Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

流れが悪いのが続いてしまい、今週出走予定のサーブルオールが鼻出血で回避となりました。
出血は残念ながら肺からということで休養期間が長くなりそうです。

一度なってしまったということは常に弱さを持っているということであり、再発の可能性も低くはないと思っていましたがこのタイミングで発症してしまうとは。

追い切りの時計自体悪くなかったので今週は良い勝負になるだろうと思っていたのですが公式を見て本当にガックリ来ました.....今週末は天気も良さそうで馬場も悪くなく、ハービンジャー産駒にとって良い形になると思っていたのですが。

前回は7月に発症、次のレースは11月でした。程度の差があるでしょうから前回のことがそのまま参考になるかは分かりませんが、少なくとも暑くなってからの復帰となりそうです。降級して1000万下からの再始動かもしれません。

この流れ、早く断ち切りたいです。

◆サーブルオール
3/15  萩原厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒0-54秒1-41秒0-13秒3)。
「入厩してきてからのトモのハマり具合、前脚の出具合をよく見つつ、良化を図っていけるように調整を進めてきましたが、その点は徐々に良くなっているかなと思って見ていました。ただ、ほんの少しだけですけれど息遣いが粗いかなと思う部分もあったので慎重に調整をしていたんです。前走から間も空いているので休み明けの影響もありますから、バランスを考えながら調整を進めてきて、今週適度に動かすことができれば態勢は整うかなというところまで来ていました。それで今日を迎えたのですが、ジョッキーに確かめてもらおうと思い、ジョッキーを背にして併せ馬を行ったんです。併走馬を前に見て直線で外から仕掛けると楽に並びかけて先着するという良い動きを見せてくれました。その相手もこの間1000万下クラスを勝って準オープンクラスに入った馬ですから、これならば昇級戦でもそれなりの走りをしてくれるのではないかと思っていたところ、傍にいたスタッフから鼻出血を発症しているという報告を受けました。私は全体を見れるように調教スタンド側に居たので、馬場から上がってきたタイミングで直接状態を確認したところ鼻血が出ていましたね…。追い切り直後からわかるくらいなので覚悟はしていたのですが、獣医師に内視鏡を入れて確認してもらったところ肺からの出血であることが判明しました。両鼻腔から出ているのですけれど大量というわけではないようです。ただし、過去に同じ症状を出したことがある馬ですから、さすがにこのまま競馬へ向かっていくことはできません。今週末の予定だったのにこのようなことになり大変申し訳ありませんが、大事をとってレースを見送り、しばらく休養に充てることにします」(萩原師)
19日の中山競馬(幕張S・芝1600m)は回避し、様子を見てNF天栄へ放牧に出る予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト