出して少しずつ回復傾向にあるかなと思えましたので、この中間から坂路に入り出しています。少しずつ進めていって目標へ向かっていけるようにしたいですね」(天栄担当者)

4/12 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週いっぱいは乗らずに疲れを癒すような調整を行っていましたが、今週の火曜日から乗り出しました。馬場を使って軽めのキャンターを始めています。動きを見る限りはそこまで悪くないのかなと思えますけれど、タフな競馬をした後ですし、ソエっぽいところもある馬ですから、用心しながら動かしていきます」(天栄担当者)

4/4 NF天栄
3日にNF天栄へ移動しました。
「三木ホースランドパークでの輸入検疫期間である1週間を無事に終え、昨晩遅くにこちらへ移動してきました。これから3週間の着地検疫期間となりますし、天栄に帰ってきたばかりでもありますので、まずはマシンで軽く動かしていくつもりでいます。数日マシンで様子を見て、問題なさそうであれば少しずつトレッドミルに入れて、改めて歩様や体調の確認を行っていきます」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト
4月に入ってから仕事が増えて忙しく、ブログの更新もままならない日が続いておりますが、ネオリアリズムの香港レースとゴールデンウイークを楽しみになんとか頑張っております。

出走自体も久しぶりとなります。

4/30(日) シャティン08R ネオリアリズム(J.モレイラ)

ブログエントリーが出来なくてもスポーツ新聞の競馬のところは軽く見ているのですが(というか、基本的に一口馬主DBの出資馬のところにある「関連Web記事サーチ」がメインですが)、今日付けのネオリアリズム記事も結構あります。

日刊スポーツ:ネオリアリズム香港慣れて「いい状態」/QE2世C
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=04&day=27&id=1813989
デイリー:ワーザー、重馬場ならさらに強い 良馬場も強い…鋭い差し脚が武器
https://www.daily.co.jp/horse/2017/04/27/0010132834.shtml
サンスポ:【香港QEII】ネオリアリズム陣営が話題
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170427/ove17042705010001-n1.html
スポニチ:【香港QE2世C】ネオリアリズム 現地で調教「落ち着いてる」
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/04/27/kiji/20170426s00004050382000c.html


この中のスポニチに写真がありましたが、どうでしょう。まずまずでしょうか。

同スポニチに「3~4ハロン程度を軽めのキャンターで乗られた。汗をかき、やや細めに映る馬体で走りたがるそぶり。」と書いているところが気にはなりますが、大一番はしっかり仕上げる堀厩舎だけに昨年の札幌記念同様結果を出すためにしっかりと仕上げているのだと思います。


追い切りについての記事もたくさん。

サンスポ:【香港QEII】ネオリアリズムは芝で4F56秒8
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170427/ove17042718310003-n1.html
日刊スポーツ:ネオリアリズムがモレイラ背に追い切る/QE2世C
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=04&day=27&id=1814238
ラジオNIKKEI:【クイーンエリザベスII世カップ】日本馬情報~ネオリアリズム、モレイラ騎手を乗せて追い切る
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/ii_66.html

モレイラの「とても状態が良く、自由で、ロックンロールの準備はできているよ。」というコメント。
ロックンロールってなんでしょうね(笑)

いずれにしても、好結果期待して応援したいと思います。
頑張れ、ネオリアリズム。

◆ネオリアリズム
4/27  香港・シャティン競馬場
26日は軽めの調整を行いました。27日はシャティン競馬場芝コースで追い切りました。
「先週の土曜日の夜に美浦を出発し、成田を経由して香港に到着しました。気流の影響でフライト時間が予定より30分から40分ほど長くかかったものの、積み込みから積み下ろし、そしてシャティンまでの移動もスムーズでした。1ストールに対して1頭だったこともあってスペースが広く、そのことからか落ち着いて輸送をこなしてくれましたし、一度海外遠征を経験していたことが活きましたね。飛行時についてくれていた専門スタッフは昨年末も対応してくださったのですが、その方から“前回とは違うね”という話ももらえたほどでした。それでも、美浦から香港までの輸送でマイナス10キロの馬体重の変動があり504キロ。到着して2日ほどはイライラした様子もあり、カイバ食いもおちて与えた量の半分ほどしか食べない状況でした。その状況から調教メニューをコントロールして2日間は馬場入りを控えて調整をしたところ、少しずつ回復して昨日の夜は与えたものを完食できていました。そして、到着時の状態である511キロに戻っています。また、背腰の悪化もそこまでなく、強い治療も必要ない状況です。それに伴い運動の内容を上げて、水曜日は馬場入りしキャンター調整を行いました。その後、私も現地入りして今朝の状態を確認しました。短期決戦ということを頭に入れたうえで、万全の状態とは言えませんけれどもいったん底辺にさがり、そこから上向いてきているという状況を考え、これならば少し伸ばしてもいいのではないかと思えたので今朝芝コースで追い切りを行っています。競馬で過度にイレ込まないように配慮して直線の2ハロンを伸ばすことにしたんです。モレイラジョッキーに跨ってもらったのですが、芝コースに入るとテンションがやや高くなり、またハミ受けなどに難しさを見せるところもありました。気が入った状態で走ったこともあり考えていたよりも速い調教にはなったものの、8分くらいの感じで伸ばしてもらっています。出国前の1週前追い切りをしっかりと行った後は体調面を優先した調整をしていましたので、今回の調教内容でバランスも丁度整ってくるでしょうし、悪くないと捉えていますよ。また、今朝の香港は雨が降った影響で馬場が程よく柔らかくなっており、また23~24度の気温でいつもの蒸し暑さが軽減された良い状況の中で行えましたから、調教によるダメージも少なく済むだろうと見ています。もちろん、それなりの調教を行ったあとですので、この後の変化をしっかり確認していきます。カイバ食いを含めて今のいいリズムを維持していけるよう、メンタル面にもしっかりと配慮して本番当日へ向かいます」(堀師)
30日のシャティン競馬(クイーンエリザベスⅡ世C・芝2000m)にモレイラ騎手で出走いたします。

4/23  香港・シャティン競馬場
23日に香港・シャティン競馬場へ到着しました。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)




にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
とうとう中央入厩予定馬が全て完売しました。
残るは地方馬1頭。
これが売り切れて完売となるか。見ものです。




本州移動二頭目はブルーメンクローネでした。

石坂厩舎だけに始動はゆっくり秋かなと思っていました。しがらきでの調整期間をどれだけ取るかは分かりませんが、まずは状態が良いし移動させようということなのでしょうね。坂路入りしてから比較的順調に調整を積んでいたので、早期移動はうれしいです。

ブルーメンブラットの仔には全て出資してきて、牝馬では一番高額なのがブルーメンクローネ。
いつも書いている気がするのですが、ブルーメンブラットの産駒成績が良くないので、そろそろ大物が出てくれないといくら思い入れがある血統であっても出資を続けるのが難しくなってきます。それを打破する、ものすごい活躍をしてくれる馬がブルーメンクローネだったら嬉しいなあ。
※勿論、既デビュー済みの上がこれから活躍することも願っていますよ

期待しています!!

bac9c24220174135118ab31d2e668a1.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ブルーメンクローネ
4/24 NF天栄
24日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。
「この中間も順調に乗り込みをこなせていましたので、いったん本州へ移動することになりました。NFしがらきで入厩に向けての体勢を整えていく形になりますので、しっかり対応していきたいところです。動きの良さからも将来が楽しみな馬ですし、まずはデビューへ向けて取り組んでいってほしいですね」(空港担当者)

4/14 NF空港
馬体重:487kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。速めのキャンターを継続していますが、懸念された精神面に問題はありません。むしろおっとりした面を見せるようになり、そこが馬体の余裕にもつながっていると思われます。まだ余裕残しの馬体ではありますが、乗り込んでいけば自然と絞れてくるでしょうし、その相乗効果で動きも良くなってくると見ています。

3/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。メニューを上げつつじっくり乗り込んでいることもあり、馬体は徐々に引き締まってきています。現状で精神面に問題はありませんが、速めを開始したことで変化を見せる可能性はありますので、注意しながら対応していければと考えています。

3/15 NF空港
馬体重:500kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。坂路コースでは以前よりも手応え良く登坂できており、周回コースではゆったり走ることができていることからオンオフの切り替えが上手くできていると感じさせられます。毛ヅヤや筋肉の張りを見ても体調は良好で、これからは乗り込み量を更に増やしていくこともできそうです。

2/28 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。ペースを速めてきたことで馬体は少しずつ締まってきているものの、まだ余裕は残っているので、これから更に負荷をかけても十分対応してくれそうです。テンションが上がりやすい面はありますが、現状では許容範囲のものなので、特に心配はしていません。

2/15 NF空港
馬体重:491kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~18秒のキャンターで2本登坂しています。毛ヅヤや馬体の張りは良く、体調面が良好であることがうかがい知れます。坂路コースを手応え良く登坂できていますし、それでいて折り合いも付いているので、このままの状態を維持できるように努めていければと考えています。

1/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~18秒のキャンターで2本登坂しています。馬体は立派過ぎるくらいで、これから調教を積み重ねていくことに不安はありませんが、更に絞れてくれば文句はありません。テンションが上がってもカイバ食い等に影響はないので、今後も状態に合わせて負荷をかけていくことができそうです。

1/13 NF空港
馬体重:480kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。坂路コースでの動きは上々で、リラックスした状態で走ることができています。馬体だけを見ればいい成長を遂げているだけにバリバリ乗り込んでいきたいところですが、テンションが上がりやすい部分があるので、メリハリを付けながら進めていければと思います。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
マイティーキュートですが、坂路入りしたと公式でコメントされました。
少しずつですがペースを上げることができています。

しかも、見学に行かれた方が記された内容では
・17秒程度を継続して乗り込み中
・7月入厩(本州移動)を目標としている
とのこと。
まあ、2つ目に関しては北海道開催を目標にという書き込みもあり、どちらが正しいとかは分かりませんが、いずれにしても夏を目標に進めるという点では同じですから、その目標に向かって突き進んで欲しい。

しかし、公式に書かれているペース以上で乗り込まれているということは普通にあることですが、既に17秒程度で乗り込めているというのは本当に嬉しい内容です。
このまま順調にペースアップできれば良いですね。

スタッフも諦めずに頑張っているとのこと。
マイティーキュート自身も頑張っています。
出資者としては待つことしか出来ませんが、その出来ることを期待を持って続けたいですね。

cc29f1d6201741382629ec1454efa94.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆マイティーキュート
4/20  NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン20秒のキャンターを1本登坂しています。
「状態を見た上で、この中間から坂路コースでの調整メニューへ移行しています。しばらく慣らしつつ進めていき、脚元の変化が出ないか慎重に見極めながら対応していければと思います」(空港担当者)

4/13  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。
「引き続き、脚元の具合をつぶさに確認しながら日々乗り込みをこなしています。乗り運動を継続していることでいい意味でも悪い意味でも変化が見られやすい頃なので、傷めた脚元を随時チェックしながら、今後も競馬を目指したメニューをこなしていければと考えています。馬体重は525キロです」(空港担当者)

4/6  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間から騎乗運動へ移行しています。まだ軽めの調教メニューになるので大きな変動はありませんが、動かすことによって一定の負荷はかかってくるので、それによる変化もしっかりと見極めていきたいです」(空港担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
香港へ向かうネオリアリズム。

国内最終調整が完了しました。
この2週の調教時計は以下の通り。

2017.04.20 助手 美南W良 65.9 - 50.6 - 36.6 - 12.6(6) 直強目追う
2017.04.16 助手 美南坂良 55.7 - 40.3 - 25.5 - 12.3 馬ナリ余力
2017.04.13 助手 美南W重 72.1 - 56.3 - 41.5 - 13.6(6) 馬ナリ余力
              アルバート(古オープン)馬ナリの内を0.4秒追走4F併同入

スポニチ:【香港・QE2世C】ネオ動き軽快12秒6!22日に出発予定
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/04/21/kiji/20170420s00004192355000c.html
サンスポ:【香港QEII】ネオ順調、国内最終追いで12秒5
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170421/ove17042105000001-n1.html

最終追い切りは良い時計を出してきています。
レーシングビュアーに追い切り動画が出ておりましたが体を使えた走りに見えましたし、堀師のコメントの話し方の推移を見ても、少しずつ状態は上がってきているような印象は受けます。毛ヅヤに関するコメントは相変わらず心配ですが、基本強気な発言はしない、不安点も正直にコメントする人なのでその辺考え過ぎないようにしたほうが良いですかね。


強敵と思っていたムブタヒージが回避したようで出走馬は8頭になりそうです。

サンスポ:【香港QEII】ムブタヒージ回避で選出馬は8頭に
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170420/ove17042019000001-n1.html

頭数少ないのは良いと思いますが、ペースが落ち注ぎすぎると掛かる心配が増えるだけに悩ましい所。他の馬の脚質とか調べてませんがネオリアリズムが逃げちゃう展開も考えられそうです。

出走馬は以下を参照。
http://campaign.hkjc.com/ch/qe-ii-cup/race-info.aspx
aaaaa_2017042221002240b.png



出国は上記の通り22日。
1頭での遠征になりますし、イレ込むことなく、精神的に落ち着いた状態で香港に到着できますように。

当日は法事の予定が入っているのでリアルタイムでレースが見られませんが、良い結果になることを今から信じています。

◆ネオリアリズム
4/20  堀厩舎
19日は軽めの調整を行いました。20日は美浦南Wコースで追い切りました(65秒9-50秒6-36秒6-12秒6)。
「今回の遠征は出国検疫所、輸送、香港での国際検疫所のすべてを日本馬1頭で過ごすという厳しい環境の中で調整を行わなければいけませんが、ここまでは順調に来ています。前回の検疫期間中もわりと落ち着いて過ごせていたのですが、その時の経験があるからか今回は一緒に過ごす馬がいない中でもカイバを食べられていて落ち着きがあり、好感を持てる状態です。しかし、毛ヅヤのほうは冴えきれないところもありますので胃薬を投薬するなどして少しでも改善できるように対処しています。12月の国際競走の時期に比べると春のこの時期の香港は湿度が高く、体力を消耗しやすい環境です。それなので調教に関しては現地でビッシリ負荷をかけることを極力考えなくていいように、今朝は1週前の追い切りですけれど本追い切りのつもりで行いました。最低でも終いをシャープに伸ばすように考えていたものの、入りからそれなりのペースで入り、終いにかけてもしっかりと動かしています。やや一杯という動きでしたけれど、思ったような追い切りを無事に終えることができています。前回の馬体減のことを考えて調整をしていますが、先ほど説明したような気候なので今回のほうがより減りやすいでしょうし、そのことも頭に入れて対応しているつもりです。また、検疫所内での治療も昨年末から徐々に融通が利くようになっているので、追い切り後の状態をしっかりと確認し、必要と思われる箇所への治療を入念に行い、週末の出国、そして現地での調整に備えていきます」(堀師)
30日のシャティン競馬(クイーンエリザベスⅡ世C・芝2000m)にモレイラ騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)




にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
休養馬が相変わらず多く出走が無い状態が続いています。
今週も出走なし。
来週のネオリアリズムが久々の出走となりそうです。

aaaaa_20170421055339f48.png




さて、再放牧に出されて戻ってきたピンクブーケ。
目標とする復帰戦が発表されました。

一度勝っているクラス。前に「開幕週にいけるとすれば、二王子特別(芝1800m)か春日山特別(芝2000m)のどちらかでしょう」と書いたように、特別戦に出て賞金を少しでも多く稼いで欲しい気持ちもありましたが、そこは間に合わないと判断しての翌週の平場。コメントを見る限り場合によっては更に後ろにスライドもありそうです。

3/28に天栄で513㌔と結構重めの状態のようですし、前走は大きく増えての出走だったこともありますからしっかりと絞り、動ける状態にしてレースに臨んで欲しいです。数多く間隔詰めて使える馬でもありませんから一戦入魂です。

ゲート含めて心配が多い馬ですが、結果がほしい。

◆ピンクブーケ
4/19 小西厩舎
19日は美浦坂路で追い切りました(52秒6-38秒3-25秒4-12秒5)。
「前回はスクミが出るなどして順調に行かなかったので気にしていましたけれど、今回は大丈夫そうです。もちろん気を緩めないで調整にあたっていきますが、今のところは順調と言える状況ですよ。今朝は坂路に入ってサッと動かしています。動きを見るとまだ良化の余地はありますが前回よりはいいかなと思えますし、この調子で本数を重ねて態勢を整えていきたいです。今のところ新潟の2週目あたりを目標にできると思います」(小西師)
5月6日の新潟競馬(4歳上500万下・芝2000m)に出走を予定しています。

4/13 小西厩舎
13日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「前回は順調さを欠いてしまって短期放牧を挟むことになりましたが、この中間は順調そうでした。火曜に天栄で見てきたのですが、良い意味で普通に乗れているようでしたし、体も幾分いいかなと思えましたので、今日の検疫を確保して入れさせていただくことにしました。もちろん今回も安心はできませんし、スクミなど不安な部分が出ないかを慎重に探りながら調整を進めていきたいと思います」(小西師)

4/12 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じっくりと乗り込んできて悪くない状態になっていますよ。火曜の朝に小西先生が来場されたので改めて確認していただいたのですが、再度トレセンへ入れて新潟戦を目指していきましょうという話になりました。早ければ木曜日かそれ以降の入厩という話を聞いていますので、移動に備えて体調を整えていきたいと思います」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)




にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
トゥンバドーラのことをエントリーしたので、その流れで同じ庄野厩舎のハイレートクライムを。

ようやく戻ってきそうです。

2/18に出走、休養しても1ヶ月程度と思っていたのですが早2ヶ月。
調整して出走する頃には3ヶ月休養明けとなりそうです(;´∀`)

器用なタイプではないので大きなコースのほうが良さそうな印象を前走で持ちました。
スタート決めれば未勝利ならダートでもやれると思いますが、現状の印象は

・ダートより芝
・距離は1400~1600m
・スタート決めるのが最重要
・直線ある程度長いほうが良い
・小回りは苦手

という感じで考えています。

京都で復帰と言ってながら、新潟とか行くんじゃ.....なんて思っていますが、少しでも勝つチャンスが増えるレースを狙って欲しいです。まずは1勝しないと。

a18828ea20172194f2bee31af757be9.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ハイレートクライム
4/11 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「今朝も坂路で15-15程度の調教を行いましたが、悪天候の中しっかりした脚取りで順調です。庄野調教師とは、あと1、2週で帰厩させようという話をしています。ここまで順調に良化してきていますし、この後もいい状態で送り出せるように心がけていきます」(NFしがらき担当者)

4/4 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間からは坂路で15-15に近い調教も取り入れ始めました。厩舎サイドとそう遠くない段階で移動させようという話をしており、それに伴ってペースを上げていますが、問題なく順調です。まだ多少体も立派ではありますが、京都開催に向けてちょうどいいタイミングで送り出せそうですよ」(NFしがらき担当者)

3/28 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も坂路でハロン17秒程度の調教をしっかりと乗り込んでいます。特に気になるところはありませんし、しっかりと段階を踏んでペースアップできています。庄野調教師とは京都開催を目標にしようという話をしていますから、そろそろ15-15に近い調教を取り入れていってもいいでしょう。馬体重は478キロです」(NFしがらき担当者)

3/21 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週後半からは坂路でハロン17秒ぐらいまで進めています。ゆったりと動かしてきてだいぶリフレッシュされてきていますし、いい形でペースアップできていると思います。気持ちの面もリセットできましたから、ここから少しずつ負荷を強めていきます」(NFしがらき担当者)

3/14 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間も周回コースと坂路での軽いキャンターをメインにじっくりと乗り込んでいます。だいぶ落ち着きが出てきてカイバ食いも安定してきました。もう少しこちらで調整していく予定なので、引き続き楽なペースでゆったりと動かしていくつもりです」(NFしがらき担当者)

3/7 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「乗り出してからも特に疲れは見られず、先週後半からは坂路でのキャンターも開始しています。まだ軽め程度ですが、硬さもなく順調ですよ。ただ、焦って進めては変にテンションが上がってしまいますし、緩めないぐらいの調整でじっくりと動かしつつ移動に備えていきます」(NFしがらき担当者)

2/28 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週こちらに到着後は軽く動かしながら馬体のチェックを行い、異常がないことを確認してから角馬場と周回コースでフラットワーク中心の調整を行っています。目立った疲れは見せていませんが、トレセンではかなりピリピリしていたとのことなので、ゆったりと動かしながら精神面のリフレッシュを第一に進めていきます。馬体重は474キロです」(NFしがらき担当者)

2/22 NFしがらき
22日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬は最後に伸びてくれているだけに、4コーナーの不利と、そして何よりもスタートで出遅れてしまったことが痛かったですね。スムーズなら未勝利クラスはすぐに勝てる馬だと思っていますし、何とか巻き返していきたいと思います。優先権を確保したのでゲート練習も交えて続戦していくつもりだったのですが、レース後はちょっとピリピリとした様子を見せていたんです。このままトレセンで調整を続けても馬の精神的に良くないでしょうし、いったん放牧に出して気持ちをリセットさせていただくことにしました」(庄野師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)




にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
エントリーするのは遅くなりましたが.....ネオリアリズムの香港遠征が決定しました。
クイーンエリザベス2世Cに出走となります。

で、早速JRAはこれは良かったと馬券発売を発表。
このために遠征しなさいとお上から命令があったのではと推測してしまうくらい早急な対応です(;・∀・)


日刊スポーツ:ネオリアリズム香港QE2世C参戦でJRA馬券発売
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=04&day=13&id=1806831
スポーツ報知:ネオリアリズム、モレイラとコンビで香港G1に挑戦
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170412-OHT1T50225.html
デイリー:【QE2世C】ネオリアリズム、モレイラと初コンビで参戦
https://www.daily.co.jp/horse/2017/04/13/0010090734.shtml
スポニチ:ネオリアリズム、クイーンエリザベス2世C参戦!馬券発売も決定
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/04/13/kiji/20170412s00004050505000c.html


選出馬については今のところ以下の通りのようです。

JRA:2017香港クイーンエリザベスII世カップ(G1)の選出馬について
http://www.jra.go.jp/news/201704/041203.html
JRA:クイーンエリザベスⅡ世カップの選出馬について(PDF)
http://www.jra.go.jp/news/201704/pdf/041203.pdf


この中で強敵は昨年の勝ち馬地元のワーザーでしょうか。
昨年のレース動画は以下の通りで圧勝。



相手関係は濱田屋さんが詳しく調べてくださっているのでそちらをご覧頂くのが一番と思います。
>濱田屋さん、振っちゃます(笑)

濱田屋LABORATORY:ネオリアリズムの相手は?
http://hamadayalabo.blog.fc2.com/blog-entry-1141.html


出国は4/22(土)ということで1週間後です。
今度は一頭での遠征となりますので色々厳しいと思いますが、なんとか耐えて欲しいです。

サンスポ:香港遠征ネオリアリズムは4月22日に出国
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170412/ove17041217510004-n1.html


2度目の遠征。
堀師も色々対策考えてやってくれてると思います。

ぜひ、遠征の案内にあったようにG1勝ちして種牡馬転身の道が開ければと思います。
って、転身ってなんか違うような気も.....
それとG2を2勝ではやはり種牡馬入りは難しいのね(;´∀`)


◆ネオリアリズム
4/13  堀厩舎
13日は美浦南Wコースで追い切りました(72秒1-56秒3-41秒5-13秒6)。
「香港への参戦を正式に決めましたので、そこへ向けて今日2週前追い切りを行いました。日本である程度しっかりやって現地入りしようと考えていて、今朝は2頭併せを行いました。メリハリを付けて動かすようにして、思う調教はできたと思います。今週の計測した馬体重は518キロです。昨年香港へ行ったときは、検疫所に入っている期間はさほど減らなかったものの、輸送と現地での調整でトータル20キロほど減りましたから、今回はその経験を持ってしっかりと対応をしていかなければいけないと考えています。一度使って息のほうはできていますので、この後のことを想定しながら調整を行っていきます。大まかなスケジュールですが、日曜日に軽い追い切りを行った後に出国検疫所に入ります。そして来週中に1週前追い切りを行い、その週末に香港へ向けて出国する予定です」(堀師)
30日のシャティン競馬(クイーンエリザベスⅡ世C・芝2000m)にモレイラ騎手で出走を予定しています。

4/12  堀厩舎
12日は軽めの調整を行いました。
「ケアをしっかり行いつつ今週の追い切りに備えている状況ですが、これまでの様子から香港へ向かえるのではないかと判断しました。相手関係を精査しつつジョッキーの調整にあたり、そのうえでQEⅡの招待を受諾することにしました。鞍上はモレイラジョッキーにお願いできることになりました。これからも引き続きしっかり調整をしていき、良い状態でレースへ向かえるように努めていきます」(堀師)
30日のシャティン競馬(クイーンエリザベスⅡ世C・芝2000m)にモレイラ騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
最近は仕事が忙しく余裕がありません。

昼休みにネタを仕込むということも出来ず。
しばらくは仕方ないかな。

ネオリアリズムのことを更新したいですが、書くならしっかり書かないとと思っているので、まずは早期移動のトゥンバドーラを。

1月生まれなので状態が良ければ早めの始動もあるかと思っていましたが、想像以上に早い移動となりました。6月阪神をねらったりするのでしょうか。

今年の出資馬で一番募集価格が安かったのに、一番早い始動で孝行娘になってくれるかもしれません。
後は結果が伴えばですね。

天栄はワンクッションであってすぐにしがらきへ移動するとのこと。
順調に仕上げがすすでくれればと思います。

7000万円のサザンスパークルがかなり厳しい状況なのに1200万円のトゥンバドーラが順調。
活躍するかどうかは別として面白いものですね。


6072c24020173155118ab3166647171.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆トゥンバドーラ
4/13 NF天栄
13日にNF早来を出発し、NF天栄に向けて移動しました。この後は体調を見ながらNFしがらきへ移動する予定です。
「この中間も坂路コースでハロン15秒台のキャンターをコンスタントにこなしてきましたが、問題なく進めることができました。動きを見ているとまだ奥行きを感じさせるところはありますが、本州移動に向けた態勢は整いましたので、このタイミングで送り出すことになりました。センスのある走りを見せてくれていますし、今後を楽しみにしています」(早来担当者)

3/31 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。カイバをしっかりと食べ、その上で充実した調教を消化していることもあって、馬体には幅が出てくるなど、ここ最近の成長には目を見張るものがあります。体調は申し分なく、動きも乗り込み量に比例するように良化を遂げているだけに、今後もさらなる変化を求めてレーニングに励んでいきます。

3/15 NF早来
馬体重:457kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。この中間もしっかり乗り込んでいますが、馬体減りや体調の変動はなく、良好なコンディションを保つことができています。弾力性に富んだ背中をしており、いかにも弾けそうなキャンターをしていますので、本格的にハロン15秒のメニューに移行した時、どれ程の走りを見せてくれるか楽しみでなりません。

2/28 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。調教を継続してきたことにより、少しテンションの高揚が見られるようになってきましたが、許容範囲のものですし、父も気が入ったタイプだったことを考えるとその血が目覚めてきた証と言えるでしょう。いい傾向と捉えていますので、しっかりコミュニケーションを取りながら接していくことで、この馬のよさを最大限に引き出していきます。

2/15 NF早来
馬体重:460kg 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。緩めることなくしっかり負荷をかけていることで、馬体各所の筋肉は徐々に厚みを増し、腹回りもいい意味でスッキリと見せるようになってきました。いい流れの中で調整が進んでいますが、まだまだ上昇していきそうな雰囲気が伝わってきますし、父が見せた成長力を加味すると今後の伸びシロがどれ程のものか楽しみでなりません。

1/31 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。坂路を登坂してくる姿を見ていると以前より全身を使ったキャンターを行えるようになってきたことが分かります。速めの調教をコンスタントにこなしてきたことで力が付いてきた証と言えるでしょう。厳冬期ながら毛ヅヤが良く、張りのある馬体をキープしていますので、体調面においても心配事はありません。今後もスムーズに進めていくことができるでしょう。

1/13 NF早来
馬体重:464kg 
年末年始を順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン22~23秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。この中間もしっかり負荷をかけて乗り込んでいますが、体調面に陰りはなくカイバ食いも良好です。坂路コースでの動きには力強さが増してくるなど日に日に良化が見て取れますので、今のいいサイクルを維持しながら着々と成長を促していければと考えています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ラッパードラゴンがチェアマンズトロフィー(香港G2)を勝利。
2着は昨年の香港マイルを勝ったビューティオンリーで2頭が抜けた結果になりました。




なぜこの馬を気にするかというと、ネオリアリズムが香港に行く場合、強敵として堀師が考えている馬はこの馬だろうと思うから。また、ラッパードラゴンの主戦はモレイラなので、堀師がネオリアリズムの鞍上手配において依頼しそうな一人だけに動向は気になります。今回のレースもマイルですし、チャンピオンズマイルに向かいそうな気がしますけどね。ただ、初めての香港三冠馬ということで2000mの距離実績もありますし、分かりません(;´∀`)


ネオリアリズムは今日軽く坂路で時計を出していました。
どんな状況なのか.....コメントは出なくなっていますが胃の調子はどうなのか.....
次のコメントが気になって仕方ありません。


個人的にはサトノクラウンが出るとしても、クイーンエリザベス2世Cで良いと思います。
香港行くなら。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今月の会報とともに送られてきた案内。

「2016年重賞19勝記念 ゴール前アクリル写真盾19点セット」
蘇る、あの感動の瞬間!

80mm×58mmのアクリル盾(19点)と420mm×300mmのゴムマットのセットでサービスで203mm×305mmの愛馬ゴール前写真プレゼント。

価格は税込8,640円。

購入する人はどれくらいいるのでしょうか?
サンプルとか試作品とか作る費用のほうが高いのではないでしょうか。

出資馬が重賞を勝つと記念品は買いたいと思いますが、出資馬以外のがあっても.....と思う方が結構いるのではないでしょうか。実際には知ることは出来ませんが、販売実績を聞いてみたいです。




このエントリーのお題は再手術2。

リアファルがクリーニング手術を受けました。昨年に続いて再手術となります。

某掲示板で見学に行かれた方の書き込みがありましたが前回よりは軽症とのことでした。しかしながら、その書き込みの後に再手術に踏み切っていますので、軽症とはいえクリーニング手術を受けたということであれば、やはりそれなりの期間は休養しなければならないのだと思います。軽症と見た時は今年の復帰もあるのかなと思いましたが、難しいと今は思っています。

重賞を勝ち、G1で3着。
G1勝ちの夢を見させてくれた馬だけに復帰を目指すなら応援したい。
そして復帰したら再度夢を見させてくれる結果を出して欲しい。

戻ってくることを信じています。

◆リアファル
4/6 NF空港
6日に右前脚のクリーニング手術を行い、無事に終了しました。
「この中間、体調を見た上で脚元の精密検査を実施しました。状態を確認したところ、中に血が溜まっている様子でしたので、患部を綺麗に洗浄するために本日オペを行っています。しばらくは体力の回復に努めていき、運動再開に向けてしっかり経過を見ていければと思います」(空港担当者)

3/30 NF空港
軽めの調整を行っています。
「先週末に天栄を経由してこちらへ戻ってきています。まずは輸送の疲れをきっちり取る必要がありますが、今後に関しては獣医師の診断を仰ぎつつ、何とか再度の復帰へつなげられるようしっかりと取り組んでいきたいですね」(空港担当者)

3/25 NF空港
25日にNF空港へ移動しました。

3/22 NF天栄
22日にNF天栄へ移動しました。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
香港遠征の可能性があるネオリアリズム。

クラブからは香港ツアーの案内は届いております。
招待されているクイーンエリザベス2世C出走予定という形で案内されているので、チャンピオンズマイルへの出走は考えておらず、行くなら2000m戦ということになりそうですね。

状態次第となる訳ですが、状態は良くなってきていません。「毛ヅヤのほうはいくらか上向き」と悪くなっているわけではありませんが、レースまで1ヶ月を切ったこの時期にこの状態では遠征するのはかなり厳しいのかなと思ってしまいます。

でも、スポーツ紙には香港行きを前向きに発言している助手さんのコメントがありますね。
師がコメントしているより状態は悪くないのかな。
そして、チャンピオンズマイルの線もまだありそうなコメント。


スポニチ:香港遠征控えるネオリアリズム、Wコースで併入し「中間も順調」
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/04/07/kiji/20170406s00004048558000c.html
サンスポ:ネオリアリズム、香港遠征へ向け13秒4
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170407/ove17040705010001-n1.html
スポーツ報知:ネオリアリズム、香港遠征へ
http://www.hochi.co.jp/horserace/world/20170406-OHT1T50171.html


写真も更新されていますが、コメントが上向かないのを見ているからか凄く良くは見えませんね(;´∀`)
来週には判断するでしょうし、この1週間で劇的に上向くことを祈っています。

da3daa65201746d0babe81d93e71b1.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ネオリアリズム
4/6 堀厩舎
5日は軽めの調整を行いました。6日は美浦南Wコースで追い切りました(72秒7-56秒5-41秒5-13秒2)。
「先週から追い切りを始めましたけれど、その後に背腰の張りが少し出てきました。通常週末と週の半ばに時計を出す調教を取り入れているのですが、先週の追い切り後の状態を見るとあまり間隔を詰めてやらないほうがいいと思えましたので、先週末は抜いてじわっと15-15くらいで済ませてあります。その後の経過は悪くなかったので、今朝は再び追い切りを行いました。徐々にピッチを上げていく段階ですが、先週末抜いたということもありますので今朝も無理なく動かして終いを伸ばすようにしています。程度としては先週と同じくらいのものです。まだこれからではありますが、毛ヅヤのほうはいくらか上向きという状況ですので、引き続き何とか良くしていきたいです。香港へ向かうかどうかはいちばんは状態、そして相手関係なども大事になりますから、それらを踏まえて慎重に判断していきます」(堀師)

3/30 堀厩舎
29日は軽めの調整を行いました。30日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒6-54秒8-40秒0-13秒0)。
「週末から時計を出すことを再開しましたが、軽めの内容ながらその後の状態が悪くなることはありませんね。今週は今日コースでの追い切りを行いました。一度緩めた後のコース1本目ということを考えてやりすぎないように気を付けた調教でしたが、力むところを見せてはいました。ただし、量、質としては予定通りのものを行えたかなと思いますし、その動きを見ていても悪くはないと思えます。楽をさせたことでようやく馬体重は524キロまでになり、背腰の具合、あと左右差もさほど感じさせない状態になっています。体の張りは良くなってきていますから、あとは毛ヅヤですね。いい頃に比べるとまだ物足りない状態ですから、しっかりケアをして何とか良くしていきます。また、気の昂りがありますので注意して接し、計画的に、段階的に調教を進めて心身の状態をより良いものに持っていきたいと考えています。まだ判断できる段階ではないのですが、今日の調教がひとつのポイントになってくるでしょうから、このあとの変化をよく確認していきます」(堀師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
前走大敗後、天栄経由で北海道(NF空港)へ戻っていたマイティーゴールド。

移動してそれほど経たずにオペを断行しました。
ただ、今回は前回と異なる処置のようですね。
前回も同じことを思いましたが、今回の処置でノドの不安がなくなってくれればと願います。

理想としてはNF空港でしっかりと調整していただき、その後可能であれば北海道開催で復帰.....かなと思います。

でも、前回が
7/22:手術
9/23:天栄に移動
11/23:帰厩
12/18:復帰戦
という形で手術から復帰戦まで5ヶ月かかっていることを考えると、北海道は難しいと思い始めました(;´∀`)
体力の回復を促している間に体重も増えるでしょうし。

ま、焦らず進めて、降級してから出走ですね。

姉もそうですが、能力はありそうなのに順調に使えず、本当にもどかしいなあ。

◆マイティーゴールド
4/4 NF空港
4日に喉の手術を行い、無事に終了しました。
「この中間、喉の検査を行った上で相談して、再度オペを行うことになりました。どうも軟骨のヒダが邪魔をして呼吸を苦しくさせている可能性があったので、その部分をレーザーで焼き切る処置を行っています。力があるのは復帰戦を勝利で掴めていることからも分かっていますから、何とか今回の対応が少しでもプラスに出てほしいです。しばらくは手術で消耗した体力の回復に努めていき、状態次第で調教を再開していきます」(空港担当者)

3/30 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。
「状態を見た上で徐々にウォーキングマシンでの運動メニューを開始しています。体調面はいい意味で変わりないものの、肝心のノドに関しては獣医師の診断を仰ぎつつ、状況に応じて対応を検討していきます。馬体重は560キロです」(空港担当者)

3/21 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。
「先週末に天栄を経由して北海道へ戻ってきています。喉に関しては体調等を見た上でチェックを行えればと考えていますので、まずは競馬と輸送の疲れをきっちり癒すことから行っていければと思います」(空港担当者)

3/19 NF空港
19日にNF空港へ移動しました。

3/17 NF天栄
17日にNF天栄へ放牧に出ました。

3/16 尾関厩舎
15日、16日は軽めの調整を行いました。
「先週は昇級初戦でどのくらいの走りができるか楽しみを持っていましたが、思わぬ大敗を喫してしまいました。申し訳ございません。不安要素がないわけではなかったのですが、それにしても最後はバッタリでしたね…。ジョッキーも首を傾げていましたが、息遣いの粗さは気になったということでしたので、改めて喉の状態を見る必要があるだろうと思い、昨日診療所で検査してもらったんです。しかし、過去にオペをしていることもあってか静止状態だと喉は開けているんですよね…。動かしてみた時の状態がどうかはその状況で確認してみないとわからないのですが、それをするには15-15からそれ以上のペースで走らせる必要がありますので、レース直後にそれを行うのは馬への負担になると思います。美浦の診療所の獣医さんと天栄の獣医さんとも相談をしてもらっていましたが、如何せん昨日、今日で判断できるものではないですから難しいですね。そのような状況の中で北海道の獣医さんとも相談した結果、空港牧場へ移動して、現地で改めて様子を見てもらうことになりました。脚元等に大きな異常はありませんので、明日か明後日あたりにいったん天栄へ放牧に出して、それから体調を見て北海道へ動かしてもらうことになると思います」(尾関師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今日はピンクブーケの誕生日。
(*・∀・)ノ゙ 。+・。゚:*:。・+。・゚*゚ オメデトォ ♪♪♪♪

ということで、ピンクブーケについてエントリー。

狙っていた中京のレースを体調不良(状態が上向かない)という理由で回避、放牧に出たピンクブーケ。
勝っている新潟を目標にするということでしたが、天栄に放牧に出されてからはいたって順調のようです。

体重も500㌔以上を維持しているようですし、放牧に出てからすぐに17~18秒キャンターを周回コースで行うことができています。今週は坂路で3ハロン40秒程度の時計も出せていますし、「新潟前半」の言葉も出てきました。

新潟は4/29からで4週間。開幕週にいけるとすれば、二王子特別(芝1800m)か春日山特別(芝2000m)のどちらかでしょう。どちらも外回りですし、ピンクブーケには合うはずです。ただ、勝っても再度新潟という感じではないんですよね.....中1週で使うことはないでしょうし、東京あたりになりそうです。とらぬ狸の皮算用ですね(;´∀`)

これからの調整もスクミを見せること無く順調に進められますように。
今度はちゃんと狙ったところに出走しないと!!

◆ピンクブーケ
4/4 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続きこちらで体調をしっかりと確認しながら調教を行っていますが、変わりはありません。前回入厩してスクミを見せたということで、その時が一番つらかったのだと思いますし、それからは段々と上向いてきている状況なのでしょう。それなのでこちらではしっかりと乗ることができていますし、今朝は3ハロン40秒くらいの時計も出せていますよ。この後もしっかりと乗っていけば新潟の前半のレースを考えていけるようになるでしょうね」(天栄担当者)

3/28 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでハロン17~18秒のキャンター調整を行っています。
「順調に行かず帰って来ることになってしまって申し訳ありません。今回は中京へ向かうことが難しいとなったことから切り替えて新潟へ向かうことになり、この中間はこちらでケアならびに調整を行っています。おそらく数週間の短期調整になると思いますので、しっかり体調を見つつ動かしていこうと思っています。馬に傷みはないですし、徐々に上がってきているという状況でしたから移動してきてから不安に思うことはなく、引き継ぐ形で乗り込めていますよ。今は馬場に入れて長めにキャンター調教を行っていますので、徐々に坂路に入れていったりと攻めを強めていくことで態勢を整えていきます。馬体重は513キロです」(天栄担当者)

3/23 NF天栄
23日にNF天栄へ放牧に出ました。

3/22 小西厩舎
22日は軽めの調整を行いました。
「先週半ばまでの印象はあまり良いものではなかったのですが、少しずつでも上がってきてくれればと思い時間をかけて経過を観察していました。先週追い切ってからガクッと来たらその時点で切り替えようと思っていたのですが、下がることはなかったので週末にはウッドチップコースに入れて軽く動かしてみました。その後も悪くはならず、スクミも見せることはありませんでした。ただ、今週の競馬へ向かえるかと言われると難しいと言わざるを得ません。それなので予定をスライドすることにしたのですが、暮れの中山では思うような競馬ができませんでしたし、機敏に動くと言うタイプではない分だけ理想は直線の長いコースだと思うんです。中京が今週で終わるので、このあと使おうと思うと中山か福島になってしまって不向きかなと思えることから、いったん仕切り直して新潟開催へ向かう形を採りたいと思います。一度入れさせていただいて順調に行かず申し訳ありませんが、何とか良い競馬をさせてあげたいので、またよろしくお願いします」(小西師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
伏竜ステークスはリゾネーターが4馬身差圧勝。
エピカリスの新馬戦4着馬ですが、その後3連勝。力をつけてきています。2着のサンライズノヴァだって弱い馬ではありません。その馬に決定的な差を付けているのですから怖い馬ですね。

2年前リアファルはこの2レース2着から兵庫チャンピオンシップ2着というローテでした。伏竜ステークス→兵庫チャンピオンシップとクロスクリーガーとしのぎを削っていましたね。

リゾネーターも次は兵庫チャンピオンシップかなと思います。



ネオリアリズムが出るかもしれなかったということで注目していたG1昇格大阪杯はキタサンブラックが勝利。個人的にはステファノスとヤマカツエースが狙い目、キタサンブラックは嫌いだけど抑えまでと思っていましたが勝っちゃいました.....

2000mの大阪杯を勝ったことで種牡馬の価値も上がったことでしょう。次は天皇賞春でサトノダイヤモンドにリベンジして更にその価値を高めようと考えているに違いありません。

キタサンブラックの父ブラックタイドもディープインパクトの兄という血統背景だけでなく大物を出したということで種牡馬としての評価も上がって種付け料も上がっているので、これからも弟産駒を喰うような産駒がもっと出るかもしれませんね。

2017年度Fee:200万円(受胎条件)
2016年度Fee:300万円(受胎条件)
2015年度Fee:100万円(受胎条件)、150万円(出生条件)
2014年度Fee: 70万円(受胎条件)、100万円(出生条件)
2013年度Fee:100万円(受胎条件)、150万円(出生条件)
2012年度Fee: 50万円(受胎条件)、 80万円(出生条件)
2011年度Fee: 50万円(受胎条件)、 80万円(出生条件)
2010年度Fee: 50万円(受胎条件)、 80万円(出生条件)

種付頭数:
2016年度101頭、2015年度194頭、2014年度122頭、2013年度125頭、
2012年度170頭、2011年度166頭、2010年度143頭、2009年度150頭



で、ネオリアリズム同厩サトノクラウンは大阪杯6着。堀師が生涯最高のデキとコメントしていたようですね。馬体重は-12㌔。前走京都記念が余裕残しということでしたが大きく減っていましたし、香港行きは微妙でしょうか?それとも海外のほうが勝ちやすいということで行くのでしょうか?




にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
キャンセル募集の結果は当然のごとく「×」でした。
仕方ありません。

4/1(土) 中山10R エクストラペトル(吉田隼)→13番人気14着

馬体重は-3㌔と微減という形でした。短距離ということもあり、前走が太めだったのであればある程度減っていても良いのかなと思ったのですが、調教を強く行っているわけでもないことも影響しているのか、大して減りませんでした。増えるよりは良いのでしょうけどね。

スタート決めることが出来ましたが、徐々に位置取りを下げて中団から。鞍上のコメントを見る限り意識的に下げたようですけどね。終いにかけた割に脚を溜めることが出来なかったとのことで、何も抵抗出来ずに後方儘。見どころがスタートだけだった一戦になってしまいました。素直に公式に「そう上手くいくとは思っていませんでした」と書かれていましたが、この弱メンであれば負けるとしても1秒異常さをつけられてはいけないと思います。勝ち馬との差は1秒1。厳しいんじゃないでしょうか。

今回の経験を今後に活かすと書いていますし、加藤師がどんな形で結果を活かそうとするか楽しみにしたいと思います。
それで何も工夫が無ければ.....ねえ。

◆エクストラペトル
4/1  加藤征厩舎
1日の中山競馬では中団後方から進めて直線勝負するもジリジリとしか脚を使えず14着。
「今日は外枠からのスタートということもありましたし、終いにかけてじっくり運びました。先週で懲りたので馬場は内目ではなく外目を通すようにしたんです。ちょうど勝ち馬が内から出てきたのでこの馬の後ろをついていけばと思っていたのですが、ペースが少しずつ速くなるにつれて楽にはついていきにくくなってワンペースな走りになってしまいました。もう少し展開や枠など違えば脚の溜まり方も変わったでしょうし、見直せるはずです」(吉田隼騎手)
「今回は調教の感じが悪くなく、良いときに使ってあげたほうがいいかなと考えていました。天気は気がかりだったのですが、今週からコース替わりもしましたし、フルゲート割れする状況でしたから中山を使わせていただくことにしたんです。しかし、気になっていた雨は午前中に上がり予想ほどではなかったものの馬場は湿っていましたし、あまり得意としていない分気にしていたのかなとも思える走りでしたね…。それに外をずっと走ることにもなりましたし、簡単ではありませんでした。申し訳ありません。今回は結果とは別にこのクラスに慣らす意味合いもありましたので、この経験を今後に活かしたいです。このあとをどうするかは状態をよく見つつ判断していきます」(加藤征師)
前走が交流戦で、そこから1000万下クラスへの挑戦になったのが今回でした。久々の芝のレースでもありましたし、クラスの流れにもまず慣らす必要もあったのでしょうからそう上手くいくとは思っていませんでしたが、やはり簡単ではありませんでした。それでも、今回は中山1200mコースの大外枠で湿った馬場という条件でもありましたので、見直すこともできるはずです。このクラスの流れを経験したことは次に繋がるはずですから、何とか前進していければと思います。しっかり乗り込んで向かった今回でもありましたので、このあとについては状態を見ながら判断していきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)