Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

Gambling Journal:JRAが3歳ダート路線をついに「大改革」へ?ヒヤシンスSの重賞格上げへ武豊騎手が「3歳ダート路線にきちんとした道ができていない」と指摘
http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2596.html

ユタカがコメントしても特に変わらないと思いますけど.....変わるならもっと言ってもらわないといけないことたくさんありそうですね。

この本文中「今年から米ケンタッキーダービー(G1)への優先出走権を巡るポイントレースとなる『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』が新設されるなど、決して世代限定のダート路線を蔑ろにしているわけではない」とありますが、この取組が日本競馬の3歳ダート路線を整備することに繋がるとは思えないのですが。

問題視しているのは、日本の中でしっかりとした路線整備が出来ていないということ。
強い馬は外に行け。
日本は今のままで良い。
そのために海外レースの権利を与えるポイントは今のレースで与えてやる。
そんな感じに見えて仕方ありません。

前にも書きましたが、トップが「番組の中核は、あくまで日本ダービー」「2歳から3歳春まではダービーを中心とした番組編成をすることは当然」と話している以上、誰が言っても変えるつもりは毛頭ないと私は思います。




今週は3頭が出走です。

2/18(土) 小倉04R ハイレートクライム(加藤)
2/18(土) 小倉06R クラシックリディア(坂井)
2/19(日) 東京09R エピカリス(C.ルメール)


◎ハイレートクライム
前走ダートながら逃げて2着と前進を見せたハイレートクライム。
今回は芝に戻して更に距離短縮、芝1200mへの出走となります。

追い切り動くようになってきましたね。時計もなかなか良いですしラップもキレイに出せるようになってきて成長を感じます。

2017.02.15 助手 栗東坂良 53.4 - 38.6 - 25.2 - 12.5 馬ナリ余力
2017.02.08 助手 栗東坂重 53.3 - 38.9 - 25.0 - 12.5 強目に追う

あとは師がかなり気にしているゲート次第でしょうか。当然ゲート練習をしっかりしてレースに臨んでくれると思いますが.....^^;逃げないにしても1200m戦ですから、五分に出て良い位置でレースを進める必要があるでしょうし、うまくスタート決めましょう。相手は馬券圏内に来たことがある馬なんでしょうね。とはいえ、これという馬もいませんし勝ち負け出来るはずです。ここで決めたいですね。

データを見てて不安は鞍上の芝成績の悪さ。
芝:511戦16勝、ダート:674戦52勝。
その差は歴然.....この点は不安だ。

◆ハイレートクライム
2/16  庄野厩舎
18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)に加藤騎手で出走いたします。

2/15  庄野厩舎
15日は栗東坂路で追い切りました(53秒4-38秒6-25秒2-12秒5)。
「先週ビッシリやって、その後はちょっと気合いが入りすぎたせいかカイバ食いが不安定な時もあったのですが、すぐに落ち着いて問題ありません。もう馬体はできていますし、今朝は終いの反応を見る程度でしたが、馬場が良かったこともあって楽に好時計が出ましたよ。状態はとてもいいですし、普段はうるさいということもないので輸送も気になりません。あとはゲートを五分に出てくれるかどうかでしょう」(庄野師)
18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)に加藤騎手で出走を予定しています。



◎クラシックリディア
前走ダート適性の無さを見せたと思っていたのですが、師は適性はありそうと判断。無駄になる気がしてならないダート2戦目です。

やれば時計は出るという師のコメントがありますが、馬なりながらまずまずの時計は出ています。

2017.02.15 助手 栗東坂良 53.6 - 39.1 - 25.4 - 12.8 馬ナリ余力
2017.02.08 助手 栗東坂重 55.9 - 41.1 - 26.7 - 13.7 馬ナリ余力

確かにレースで気負わないようにソフトに仕上げたのはクラシックリディアにとっては良い方向に出そうな気はします。

メンバーは低調。勿論クラシックリディアを含めて。どんなにメンバーが低調でもダートのハービンジャーはダメダメですし、前走逃げて垂れたところを見ている身としてはダートは絶対に合わないと考えますし、このレースは相手云々関係なく期待してはいけないと思っています。

ただ、距離は初めて1600mを超えるものですし、1200mに比べたら良いとは思うので、スローでじわっと逃げられれば前走よりは粘れるんじゃないかとも思います。その辺さじ加減が難しいと思いますが坂井騎手に上手くやってもらいましょう。

勝ってごめんなさいと思わせるか、負けるならもうダートは使わないと思わせる結果になって欲しいです。

◆クラシックリディア
2/16  石坂厩舎
18日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に坂井騎手で出走いたします。

2/15  石坂厩舎
15日は栗東坂路で追い切りました(53秒6-39秒1-25秒4-12秒8)。
「先週もある程度時計は出ていますし、やれば時計は出るタイプなので、今朝は坂路で終いだけサッとやりました。走りやすい馬場だったこともあって楽に走れていましたが、もともとこのぐらいのタイムは問題なくマークできる馬。その分、レースに行って気負って行きたがったりするのが心配なので、ジョッキーにはそのあたりをしっかりと伝えておきます。ジワッと前に行ければベストですが、ひとつ間違えるとカーッと力んでしまいますからね。なんとか状態の良さを活かすレースがしたいと思います」(石坂師)
18日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に坂井騎手で出走を予定しています。



◎エピカリス
エピカリスの2017年初戦です。

一周前追い切り、そして日曜日の時計がかなり優秀でパワーアップした感じを見せていましたが、最終追い切りは少しセーブした軽めの調整。リズムを優先した調整とのこと。それでも外目を馬なりで長めに乗っているので負荷は十分にかかったかなと思います。

2017.02.15 助手 美南W良 84.8 - 68.8 - 54.0 - 39.4 - 12.7(9) 馬ナリ余力
2017.02.12 助手 美南W良 53.0 - 38.4 - 12.7(8) 馬ナリ余力
2017.02.08 助手 美南W良 66.1 - 51.3 - 38.0 - 12.6(8) 一杯に追う
         ロジムーン(三500万)一杯の内を0.6秒追走0.6秒先着


ギャンブルジャーナルでは「最強3歳馬」と持ち上げられていますが、それを決めるのは今回のように感じます。まだ3歳時一戦もしていませんし、何より今までの相手よりも今回の相手の方が格段に強いですからね。フェブラリーステークスに出てほしいという気持ちも分かりますが、まあ、それは外野が言っているだけと流したいと思います^^;

Gambling Journal:最強3歳馬エピカリスに「フェブラリーS(G1)に出走してほしい」の声......今週出走の「10年に一頭」といわれる大器が世界の頂点を目指す「G1級」の一戦
http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2587.html


相手は強いですね。アディラート@ユタカのスピードはやはり怖いですし、フルゲート割れしたことで普通に出れたフォギーナイト@堀&ムーア、東京ダートで良い末脚で勝ったキャプテンキング、しっかり走った時のシゲルコング、そしてモンサンレガーメあたりが相手になるかなと思います。これらの相手に3ヶ月半の休み明け、1㌔とは言え重い斤量を背負うこと、今までの3戦の中で一番指摘どころが多かった東京ダ1600mという舞台.....色々不安に感じる点もありますね。それでもエピカリスは跳ね返してくれると思います。

UAEダービーを視野に入れており、そして、その結果次第ではアメリカへ。周りが言うのは簡単ですが、走るのは馬。まずはヒヤシンスステークスでエピカリスが自分の力を出せますように、そして無事に戻ってきますようにということを祈って応援したいと考えています。

◆エピカリス
2/16  萩原厩舎
19日の東京競馬(ヒヤシンスS・ダ1600m)にルメール騎手で出走いたします。

2/15  萩原厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(84秒8-68秒8-54秒0-39秒4-12秒7)。
「先週は併せる形を採りながらしっかり動かしました。その後も順調に来ており、今朝は当該週の追い切りを課しています。今週はまわりに影響されることを避けて、自分のリズムを乱さずにしっかりと動かして整えるようにしたいと考えて実質単走の形で終いを伸ばしました。動きだけを見るとすごく良いとは言いにくい馬なのですけれど、フットワークの伸び、前進気勢は感じられましたから、そう考えると悪くはないだろうというのが見立てです。その後に行ったゲートはちょっと不安定かなと思う部分も残っており、レースへ向かうにあたって問題ないとは言い切れません。対応はしてくれると思いますが、前回の東京の時のようなこともありますからね。如何に大きなロスにならない程度にこなしてくれるかでしょう。そう考えると理想は外目の枠が当たることですね。当日までにまだ時間はありますから引き続き慣らすこと、そして少しでも落ち着いてレースへ臨めるように対策して本番へ向かいたいと思っています」(萩原師)
19日の東京競馬(ヒヤシンスS・ダ1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト