Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

4月になります。早いですね。

4/1(土) 中山10R エクストラペトル(吉田隼)

エクストラペトルの昇級戦です。

芝のレースに出走するのは1年半ぶり。前回は芝1800mという距離も微妙だったのか惨敗でした。

・前回が交流戦で接戦の勝利
・100万下クラスに上がって同じような条件だと苦しい

という思いは私も同じで、思い切って条件を変えてきたことは評価したいと思っています。
結果が出るかは別問題ですが、レベル的にはそれほど高くないメンバーですので、この芝短距離という条件でやっていけるかを確認するにはちょうどよいと思います。逆に言うと、このメンバーで結果が出せなかった場合は引退と判断しても良いくらいの思いです。

追い切り時計は以下となります。

2017.03.29 助手 美南W稍 53.2 - 39.3 - 13.6(7) 馬ナリ余力
           ドゥエルインハート(三未勝)強目の内を0.2秒追走同入
2017.03.23 助手 美南W稍 70.3 - 54.3 - 39.5 - 13.3(9) 馬ナリ余力
           ウェルブレッド(古500万)強目の外を0.8秒先行0.1秒遅れ
2017.03.16 助手 美南W重 53.5 - 39.1 - 12.9(5) 馬ナリ余力
           サクレエクスプレス(三500万)馬ナリの外同入

なかなか一杯に追えない弱さがありますが、それでも十分に負荷はかけられているかな。1ヶ月程度の短期放牧を挟みましたが天栄でも14~15秒で乗り込んでいたようですし、大丈夫でしょう。

枠は大外枠になりました。中山芝1200mは内外それほど差がない印象を持っていますし、最後の枠入れという意味では良かったかもしれません。スタート決めて欲しいですね。

◆エクストラペトル
3/30 加藤征厩舎
4月1日の中山競馬(千葉日報杯・芝1200m)に吉田隼騎手で出走いたします。

3/29 加藤征厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒2-39秒3-13秒6)。
「先々週、先週と毎度しっかりと調教を行ってきてコンディションは整ってきていますよ。今週は競馬の週ですので、心身ともに整えるように意識して追い切りを行いました。ハードに動かすというよりも体を動かしてストライドを伸ばすようにしたのですが、今回もしっかり動けていて良かったと思います。良い印象を持てていますのでこのまま競馬へ向かえればと思っているのですが、気がかりなのは週末の天気です。今回条件を変えてトライしてみるつもりなのですが、雨が降って馬場がさらに悪くなりそうなのはちょっと悩んでしまいますよね…。明日が投票日ですからギリギリまで状況を見て、もちろん馬の状態もよく観察して、今週にするか来週にするか判断するようにします」(加藤征師)
場合によってはスライドする可能性もありますが、今のところ4月1日の中山競馬(千葉日報杯・芝1200m)に吉田隼騎手で出走を予定しています。

3/26 加藤征厩舎
4月1日の中山競馬(千葉日報杯・芝1200m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて17頭の登録があります。

3/23 加藤征厩舎
22日は軽めの調整を行いました。23日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒3-54秒3-39秒5-13秒3)。
「先週の動きを改めて見直してもしっかりとした良い動きでしたので、やはりこの馬はここに来て少しずつ変わってきているのかもしれませんね。ガラッと変わったとまでは言わないまでも徐々に体力も付いてきているのでしょう。先週の動きを見ても、その後の馬の雰囲気を見ていてもこれならば中山の2週目で間に合うのではないかと思えました。入れた当初は中山の2週目か翌週の福島開幕週のどちらかかなという感覚でいたのですが、今のところ中山のほうを考えて調整を進めています。今週は変則日程の兼ね合いもあって今朝追い切りました。ウッドチップコースの3頭併せで一番外をしっかりと走らせました。ちょっと遅れを取って見た目は少し地味かなと思うのですが、体を使って動けていましたし、悪くないはずです。引き続きしっかりと確認しながら判断をしていきます」(加藤征師)
今のところ4月1日の中山競馬(千葉日報杯・芝1200m)に出走を予定しています。

3/16 加藤征厩舎
15日は軽めの調整を行いました。16日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒5-39秒1-12秒9)。
「先週帰厩させた後の数日は軽めにし、金曜日に長めから少し時計を出しました。最初ということもあって無理しない程度にじわーっと伸ばしたのですが、まずまずの走りを見せてくれていましたね。印象は悪くないのでさらに進めてきていますよ。今週は今朝時計を出すことにしました。ウッドチップコースに入り2頭併せだったのですが、考えていたよりもしっかりとした良い動きを見せてくれました。少しずつかもしれませんけれど、この馬なりに体力がついてきているのかもしれませんね。このまま上げていきたいです。レースですが、前走の交流戦での結果を見るとやはり1000万下クラスのダート中距離だとちょっと分が悪いかなという気がしなくもないので、動きの良さから今回は芝の短めのところにトライしてみようかと思っているんです。最短で再来週の中山の番組を見ながら最終的にどうするか判断していきます」(加藤征師)
早ければ4月1日の中山競馬(千葉日報杯・芝1200m)に出走を予定しています。

3/8 加藤征厩舎
8日は軽めの調整を行いました。
「前走後放牧に出してからも大きな問題もなく順調に乗れているということでしたので、それならばと思いこのタイミングで帰厩させています。前回が交流戦で接戦の勝利でもありましたし、1000万下クラスに上がって同じような条件だとちょっと苦しい可能性もありますから、次のレースに関しては柔軟に考えてみるつもりでいます。前回がちょっと太かったのでそれが気がかりでもありましたけれど、数字だけで言えば前走時と同じくらいの状態で帰ってきていますので、徐々に動かしていってより良いと思えるところでレースへ向かっていくつもりです」(加藤征師)

3/7 加藤征厩舎
7日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「しっかり動かし、負荷をかけてより良い状態へ持っていこうと調整をしていましたが、その流れの中で厩舎から入厩を考えていこうという話をもらうことができました。ちょうど今日の検疫が獲れたということで本日美浦トレセンへ向けて送り出したところです。クラスが上がって大変だと思いますけれど、また何とかいい走りを見せてほしいですね」(天栄担当者)

2/28 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週は15-15をメインにじんわり乗っていましたが特に問題はなかったです。強いて言えばちょっと重めに見えることくらいだったので、今週からは負荷をかけていくようにしっかりと動かしています。14-14を基調にし、場合によっては3ハロン40秒くらいを出すことも考えていきます」(天栄担当者)

2/21 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週あたりまではトレッドミルでじっくりと動かす程度でしたが、この中間より乗り出しています。坂路をメインにして15-15からもう少し強めのところも乗っています。体はまだ立派に映るので、適度に負荷をかけて引き締めていくのが理想ですね」(天栄担当者)

2/14 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「今週も先週同様にトレッドミルでの運動を行っています。同じキャンターではあるのですけれど、今日は速度を上げてある程度の負荷をかけるようなメニューを組んでいます。しっかりとベースをつくっていって、それから徐々に乗りも取り入れて今後につなげていくつもりです。馬体重は473キロです」(天栄担当者)

2/7 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週はおめでとうございました。歯がゆい競馬が続いていましたから、地方交流戦ですけれど良い結果を出してくれてホッとしています。その後無事を確認していただいて週末にこちらへ帰ってきていますが、実際こちらで見ていても大丈夫そうで、さっそく調整を始めています。今はまだトレッドミルでの運動ですが、折を見て徐々に調教を進めていければと思っています」(天栄担当者)

2/4 NF天栄
4日にNF天栄へ放牧に出ました。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)

スポンサーサイト
マイティーキュートです。

延び延びになっていたエコー検査を3月頭に実施し、思っていたほどの回復具合が無いということで厳しい状況ですが、時間も残されていないということでトレッドミルとウォーキングマシンを併用して進められています。

馬体重も大きく増えること無く調整が続けられていますが、かなり厳しい状況には変わりありません。

能力がある馬と思いますし、姉、兄を見る限りダートもこなしてくれそうな気がしますので、最初から地方転入で進めても良いのではないかと思います。未出走で転籍となると一番下のクラスからということになるでしょうし、中央に戻ってくるチャンスはかなり大きいのではないかと考えます。

数%の軽めの損傷でも1年程度の復帰を要する屈腱炎。マイティーキュートが発症したのは昨年10月。単純に考えて未勝利戦は終了しています。損傷の割合が発表されないということは軽いものではないということですし、いつ引退を宣言されても良いとも言えるので覚悟しておく必要があります。

能力絶賛された馬ですし、一度は走るところを見てみたいという強い気持ちは持っています。
出資者としては無事に競馬場に登場する日が来るのを祈るしかありませんね。

◆マイティーキュート
3/30 NF空港
トレッドミルとウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。
「この中間も状態面に変化はなく、毎日の運動を問題なくこなすことができています。多くの時間が残されているわけではありませんので、しっかり意識して日々の調整にあたっていければと思います。馬体重は530キロです」(空港担当者)

3/21 NF空港
トレッドミルとウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。
「少しずつ負荷をかけていますが、現状で屈腱炎の発症部分に痛みや腫れはありません。今後も状態に合わせて日々の調整メニューを組んでいければと思いますし、復帰を目指して取り組んでいきたいところです」(空港担当者)

3/15 NF空港
トレッドミルとウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。
「この中間もダク程度の運動内容ではありますが、日々10~15分の調整メニューをこなすことができています。しばらくはこの調子で脚元の状態を見ながら進めていき、経過を観察していければと思います。馬体重は528キロです」(空港担当者)

3/8 NF空港
トレッドミルとウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。
「先日の定期検査では理想的な回復を見せているわけではありませんでしたが、復帰を考えると可能な限りは進めて行かざるを得ませんし、ある程度動かしながらの変化を見る必要もあるので、この中間からトレッドミルでの運動を始めています。もちろんそうは言っても負荷がかかり過ぎないようにまだダク程度の軽めの内容ですから、引き続き状態を見ながら日々のメニューを組んでいければと考えています」(空港担当者)

3/2 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「この中間、定期のエコー検査を実施しています。少し時間をおいて検査しましたが、こちらが思っていたほどの回復具合を見せていなかったのが現状です。次の検査までまた数ヶ月空く形になりますが、何とか回復を目指して対応していきたいと思います。馬体重は528キロです」(空港担当者)

2/21 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「現状で500キロを超える馬体重ですので、そのあたりも考えながらこれまで同様に慎重に動かしています。焦って進める時期ではありませんし、無理のないタイミングでトレッドミルなど次の運動を考えていきたいですね」(空港担当者)

2/15 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「現状で馬体重は527キロと大きな増減はありませんし、問題なく日々のメニューをこなすことができています。引き続き、軽めのメニューが続きますので、カイバ量にはしっかりと気を付けながら取り組んでいければと思います」(空港担当者)

2/9 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「引き続き、変化なく進めることができています。早ければ1月中のエコー検査を予定していましたが、もともと今しばらくはマシンなど軽めの運動に留める必要があって検査を急ぐ必要もありませんから、クリニックの空き状況と照らし合わせ改めてスケジュールを組んでいく考えです。馬自身はいい意味で変わりない様子ですから、このまま運動を継続しながら何とか良化を促していきたいですね」(空港担当者)

2/2 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「現状で検査の予定は立っていませんが、日々のメニュー自体は問題なくこなすことができています。見た目にもいい意味で変わりない状況を維持できていますので、今後も焦らずに調整を行っていければと思います。馬体重は525キロです」(空港担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
エピカリスが無事に帰国、入国検疫のために三木ホースランドパークに入場しました。


JRA:2017ドバイワールドカップデー ~日本馬が帰国~
http://www.jra.go.jp/news/201703/032801.html
ラジオNIKKEI:ドバイ国際競走出走の日本馬、無事帰国
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11388.html

ここから着地検疫を経て.....となりますが、着地検疫をどこで行うのか?いつ関東へ移動するのか?分かりませんね。
この辺は来週あたりなにかコメントが有るでしょうか。


また、公式で書かれていることでもありますが、ケンタッキーダービー辞退についてニュースでも出ております。

スポニチ:エピカリスがKダービー辞退…状態次第ではベルモントSに挑戦
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/29/kiji/20170329s00004048056000c.html
スポーツ報知:エピカリス、米ケンタッキーダービーを辞退
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170328-OHT1T50179.html
日刊スポーツ:エピカリスはベルモントSへ ケンタッキー出走辞退
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=03&day=29&id=1799235


日刊スポーツに書いていますが、エピカリスが正式に辞退したことで「同馬の辞退により、同レース出走馬選定ポイントシリーズ2位のモンサンレガーメ(牡3、牧)の出走が可能となった。」という記載の通り、モンサンレガーメが出走可能になりました。

が、ちょっと調べた所、既に海外遠征は断念、次走はニュージーランドトロフィーとのこと。

これで今年の日本馬によるケンタッキーダービーへの出走は無いことになるのかな。アメリカのレースはアメリカ血統が強いので、前にも書いた通り一番結果が出そうなのはフォギーナイトだと思います。出ませんが。今後の成長次第とは思いますが怖い馬です。



で、当のエピカリスについてですが、状態次第ではベルモントステークスとのこと。一応、ハギーのコメントでは「アメリカへ向かうとするならば」と書かれていますけど、上からの圧力は凄いでしょうから行くことにはなるんでしょうね。

前にクラブに問い合わせた時の回答は

①馬の輸送費用など
 →800万円程度(1口当たり20,000円程度)
②出馬登録料、出走料
 →ベルモントS:339万円(1口当たり8,500円程度)
③現地費用(主にスタッフ厩舎預託料、滞在費)、スタッフ渡航費用
 →出走数により滞在日数が大幅に変わってくるため、出走することが決まった際にお送りする遠征概要を参照

でした。

①の輸送費用が片道なのか往復なのか分かりませんが、UAEダービーの賞金(USD400,000)はそっくり費用で飛んでいっちゃうと考えておいたほうが良さそうです(;・∀・)

いずれにしても、初めて思いっきり仕上げて走ったと言っても過言ではありませんから、どこも痛みが出ず、問題なく次に向かえるような状態であって欲しいです。

45d675ce201732982629ec1fcf1f451.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆エピカリス
3/28  三木ホースランドP
28日に無事帰国し、三木ホースランドパークへ到着しました。
「先日は多くのご声援を頂き、誠にありがとうございました。その期待に応えられなかったのがとても残念で申し訳ない気持ちなのですが、馬は本当によく頑張ってくれました。これからも皆さんに喜んでいただけるようにしっかりやっていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。レース後の様子を見て、大きな異常がなさそうなことを確認してから帰国しました。馬は本日三木ホースランドパークへ移動し、これから入国検疫、そしてそのあとに着地検疫を受けることになります。今後についてですが、検疫等の事情もありますし、ケンタッキーダービーは辞退することになりました。もし米国へ向かうとするならばベルモントSを本線に考えていく予定ですが、それはあくまでも状態次第になるでしょう。先々まで活躍してくれる馬だと思っていますし、何よりタフな競馬をした後なので慎重に見極めて判断していければと考えています」(萩原師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ドバイワールドカップのアロゲートの走りは衝撃的でした。
強い馬なのは戦前から重々承知していますが、実際にレースを見ると凄さが際立ちますね。
世界は本当に広い。


3/25(土) メイダン04R エピカリス(C.ルメール)→?番人気2着
3/25(土) 中山07R マイティーハニー(吉田豊)→6番人気15着


■エピカリス
結果は書いたので簡単に。

ゲートは最初の方に入っていてだいぶ待たされていたので心配でしたが、うまく対応してくれていましたね。スタートも決めてくれましたし、なにより世界レベルの相手でも武器になる二の脚の速さが見られて良かったです。あれは本当に武器になりますね。

伸び伸び走らせることに主軸をおいた場合、エピカリスにとっては逃げる手というのが今までの結果からすると一番よい形に見えますので今回のレース振りは私は問題ないと思います。逃げは目標になってしまうデメリットも有りますけどね。考えての作戦、結果なのですから受け止めたいと思います。


レース後のコメントで早々に取締役がアメリカ出走を示唆しています。

スポニチ:【UAEダービー】エピカリス惜しい2着“世界制圧”まであと一歩
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/26/kiji/20170326s00004050147000c.html
サンスポ:【UAEダービー】エピカリス、大金星ならず2着
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170326/ove17032605080007-n1.html
スポーツ報知:【ドバイ・UAEダービー】エピカリス、初黒星も惜しい2着
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170326-OHT1T50101.html
日刊スポーツ:エピカリス果敢に逃げて惜しい2着/UAEダービー
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=03&day=26&id=1797892


ヒヤシンスステークスの結果次第でUAEダービー、UAEダービーの結果次第でアメリカという話だったと思います。2着でも結果を出したと判断して早々にアメリカ出走のコメントをしたのかと思いますが、あまりにも既定路線的な発言でなんだかなという思いがありますね。

今回結果を残してくれたことで某掲示板の外野の発言も更に過激になってきました。出資者でもないのに言いたい放題、夢を追え、金は出資者が払えばいい、金を稼ぎたいなら株をやれ.....などなど。気にするつもりは無いですが、こちらもなんだかなと思っちゃいますね。

昨年同様だとすると明日火曜日に帰国するはず。
まずは無事に帰国して欲しいです。

◆エピカリス
3/25  ドバイ・メイダン競馬場
25日のメイダン競馬では好スタートから先手を奪い、道中はそのままの位置でリズムを整える。いい手応えで最終コーナーを回り、直線では勝ち馬との叩き合いになったが、最後は僅かに相手が前に出て2着。
「難しい環境での調整だったと思いますが、馬に跨がってすごく具合がいいのを感じました。ゲートの待ち時間は長かったけどいいスタートで、道中はリラックスしてリズム良く走っていました。直線ではしっかり脚を使って勝てると思いましたが、勝ち馬は地元ドバイの馬でアドバンテージがありましたし、相手も強くて本当に最後だけ上手くいかなかったですね…。日本と違った特殊な馬場でなおかつ初めてのコースでも対応して頑張ってくれたから、本当に勝ちたかったです」(ルメール騎手)
「ドバイまで足を運んでいただいた会員の方々、そして日本からたくさんの応援をいただきありがとうございました。一番いい結果ではなく非常に申し訳ない気持ちですが、エピカリスのポテンシャルの高さを改めて感じましたし、またこれから人馬共に頑張って、皆様と一緒に喜べる結果を出していきたいです。レース直後の馬体チェックでは問題なかったものの、しっかりと走ったあとなので引き続き気を引き締めて馬を見させていただきます」(萩原師)
初めての海外遠征で難しさはあったものの、ドバイ到着後は時間をかけてしっかりと現地の環境に馴染み、いい状態でレースへ挑むことができました。今回結果を出せなかったのは非常に悔しい限りですが、それでも地元ドバイの最有力馬を相手に堂々と渡り合ってくれました。ドバイのダートコースは日本のダートの砂質よりも粘り気があり、現地では珍しいほどの連日の雨で馬場が悪化していましたが、馬場を鑑みて蹄鉄を微調整していましたし、何よりも馬が厳しい状況にも順応して勝ち負けを演じてくれました。この経験を糧にさらに力を付け、先々ではさらなる大舞台で結果を残してほしいものです。今後はまずはレース後の状態をしっかりと確認していきます。



■マイティーハニー
大変不満な一戦。

今回の敗戦は調整失敗、出走への判断失敗に尽きます。-18㌔で過去最低体重での出走.....実際に競馬場に行く前に細いとかそういうところは見せていたはず。輸送だけでここまでの馬体減は有り得ないでしょう。出走に踏み切った調教師に責任があります。

続けて使えない馬ですし、一度調子を落とすと戻しにくい牝馬ということも含めて、慎重に判断するのが大事と思います。体重が減っていたことで放牧に出して時間を要するのも問題ですが、調子含めて戻ってくるのか、それがいつになるのか、そう考えると腹が立ちます。

◆マイティーハニー
3/25  尾関厩舎
25日の中山競馬では4番手の位置につけて進めるが、3角手前から動きがあり外から来られると抵抗できず、そのまま下がってしまい15着。
「稽古の動きは悪くなく、でも大人しいから妙に乗りやすくなったなぁ…とは思っていたんです。ただ、以前はなだめるのに神経を遣うくらいだったので扱いやすさを良いように捉えていたのですが…。体が大幅に減っていましたし、気持ちの面はこのあたりの影響だったのかもしれません。それでも返し馬や出てからの走りには軽さがあって悪くなかったので積極的に好位を取りに行ったのですが、勝負どころで外から来られた時に抵抗できませんでした。いつもならそこで歯を食いしばってくれるくらいなのに全く何もできなかったので、本物ではなかったということだと思います。こんなはずではないので立て直してまたいい走りを見せて欲しいです」(吉田豊騎手)
「正直、ギリギリまで悩んでいたのですが、根性のある馬ですし、そこにも期待をしていました。しかし、結果的に体も大きく減らしてしまいましたし、やはり万全ではなく辛いところもあったのだと思います。本当に申し訳ございません。コンディションの問題で、今回の敗因は明らかです。いい走りをさせてあげられなかったのですが、ジョッキーに聞くと返し馬でもレースでも喉の苦しさを見せることはなかったということでしたので、そこは救いだと思います。しっかり立て直して巻き返しが可能になるようにしたいです」(尾関師)
万全とは言えないなかでも調教の動きは悪くなく、ギリギリまで見て出走に踏み切ったのですが、誠に申し訳ない結果となってしまいました。敗因は明らかですので、立て直しのための放牧に出して、少しでもコンディションを整えてまたこの馬らしい走りをさせられるようにしていきたいです。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ネオリアリズムが中山記念で破ったヴィブロスがドバイターフを勝ちました。
馬場が悪い中小柄な牝馬ながら頑張りましたね。




この結果を見ると、ネオリアリズムの出資者はドバイターフにネオリアリズムが出ていたらどうなっていたか?とタラレバを言いたくなりますね(笑)馬場も少し渋っていると更にネオリアリズムに有利に働きそうな気もしますし。

でも、レースは生き物ですし、ヴィブロスが差して勝利した結果を考えると先行するであろうネオリアリズムに不利にあたらく展開だったかもしれませんし、走っていないのですから何とも言えません。

ヴィブロス関係者の皆様おめでとうございます。
(*・∀・)ノ゙ 。+・。゚:*:。・+。・゚*゚ オメデトォ ♪♪♪♪
佐々木オーナー夫妻も揃ってドバイ入りしていたようですね。





ネオリアリズムに招待状が届いたので当然のこととは思いますが、サトノクラウンにも届いたようです。

スポーツ報知:サトノクラウン、ネオリアリズムの堀厩舎2頭に香港QE2世Cの招待状届く
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170326-OHT1T50146.html


サトノクラウンは大阪杯の結果次第で遠征を決めると思いますが、1ヶ月半から2ヶ月程度の適度な間隔でレースを使ってきている馬だけに、遠征込で中3週を行うのか.....が気になりますね。
遠征しないならネオリアリズムにデムーロ確定でしょうけどね。

ヴィブロスに続きたいですね。国際G1勝ちしたいです。


-------- 2017.03.26 22:00追記 --------
某水上氏が「そしてネオリアリズムは大阪杯登録せず香港へ。ネオリアリズムはまたしても残念な選択。中山記念勝って大阪杯行かないというのは全くもって理解不能だ。」と発言。「まあクラブの使い分けなんだろうけど・・・そうであってもなくても、このレース選択は個人的には競馬の、というと大げさだが大阪杯の盛り上がりに水を差すものだと思う。」とも。
ブログに自分の意見を書くのは別に悪いことではないが、状態が悪かったので回避するということを、競馬関係者として働いているのであれば多少は聞くことが出来るだろうし、言いたいことだけ書く前にちょっとは調べて欲しいと思いました。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)



エピカリス、逃げて粘りましたがサンダースノー(C.スミヨン)に差されて2着でした。

スタート五分から先手主張、アディラートも主張しましたが譲らず逃げる形。

直線も粘りましたが、目標にされた分もあってか最後の最後で差されてしまいました。
地元馬と遠征馬という違いも大きかったでしょう。

それでも、良く頑張りました。
勝って欲しかったけど、ルメールがコメントしている通り相手も強かったのでしょう。

勝ち馬はケンタッキーダービーへ向かうようなコメントをしていたように聞こえます。
エピカリスは一度帰国でアメリカは1戦と前に聞いていますが、さてどうしますか。
日本に良いレースがないのも事実ですけどね.....検疫長くなるし無理はしないで欲しい気持ちも強いです。

何はともあれ、本当にお疲れ様でした。
無事に帰国することを祈っています。



スポニチ:【UAEダービー】エピカリス惜しくも2着、ルメール「とても頑張ってくれた」
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/25/kiji/20170325s00004050532000c.html
netkeiba.com:エピカリス2位入線/UAEダービー結果速報
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=120284
WIN競馬:【UAEダービー】エピカリスは2着惜敗 ルメール「直線はすごく頑張った」
http://www.winkeiba.jp/w/news/article.html?FileCreateDate=20170325&SeqNo=014&Page=1


しかし、ここまでのレース、C.スミヨンはかなり切れていますね。
無双状態と思います。


結果
aaaaa_20170325231423b33.png








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ピンクブーケは想定メールが来たものの、状態を考えて出走を回避、そして福島<新潟と考えて天栄に放牧に出されました。確かに勝った実績のある新潟のほうが良いのはありますが、残りの現役生活が1年切っていることを考えると使って欲しい気持ちも大きいのです。このままでは中央生涯10戦以下も有り得る.....(;´∀`)


今週は国内外で2頭が出走です。

3/25(土) メイダン04R エピカリス(C.ルメール)
3/25(土) 中山07R マイティーハニー(吉田豊)


◎エピカリス
たくさんエントリーしてきたので割愛。

3/23の記事で「今日は40分ほど曳き運動をしました。明日は軽いキャンターをする予定です。とても良い状態です」と泣きのハギーが強気コメントで逆に不安もありますが、状態が良いのは嬉しいこと。
このまま良い状態でレースに臨めますように。

ラジオNIKKEI:【ドバイ国際競走】~日本馬情報2(3/23)
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11341.html
ラジオNIKKEI:【ドバイ国際競走】~日本馬情報2(3/24)
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11347.html

天気予報の雷雨はちょっと心配^^;



◎マイティーハニー
かつての主戦吉田豊が久しぶりに騎乗。
しかし、騎乗成績見てますが、本当に率は悪いですね.....良い馬は上位に取られているということもあるのでしょうけど、騎乗数は確保できているものの厳しい結果が続いているなと思います。洋吉さんがいなくなってから更に率が下がってますね。

マイティーハニーは2ヶ月ぶりの競馬。前走は結果的に3着ですが突き放されてしまいました。その時の2着馬が次走で惨敗、4着、5着馬も結果が出ていないところを見ると(1着馬はその後出走なし)、レースレベルに不安はあります。それでも相手なりに頑張る馬なので今回も状態さえ悪くなければ上位には来れると思います。
人気はコパノビジン、リリカルホワイト、サンヘレナあたりの現級上位経験がある馬でしょうかね。

それより気になるのは
・以前に比べると妙に乗りやすいという印象が強い
・以前は唸るくらいの行きっぷりでちょっとでも動かすとビュンっと行ってしまいそう
というところでしょうか。

アカネイロはそれだけが原因ではないと思いますが、今年の3戦は以前との変化を結果が出ない言い訳にされました。牝馬ですし、そういう気持ちの面は少なからず影響はあると思います。マイティーハニーはまだ現役1年ありますし、走る気持ちが残っていてくれればと思います。

◆マイティーハニー
3/23 尾関厩舎
25日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走いたします。

3/22 尾関厩舎
22日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-53秒5-38秒5-12秒5)。
「順調に調整を進められていたのですが、週末の午後に急に体温が上がることがありました。喉を手術していることで起こりがちな誤嚥による熱発の可能性が高かったので、すぐに対処したところ翌日には落ち着いてくれて月曜日には時計を出すことができていました。ただ、本当にいいと言い切れるかは何とも言えませんでしたので、ギリギリまで確認して今週行くべきか判断したいと考えていました。変則日程のため今週のトレセンは水曜日が全休日明けでしたけれど、使うとしたらレースは土曜日になるため追い切りは今朝行うことにしたんです。じっくり体を動かして解しておき、豊さんを背にして2頭併せの追い切りを行いました。相手の馬を前に見ながら進み、コーナーで外に進路をとって直線もそのまま伸ばす形。追いかけて外を回るというタフな形でしたので、終いは少し動かす必要がありましたけれど、見た目の動きは悪くなかったかな、それなりの負荷をかけることができたかなと見ています。ジョッキーに聞くと“止め際などに息遣いで気になることはありますけれど大きな不安は感じなかったです。ただ、以前に比べると妙に乗りやすいという印象が強いかな”ということでした。以前は唸るくらいの行きっぷりでちょっとでも動かすとビュンっと行ってしまいそうなくらいだったという感触があったらしく、今はそういう感じではないそうなんですね。歳をとった分もあるのでしょうし、ジョッキー自身もそれが決して悪いこととは捉えていない、むしろコントロールしやすくなっているという捉え方もしているようなのですが、それくらいの走りをしている方がこの馬にとってはいいのかもしれませんから、判断に悩むところでもありますよね…。ただ、現状の動きから使うこと自体に問題はなさそうなので前向きに考えるつもりでいます。もちろん今日追い切ったあとに体調面の不安が再度出てしまうようなことがあれば大事をとって目標を設定し直すことも考えます」(尾関師)
今のところ25日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。

3/15 尾関厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒6-39秒6-12秒9)。
「入厩後の体調面に問題はなさそうですので、競馬へ向けて少しずつ進め出しています。今日は追い切り日に充てて豊ジョッキーに跨ってもらいました。3頭併せの先頭を進むのがマイティーハニーでしたけれど、ちょっとゆっくりとした入りになりましたね。2番手の馬に少し早めに上げていくような指示を出したところ、3コーナーくらいからペースが上がっていったのですが、この3頭の中でいちばん動くのがハニーなので後続2頭の鞍上の手は結構動きました。ハニーは楽々先着というものになりましたけどね…(苦笑)。動き自体は良かったのですが、もう少し全体的に負荷をかけたかったのでそのあたりはいくらか誤算だったものの、身のこなし自体は見ていて悪くなかったので週末、来週とうまく補いながら調整をしていこうと思っています。ジョッキーに感触を聞いたところ、いくらか右へのモタれはあるけど動きは悪くないとのことでした。ノドに関してはいくらか感じるということでしたが、オペをして完全にクリアになったというわけではないので、多少は致し方ないかなと思えますし、追い切りの感触だけで言えばそこまで支障はなさそうですから、大きな心配は要らないのかなと思っています」(尾関師)
25日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。

3/9 尾関厩舎
9日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「数週前に天栄へ見に行ってきたのですが、歩様等は変わりなさそうだったものの体の張りツヤなどを見ていると良化途上中かなとも思っていました。どこまで上がってくるかなと見ていましたけれど、良化はスローながらも調教自体は順調に行えているということでしたし、順調なうちに競馬へ向かってもらえないかと天栄からも話をもらいましたので、それならばということで今週このタイミングで帰厩させていただくことにしました。まずは様子を見ながら動かしていきますが、可能ならば牝馬限定戦のレースもありますので、そのあたりを考えながら仕上げを進めていければと考えています」(尾関師)

3/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「行けるのならば3月末くらいの競馬を考えて近々入れてほしいとここまでの間に何度か尾関調教師と話をしていました。状態面は物凄くいいと言えるほどではないものの、脚元を含めて順調なうちに競馬へ向かえるのならばそうしておいた方がいい馬かなという気もしますので、いちおう使う方向で前向きに考えてほしいということも伝えてあります。早ければ今週入ることになりそうなので、あとは移動に備えてしっかりと体調管理を行っていきます」(天栄担当者)

2/28 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も日を選びつつしっかりと乗るようにしています。3ハロン40秒の調教も織り交ぜながら負荷をかけて、仕上げの段階に入っているところです。今後の状態を見ながら移動やレースについて尾関調教師と改めて相談をしていきたいと思っています」(天栄担当者)

2/21 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週あたりから14-14をベースに乗るようになっていて、それでも順調に動かせていましたから今朝は3ハロン40秒くらいの時計も出しています。体はまだ締りたいですし、しっかりと負荷をかけていき態勢を整えていかなければいけないと考えています」(天栄担当者)

2/14 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「最初はゆったりと動かしていましたが、この中間より坂路調教も交えて進め出しています。まだ序盤ということもあってビッシリと行っているわけではないものの、速くて14-14くらいのペースで乗っていますよ。今朝尾関調教師が来場されたので現状をお伝えしていますが、競馬へ向けてしっかりと状態を上げていきたいですね。馬体重は506キロです」(天栄担当者)

2/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「背腰を中心に馬体のケアを引き続き行いながら状態の良化を図っています。いくらかいいかなと思えたことから乗り運動も始めましたが、騎乗調教は馬場に入って軽めのキャンターを行う程度です。すぐの競馬を考えるのは難しいかなと思えるため今開催の東京を考えることは厳しいものの、3月末から4月くらいには使えそうかなと見ています。条件は前走までと似通ったものになってしまうかもしれませんが、より良い状態にして前進させてあげられるようにしたいですね」(天栄担当者)

2/1 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週こちらに帰ってきました。久々の競馬のあとでもありましたので、いったん帰ってきたのは馬にとって良かったのではないかと見ています。背腰のケアをしっかりとしておいた方がいいように思えましたので、先日治療を施したところです。それもあってまだ今はトレッドミルでキャンター調教を行っているところまでですが、様子を見て動かしていこうと思っています」(天栄担当者)

1/26 NF天栄
26日にNF天栄へ放牧に出ました。

1/25 尾関厩舎
25日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬では勝ち切ることはできませんでしたが、息遣いに大きな問題はなく無事に走り切ってくれたことは素直にうれしいですね。レース後の状態も大きく反動が出ているようなことはありません。そうは言ってもやはりノド、息遣いには細心の注意を払う必要がありますし、それによる体調の変化にも気を付けたい馬です。また、この馬としてはそこまで堪えているわけではないものの、背腰のケアもしてから次の競馬へ向かいたいですから、タイミングを見て一度放牧に出させていただく考えです。能力があってこのクラスでは勝ち負けできる馬でもありますし、権利に拘って焦ることはせず、あくまでも馬の状態第一で次走を決めていきたいですね」(尾関師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ネオリアリズムが予定通りクイーンエリザベス2世C(4月30日、シャティン、G1、芝2000m)、チャンピオンズマイル(5月7日、G1、芝1600m)に予備登録しました。
公式コメントが怪しかったので不安でしたが、大丈夫でした(笑)



サンスポ:香港G1・QE2世Cなどに日本馬が登録
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170322/ove17032217280011-n1.html
スポニチ:春の香港G1・3競走にサトノクラウン&ヤマカツエースらが登録
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/23/kiji/20170323s00004050010000c.html

HKJC:Elite entries for Hong Kong’s APQEII Cup, Champions Mile and Chairman’s Sprint Prize(Racing News)
http://www.hkjc.com/english/corporate/racing_news_item.asp?in_file=/english/news/2017-03/news_2017032201454.html

Audemars Piguet QEII Cup
http://corporate.hkjc.com/image/201703/20170322_LM_QEEntriesE.doc
Champions Mile
http://corporate.hkjc.com/image/201703/20170322_LM_CMEntriesE.doc


クイーンエリザベス2世Cに予備登録した日本馬は以下の通り。
 アドマイヤデウス(栗東・梅田智之厩舎、牡6歳)
 サトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)
 ステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)
 ネオリアリズム(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)
 ヤマカツエース(栗東・池添兼雄厩舎、牡5歳)
 リアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)


サトノクラウンは大阪杯なので香港登録しないと思ったのですが、やはり一度勝った馬場ですし行けるなら行こうというところでしょうか。予備登録した馬のうち、大阪杯出走予定はサトノクラウン、ステファノス、ヤマカツエース。アドマイヤデウスは日経賞、リアルスティールはドバイターフを鼻出血で取り消しているので無理しない?さて、どうなりますか。
20頭の登録馬がG1勝ち実績がある馬ということで、なかなか厳しい戦いになりそうです。

尚、Wikipediaによるとクイーンエリザベス2世Cは

>また前年の香港国際競走4競走のうちいずれかの勝馬が本競走に勝利した場合、
>その馬主に100万香港ドル(約1300万円)のボーナスが交付される。

というボーナスがあるようですので、サトノクラウンはそういう意味でも出たいのかな....?
ま、里見治氏にとっては1300万円なんて端た金なんでしょうけど(;´∀`)

中山記念の実績もあり、思惑通りクイーンエリザベス2世Cの招待状は届いているとのこと。あとはネオリアリズム自身の調子(特に胃でしょうか)次第ですね。


チャンピオンズマイルに予備登録した日本馬は以下の通り。
 ソルヴェイグ(栗東・鮫島一歩厩舎、牝4歳)
 ネオリアリズム(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)
 リアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)
 レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、牝5歳)


ちなみにチャンピオンズマイルは18頭の登録馬がG1勝ち実績がある馬みたいです。



JRA:2017香港国際競走【4月30日・5月7日】に日本馬が予備登録
http://www.jra.go.jp/news/201703/032303.html
JRA:2017クイーンエリザベスII世カップ(G1)、チャンピオンズマイル(G1)およびチェアマンズスプリントプライズ(G1)の登録馬
http://www.jra.go.jp/news/201703/pdf/032303.pdf

◆ネオリアリズム
3/23  堀厩舎
22日、23日は軽めの調整を行いました。
「先週末から時計を出していけるようであれば大阪杯も視野に入れていこうと考えていたのですが、もう少し回復期間がほしいと思えましたので、無理をせず見送ることに致しました。それで、次の目標として香港遠征を頭に入れて調整を行おうと考えています。月曜日にお話しさせていただいたように香港の2競走に登録を行い、昨日クイーンエリザベス2世Cの招待状が届きました。もちろん状態次第になりますし、これからの状況を見ながら最終的に判断していきたいと思います。時間をかけてケアをしてきた甲斐あって、背腰の張りと傷みは徐々に取れつつあります。また、軽めのキャンターの時の体のバランス、前進気勢は良くなってきています。ただし、胃に対するアプローチはしているのですが、まだ思ったほど大きな改善を見ることはできていません。引き続き対処していき、何とか状態を良くしていけるように持っていきたいと思います」(堀師)
4月30日に香港・シャティン競馬場で行われるクイーンエリザベスⅡ世C(GⅠ)、5月7日に香港・シャティン競馬場で行われるチャンピオンズマイル(GⅠ)に予備登録を行いました。なお、今回の予備登録料は無料です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
エピカリスですが、最終追い切りも無事に消化しました。

扱いあまり良くありませんが、記事も出ています。

馬なりながらなかなか良い調整が出来たようですね。
記事に出ている時計と公式の「11秒を切る時計」に乖離があるのがちょっと気になりますが(;・∀・)


スポニチ:【UAEダービー】エピカリス「いい状態」アディラートも好時計
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/22/kiji/20170322s00004050359000c.html
スポーツ報知:【ドバイ・UAEダービー】アディラートがダートコースで追い切り 武豊騎手「いい状態で速い動き」
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170322-OHT1T50150.html
東スポ:【ドバイワールドカップ】アウォーディー 弟ラニと調整で集中
http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/665609/
JRA:2017ドバイワールドカップデー 日本馬の近況について【3月22日(水曜)】
http://www.jra.go.jp/news/201703/032205.html


そして、Twitterの画像を貼らせていただきます。
うん、かっこええ。



また、http://www.dubairacingclub.media/の中に少しだけですが動画がありました。

Dubai Racing Club:DWC 2017 - Morning Training B-Roll (1 of 4) - Wed 22nd Mar 2017
http://nzp.me/a/G9/CZK

あと、ちょっとした記事も。
Dubai Racing Club:Dubai World Cup 2017, Trackwork Notes, March 22, 2017
http://nzp.me/a/EV/CZT

それから、レーシングビュアーに調教動画がありました。
馬なりということでしたが、それなりに手は動いていたように思います。





昨日は南関東公営競馬の3歳クラシック三冠の第1冠である羽田盃トライアルの京浜盃がありましたが、勝ったのはヒガシウィルウィン。北海道2歳優駿でエピカリスの2着馬だった同馬が末脚を発揮して差し切りました。3歳になって成長しているのかと思いますが、先の北海道2歳優駿では2秒4の差をエピカリスがつけていましたし、ヒガシウィルウィンの今回の結果からしてもエピカリスの凄さが見えると思います。


レースまであと少し。
初めての海外への長距離輸送も耐え、しっかりと対応してくれていて本当に頭が下がります。
このまま無事に。

◆エピカリス
3/22  ドバイ・メイダン競馬場
22日はメイダン競馬場ダートコースで追い切りました。
「当初の計画では21日に追い切りを行おうと考えていたのですが、雨が酷くて環境的にあまり好ましくないと考え、1日スライドして今朝行うことにしました。ダートコースにて単走で動かしたのですが、やや強めくらいを求めました。時計はそれなりに出ていて、終い1ハロンも11秒を切る時計でまとめてきましたね。動きは良かったですし、その後の雰囲気も問題ありません。走りやすいダートということもあるので、11秒を切ってくること自体に驚きはしませんが、ピッチ走法でなくてもこの時計で走れる馬場ということです。そう考えると、思い描く理想は前走のような窮屈な形よりもノビノビと走れる形なのかなという気がしました。ただし、いろんなキャラクターが揃っているので今の段階からこういう競馬が良いと決めつけることはできないかなとも感じています。ジョッキーもすでに現地入りしていますので、競馬の形についてはレース本番までにしっかりとコンタクトを取っておきます。ゲートに関しては2度確認していて、1回目よりも2回目のほうがより落ち着きはありました。万全を期して今のところゲートボーイをつける方向で検討していますが、上手くスタートを切ってこの馬の力を発揮してもらいたいですね。こちらに来て少し経ちますし、天栄から美浦に入れた時から考えると2週間。その短い期間の中でも悪い変化は見られませんでしたし、むしろ目まぐるしく環境が変わる中でも馬がうまく対応してくれて段々とレベルアップしているように感じています。レースまであと3日ありますから、このあともできることをしっかりと行って本番に臨みたいですね。応援よろしくお願いいたします」(萩原師)
25日のメイダン競馬(UAEダービー・ダ1900m)にルメール騎手で出走いたします。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今日はネオリアリズムとエピカリスの誕生日。
m.i.stableを引っ張ってくれる2頭が同じ誕生日なのを今日知りました....ごめんなさい(;・∀・)

aaaaa_20170322124522ba7.png

aaaaa_20170322124439142.png


2頭とも怪我などせず、元気に走り続けて欲しい。
そしてどちらもG1馬に!



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
フラワーカップのファンディーナは強かったですね。
気合いちょっと付けただけで追わずに圧勝。
今年は本当に牝馬の層が厚いと思います。

で、本当に層が厚いのか?言うほど牝馬の年なのか?と確認してみました。
引用したのが2017.3.21お昼なのでファンディーナの賞金は反映されていませんが.....


牝馬
aaaaa_2017032112393653d.png

牡馬
aaaaa_20170321123841c49.png


ということで、トップは牝馬ソウルスターリングで1.2億円。
ただ、牝馬10位は4,742万円に対して、牡馬10位は5,891万円。
ということで、牡馬もそれなりに頑張っているとも見れます。

ま、トライアル含めて牡馬は牡馬向けに作られているレース、牝馬は牝馬向けに作られているレースに出ることがほとんどと思うので、この時期にこの比較をすること自体あまり意味が無いかもしれませんけどね。
これが例えば年末にどう変わっているかを確認すれば、差が分かるかもしれませんね。
.....多分、私がその比較をすること自体を忘れてそうですが。




右前腱鞘炎になったリアファルですがすぐの引退はないようです。
引退の可能性は無くなったわけではないのでしょうけど、復帰できる見込みがあるということなのかな。

前回同様の休養期間になるかはわかりませんが長引くのは明白であり、一番充実する4歳・5歳を腱鞘炎の治療でほぼ全て棒に振るというのが残念でなりません。

芝とダート、どちらも負担がかかることに変わりはないのかもしれませんが、復帰できたらダートを使っていくのも良いかもしれませんね。ダート適性がオープンレベルにないのであればそれはそれで仕方ありません。

長期離脱の馬がとても多く厳しい状況が深まってしまいました.....
ファドーグ、リアファル、サーブルオール、マイティーゴールド、マイティーキュート、アンジュシャルマン。
3歳以上は15頭いますが、その1/3である5頭が長期離脱です。参りました。

aaaaa_201703220834406c3.png


◆リアファル
3/21  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「右前脚の腱鞘炎を発症したとのことで先週移動してきており、現在はウォーキングマシン程度の運動を行っています。どうしても長めのお休みは必要になりますので、今のところは今週中に北海道へ移動させて、じっくりと治療をしながら患部の良化を待つことになります」(NFしがらき担当者)

3/15  NFしがらき
14日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先日お伝えしたとおり、右前脚については左同様に腱鞘炎だろうという診断でした。火曜日にいったんNFしがらきへ放牧に出していますので、牧場の獣医にも患部のチェックをしてもらっていきます」(音無師)

3/12  音無厩舎
「土曜日にトレセンの診療所で右前脚の再検査を行なったのですが、やはり腱の損傷は見られないものの、以前傷めた左前脚と同様、腱鞘炎ではないかという所見でした。日にちが経って傷んだ箇所がはっきりしてくることもありますから、まずは週明けに放牧に出してその後の状態をよくチェックしてもらい、今後の方針を検討していきます」(音無師)
近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
エピカリスが出走するUAEダービーの出馬表が発表されました。

JRA:UAEダービー(G2)の出馬表が確定
http://www.jra.go.jp/news/201703/032001_05.html

ERA Racing:UAE Derby Sponsored By The Saeed & Mohammed Al Naboodah Group(Racecard)
http://www.emiratesracing.com/node/3?id=2788#tab-10825

エピカリスは10番枠。もう一頭の日本代表アディラートは大外16番枠。
アディラートと共に逃げる可能性があると思っていたコスモチャーリーは15番枠。
エピカリスはスタートを決めたらスッと逃げてしまうのも手と思います。

今までの戦績から相手と思われる馬はサンダースノー(13番枠)、ノーモアリッチブロンズ(14番枠)と揃ってエピカリスより外枠に集まりました。メイダンのダート1900mは内外どっちが良いのかとか全く分かりませんが.....
あと気になるのは前走落馬したけどダートで圧勝しているフォーリー(FAWREE)かな。


aaaaa_20170320205908491.png


ギャンブルジャーナルでも扱われています。
「日本馬にチャンス大のUAEダービー」って言われても馬券は売らない、放送はされない.....って扱いですけどね(;・∀・)

Gambling Journal:怪物エピカリス&武豊アディラートの"最強コンビ"が出陣!日本馬にチャンス大のUAEダービー(G2)展望
http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2896.html


また、海外でのオッズを見るとエピカリスは2番人気で大体5倍程度の単勝オッズ。
1番人気はサンダースノーのようです。
アディラートの50倍はやり過ぎの気がします^^;日本じゃ有り得ないですね。

UAE Derby Betting Odds
http://www.oddschecker.com/horse-racing/ante-post-racing/international/uae-derby/winner

aaaaa_201703202203189aa.png


また、UAEダービーに先立って行われる京浜盃(3/22)も気になります。
ここには北海道2歳優駿で2着になったヒガシウィルウィンが出てきますが、頑張って欲しいですね。

で、エピカリスは今日21日に最終追い切りをするようです。「到着してからもいい状態」とハギーがコメントしているようですが、どんな動きをするのか楽しみです。無事にレースに臨めますように。

日刊スポーツ:エピカリス21日最終追い切り/UAEダービー
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=03&day=21&id=1795399



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ネオリアリズムは大阪杯は特別登録含めて自重、目標をスライドすることになりました。
とりあえずこれでシュタルケ回避。
一安心です。

その目標は

クイーンエリザベスⅡ世カップ(G1) 2017年4月30日(日) シャティン競馬場
(2000m、芝、3歳以上): 総賞金20,000,000香港ドル (約3億円)
http://racing.hkjc.com/racing/english/international-racing/pdf/Prospectus-APQEIICup.pdf

チャンピオンズマイル(G1) 2017年5月7日(日) シャティン競馬場
(1600m、芝、3歳以上): 総賞金16,000,000香港ドル (約2億4,000万円)
http://racing.hkjc.com/racing/english/international-racing/pdf/Prospectus-ChampionsMile.pdf

のどちらかということです。

この公式コメント、いつ堀師にコメントを取ったのか分かりませんが、今日が香港も予備登録期限。登録料払えば追加登録は出来ますがそんなことはしないですよね。まだ検討中みたいなコメントで良く分かりませんね(;・∀・)
忘れずに登録してくれていると信じています。


しかし、この大阪杯特別登録関係、実は最初からこの筋書き通りで堀師は考えていたのではと思っています。私もちょっと騒いでみましたが(笑)。この2週のシュタルケへの騎乗依頼を見る限り、何かしらの力が働いてシュタルケに依頼せざるを得ない状況にあると想定。サトノクラウンにはデムーロを迎えたいのでとりあえずネオリアリズムは出走意思があることを示さなければならなかった。その上で状態次第という但し書きを付けておく。ネオリアリズムは調教時計も出さず、特別登録もやめておきますとして、最終的にはサトノクラウンにデムーロが乗るということだけで終了。
どうでしょう。
外れてもいないような気がします。

◆ネオリアリズム
3/20  堀厩舎
「目標にしていた大阪杯へ向けて週末に時計を出す考えでしたが、前走後の馬体のケアに時間がかかっていますし、ここから競馬までの時間を考えてももう少しほしい状況なので、このタイミングでそれなりに動かすのは控えることにしました。大阪杯を見送ったことで別の目標にスライドすることになりますが、先にも挙げた調整期間の問題だけでなく、大阪杯とメンバーを比較しても悪くないと思える香港競馬を視野に入れさせていただきます。もちろん今後の状態次第で実際に向かえるか慎重に見ていく必要はありますが、その香港競走も、いろいろと可能性を広げられるように2000mとマイルの2つの番組に予備登録をすることも考えています」(堀師)
4月2日の阪神競馬(大阪杯・芝2000m)への特別登録は見送りました。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今週の堀厩舎の出走馬は以下の通り。
先週に続き、全てシュタルケを鞍上としています。

aaaaa_2017031820542557b.png

再掲となりますが、先週の堀厩舎出走馬。

aaaaa_20170310232459be7.png


身元引受人になってもここまで一貫して短期免許騎手に騎乗依頼する調教師は少ないのではないでしょうか。
自身が管理している馬に全て乗ってもらうなんて。
(2頭出しだと難しくなりますが、それは今のところ無いようなので)

しかし、馬主サイドからすれば、それがムーアなら嬉しいと思うところかもしれませんが、いかんせんシュタルケですからね。逆にやめてくれよと思う人も少なからずいるでしょう(私もその一人.....馬主ではありませんが)。

堀厩舎の騎乗馬含めて、それなりに集めてもらっていて23戦2勝(勝率0.087、連対率0.174、複勝率0.217)はかなりダメダメと私は思いますが。




JRAサイトにドバイワールドカップのことがチラホラ出てきていますが、馬券が販売される3レース以外は無視のような感じの扱いが酷い。日本馬出るレースもあるのにねぇ.....

JRA:2017ドバイワールドカップデー特集【JRA×JRAレーシングビュアー】
http://www.jra.go.jp/news/201703/031802.html
JRAレーシングビュアー:2017ドバイワールドカップデー特集
http://prc.jp/2017dubai/index.html

JRAのトップも馬券販売の3レースのことだけ。
レーシングビュアーの特集もまずはこの3レースについて。これからどれだけ他のレースについて特集されるか。

同じ日に出走する遠征馬。
あまり差をつけないでほしいものです。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
以下のサイトにドバイワールドカップの出走予定馬が出ました。

Dubai Racing Club:Arrogate Heads List of Likely Runners for 2017 Dubai World Cup
http://dubairacingclub.media/?Channel=vyhQfUbIx8&RID=oJDeoPh51a&referrer=www.dubairacingclub.media


UAEダービーについて抜粋したのがこちら。

aaaaa_201703152127339f1.png


サンダースノーはUAEダービー→愛2000ギニー(English 2000 Guineas)というローテを組んでいる感じでUAEダービーにも出てきそうですね。頭数は16頭と多くなりそうです。


さて、美浦から1頭だけの参戦となり、他の馬と違って成田→関空→ドバイへの輸送となったエピカリスですが、無事にドバイ入りしたようです。

JRA:2017ドバイワールドカップデー ~日本馬がドバイに到着~
http://www.jra.go.jp/news/201703/031603.html
ラジオNIKKEI:【ドバイワールドカップデー】~日本馬、ドバイに到着
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11261.html


公式によると、馬体重は500㌔ちょっと。前走が506㌔でしたが、多少絞っての出走を目指しているでしょうし減りすぎていない良い状態を維持していると思います。環境に少しでも早く慣れてくれればきっと体重も増えてくるでしょうし、増えればレース前の調整もやりやすいことでしょう。ここはエピカリスの順応性に期待です。

ちなみに3月の「出資と分配」にてドバイ遠征費用が「その他出資金」の名目で引かれておりました。
一口あたり8,950円。
レース後に多少更に徴収されるかもしれませんが、招待レースはそれ程費用かからないという面ではやはり助かります。

しかし、エピカリスのヒヤシンスステークス然り、ネオリアリズムの中山記念然り、引かれる額が大きくて萎えますね。ま、ある程度年次分配で戻ってくるのですが、折角重賞やオープン勝っても月々の入金がだいぶ引かれてしまっていると悲しさはありますね。



エピカリスの鞍上ルメールは3/20(月)に日本で騎乗後にドバイへ向かうようです。騎乗後の移動なんてタフですね。
人馬ともに良い状態でレースに臨んで欲しいです。
レース3~4日前に整えるような追い切りをするということですから、もう一度は更新されるかな?

ラジオNIKKEI:ドバイへ向かう3人の騎手、海外渡航届を提出
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11259.html

◆エピカリス
3/16  ドバイ・メイダン競馬場
16日にドバイ・メイダン競馬場へ到着しました。
「13日に国内最終追い切りをしっかりと行い、翌日は運動にして歩様に問題がないことを確認してから15日に出発しました。まず美浦から成田へ移動し、成田から関西空港へ。美浦からの遠征組は1頭だったのですが、関西組とそこで合流をして他の馬たちと一緒にドバイへ向けて出国しました。予定より少々の遅れはあったものの、無事ドバイに到着していますよ。着いたばかりですから時間をかけて様子を見ていかなければいけませんけれど、ここまでは大きな問題なく来ています。午後に馬体重を計測したところ500キロちょっとあって、おそらく日が経てば少しずつ増えてくるだろうと見ています。体調を確認しながら軽めの運動を行い、徐々に慣らしていくつもりです。そして、おそらくですがレースの3~4日前に整えるような追い切りを行ってレース本番へ臨むことを考えています」(萩原師)
25日のメイダン競馬(UAEダービー・ダ1900m)にルメール騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
某掲示板でのシュタルケ叩きが凄いことになっています。
でも、私もシュタルケには乗ってほしくないですし、これほどまでに否定派が多いというのは彼の騎乗能力のなさを明確に肯定していると思います。

せめて予習・復習をしてレースに臨むのであれば良いのですが、全くそんな風に見えない騎乗をするのが叩かれる主たる理由でしょう。堀厩舎に所属する馬は能力があることは去ることながら乗り難しい、癖がある、そんな馬が多いのも事実と思います。普通より密に関係者とコンタクトを取り、情報を収集し、結果を出す努力をしなければなりません。私はそう思います。持つ能力を発揮できるサポートをすることで結果として残るのではないでしょうか。

ま、単純に思いきりの良さもない地味な騎乗しかしない、だからといって掛かる馬を御することも出来ない、騎乗能力的なところも問題ですが(;・∀・)

G1ともなると、鞍上の助けが必要不可欠です。抜けた実力があるならその限りではありませんが、ネオリアリズムは抜けた力はありません。掛かる気性も持っていますし、乗りやすい馬でもありません。続けて使えない馬でもありますし、狙ったところに状態を良い形で持っていって鞍上の助けもあって勝ち負けできると思います。本当に「今年6歳ですからどこかでG1を勝たせてあげたい」という気持ちがあるのであれば、考え直して欲しいですね。

二週前追い切りも出来ない状況でG1挑戦というのも無謀です。
素直に香港に切り替え、鞍上を見直すべきと私は思います。

◆ネオリアリズム
3/16  堀厩舎
15日、16日は軽めの調整を行いました。
「まだ軽めの調整を行っている状況ですが、その分もあって馬体重は522キロで、背中、腰、体のこなしも前走前の状態に戻ってきていそうです。そういう点ではいいと思えるのですが、毛ヅヤや体の張りについてはまだ物足りない状態なんです。先週末に胃潰瘍の検査を行ったところグレードは1で、症状はあるものの軽度でした。毛ヅヤに関してはそのあたりが影響しているのかなと思えますが、もう少し見た目も良くなってきていいはずなので、今しばらくは様子を見たいというのが本音です。ただ、大阪杯への特別登録は月曜なのでまずはそれを済ませる必要がありますし、向かうとするならば今週末と来週に調教を少しやっておく必要がありますから、その動きやレースまでの体調をしっかりと見極めながら大阪杯を狙えるかどうかの判断をしたいです。向かう場合はシュタルケジョッキーを予定しています。また、同じく週末に申込期限が設定されている香港の予備登録も行っておくつもりです」(堀師)
状態次第になりますが、今のところ4月2日の阪神競馬(大阪杯・芝2000m)に特別登録を行う予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
悪いニュースは出し切っちゃって早く切り替えたいと思います。

来週復帰戦予定だったピンクブーケの状態が上がってきません。

ぼく馬メールの時計を見た時に一週前にしては時計が悪いと思ったのですが、実際状態は良くないようです。
スクミの症状、15-15で余力なし。
公式にもある通りスクミは前から出ていたのですが、余力ないというコメントは今まで無かったですからね.....状態が悪いということに他ならないと思います。

無理に来週使う必要はありませんし、出来ればしっかりと様子を確認してスライドさせて欲しい。もう一度立て直すというところまではいかないでほしいですが.....そもそも天栄では順調に乗れていたわけですし。原因の追求もしてほしいです。

脚質的にはどうかとは思いますが、福島に4/9:牝馬限定の2000m、4/18:牝馬限定の1800mがありますし、中山に4/2:2000mがあります。出走間隔は結構空いていますので狙ったレースに基本出れると思いますから、状態が上がってきたところでレースを選んで欲しいと思います。


1d65d2d920161226a06e01d198875865.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ピンクブーケ
3/15 小西厩舎
15日は美浦坂路で追い切りました(56秒4-42秒1-28秒4-14秒7)。
「先週入厩させていただき、帰厩当初の体調自体は悪くないかなと思っていたので週末から徐々に時計を出していこうとしていたんです。しかし、15-15くらいを無理なく行おうとしたところ行きっぷりがもうひとつで、最後もあまり余力がなかったんです。それにスクミの症状も少し見せていて、アレ?という感じでした。以前もスクミっ気を見せていた馬なので今に始まったわけではないものの、ここ最近ではさほど目立つことはなかったので却って気になります。対処するように接してきて今週再び調教を行ったのですが、今朝は坂路で55-40くらいを行うつもりのところ、今回もちょっとピリッとせず終いも少し時計がかかってしまったんです。馬場が重かったのもあるのでしょうが、それで時計はかかったとしてももう少し終いに余裕はあるはずなんですよね…。う~ん、ちょっと馴染むのに時間がかかっている印象を受けます。これまでは8分くらいでもそれなりに格好のつく、勝負できるレベルには来ていたのですが、今日までの感じではそこまでにも及ばないのかなと思えます。順調であれば来週の競馬を考えたいと思っているのですが、現時点では何とも言えません。少しずつ上向いてくる可能性もありますから、今すぐ判断するのは早いかなと思えるのでもう少し模索して、予定通りに行けるかもう少しスライドさせるか、もしくは一度立て直してからにするか決めていきます」(小西師)

3/9 小西厩舎
9日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「先週天栄へ見に行ってきたのですが、順調に乗り進められていて悪くなさそうでしたね。そして、中京くらいを考えていけそうという話ももらうことができましたから、調整をつけて今週入れさせていただくことにしました。天栄である程度しっかりと乗り込まれているようなので、こちらでは心身のバランスを整えつつ最終的な仕上げをしていこうと思っています。明日から動かしていきます」(小西師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
流れが悪いのが続いてしまい、今週出走予定のサーブルオールが鼻出血で回避となりました。
出血は残念ながら肺からということで休養期間が長くなりそうです。

一度なってしまったということは常に弱さを持っているということであり、再発の可能性も低くはないと思っていましたがこのタイミングで発症してしまうとは。

追い切りの時計自体悪くなかったので今週は良い勝負になるだろうと思っていたのですが公式を見て本当にガックリ来ました.....今週末は天気も良さそうで馬場も悪くなく、ハービンジャー産駒にとって良い形になると思っていたのですが。

前回は7月に発症、次のレースは11月でした。程度の差があるでしょうから前回のことがそのまま参考になるかは分かりませんが、少なくとも暑くなってからの復帰となりそうです。降級して1000万下からの再始動かもしれません。

この流れ、早く断ち切りたいです。

◆サーブルオール
3/15  萩原厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒0-54秒1-41秒0-13秒3)。
「入厩してきてからのトモのハマり具合、前脚の出具合をよく見つつ、良化を図っていけるように調整を進めてきましたが、その点は徐々に良くなっているかなと思って見ていました。ただ、ほんの少しだけですけれど息遣いが粗いかなと思う部分もあったので慎重に調整をしていたんです。前走から間も空いているので休み明けの影響もありますから、バランスを考えながら調整を進めてきて、今週適度に動かすことができれば態勢は整うかなというところまで来ていました。それで今日を迎えたのですが、ジョッキーに確かめてもらおうと思い、ジョッキーを背にして併せ馬を行ったんです。併走馬を前に見て直線で外から仕掛けると楽に並びかけて先着するという良い動きを見せてくれました。その相手もこの間1000万下クラスを勝って準オープンクラスに入った馬ですから、これならば昇級戦でもそれなりの走りをしてくれるのではないかと思っていたところ、傍にいたスタッフから鼻出血を発症しているという報告を受けました。私は全体を見れるように調教スタンド側に居たので、馬場から上がってきたタイミングで直接状態を確認したところ鼻血が出ていましたね…。追い切り直後からわかるくらいなので覚悟はしていたのですが、獣医師に内視鏡を入れて確認してもらったところ肺からの出血であることが判明しました。両鼻腔から出ているのですけれど大量というわけではないようです。ただし、過去に同じ症状を出したことがある馬ですから、さすがにこのまま競馬へ向かっていくことはできません。今週末の予定だったのにこのようなことになり大変申し訳ありませんが、大事をとってレースを見送り、しばらく休養に充てることにします」(萩原師)
19日の中山競馬(幕張S・芝1600m)は回避し、様子を見てNF天栄へ放牧に出る予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
UAEダービーに挑戦するエピカリス。

国内最終追い切りを行いました。
ハギーはどちらかというとそれほど海外遠征実績がある調教師ではありませんので、他厩舎を参考にするというのは有りというか致し方ないところがあると思います。

その他陣営に倣っての国内でビッシリ追い(そして現地では整える程度とのこと)。ぼく馬メールは届きませんでしたが、公式に書かれた「5ハロン64秒8、3ハロン37秒3、終い1ハロンが11秒9」はコメントにもある通り攻めたなという印象を受けました。ソエっぽい症状というコメントは気になりますが、泣きのハギーですし、問題になるほどのものではないということですから、大丈夫と信じたいです。

ヒヤシンスステークスを叩いた上積みも感じますし、この一追いで更に良い方向に変わってくれることを期待したいと思います。


メンバーは相変わらずよく分かりませんが、以下のサイトによると12頭立てくらいなのかな?

RACING HORSE NATION:2017 UAE Derby (G2)
http://www.horseracingnation.com/race/2017_UAE_Derby#

一番の強敵と思われるサンダースノー(Thunder Snow)が出ないかもしれないという噂もありますが......さて。


◆エピカリス
3/13  萩原厩舎
13日に美浦南Wコースで追い切りました。
「過去の他陣営の遠征経験を参考にすると、現地で仕上げるよりも国内である程度仕上げてから向こうで態勢を整える形のほうが良い状態で使えているように思えます。この馬にとって初めての海外遠征になるわけですが、今回の調整過程も同じような形で行くことにしました。それで、今日国内での最終追い切りを行ったのですが、しっかりと動かしています。コースにて5ハロン64秒8、3ハロン37秒3、終い1ハロンが11秒9という時計を出しました。おそらくですけれど、この馬にとってこれまでの中でいちばん攻めた時計になっていると思います。手応え的にはまずまずで、最後に少しプッシュするようなものでしたが脚取りはしっかりしていました。午後も検疫厩舎へ見に行ってきましたが、ほんのわずかにソエっぽい症状を見せますけれど、問題になるほどのものではないように感じます。また、しっかり負荷をかけたことで筋肉には適度な張り、硬さが見られていました。負荷がかかったということだと思いますし、そうでないと困るくらいですから、思惑通りの調整ができたかなと感じています。明日は追い切り後の確認を行うようにして、その後の移動に備えていきます」(萩原師)
25日のメイダン競馬(UAEダービー・ダ1900m)にルメール騎手で出走を予定しています。

3/9 萩原厩舎
9日は軽めの調整を行いました。
「当初は水曜日の予定だったのですが、変わって今日の遅くに出国検疫に入ることになりました。明日から出国までの約1週間の期間は他の馬たちと切り離して、通常よりも早い時間帯に調整を行っていくことになります。いちおう明日は少しだけ伸ばす調教を行うつもりですけれど、慣れないシチュエーションの中での調整になるのでそこまでビシッと行うことは今のところ考えていません。現段階では、週末までの様子を見てそれ以降に追い切り、その後は来週半ばの出国に備えていく予定です」(萩原師)
25日のメイダン競馬(UAEダービー・ダ1900m)にルメール騎手で出走を予定しています。

3/8 萩原厩舎
8日は軽めの調整を行いました。
「ドバイ遠征へ向けて昨日美浦トレセンへ入厩させていただきました。こちらで約1週間の検疫を受けて現地へ向かうため、今日の夕方から検疫厩舎へ入ります。関東からドバイ遠征する馬がいない分気にする部分も出てくるかもしれませんが、何とか乗り越えてほしいですね。そういったことも事前から想定をしていて門別を使ったとき、美浦から門別への移動の馬運車は1頭積みにしていました。長距離の輸送、環境の変化を若い2歳のときに経験させたのですが、その時が悪くなかったんです。シチュエーションは違うので同じ扱いにはできませんけれど、その経験は大きいですし、この馬の適応力にも期待をしています。もちろん我々もしっかりとケアをしていき、まずは無事に出走して、なおかついい結果を出せるようにしていきたいです」(萩原師)
25日のメイダン競馬(UAEダービー・ダ1900m)に出走を予定しています。

3/7 萩原厩舎
7日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「脚元等の状態の変化を逐一確認し、必要と思われる箇所にはしっかりとケアを行ってきましたが、良い意味で変わりはありませんでした。今回の遠征にあたって検疫を美浦トレセンで受けることになり、本日美浦へ向けて送り出したところです。これからは慣れない環境での調整を行わなければいけませんけれど、何とか乗り越えていい状態でレースへ向かってもらいたいですね。楽しみにしています。出発前日の月曜日に計測した馬体重は524キロでした」(天栄担当者)

2/28 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週放牧に出てくる前のトレセンでも、そして出てきてからもしっかりと状態を確認していますが、体つきを見ていても大きな反動はなさそうでした。週末には北海道から獣医師が、美浦から萩原調教師が来場されて、今後について問題がなければドバイへ向かいましょうという話でまとまったところです。そのため現在はレース後のケアと今後に向けての調整を行っています。以前から膝には負担がかかりやすいところがあったのでそこを中心に馬体のケアをしっかりと行い、また、これからの調教そして輸送に備えてリフレッシュをしっかりと図るようにトレッドミルでの調整です。状態面の変化をしっかりと確認していき今後につなげていければと思っています」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
少し前のことですが....キャロットで3/6にまた満口馬が出まして、残っているのは3頭だけとなりました。
その内、中央預託予定の2頭アングレーム(シャラントレディの15)、スウェアジーク(スウェアトウショウの15)は残口表示されていますし、このまま順調なら近いうちに満口になりそう。

全てが満口になったら凄いですね。



4頭出走で全て掲示板を外す競馬。
最悪の結果で言葉も出ません。

結果について、アカネイロは既にエントリーしたので除きます

3/11(土) 阪神10R アカネイロ(北村友)→9番人気10着
3/11(土) 中山11R ヴィルデローゼ(内田)→4番人気10着
3/11(土) 中京12R マイティーゴールド(戸崎)→2番人気15着
3/12(日) 中京07R クラシックリディア(坂井)→9番人気8着


■ヴィルデローゼ
走る前に馬体重を見て結果が出ないであろうことは覚悟しました。
スタート前に立ち上がり内田騎手を落とした時点で更に厳しいと思わされましたね^^;

レースを見た後にパドックを見ましたがやはり細かったです。
相手関係含めてアネモネステークスにしたのでしょうけど、馬体重でフィリーズレビューにしても良かったのでは?と感じます。輸送で減ったことも想像はつきますが、1週前で体重について言及してますからね.....

今回馬体重が大幅に減ったことで放牧でしょう。
これでクラシック(大きな舞台)云々という感じではなくなりましたし、自己条件で、ダートで、じっくりと力をつけて欲しいです。現状ダートのほうが良いのではないでしょうか。

◆ヴィルデローゼ
3/11  石坂厩舎
11日の中山競馬では好位から進めるが、勝負どころで手応えが怪しくなり直線でも伸びは見られず10着。
「これまでのレースではそれほど悪くもなかったようなのですが、今日はゲートでひっくり返ってしまいました。側の馬がイレ込んでいて、反対側の石川の馬が大人しく、それを頼るように最初はこちらに顔を向けて何とか影響を受けないようにしていたんです。ただ、これまで良いスタートを切れていた馬でしたからね。どこかでは前を向かせなければとも思っていたら最後は我慢できなくなってあのような形になってしまいました。それでも幸いなことに馬は大きな怪我を負わずに済み、競馬をさせられたのは良かったです。桜花賞への大事なトライアルでしたから、何とか良いレースをさせてあげたいと改めて思い、スタートに臨みました。未勝利の時の走りを見ると結構な行きっぷりをしていましたから気をつけていましたが、前回ダートを被せて慣らしたのが良かったのか、今回も馬の後ろにつけると我慢できていました。そして、それなりに勝負気配のある馬の後ろのいいポジションを取れたので、うまく行ったと思っていたんです。しかし、これからというときに急に手応えがなくなってしまって…。断言はできませんが、体が減っていましたし、初めての長距離輸送で精神的に苦しかったのかもしれません。せっかくチャンスのある、しかも大事な一戦に託していただいたのに申し訳ありません。もう少しうまく導けたのではないか、やれることがあったのではないかと思うだけに本当に悔しいです。今日のレースで条件がどうこうは言えないと思いますし、苦しい部分が解消されればまたいい走りができるはずです。折り合いがついたという収穫もありましたから今日の経験が今後に活きるはずです。これにこりずにまた声をかけてください。よろしくお願い致します」(内田騎手)
今回は初めての関東圏への輸送でもあり馬体が減っていましたし、もしかすると精神的な苦しさもあったのかもしれません。馬体に大きな支障が出ることはなかったもののゲート内でバランスを崩してしまうアクシデントに遭いました。仕切り直してからは問題なくスタートを切り好位から進められたものの、肝心の勝負どころで苦しくなってきましたので、やはり堪えた部分があったのかもしれません。苦い経験となりましたが、今日のことをしっかりと今後に活かしていきたいものです。ゲートの課題も見られましたし、今後は状態を確認してから慎重に判断していきます。



■マイティーゴールド
こちらもヴィルデローゼ同様大幅馬体減。
それでもパドックを見る限りではそこまで細い印象はありませんでした。

気性面での問題が出てきていますね。調教もうまく力を抜いて行うことできなくなっていますが、「近くに馬がいると必要以上にハミを取りすぎる」というのは今後もマイナスになると思います。大外でしたし行きたい馬を行かせて、砂を被らない位置で進めたほうが良かったのかもしれません。その位置にいるつもりだったけど結果的に前に行ってしまったなら仕方ないと思いますが。

人気になりすぎとは思っていましたが、今回の結果は正直かなり落胆。レースの勝ち時計自体、同日の500万下より遅いわけで、そのレースで逃げて惨敗というのは.....ね。残念ながら現状1000万下で勝ち負けできる力が無いということなのかもしれません。調教含めて工夫を取り入れて改善していってもらわないと困りますね。

◆マイティーゴールド
3/11  尾関厩舎
11日の中京競馬ではまずまずのスタートから先手を奪う展開に。そのまま前で押し切りを図りたかったが、最後は余裕がなくなってしまい15着。
「前々での競馬と考えていたものの、近くに馬がいると必要以上にハミを取りすぎていました。逃げる格好になってリズムを整えたかったものの、序盤から流れてしまいましたし、道中で上手く息を入れてと言うより、今日はひと息で走ってしまった印象です。息遣いに関しても粗さは感じましたが、もっといい走りをお見せしたかっただけに申し訳ありません」(戸崎騎手)
前々で上手くリズムを整えて持ち前のしぶとさを発揮したいところでしたが、必要以上に前向きになってしまい、なおかつ道中でタイミング良く息を入れて運ぶことができなかったこともあり、直線では脚色一杯になってしまいました。昇級初戦で楽でなかったにせよ、息遣いに関してクリアではなかったようですし、まずはレース後の状態をしっかりと確認してから次をどうするか慎重に判断していきます。



■クラシックリディア
砂をかぶらない大外枠で、レースの運び自体は良かったと思います。
あの展開で、このメンバーで8着になるということはダート適性のなさと思います。

今までの結果は
芝1600m未満[0-0-0-4]
芝1600m[1-1-0-1]※着外は高倉のアホ騎乗
ダート[0-0-0-3]
というもの。

ハービンジャー産駒ということも含めて、芝1600m以上を使うのが一番良いのではないでしょうか。
素直に今までの結果を見てレース選定をして欲しい。ただそれだけを祈ります。
「展開の助け」ではなく「適条件の選択」が一番大事ですよ。
一日でも早く考え違いに気がついて、適条件で教育していって力を発揮できるようにして欲しいです。

◆クラシックリディア
3/12  石坂厩舎
12日の中京競馬ではスタートを決めて内を見ながらジワッと3番手追走。そのまま直線を向いて抜け出しを図るが、最後は踏ん張りきれず8着。
「距離が短くなったこともあって、道中は前走より力まずに進められたのですが、終始前に壁がない状態ということもあってか、最後は思ったより踏ん張れませんでした。距離自体はこのぐらいの方が運びやすいのですが、気分良く行き過ぎたかもしれませんし、もう少し道中で脚を溜めるように乗れれば粘りも違ったはずです。うまく運ぶことができず申し訳ありません」(坂井騎手)
「外から被されたりしない分外枠はいいのではないかと思ったのですが、結果的には気分良く行き過ぎた感じで、最後は苦しくなってしまいました。パタッと止まってはいないので道中もう少し気負わずに行ければまた違うのでしょうが、なかなか難しいですね…。ダートは悪くないと思うものの、何か展開の助けなども必要なのかもしれません」(石坂師)
外枠からすんなりいいポジションで運べたのですが、外、外を回って息を入れるポイントもなく直線を向いてしまいましたし、最後は粘りきれませんでした。何か展開などの後押しがあれば勝ち切れるだけの走りも見せてきているだけに、いい条件を考えていきたいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)

この土日の競馬は最悪な結果でした。

山あれば谷ありなのは重々承知。
気分入れ替えて早く山が来てくれるように、さっさと次週の特別登録についてエントリーしちゃいます(笑)

サーブルオールが幕張ステークスに特別登録しました。


aaaaa_201703122046347b7.png


阪神の但馬ステークスにも特別登録はするかと思っていましたがしませんでしたね。
ま、戸崎を確保しているということからもこれと決めたのでしょう。

フルゲート割れの登録数ですがメンバーは結構揃いますね。
但馬ステークスと両方に登録している馬が少ないので、ほぼ幕張ステークスに出るということでしょう。

現級勝ち実績のあるキャンベルジュニア@堀、前に洞爺湖特別で負けたバイガエシ、他にも強そうなメンバーが。あ、NZTで先着されたストーミーシーもいますね。

ここで勝ち負けできればオープンでもやれると思います。骨りゅうも出たりとこの中間スムーズではなかった中で4ヶ月半の休み明け。普通に考えたら厳しい条件ですけどね。マイティーゴールドが惨敗し、クラシックリディアが血迷ったレース選定をされている今、4歳世代を引っ張るのはサーブルオールしかいません。頑張って欲しいです。

◆サーブルオール
3/12 萩原厩舎
19日の中山競馬(幕張S・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて15頭の登録があります。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
アカネイロの引退が決まったので結果エントリーとは別にエントリーしてしまいます。

うずしおステークスは前走同様レースの運び方自体に工夫も今までの経験も全く活かしていない無駄なレースになりました。やはり今年の3戦は無駄であり、繁殖入りするなら引退して母になる準備をしていたほうが良かったですね。前にも書いた通り寒い時期がダメなことも分かっている馬ですから。
ま、そんなことを書いてもこちらは何も出来ませんから意味は無いのですが。

一番近くにいる調教師が馬のことを第一に考えて色々決めるべきですが、このお坊ちゃんは馬のことを考えるということは殆どできないことがわかりました。過去のことも考慮するとかありませんしね。特にアカネイロに関しては。
NG判定してますし、今後お世話になることはほぼ無いでしょう。


アカネイロのことを。

1200万円の募集価格で特別3勝を含む4勝してくれました。苦手な京都で走る機会がもっと少なけれれば、そして今年の無駄な3戦が無ければ、[4-4-2-15]という戦績はもっと良い輝かしいものだったでしょう。獲得賞金7200万円超えも立派です。2015年夏の函館、札幌での競馬は本当に素晴らしかったと思います。栗東坂路で速い時計を計時出来る、スピードもパワーもある馬だったと思います。
繁殖入り前に詰めて使った反動が繁殖入りして産駒のデキに影響しなければ良いなと、今はそればかりが心配です。

3代前にサンデーサイレンスが入る形になるのでサンデーサイレンス直仔を付けることは基本的に出来ないと思われます。サンデーサイレンスが3代前になるようにして3×3にするか、キングカメハメハやルーラーシップなど入らない形にするかですかね。さて、ノーザンFは何を付けるかな?

心配はありますが、産駒を楽しみに待ちたいと思います。
アカネイロ、お疲れ様でした。
(産駒が坊っちゃん預託予定になりませんように!)

d7d49d91201641182629ec1b816c9bf.jpg
359197cb20152982629ec1f500748d.jpg

◆アカネイロ
3/11  引退
11日の阪神競馬では好スタートから道中は積極的に2番手から進めたが、直線で追い出してからは伸び切れず10着。
「道中は遅いペースの中をちょうどいいポジションで進めることができたと思います。ただ、使える脚が一瞬しかなく、直線で追い出してからはなかなか伸び切れませんでした。それにもうちょっとうるさい印象のある馬が、今日は非常に落ち着きがありましたし、もしかすると精神的な部分が影響しているのかもしれません。今回がラストランの予定だと聞いていたので、何とかいい競馬をしたかったのですが…。申し訳ありません」(北村友騎手)
「全盛期はもっと元気が有り余って危なっかしいくらいなのですが、今日は妙におとなしく、遅い流れでも折り合って運べていました。道中はスムーズだったわりに追い出してから伸びませんでしたし、馬がこの後のことを考え始めているのか、もう走る方へと気持ちが向いていないのかもしれません。なんとかオープンに上げたかっただけに大変申し訳ありませんが、支えてくださった会員の皆さまには本当に感謝しております。これまでご声援いただき、ありがとうございました」(清水久師)
約1年ぶりの勝利でラストランを飾りたいところでしたが、残念ながら直線は伸び切れませんでした。しかしながら、レースを終えて上がってくる時は脚元を含めて特に馬体の異常が見られなかったことは何よりです。6歳3月という牝馬の引退時期でもあることから、ここで競走馬登録を抹消することになり、引退後は繁殖として第2の馬生を過ごす予定ですが、きっと母親を上回るような子供を産んでくれることでしょう。これまで長い間ご声援いただき、ありがとうございました。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
aaaaa_20170310232459be7.png


身元引受調教師を引き受けたということもあるでしょうけど、今週の堀厩舎出走馬は全てシュタルケ鞍上。
折角の高い勝率、連対率もこれで下がってしまいますね.....
どれもそれなりに人気になる馬だとは思うのですが。

潔いといえばそれまでですが、身元引受人とかって裏で何か力が働いているんでしょうかね....




今年最初のロンジンワールドベストレースホースランキングでネオリアリズムは日本馬2位タイ。
世界で17位タイとなりました。
中山記念勝利でのもので、マカヒキと並んでいます。

公式コメントを見る限りレースに使うにはまだまだという感じに見えますね。
特に「毛ヅヤが冴えない状態のまま」という点は気になります。
まだハッキングだけということですし。

この状態だと大阪杯は自重、ちょっとしがらきに出して香港が本線かなと思います。
大阪杯はなんだかんだ言ってもサトノクラウンも出るわけですしね。

ただ、このレースはキャロットからはステファノスも出そう。金鯱賞の結果次第なんでしょうけど、過去香港G1で2着に来た実績もありますしこの馬も今年こそG1馬にっていう思いは強いでしょう。そういえばこの馬もシュタルケが乗ったことがあるんですね。G2でシュタルケで3着.....それだけでも強いって分かります(笑)

いずれにしても体調が早く上向いて欲しいなと思います。

リアファルは厳しい決断をされそうなので、ネオリアリズムとエピカリスに引っ張っていってもらわないといけません。

◆ネオリアリズム
3/9  堀厩舎
8日、9日は軽めの調整を行いました。
「レース後の疲労回復を図っているのですが、良くなってきている部分とそうでない部分とがある状況です。良くなっている部分は負担のかかりやすい背腰です。しっかりとケアを行っていることもあり体のこなしは良くなってきていますから、現状回復してきていると言えるのではないかと思います。一方で毛ヅヤは冴えない状態のままなんです。このあたりを見ているとやはりドバイへ行かないという判断をして良かったかなというのが正直なところでもあります。それに、今はまだ坂路に入れていなくて馬場でのハッキングに留めている状況のため、余計に今日の時点で判断するのは難しいです。もう少し様子を見てこのまま在厩で大阪杯を目指すのか、間を取って香港もしくはそれ以降に目標を置くべきか検討させてください」(堀師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)


今週は4頭が出走です。
リアファルの分まで頑張ってもらいたいです。

3/11(土) 阪神10R アカネイロ(北村友)
3/11(土) 中山11R ヴィルデローゼ(内田)
3/11(土) 中京12R マイティーゴールド(戸崎)
3/12(日) 中京07R クラシックリディア(坂井)


◎アカネイロ
前走らしさが全く見られず、もう引退で良いと思っていたアカネイロですが、もう一戦となりました。

頭数は今回も落ち着きましたが、アルジャンテやジュールポレール、ラベンダーヴァレイ、ロイヤルストリートのディープインパクト産駒、二代目オートクレールなど外回りに合う末脚自慢も多く、悲惨な戦績でここに挑戦する理由も全く見えません。

結果を期待するのは酷ですし、無事に繁殖入り出来るよう、無事に戻ってくることだけを祈りたいと思います。
鞍上自体期待できませんから。

◆アカネイロ
3/9  清水久厩舎
11日の阪神競馬(うずしおS・牝馬限定・芝1600m)に北村友騎手で出走いたします。

3/8  清水久厩舎
8日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-39秒2-25秒4-12秒2)。
「この中間、乗り出してからも特に疲れを感じることもなく、馬は変わらず元気いっぱいです。これならば今週の牝馬限定戦に使っていけると判断し、特別登録をさせていただきました。もう体は仕上がっているので、今朝は坂路で馬なり程度。ラストの反応だけ見ましたが、相変わらず抜群の動きでした。間隔は詰まっていますが、強い調教はしないで済むのでむしろフレッシュな気持ちでレースに向かえるんじゃないかと思います。おそらくここが引退前最後のレースになるでしょうし、この馬らしい走りをお見せできるように競馬の日まで手を尽くしていきます」(清水久師)
11日の阪神競馬(うずしおS・牝馬限定・芝1600m)に北村友騎手で出走を予定しています。



◎ヴィルデローゼ
アネモネステークスとフィリーズレビューで両睨み、結果的にアネモネステークスになりました。

枠は2枠4番。
後入れということも含めてこれ以上ない枠でしょう。
あとはスタートを決めてくれれば.....というところ。ウッチー頼みますよ。

netkeiba.comのという前提ではありますが、人気どころはヴィルでローゼより外。
1番人気想定ディアドラはシュタルケなのに人気なんですね......飛んで欲しいな(;・∀・)
重賞勝ち馬ライジングリーズン、リエノテソーロは7、8枠と外ですし、スタート決めてスムーズならチャンスありそうです。

決して桜花賞というタイプではないと思うのですが、この時期ですから挑戦したいのであれば挑戦すべきですし、ここでの結果次第で今後が決まるでしょうから、全力投球してほしいですね。

追い切りもなかなか良いと思います。

2017.03.08 助手 栗東坂良 53.7 - 39.2 - 25.3 - 12.2 一杯に追う
2017.03.01 助手 栗東坂良 52.9 - 38.5 - 25.3 - 12.8 馬ナリ余力
            タッチングスピーチ(古オープン)一杯を0.1秒先行0.1秒先着

体重、あまり減ってないと良いな。

◆ヴィルデローゼ
3/9  石坂厩舎
11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に内田騎手で出走いたします。

3/8  石坂厩舎
8日は栗東坂路で追い切りました(53秒7-39秒2-25秒3-12秒2)。
「先週お伝えしたとおり、フィリーズレビューにも登録させていただきました。両方登録している馬も多く、現段階ではどちらに行っても抽選にはなると思うので、想定などでよく相手関係をチェックしてギリギリまで考えるつもりです。馬の状態で気になるところはないですし、なんとかチャンスを掴みたいですね」(石坂師)
「今朝は坂路で終い重点に追い切りました。前半は無理をさせず残り1ハロンで追い出したのですが、道中タメが利いていたので反応はとても良かったです。もともとは使いつつ良くなるタイプかなと考えているのですが、休み明けでもしっかりと乗り込んできて週を追うごとに動きに迫力が出てきましたよ」(松岡助手)
11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に内田騎手で、もしくは12日の阪神競馬(フィリーズレビュー・牝馬限定・芝1400m)に出走を予定しています。



◎マイティーゴールド
こちらは逆に8枠16番と大外枠になってしまったマイティーゴールド。
スタートしてそれなりの距離があることから内外の差がそれほど無さそうな印象がありますが、スタートを決められるかが重要なポイントですね。追って伸びる印象はなく、ジワジワとという感じなので、逃げ・番手で競馬することが前提になると思います。

逃げ馬自体はそれほど多くないですが、タマモアルムは逃げたいでしょうし、枠を利してチャオ、ウエヲムイテアルコあたりも前に行きそうです。

2017.03.08 助手 美南W稍 83.4 - 68.1 - 54.1 - 40.5 - 13.6(9) 馬ナリ余力
2017.03.05 助手 美南坂良 56.4 - 40.5 - 26.2 - 13.2 馬ナリ余力
2017.03.02 助手 美南W稍 68.5 - 53.5 - 39.5 - 13.5(9) 一杯に追う

と、追い切りがあまり良くないんですよね。
最終追い切りは意識的にリズムを優先させた調整ということで時計には反映しない何かがあったのかもしれませんが。
勝った前走同様に最終だけでも戸崎が乗ったら良かったのでは?とは思いますね。

喉の心配がついて回る馬なので素質どうこうではなく力を発揮できるかがポイント。
見どころあるレースを、そして、喉が問題ないことを期待したいです。

◆マイティーゴールド
3/9  尾関厩舎
11日の中京競馬(瀬戸特別・ダ1800m)に戸崎騎手で出走いたします。

3/8  尾関厩舎
8日は美浦南Wコースで追い切りました(83秒4-68秒1-54秒1-40秒5-13秒6)。
「先週は終いがちょっと甘くなっていた分物足りなさを感じましたから、今週の追い切りはそのあたりをしっかりと見なければいけないと思っていました。今回も先週と同様に単走にして自身のリズムを大事にして追い切るようにしました。先週よりもちょっとかかりそうな雰囲気があり、少しペースが速いかなと思える行きっぷりだったので直線はゴール前に少しだけ仕掛けるよう指示を出したんです。それでもかったるくなるのかなと思っていたのですが、いざ動かしてみると手応え、脚取りはまずまずでしたね。あまり力んでしまうとお釣りがなくなり、息遣いも苦しくなってしまう可能性はあるのでしょうけれど、今日のような感じでギリギリ我慢ができて終いを伸ばすことができれば悪くない走りができそうですね。鞍上は前回に続き戸崎ジョッキーにお願いをしていますので、いいイメージを持って臨めるでしょうし、このクラスに入っても格好のつく走りを見せてもらえたらと思っています」(尾関師)
11日の中京競馬(瀬戸特別・ダ1800m)に戸崎騎手で出走を予定しています。



◎クラシックリディア
前走微妙な結果だったこともあり血迷ったダート参戦3戦目のクラシックリディアです。
ほとんど書くことはありません。

続けて使ってきているので馬なり調整ですが全体時計はなかなかです。

2017.03.08 助手 栗東坂良 52.3 - 38.1 - 25.4 - 13.0 馬ナリ余力

調子は良さそう。だからこそ、芝を使って欲しかった。
戦前からこんなことは書きたくないですが、結果は出ないと思いますしただただ残念です。

◆クラシックリディア
3/9  石坂厩舎
12日の中京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に坂井騎手で出走いたします。

3/8  石坂厩舎
8日は栗東坂路で追い切りました(52秒3-38秒1-25秒4-13秒0)。
「この中間も順調に乗り込んでおり、レース直後に比べると普段からリラックスした様子でピリピリした雰囲気はなくなっています。今朝は坂路で強めに追い切りましたが、スタートからスピードに乗った走りで好調だと感じましたし、追い切り後のカイバ食いも良好で体調面の不安もありません。前走は小回りでしぶとさを見せてくれましたが、本質的には1400mぐらいの距離の方が合うタイプですし、スムーズならもちろん楽しみです」(松原助手)
12日の中京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に坂井騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
前回は左前、今回は右前。

でも、多分同じように腱鞘炎でしょう.....

右も左も腱をやっているということであれば、完治するものではないということも踏まえ、かなり厳しい状況と思います。

レース中にやらなかったことを幸と考えることも出来ますが、やはり凹みます.....
旅に出ようかなと思います。

◆リアファル
3/8  音無厩舎
「今朝は坂路で追い切って4ハロン51秒9というタイムだったのですが、調教から上がってくる時の歩様がおかしくて、右前脚を押さえるような格好をしていたんです。すぐにレントゲン検査を行ったのですが、骨には異常がありませんでした。朝のうちに獣医や装蹄師に脚元のチェックをしてもらいましたが、原因が蹄なのか骨なのか腱なのか、はっきりしたことが分かりませんでした。午後になって改めて膝回りのレントゲン検査とエコー検査を行いましたが、やはり骨折の所見はなく、腱の損傷もありません。ただ、膝の裏が熱っぽいので、前回傷めた左前脚同様、腱鞘炎の可能性は否定できません。週末に詳しい検査を行う予定で、残念ですが今週の金鯱賞は回避させていただくことになります。直前でこのようなことになってしまい、大変申し訳ありません」(音無師)
11日の中京競馬(金鯱賞・芝2000m)は回避する予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
小ネタ2つ目。
来年のJBCは地方競馬場ではなく、京都競馬場で開催するとのこと。

JRA:平成30年のJBC競走の実施競馬場等について
http://www.jra.go.jp/news/201703/030602.html
netkeiba.com:JBC競走来年は京都競馬場で開催 初のJRA主催
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=119669


うーん、理解できません。


NAR理事が「JBCの永続的な発展を図りたい。JRAのファンには地方競馬にもっと目を向けてほしい。連携を進めるためにも主催者の総意でJRAでの開催をお願いした」と説明したそうなのですが、地方競馬に目を向けるために中央の競馬場でJBCをするというつながりが見えません。京都でJBCを行えば地方競馬に目を向けるのでしょうか?
単純に中央の番組に組み込まれるだけだと、「JBC○○というG1が1日に3レース開催される京都開催の日」で終わるでしょう。
なんかピントがズレている気がしてなりません。




天栄調整中のピンクブーケですが、「中京の最後あたり」という具体的なコメントが出ました。

中京最終とは
 2017.03.26 500万下 中京 芝2000m 牝馬限定戦
ですね。

距離はもう少しあっても良さそうですが、良い条件と思います。
あと2週間ちょっとしかありませんが、しっかり仕上がるかな?天栄での調整もそれなりに負荷はかけてますけどね。
今日明日には帰厩の声が聞けるかなと思います。

鞍上は内田でしょうか。ローカルだと上位の騎手ですし一度勝ってますから成績的には良いのですが、スタートが下手ということと、前走の敗戦理由の一つは彼の位置取りだと思っていますので、そう考えるとどうかなとも思ったり。ま、正直普通に乗れば誰が乗っても500万ならスパッと勝ってくれるとも思っているんですけどね。そういう意味では続けて乗ってくれたほうが良いかしら。レースまで間もないですから、帰厩直後のコメントで鞍上までアナウンスありそうですね。

ポンポンと勝って欲しいです。

◆ピンクブーケ
3/7  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この1週間で大きく変わることはなかったですし、順調に来ることができています。まだ移動の日程は決まっていませんけれど、今週末か来週くらいには声がかかるのではないかなと思っています。小西調教師とは行ければ中京の最後あたりを考えていきましょうという話にもなりましたので、移動がスライドする場合はその分こちらでしっかりと乗っていかなければいけないと考えています」(天栄担当者)

2/28 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も大きなトラブルなく来ていて、今のところ順調ですね。今朝もしっかりと調教を行ったのですが、小西調教師が来場されたので見ていただき、行けそうならば来週あたりに入れて競馬を考えてもらう方向で相談をしたところです。引き続きしっかりと調整をしていき、より良い状態でバトンタッチしたいですね」(天栄担当者)

2/21 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じわじわと乗り進めていますが、今週からは坂路調教の際に3ハロン40秒ほどの時計も出し始めています。少しずつ調教を強めていて、それに馬が応えてくれるかどうかを見極めているところでもあります。このまま進めていくことができれば3月末から4月くらいの競馬を考えられそうですし、状態をよく見極めて小西調教師と相談をしていきたいと考えています」(天栄担当者)

2/14 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も悪くない様子なので、調教もそれなりに負荷をかけてじっくりと行っています。基本的には14-14あたりのペースで乗るようにしていますが、動きはまずまずです。これから徐々に負荷を高めていくつもりでもいますし、少しずつ仕上げていきたいですね。馬体重は525キロです」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
小ネタがチラホラ出てきてますが、まずはこれ。

新設G1の大阪杯の優勝馬にアイルランドチャンピオンステークスの優先出走権が付与されるそうです。

JRA:大阪杯(GI)優勝馬に対する愛チャンピオンステークス(G1)への優先出走権付与について
http://www.jra.go.jp/news/201703/030603.html


で、これは良いことなのかと考えてみました。

JRA理事長は大層なことを言っていますが、9月頭に開催されるG1への優先出走権を付与した場合、その馬にどのようなローテを組ませようとしているのでしょうか。ここに出走するよう調整された馬は、基本的に天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念のローテは組むことができなくなると思います。そんなステップレース的な感じで勝てるレースじゃないでしょう。

それと、斤量が日本馬では経験しないような斤量(牡馬60㌔、牝馬57㌔)であることも、どうせ出走しないだろうなというポイント。このレース、3歳馬は牡馬57.5㌔、牝馬54.5㌔の斤量となりますが、大阪杯自体古馬しか出走できないわけで、日本の3歳馬に優先権は付与されません。「出てみたい気持ちは多少あるけど、60㌔じゃ負担が有り過ぎて避けたい」と思われるのが見えています。

ただ単に優先出走権を付与するのでは意味がありません。総合的に考え、それが日本競馬に良いと思えることをやって欲しいです。出走できるレースをちょっと増やすという単純な考え、単発の優先出走権だけでは意味をなさないことを理解して欲しいのですけどね。
お役所って頭が良い人がたくさんいると思うのですが.....




で、そのアイルランドチャンピオンステークスが出資馬の中で一番合いそうなネオリアリズムについて。
勿論、大阪杯勝っても60㌔背負うなら出ないで欲しいです(;´∀`)

ドバイターフ、大阪杯、香港の中から次走を選ぶということを中山記念後のレクチャーで話されていたということですが、ドバイターフの線は無くなりました。
(そういうことで、上の心配をしている訳です)

ドバイターフは思ったよりメンバーが揃わないことになりそうとのこと。堀師がここまで悔しがるのってそうそう無いだろうなって思える事を考えると、本当に行きたかったんでしょうね。それだけのメンバーであれば、中山記念で下したリアルスティールやヴィヴロスが勝つチャンス、相当あるじゃないでしょうか。上記2頭が好走した際は、「出走していれば....」と思わずに入らないんでしょうね。今クールのドラマ「タラレバ」じゃありませんが。


ドバイターフの線が無くなったということで、状態次第で大阪杯か香港が候補に。

大阪杯は同厩サトノクラウンがデムーロと思っていたら鞍上未定に。

サンスポ:サトノクラウン大阪杯参戦
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170301/ope17030114330006-n1.html

もしかして、ネオリアリズムが出走できるならデムーロとということなのでしょうか?


そうだと良いのですが、今回短期免許のシュタルケの身元引受調教師が堀師であるということがとても気になります。弥生賞を見ても相変わらず下手くそという印象は拭えないシュタルケがネオリアリズムに乗る可能性が否定出来ないのが懸念点です。正直、シュタルケはティータンレベルと思ってますし、乗ってほしくない騎手。シュタルケが乗るくらいなら日本人に乗ってほしい。日本人でネオリアリズムを御せるかという問題もありますが.....^^;

レース選定は堀師がネオリアリズムのことを考えて結論出してくれるから心配していないのですが、騎手だけが本当に心配です。安心して任せられる騎手で発表されるまで夜も眠れません。

b72f4902201722782629ec1900da9ff.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ネオリアリズム
3/2  堀厩舎
1日、2日は軽めの調整を行いました。
「馬の状態に合わせて仕上げを進めていき、出走の判断もしましたので、しっかりと結果を出すことができて良かったです。良い勝ち方でもありましたし、今年6歳ですからどこかでG1を勝たせてあげたいという気持ちがあり、昨日の段階ではドバイへ向かいたい考えも持っていました。有力と見ていた外国馬が使わなくなりそうで、とても魅力的なメンバー構成に思えたのがドバイターフでしたから、状態さえ良ければ狙いたい気持ちでいました。しかし、状態を確認していると走ったなりに疲れがあって毛ヅヤがもうひとつで、歩様も硬く見せました。これが上向いてくるようであれば良かったのですが、昨日、今日と比較するだけでも今日のほうが雰囲気が良くありませんでした。生気が足りないのを見るとやはりそれなりに走ったということなのでしょう。ガタッと来ているまでではないのですが、これからドバイ遠征を敢行しようとするとまず検疫に入り、それからドバイに輸送という流れになります。2回大きく環境が変わりますし、疲労を回復させて競馬までにいい状態へ持っていこうとするには期間が足りなさすぎます。前走時の状態を維持することも難しいと思え、この状況で無理して遠征して体調を壊したり、どこかおかしくしてしまうかもしれないリスクを考えるとドバイに関しては控えるべきではないかと考えました。魅力的と思っていただけに苦渋の決断ですが、辛抱強く接していけばいつかチャンスは来るはずなので、今回のドバイは見送ることにしました。今後については流動的で回復具合によります。まずはこのまま手元において様子を見ていきたいと思っているものの、直近に目標となりえるレースはまずは大阪杯になるでしょう。大阪杯までの期間でも万全な状態へ持っていくのが難しいとなれば次に春の香港国際競走が候補に上がってきます。そのどちらも難しいと思えればその時に改めて目標を設定していくことになりますが、まずは今後のことを考えていくうえでも現状での状態把握、馬体のケアに努めていきます」(堀師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今週の特別登録は4頭です。
ひとくちコメントを付けて。


無事に繁殖入りしてくれれば。
鞍上も鞍上だけに期待薄。

◆アカネイロ
3/5  清水久厩舎
11日の阪神競馬(うずしおS・牝馬限定・芝1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて14頭の登録があります。



リアファルはフォトパドックに登場しませんでした。
今回は空気扱いでしょうかね。
前走の下がりっぷりを見ると致し方ない評価とは思いますが。

前走から絞れるか?出来る限りスローで逃げられるか?がポイントになりそうです。
騎手会長が逃げるんだから突かないでくださいよ。

そして、ギャンブルジャーナルから一つ。

Gambling Journal:逃げの職人・武豊に託されたかつての「超新星」リアファル復活のカギを握るのは"天才"による特別な魔法ではなく「正攻法」だ
http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2757.html

◆リアファル
3/5  音無厩舎
11日の中京競馬(金鯱賞・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて18頭の登録があります。



調教が手術前より良かった前走と変わって、手術前と同じようになちょっとチグハグな追い切りが続いているので心配。
前走同様、うまく先手を取れれば良いのですが。

◆マイティーゴールド
3/5  尾関厩舎
11日の中京競馬(瀬戸特別・ダ1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて30頭の登録があります。



体重が微妙のようなのでフィリーズレビューでも良いと思うんですけどね。
1勝馬の枠は、数としてはアネモネ>フィリーズ、率としてはアネモネ<フィリーズのようですね。
今回の結果次第でしっかりダートで地に足をつける作戦もありだと思いますが、意思を曲げない師なのでその点は不安。

◆ヴィルデローゼ
3/5  石坂厩舎
11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)と12日の阪神競馬(フィリーズR・牝馬限定・芝1400m)に特別登録を行いました。アネモネSはフルゲート16頭のところ本馬を含めて28頭、フィリーズRはフルゲート18頭のところ本馬を含めて25頭の登録があります。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
UAEダービー前哨戦 Al Bastakiya はコスモチャーリー(Cosmo Charlie (USA))が勝利。





結果は以下のサイトで見れるはず。

ERA Racing:Race Results Meydan Racecourse, Super Saturday, 04 March 2017
http://www.emiratesracing.com/node/6?id=2785

勝ち時計は1:58.87。

UAEダービーがメイダン競馬場ダート1900mになってからの勝ち時計はwikipediaによると

第16回 2015年3月28日 南アフリカ共和国 Mubtaahij 牡3 1:58.35 C.スミヨン M. デ・コック
第17回 2016年3月26日 日本 ラニ 牡3 1:58.41 武豊 松永幹夫

とのことで、ステップレースらしく時計は本番よりちょっと遅いような感じでしょうか。

なかなか軽快な逃げで、逃げた時のエピカリスにちょっと被るような感じがしました。
エピカリスも逃げたほうが強さが出る気がしますし、UAEダービーでは逃げても良いかと思っていましたが.....
同型がいると厄介ですね(;´∀`)


で、この Cosmo Charlie に UAE 2000 Guineas で勝ったのがサンダースノー(Thunder Snow (IRE))。



ERA Racing:Race Results Meydan Racecourse, Saturday, 11 February 2017
UAE 2000 Guineas Sponsored By District One Mohammed Bin Rashid Al Maktoum City
http://www.emiratesracing.com/node/6?id=2780&tab=4#

この時は Cosmo Charlie は逃げてませんね。
Al Bastakiyaで逃げて開眼したか、距離延長が良かったか、それともレースレベルが低かったのか....^^;

本当に海外競馬、海外馬は分かりませんね(;・∀・)
去年は7頭立てでしたが、今年は出走馬が多そうな気がします。
勘ですが。


頭数が多くなっても結果的にライバルは日本馬だったりするかもしれませんね。
また、環境が変わること、そして、馬場が最大の敵かもしれません。


尚、エピカリスは天栄にいますが遠征前の大事な時期ということで見学はお断りしているようですね。
会いたいと思われる方が多いのも理解できますが、それが良いと思います。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ちょっと前の記事になりますが、フランスでは女性騎手にアローワンスを与えることなったようです。

公益財団法人 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル:女性騎手に2キロのアローワンスを適用(フランス)【開催・運営】
http://www.jairs.jp/contents/w_news/2017/2/1.html

日本では、中央では藤田菜七子騎手、地方でも数名女性騎手がいます。
勝負事なのだから男女で差をつけるべきではないという意見もありそうですし、それも一定の理解は出来ますが、結果を残すことが厳しい女性への配慮ということがあっても良いのかなとも思います。

「1年~2年後に状況の変化を確認し、その効果を評価することができます」と書かれていますが、しっかりと評価し、その結果を自国だけではなく世界へ発信し影響を与えていってくれれば良いですね。




前走低レベルの一戦で中途半端な結果だったクラシックリディア。

懸念していた通りダートで続戦です。
そして、距離も短縮.....(;・∀・)
絶対に良い結果が出る訳がありません。
恐らくは被されないようにと脚を使って位置取りをして、直線向くときには脚が無いことでしょう。

「距離は1400mぐらいの方がレースもしやすいでしょう」とコメントしてますが、そう考えているならなぜ前走1700mを使ったのかが分かりません。そう考える理由を説明する義務はあると思うのですが。別に細かいところまでは求めません。「前走距離延長してみて1400mの方が魅力的に感じた、良さが出た」でも構わないと思います。ま、単純に結果だけを見れば1400mは垂れて14着、1700mはなんとか踏ん張って4着と、1400mが良いと考えられる理由にはなりませんが.....

巷では、「期待していたけど思った結果が出せていない、でも、血統的に預かり続けるしか無い馬に対しての扱いは良いものではない」と師は言われていますが、実際そう思われても仕方ないようなことはしていると思います。

まだ4歳ですから、しっかりとこれから良い条件を使ってレースを覚えさせれば一皮剥ける可能性はあると思うのです。そういう意味でハービンジャー産駒にダートを使わせるような愚かなことはやめて、芝でスムーズに先行できるような馬に育て上げて欲しいと願います。

結果は出ないと思いますが、いっそのことダメだったら転厩していただいて心機一転でも構わないと思います。変に石坂厩舎でダートを使い続けられるよりはセカンドオピニオンではありませんが、違う視点からクラシックリディアを見てもらって適条件を探って欲しいです。

◆クラシックリディア
3/1 石坂厩舎
1日は栗東坂路で追い切りました(57秒5-42秒8-27秒8-13秒9)。
「今朝は坂路で15-14程度の時計を出しました。一度使って少し気持ちも余裕が出てきたのか、楽に折り合って走れていましたし、状態は良さそうですよ。前走はかなり行きたがっていましたが、それでも4着には踏ん張っていましたし、距離は1400mぐらいの方がレースもしやすいでしょう。見ている限りダートの走りっぷりは悪くないので、この条件でなんとか勝ち切って欲しいと思っています」(石坂師)
12日の中京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に出走を予定しています。

2/22 石坂厩舎
22日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、前々で進めて最後は手応えも怪しく感じたのですが、よく踏ん張ってくれました。ここで優先出走権を確保してくれたのは大きいですね。馬体は減っていましたが特に細く見せてはいませんし、もともとこのぐらいの体重で走っていた馬でもありますから、それほど気にする必要はないでしょう。今のところは中京開幕週を目指していくつもりでいます」(石坂師)
3月12日の中京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)を目標にしています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)