Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

2/7(火)に社台スタリオンパレードが開催されたようです。
その様子が馬市.comにアップされていました。

馬市.com:【社台スタリオンパレード2017】が開催!-Vol2(全種牡馬編)
http://blog.goo.ne.jp/umaichi_news/e/ab4bbc791c92819807b75e058ceafc68


その中の、エピカリスの父ゴールドアリュールの動画がこちら。



エピカリスのことが話されています。

・アメリカへの参戦を表明
・かなりみたことのないレベルの能力
・重賞タイトルをアメリカで獲得してくるのではないかと期待している

なんて、吹きすぎじゃないでしょうか(;・∀・)


そして、パンプキントラベルからドバイツアーの案内が。
機中泊2泊の6日ツアーで248,000円(一人部屋は+42,000円)とのことです。
年度末に6日も旅行に行ける方はそんなにいないと思うのですが、最低催行人数は15人だそうです。

ヒヤシンスステークスが2/19(日)で締め切りが2/21(火)とのこと。
案内には2/20(火)と間違って書いているのですが、流石にヒヤシンスステークスの翌日締め切りってことは無いでしょうから、2/21なのでしょう。締め切り以降はエピカリスが遠征しなくても取消料がかかる厳しい条件でのツアー。その後に結果次第でアメリカ参戦があり、そこでの費用の高さで某掲示板等盛り上がっている中、25万円以上を払って何人行くのかは注目です。
エピカリスとネオリアリズムの2頭出しなら安く感じ..........ないな(笑)


エピカリスの遠征に関し、クラブに問い合わせたことは前に書きました。
折角なのでちょっと書きます。

色々書きましたが、基本的な質問は

「会員は出資馬の海外遠征についてクラブの決定に従わなければならない規約なのは重々承知」という前置きはした上で
①出走する場合のかかる予定の費用や賞金を得た際の税金等について予備登録する際に算出し概略でも知らせて欲しい
②UAEからアメリカに行った場合、着地検疫の期間も相当伸びる等リスクばかりが目につくがどう考えているか?
③ヒヤシンスステークスを勝ったらUAEダービーを考える、そして、UAEダービーを勝ったらアメリカを考えるとしているのか?
併せて
④リスクが大きいアメリカ三冠への出走に関しては出資者の意思確認もして欲しいと心から願う
と書きました。

それに対してのクラブの回答は

①概略をメールで報告(遠征決まったら遠征概要(経費等を記載)を送るからそれを見てよのコメント有)
②回答なし
③ヒヤシンスSの内容、そして馬の状態如何にはなるものの、その後はドバイ、そしてその結果、馬の状態如何では米国への遠征を検討しているの回答
※これはドバイツアーの案内にも書いていました
④回答なし

でした。

その回答に対して更にメールで少し書いたのですが、それに対しては返信なし。
2/2にメールして、今日現在返信がないのですから返信はする気はないのでしょう。

ちなみに最後に
「エピカリスは先が長いこれからの馬と思います。萩原師も先々よくなってくる馬と評されています。遠征を考えるほどの素晴らしい馬という評価は大変嬉しいことですが(クラブにとってもそうだと思います)、3歳の若い時期に無理をしてその後に影響しないよう配慮いただけたら幸いです。
これからもたくさん勝つエピカリスを見たいです。」
と、今の遠征には基本反対の立場からチクリと書いています(笑)


で、当のエピカリス。

ヒヤシンスステークスに出走となる今週は1週前。
追い切りは一杯でしっかりとやりました。
同じ3歳のロジムーンと追い切りで追走→先着と上々。時計も良いと思います。
ゲートもちゃんと確認してくれているようですし。ハギーならしっかりと確認しつつ仕上げてくれることでしょう。

G1がある日、そしてG1と同じ舞台で走るただのオープン戦にもかかわらず、注目度はG1に匹敵するくらいの今年のヒヤシンスステークス。しばらくは日本では知らないかもしれないエピカリスを見に、東京に行きたい気持ちです。

◆エピカリス
2/8 萩原厩舎
8日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒1-51秒3-38秒0-12秒6)。
「ドバイ、アメリカ3冠レースへの登録は予定通りにさせていただきましたが、まずはヒヤシンスSです。ここで良い競馬をしないことには今後がどうこうとは言っていられませんし、来週へ向けてしっかりと調整を進めています。馬体はまだ良化の余地があると思っていますし、引き続きしっかりケアして良くしたいですね。また、負担がかかりやすいかなと見ている膝の状態も今のところは悪くありません。秋のほうが心配するところもあったのですけれど、あの厳しいローテーションのなかでもしっかり対応してあれだけの競馬をしてくれるわけですから、能力が高いということに他ならないのでしょう。リフレッシュされた今回そういった不安が少ない中で調整できることは何より良いことだと思っています。今日はしっかり動かしてみましたが、見る限りはまずまずと言えるものだったと思いますよ。その後は東京のマイル戦へ向かう上で特に気にしなければいけないと思っているゲートの練習に行きました。1回目がちょっと悪くて、2回目はまずまず落ち着いてこなせていました。ヒヤシンスSも結構良いメンツが揃っていそうですし、致命的なことになりかねませんからできる限りゲートの確認をしていこうと思っています」(萩原師)
19日の東京競馬(ヒヤシンスS・ダ1600m)に出走を予定しています。

2/1 萩原厩舎
3月25日(土)にメイダン競馬場(アラブ首長国連邦 ドバイ)で行われるドバイ国際競走(UAEダービー・ダ1900m)に予備登録を行いました。なお、今回の予備登録料は無料です。

2/1 萩原厩舎
1日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「ここまで時間をかけさせていただきましたが、脚元もある程度固まってきているかなと思えます。それにパワーアップできているかなと思えますから、今回の放牧期間は有意義なものになったのではないかなと感じています。まずはヒヤシンスSを目標にしていこうということでこのタイミングで入厩することになりました。入ってからも順調に、そして無事にレースへ向かい、良い結果を出してくれたら嬉しいですね」(天栄担当者)「ヒヤシンスSを目標に本日トレセンへ入れさせていただきました。入ってきたばかりですからまずは体調をしっかり確認していきます。体調もそうですけれど、テンションもよく観察しながら徐々に調教を始めて、心身共にうまく整えていきたいですね」(萩原師)19日の東京競馬(ヒヤシンスS・ダ1600m)を目標に調整を行っていきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト