Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

ネオリアリズムがGⅡ2勝目をあげました。

2/26(日) 小倉11R アカネイロ(北村友)→6番人気7着
2/26(日) 中山11R ネオリアリズム(M.デムーロ)→3番人気1着


■アカネイロ
馬体重は-2㌔で492㌔。
野島崎特別を勝った時など調子が良い時は500㌔程度。それに成長分も云々前に話されていたことを考えると、最近のこの体重は体調がそこまで良くないことを如実に表していたのかもしれません。

それ以上に酷いと思ったのはアカネイロのことを考えていない騎乗。

ペースが多少速いとかあるとは思いますが溜めて弾ける馬ではないことは今までの結果からも明白。なんなんでしょう、あの直線廻が来るのを余裕を持ったふうに待つ騎乗は。外から来たことに瞬時に抵抗できる馬ではありませんし、一度下がると盛り返せないのですから、あの時点で終了。

ごたごた言い訳を並べていますが、勝たせる意欲が全く見えない酷い騎乗でした。

前から書いている通り寒い時期は苦手でしょうし、これ以上戦績を汚さずに引退で良いと思います。
どうせレース選定もあまり考えずに行うでしょうし。
少しでも間隔を開けて母になって欲しいです。

◆アカネイロ
2/26  清水久厩舎
26日の小倉競馬では好スタートからスッと好位につける。淀みないペースで流れる中いい手応えで直線を向いたが、最後は踏ん張りきれず7着。
「以前乗せていただいた時は、大きくてきれいなフットワークで力強いというイメージだったのですが、当時と比べるとストライドが小さくなっている感じがしました。スタートから小脚が使えるのでスッと流れに乗れていいポジションを取れるのですが、ピッチ走法の分、適性距離も少し短くなってきているのかもしれません。ただ、今日は1~2コーナーで絡まれてしまってやや厳しいペースになったことも響きましたし、もう少しスムーズに運べれば最後の粘りも違ったはずです。うまく乗れず申し訳ありませんでした」(北村友騎手)
ダッシュ良くいいポジションで進められましたが、道中絡まれる場面もあってやや厳しい展開になってしまいました。器用に立ち回っていただけに、もう少し楽に運べていればまた違ったのではないでしょうか。今後については、まずは馬体をよく確認してから検討します。



■ネオリアリズム
馬体重は+15㌔で514㌔。若干ですがもう一絞りできそうな印象を持つパドックでした。

昨日も書いた通り、ロゴタイプをパスしてマイネルミラノと共に前に出たのが良かったと思います。あのままのペースで走っていると恐らくはダメだったでしょう。マイネルミラノのおかげとも言えるし、デムーロの好判断とも言えます。


ネオリアリズムというより2月爆発的なメインレースでの結果を出したデムーロのことがメインですが(;´∀`)、色々記事は出ております。

netkeiba.com:【中山記念】またまたミルコ 勢い止まらぬ!ネオリアリズムが重賞2勝目
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=119432
スポニチ:【中山記念】リアリズム覚醒V!ミルコは2年連続月間重賞5勝
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/02/27/kiji/20170226s00004048228000c.html
スポーツ報知:【中山記念】ネオリアリズム、重賞2勝目!Mデムーロ月間JRA重賞5勝
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170226-OHT1T50306.html


いつの間にかキャロットの取締役になっていた秋田氏が
 ドバイターフ(2017.03.25 UAEメイダン)
 大阪杯(2017.04.02 阪神)
 クイーンエリザベス2世C(2017.04.30 香港シャティン)
を候補として述べたようです。

そして、デムーロの
「初めて乗りましたが、素晴らしい馬です。賢い馬で、切れる脚も持っています。次も楽しみです。頑張ります」
というコメントは次も乗るということでしょうか。

となると、大阪杯はサトノクラウンに乗るので、ドバイターフか香港となることになりますね。
さて、どうなりますか。

◆ネオリアリズム
2/26  堀厩舎
26日の中山競馬では3番手の内でなだめるように進み、途中から馬順が入れ替わる展開に。直線に向いて外に出して追うと力強く差し切り優勝。
「内枠だったのでゲートは気を付けていたのですが、ちょっとうるさかったですね。それでもまずまず出てくれまたし、ペースが遅くなると予想していたので促して行きました。道中はやはりペースが落ち着きましたし、どちらかと言えばワンペースな馬と感じていたので、前の空いていたスペースをついて上がって行きましたよ。他のジョッキーからすごくいい馬と聞いていたけど、すごく強くて、いい走りをしてくれました。今日は勝てて良かったです。ありがとうございました」(M.デムーロ騎手)
「体は増えていましたが、この過程の中でもそれなりに仕上げて送り込みました。折り合いなどのテーマがあり、改めて臨んだ今回でしたので1番枠は良い枠と捉えていたんです。ただし、馬場の傾向があまり良いものではないのかなと思えたので、その点は心配していました。そのなかでしっかりとレースができまして、結果も出せて良かったです。ミルコのおかげでもありますね。今後についてはあくまでも状態次第になります。それなりに仕上げました。特に背腰に疲れを溜めやすい馬ですから、仕上げた分だけ反動も出やすいでしょうし、このあとどのくらいの変化を見せるかはよく確認しないといけません。そして、その状態を見ないことには今後のことについても決められません。今年6歳ですから、良いと思える状態、タイミングで勝負をしていきたいという気持ちもありますので、よく確認をして判断させてください」(堀師)
暮れの香港帰りで、難しい過程だったと思いますが、堀調教師をはじめとする厩舎スタッフ、そしてNFしがらきスタッフがこれまでの経験をしっかりと活かしてくださいました。その結果が今回のレースに反映されたと言っても過言ではないと思います。今後につきましては国内外のいくつかのレースが選択肢に入ってきますが、いずれにせよこのあとの状態如何になりますので、まずはしっかりと変化を確認したうえで方針を決めていく予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト
ネオリアリズムが中山記念を勝利しました。

aaaaa_201702262055038d6.png


1番人気に推されていた時間帯もありましたが結果的には3番人気。
G1馬が4頭出走していたにも関わらず、それより上位の人気に推して頂き光栄です。
ちなみに、単勝50万円突っ込んだ方がいらっしゃったとか?


netkeiba.com:ネオリアリズムが好メンバーの一戦を制し重賞2勝目/中山記念
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=119400
サンスポ:【中山記念】またまたミルコ!ネオリアリズムV
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170226/ope17022615530004-n1.html


道中掛かり気味でしたが、ロゴタイプをパスしてマイネルミラノと共に前に出たのが良かったと思います。
ロゴタイプが1頭分空けて走ってくれていたおかげです(*´∀`*)

神がかったデムーロに乗ってもらったのも良かったとは思いますが、馬の実力もあったと思います。
+15㌔でちょっと太いようにも見えましたがこれで結果が出たのですから、力もつけてきたのかなと。

次はドバイか大阪杯か香港か。
大阪杯はデムーロがサトノクラウン、ルメールがマカヒキですから乗れません。
ドバイは1ヶ月あって前回の香港よりは調整しやすいでしょうし、ドバイターフが良いのかなと個人的には思います。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ヒヤシンスステークスのレースレーティングが発表されました。

レースレーティングは103.75。
エピカリスは109となっています。
ちなみにフェブラリーステークスの5着相当のレーティングとなっており、評価されている感じがします。また、他の3歳重賞や古馬オープンレースの勝ち馬レーティングより高くなっているケースも多く、比較的下に見られるダートレースにもかかわらず、注目度も評価も高かったと言えると思います。

aaaaa_2017022515203929b.png


さて、そのエピカリスですが、UAEダービーに向かうことが発表されました。

netkeiba.com:エピカリスがUAEダービー参戦 米三冠への挑戦は未定
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=119315
サンスポ:4連勝エピカリス、ドバイ挑戦!3・25UAEダービーへ
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170224/ove17022405030001-n1.html


ヒヤシンスステークス出走馬では2着アディラート、4着フォギーナイトも予備登録は実施。
アディラートはドバイ視野のニュースが出ていますが、招待待ち。
フォギーナイトも出走の意思がありそうで、レーティングによる招待待ちという感じ。

正直な所、前にも書きましたがアディラートよりもフォギーナイトの方が何倍も怖い。
出来れば出てほしくないですが、昨年のラニのUAEダービー出走までの過程を考えると、今年フォギーナイトは招待されそうですし、招待されたら行くでしょう。さて、どうなりますか。



ああ、最後に。
勝った時のゴール前写真、キャロットクラブは送っていますが、ヒヤシンスステークスの写真はかなりピンボケでした。ダートは距離が遠いし撮りにくい条件もあるとは思うのですが、折角オープンレースを勝ったのに.....かなり残念.....と写真を見てショックを受けました。

◆エピカリス
2/23  NF天栄
「昨日天栄へ放牧に出したところですが、まずは現地で様子を見てもらいます。そのなかで、今朝クラブ、牧場と相談した結果、このあと問題なく順調に調整を進められるのであればUAEダービーへ挑戦する方向で考えましょうということになり、参戦を表明することにしました。もちろん、状態が整わないようであれば無理はできないことですし、今後の状態をしっかりと確認して、準備を進めていきます」(萩原師)

2/22  NF天栄
22日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週の競馬は、走破時計がそう目立たず、そして2着馬が強いのは確かだと思いますが着差はわずかだったので、そういった点では物足りなさはあったかと思いますが、内容自体は悪くなかったと思います。まずは結果を出さないことには今後について話もできないので、そういった意味でもキッチリ勝てたのは良かったです。まずはレース後の状態を見極めていかなければいけませんが、昨日はいくらか疲れがあるかなと感じられたものの今日はそこから回復して悪くないなと思える状態になっています。天栄のスタッフにも確認してもらいましたが、脚元も今のところ安定しており、体のほうもまずまずです。本日いったん天栄へ放牧に出しましたが、現地でも引き続き様子を見ていき、そのうえで大丈夫と判断できれば今後のことについてクラブ、牧場と相談して決めていく予定です」(萩原師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
2/26(日) 小倉11R アカネイロ(北村友)
2/26(日) 中山11R ネオリアリズム(M.デムーロ)


◎アカネイロ
最終戦の可能性が高い一戦が確定です。

以前勝利した日田特別と同日のレースとはなんか縁があります。
その時の鞍上は吉田隼人。
北村友一より吉田隼人の方が良かった気がするんだけど、他で乗るようで仕方ないのかな。

1,200万円の募集額で7,200万円以上獲得と頑張ってくれました(回収率:605%)。
この一戦も特別登録でいたナムラシングンが出ないとはいえ、正直厳しい結果になりそうですが、怪我なく走りきってほしいなと思います。

0612f0bb201721640a0e11109983ba0_20170224232018ff6.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)

◆アカネイロ
2/23 清水久厩舎
26日の小倉競馬(関門橋S・芝1800m)に北村友騎手で出走いたします。

2/22 清水久厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(55秒0-39秒5-25秒5-12秒4)。
「先週はコースで長目から時計を出していますので、今朝は坂路で単走、馬なり程度に留めています。近走は調教の良さが結果につながっていないので強気なことは言えないのですが、追い切りの動きは相変わらず文句なしです。6歳牝馬ということで引退の期限が迫っていますが、小回り平坦は相性のいいコースでもあり、なんとかここで結果を出してもらいたいと思っています」(清水久師)
26日の小倉競馬(関門橋S・芝1800m)に北村友騎手で出走を予定しています。

2/19 清水久厩舎
26日の小倉競馬(関門橋S・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて11頭の登録があります。

2/16 清水久厩舎
15日は軽めの調整を行いました。16日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで単走の追い切りを行いました。もう体はほとんど出来上がっていますから、今の状態を維持する程度に馬なりでサッと。全体82秒台、終いも12秒3でまとめて時計も良かったですよ。テンションが上がったりするようなこともありませんし、ここまでは順調と言っていいでしょう。週末は時計を出さず軽めの調整に留め、来週あと1本追って態勢を整えていきたいと思います」(清水久師)
「今朝、追い切りに乗せていただきました。テンもそれほど速くなかったので、終いはもうちょっと動いてもいいかなという感じもするのですが、馬体の重さなども特に感じられず、いい意味で前走時と変わりありません。来週まで今の状態をしっかりとキープできればと思います」(黒岩騎手)
26日の小倉競馬(関門橋S・芝1800m)に北村友騎手で出走を予定しています。

2/8 清水久厩舎
8日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありませんでした。道中はいいポジションで進められたと思ったのですが、結果的に速い上がりを求められるレースになったことは厳しかったですね。レース後は幸いこれといった反動も見せていませんし、疲れた様子はありません。お伝えしているとおり、この後は小倉の自己条件に向かうつもりですが、小倉コースは相性がいいのでなんとか巻き返したいと思います」(清水久師)
26日の小倉競馬(関門橋S・芝1800m)に出走を予定しています。



◎ネオリアリズム
ネオリアリズムの今年初戦です。
頭数は11頭と少ないですがメンバーが揃った一戦。ここでどんな結果を出すかがこれからに大きく影響しそうです。
ドバイからの招待もきていますがここである程度の結果が出ないと行かないかな?

下の記事含めて、たくさん情報が出ています。

日刊スポーツ:ネオリアリズム休み明けも態勢整う/中山記念
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=02&day=23&id=1783014
競馬ラボ:【中山記念】ネオリアリズム G1獲りへ仕切り直し「リズム良く走れれば」
http://www.keibalab.jp/topics/32590/
東スポ:【中山記念】ネオリアリズム 鋭伸ラスト12・5秒「札幌記念ではモーリスを破っている馬」
www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/655418/
スポーツ報知:【中山記念】休養明けのネオリアリズムが力強い動きを披露
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170223-OHT1T50105.html
サンスポ:【中山記念】ネオリアリズム遠征疲れなし
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170223/ope17022311270016-n1.html


フォトパドックを見る限り馬体もふっくらしていて良かったので、良い状態で出走できるのでは?と思います。
デムーロがどう乗るのか楽しみ。

最終追い切りは単走ですがしっかりと負荷をかけていました。レーシングビュアーで見る限り多少重さも感じるものの体を使った走りに見えました。先週は長めから負荷をかけましたし、堀師のことですから休み明けとはいえ動けるでしょう。

2017.02.23 助手 美南W稍 68.6 - 53.5 - 39.0 - 12.5(7) 一杯に追う
2017.02.19 助手 美南W稍 70.5 - 55.6 - 40.7 - 13.2(6) 馬ナリ余力
2017.02.16 助手 美南W良 83.5 - 69.0 - 54.6 - 39.6 - 13.0(7) G前仕掛け
           ストロングレヴィル(新馬)一杯の内を0.4秒追走0.6秒先着


頑張って欲しいですね。

ここ2週毎週末体調不良に陥っているのですが、今も完調ではなく現地応援するかは考え中です。
ちなみに口取りは申し込んで落ちました(;・∀・)

◆ネオリアリズム
2/23 堀厩舎
22日は軽めの調整を行いました。23日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒6-53秒5-39秒0-12秒5)。
「先週の1週前追い切りでしっかり動かしましたが、その時の反応と息遣いに物足りなさ、重たさを感じました。それで先週末は通常の週末の調教よりも負荷を求めるように坂路ではなくコースでの調教を課しました。そして今朝も5ハロンからスタートし、終いにかけてメリハリを利かせて動かすようにしています。当該週追いは併せではなく単走の形にしましたけれど、終いをしっかり伸ばしましたし、悪くはなかったのではないでしょうか。動きを見る限りでは態勢を整えられたのかなと思います。調教をやっていくにつれて背腰、特に右の腰には疲れが見られますので念入りに治療を施して、今週もケアしてレースへ向かうようにします。前走ではメンコを外し、チークピーシズを着用しました。もしかしたらその形が思うようにプラスに働かなかったのかなと思える走りでしたので、この中間はメンコを外した状態で調教を行っているのですが、調整を進めていく中でイライラする素振りがきつくなることはなく、メンタル面は悪くない状況にあるのかなと思えます。このあとの様子や当日の気配によって柔軟に判断しなければいけませんので話は変わるかもしれませんが、現時点ではレースでメンコもチークも外すことを考えています。今回は去年の経験を踏まえて見つめ直し、さらに上を目指していけるように持っていきたいと考えていますから、何とか良いレースになってほしいと思っています」(堀師)
26日の中山競馬(中山記念・芝1800m)にM.デムーロ騎手で出走いたします。

2/19 堀厩舎
26日の中山競馬(中山記念・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて12頭の登録があります。

2/16 堀厩舎
15日は軽めの調整を行いました。16日は美浦南Wコースで追い切りました(83秒5-69秒0-54秒6-39秒6-13秒0)。
「先週までは背腰を中心にしつつも馬体全体を見て、そして気持ちとのバランスを整えられるように意識しながら調整をしていましたが、1週前になりますので今週からは仕上げの段階に入っていってます。それで今朝はスタンド前からゴール前までの6ハロン、ゴール板すぎ1ハロン、都合7ハロンの距離で少し強めに追い切りました。形的にはイメージ通りだったものの、いい時と比較すると動きに関しては反応がもうひとつで、息遣いにも重さを感じました。もちろんそれを整えるにはコンディションが大事になってきますが、今回は気持ちの面で落ち着きがあって馬体重も522~523キロくらいのまま推移しているんです。多少力むポイントはありますけれど口向きに関してもそこまで印象は悪くないですから、いい点は保ちつつ週末、そして来週の調教でさらに状態を上げていきたいですね」(堀師)
26日の中山競馬(中山記念・芝1800m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。

2/9 堀厩舎
8日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒9-54秒7-39秒8-13秒3)。9日は軽めの調整を行いました。
「先週は坂路で2本軽めの追い切りを行いましたが、それによって背腰に張りが出てきていましたね。ケアもしっかりと行いながらその後の調整も行っていて、今週の追い切りは水曜日に行いました。通常木曜日に追い切ることが多いのですが、この時期は寒さを考慮して後半の時間帯で追い切ることが殆どなので、水曜日と木曜日に振り分けています。それで今週ネオリアリズムは水曜日の組で行いました。中山記念へ向かえるとするならば今週は2週前追い切りになりますし、来週、再来週につなげられるようなイメージで調教を行いました。この時期ですし、太めなら長めに動かすのですが、背腰のことがあるのと馬体重が減少傾向にあるので5ハロンから全体的に動かしています。以前ほど歩様は悪くないですし、昨日の段階で520キロの体をしています。毛ヅヤ、体の張りは良いので、これから仕上げに入っていく中で出てくる変化を確認して、引き続きしっかりとケアをしていきます。また、今回は海外遠征からの復帰初戦で簡単ではありません。お兄さんのリアルインパクトも難しさがありましたし、他の馬主さんの馬ですけれどドバイ帰りのドゥラメンテや香港帰りのモーリスらも、海外遠征に向けての仕上げ時はうまく行っても、その後にうまく行かなかったです。そのときの経験、ノウハウを活かして、今回ネオリアリズムも香港遠征後の復帰戦へ向かおうとしているわけですが、今のところは順調に来ているのかなと思えます。まだまだこれからですけれど、このまま体調をうまく整えられれば悪くない状態でレースへ向かえそうかなという印象もありますので、順調に行けば中山記念をミルコで考えたいと思っています」(堀師)
今のところ26日の中山競馬(中山記念・芝1800m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。

2/7 堀厩舎
4月1日にランドウィック競馬場で行われるザ・チャンピオンシップス第1日目(ドンカスターマイル・芝1600m)と8日にランドウィック競馬場で行われるザ・チャンピオンシップス第2日目(クイーンエリザベスS・芝2000m)に予備登録を行いました。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
アネモネかフィリーズレビューか.....と二択だったヴィルデローゼ。
アネモネステークスに向かうようです。

鞍上は内田。うーん、正直ヴィルデローゼに合わないイメージを持ってしまいますがどうでしょう?
でも、ウッチー今年は調子良いようで今のところリーディング3位なのですね。

Gambling Journalにウッチーの記事もありました。良い記事なのか微妙ですが.....
そうですか、ヴィヴロス@中山記念はウッチーが乗るのですか。知りませんでした(;・∀・)

Gambling Journal:秋華賞馬ヴィブロスの代打「相性最悪」内田博幸騎手にファンから悲鳴も問題なし? 昨年大敗劇の裏側にあった「手術」とは
http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2663.html




このアネモネステークスは4連勝中リエノテソーロ、フェアリーステークス勝ち馬ライジングリーズン、ファンタジーステークス最低人気2着のショーウェイ あたりが出走予定のようです。ヴィルデローゼは勝った前走は見事な走りでしたが、元々芝は未勝利ですからね。どんな相手でも胸を借りる立場でしょう。どのような競馬ができるのかを確認したいです。

しかし、netkeiba.comでは2/10の時点でアネモネステークスと発表しているんですよね。公式では2/15で曖昧な表現でしたが、結果的にはnetkeiba.comの記載通りとなりました。公式より先に発表されるのはやはりあまり良いことではないように感じてしまいますね^^;

◆ヴィルデローゼ
2/22 石坂厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(56秒4-41秒7-27秒8-13秒9)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。終始手応え十分なまましっかりと走れていましたし、息遣いも良く、2週前としてはいい調整ができたと思います。ただ、普通キャンターなどではまだ力みは感じるので、できるだけゆったりと走れるように普段から気をつけていきたいと思います」(松岡助手)
「帰厩後ここまで順調に調整できていますし、予定通り再来週を目標に進めていきます。登録頭数など状況を探りながらにはなりますが、今のところは中山のアネモネSを目標に内田騎手に依頼をしているところです」(石坂師)
3月11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に内田騎手で出走を予定しています。

2/15 石坂厩舎
15日は栗東坂路で追い切りました(57秒3-42秒9-28秒4-13秒8)。
「先週無事に帰厩しています。乗り出してからも順調で、カイバもしっかりと食べていて特に気になるところはありません。今朝は坂路で15-14程度の時計を出しましたが、帰厩後1本目としては動きもしっかりしていましたし、ここからペースアップして行くにはちょうどいい内容だったと思います。まだここと決めたわけではありませんが、アネモネSとフィリーズレビューが同じ週にあるので、その週を目標に進めていこうと思っています」(石坂師)

2/9 石坂厩舎
9日に栗東トレセンへ帰厩しました。

2/7 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も坂路を中心にじっくりと乗り込んでいます。先週後半からは終い15秒ぐらいまで伸ばす調教も取り入れて少しずつペースを上げてきているところです。そう遠くなく移動ということになるでしょうし、15-15に近いところも乗りながら態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

1/31 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週後半からはハロン17~18秒程度の普通キャンターを開始しています。坂路を中心とした乗り込みですが、変に気負うこともなく順調です。まだ帰厩時期については決まっていませんが、そう遠くなく移動ということになるでしょうし、こちらもそのつもりで進めていきます。馬体重は472キロです」(NFしがらき担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)

もうそろそろ戻ってきそうなサーブルオール。

先週東京競馬場に行かれた濱田屋さんの話ですと、関西圏でのレースを視野に入れているとのこと。

となると、
2017.03.19(日) 但馬ステークス 芝2000m ハンデ
となりますね。

下記、サーブルオールの前エントリーで「幕張ステークスとなると、同日阪神で阪神大賞典があり、サトノダイヤモンドにルメールが乗るため乗り替わりとなります」と書きました。

m.i.stable:こちらもあと1ヶ月程度
http://mistable007.blog92.fc2.com/blog-entry-3141.html


このレースを選択する理由として考えられるのは、「ルメールに騎乗依頼するために騎手都合で関西へ行く」しかありません。ルメールで結果を出している馬ですし、芝2000mはちょっと気になるものの、ハンデ戦であれば昇級戦ということもあってそれほど斤量背負うわけでもないでしょうから悪くない選択だと思います。
これでルメール鞍上じゃなかったら、「うーん」ですけどね^^;

前走一緒に走って3着だったハクサンルドルフが、その後1000万下勝ち→準オープン2着となっています。サーブルオールの前走後、出走していない馬も多く、レースレベルの比較が出来ませんが、サーブルオール自身休み明けという背景もあっての勝利でしたから準オープンでもやれる力はあると思います(あの日、ルメールは神がかってましたが)。

まずは、帰厩一発目のハギーコメントがどういうものか楽しみに待ちたいと思います。
恐らく週末くらいに帰厩でしょう。

◆サーブルオール
2/21  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「今朝坂路に入って3ハロン40秒くらいの時計でしっかりと動かしました。動き自体は悪くなかったですし、これならば競馬を考えて近々トレセンへ送り出しても大丈夫かなと思っているところです。萩原師と相談をしたのですが、競馬を考えてそう遠くないタイミングで入厩させたいと返事をもらっていますから、しっかり体調を整えて引き継ぎたいと思っています」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ハイレートクライムも期待していたので残念でしたが、エピカリスがしっかり勝ってくれてホッとしました。

2/18(土) 小倉04R ハイレートクライム(加藤)→3番人気5着
2/18(土) 小倉06R クラシックリディア(坂井)→10番人気4着
2/19(日) 東京09R エピカリス(C.ルメール)→1番人気1着


■ハイレートクライム
馬体重は-6㌔の470㌔で過去最低体重。小倉までの遠征分でしょうか。

スタートを如何に五分に切るかを戦前からかなり言われていましたがスタートは上手く切れませんでした。前回があれだけ良かったですからね.....思ったより出るのでは?と思ったのですが。

「外に振られる場面」とありますが、全周パトロールビデオを見てもぶつけられているわけでもなく、結構オーバー気味に外に振られているんですよね。しかも2回。スピード上げていって、その後にあれではスピードも落ちますし、そんな即座なギアチェンジが出来る馬ではありませんから上手く対応できないでしょう。あれは鞍上の能力なのかなぁ。

走り的に未勝利勝てない馬ではないと思っています。外人に比べると加藤は上手く乗っているのかもしれませんが、あと一押しが足りないというか心許ないのも事実。勝ち切るには邪魔されない(振られない)という制約付きになってしまうかもしれませんが早めに勝ち上がって欲しいです。それと距離は1400m以上が良いと思います。

ガス抜きで短期放牧してもいいので中京3/20の芝1400mとか行きませんかね?

◆ハイレートクライム
2/18  庄野厩舎
18日の小倉競馬ではゆったりめのスタートから道中は中団でレースを進める。直線は外からよく脚を伸ばすも5着。
「輸送も無事にクリアしてくれたようで馬の雰囲気は悪くなかったと思います。ただ、今日はゲートで待たされた影響からスタートで少し遅れてしまいました。4コーナーで外に振られる場面もありましたが、そんな中で最後はしっかりと追い上げて5着まで来ているように能力はありますから、余計にスタートが悔やまれます。この距離でも特に乗り難しいところはありませんでしたし、スムーズならもっと上の着順だったかもしれません」(加藤騎手)
「輸送も問題なく、返し馬では少し元気が良かったものの、スタート地点に行くと落ち着いてくれていました。あとはゲートだけと思って見ていたのですが、待たされて後ろにモタれたり半分立ち上がるような仕草をして出負けしてしまいましたね。4コーナーで弾かれるシーンもありましたが、最後も伸びてくれているだけにスムーズならもっと際どいところまであったと思います。できれば続けて使っていきたいのですが、テンションがやや高くなっていたので、まずはレース後の状態をしっかりと確認してから検討していきます」(庄野師)
スタートから勝負どころと決してスムーズではない中、直線はよく伸びてくれていました。課題であるゲートさえ克服してくれれば再度勝ち負けになるでしょうし、今後の巻き返しに期待したいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。



■クラシックリディア
馬体重は-12㌔と大幅減。休養明け増えていた分が戻った感じですね。

スタートは決めたものの前に行かせて2番手。公式にある通り、勝負どころで手応えが劣ってダメダメかと思ってからは踏ん張りましたが、改めて前に迫るわけでもなく0秒5差の4着。

同日、翌日にあったダ1700mの時計と比べても未勝利と同等で500万下、1000万下とは時計2つくらい差があります。時計で全て決まるわけではありませんが、低レベルな一戦だったのは否めません。スローで前に有利だったレースで4着だったのですからダートが向くとはやはり思えません。早く芝の1600~1800mくらいに戻して教育しながら使っていって欲しいのですが。

中途半端な結果になりましたし、ダートなんでしょうね、次も。

前のデータですけど再掲しますよ。ハービンジャーのダートは酷いです。

aaaaa_201701061236077f5.png

◆クラシックリディア
2/18  石坂厩舎
18日の小倉競馬では好スタートから道中は2番手。勝負どころで手応えが怪しくなるも、最後までよく踏ん張って4着。
「できる限りハナには立たないようにとの指示だったのですが、とにかく速いので何とかなだめながら同じ勝負服の馬を壁にして2番手から進めました。かなり力んだ走りになっていたものの、前回は最後にバテてしまったのが今回はしっかりと盛り返してくれましたし、一回使って馬が良くなっていたのでしょう。道中でリラックスできれば1400mでも1700mでも問題ないと思います」(坂井騎手)
休み明けの前回はスムーズさを欠いたりするなどして着順は良くありませんでしたが、今日は手応えのわりに最後までしぶとく粘っていました。ダートでもいい走りを見せてくれましたし、道中でもっとリラックスして走ることができればもうひと押しが利きそうです。この後についてはレース後の馬体を確認してから検討していきます。



■エピカリス
馬体重は増えると思っていましたが思ったより増えて+18㌔。506㌔でした。
しかし太め感もなく良かったです。
最終追い切りちょっと軽めでしたので、その辺も心配でしたがパドック見る限りではまずまずかなと。

内枠なのでスタートを決めないとと思っていましたがまずまず出てくれました。二の脚が速いのは分かっているのでこれである程度に位置は取れるとホッとしました。結果的にインの3番手。あとはスローなので閉じ込められずに出てくれればと願っていました。

最後の直線アディラート@ユタカも良い手応えだったのでドキドキしましたが、しっかりとインから差し切り。着差はありませんがペース含めて強い勝ち方だったと思います。インはユタカ曰く「砂が深くてパサパサとの事で避けた」ということで、それが本当ならインから使って差したのは強さでしょう。

これで次はUAEダービーとなりますね。「登録しているレースも選択肢に入れながら最終的にどうするか慎重に判断していきます」とありますが、まあ、決まりでしょう。アメリカはその後考えるとして、出るからには(行くからには)まずはドバイで全力投球して欲しいです。

しかし、フォギーナイトは強いですね。パドックで馬っ気だして、スタートあれだけ遅れて、ムーアがかなり怒りながら教えて直線インからアウトまで思っきり移動しながら気合い付けて4着まで押し上げました。あれで2戦目。ドバイ、アメリカで一番怖い相手なのはこの馬ではと思いました.....

◆エピカリス
2/19  萩原厩舎
19日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り好位、内の3番手を進む。リズムを整えて直線へ向くと逃げ馬の内に進路を取って差し切り優勝。
「ありがとうございました。良いスタートを切れましたが今日は前に他の馬を置いて進めたいと考えていました。ユタカさんの馬がいましたので見ながら進めていきました。休み明けでもありましたし、今後の可能性のこともありますから考えて運び直線で勝負するようにしたんです。仕掛けてからの反応も良かったですし、交わせると思っていたのですが、考えていた以上にユタカさんの馬がしぶとかったですね。マイペースで行っていたのもあるのでしょう。それでもしっかり交わすのですからやはり今後が楽しみです」(ルメール騎手)
「おめでとうございました。ここへ向かうにあたって前日に入り体調を整えて臨ようにしました。それまではゲートの確認もしていたのですが実戦ではまずまず我慢できていたようでした。取り組みの効果が出たかなとは思いますが、ゲート裏の輪乗りの時はちょっとカリカリし出していたので根っこの部分は変わらずありますし、今後も気をつけていきたいポイントですね。レースは前に馬をおいて運び抜け出すという形でしたけれど、2着馬はなかなかしぶとかったですね…。元よりこの馬は手強いと思っていましたが、前に出るのに少し力が入りました。もちろん展開云々もありますけれどね。それでも勝ち切るのですからやはりこれからが楽しみです。今後のことを考える上で選択肢がいくつかあるわけですが、まずは脚元を中心にレース後の状態をしっかり確認してから改めて相談させてください」(萩原師)
断然の1番人気に推されていましたが結構骨っぽいメンバー構成で、そう簡単な一戦ではないと思っていました。今後の可能性を考えると結果も内容も問われるところだったのでしょうが、まずは自分との戦いでしたし、ポイントの一つとなっていたゲートをこなすことができるかでもありました。陣営の尽力もあり、我慢でき、課題をこなしてくれましたが、まだまだな部分もあります。それでも、レースの幅も広がる走りだったと思います。ジョッキーも今後のことを考えたレースをしてくれましたし、収穫がありました。この後についてはレース後の状態を確認した上で、登録しているレースも選択肢に入れながら最終的にどうするか慎重に判断していきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)

エピカリスがヒヤシンスステークスを勝利しました。

日刊スポーツ:エピカリス4連勝、近日中に遠征判断/ヒヤシンスS
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=02&day=19&id=1781305
スポニチ:【ヒヤシンスS】エピカリス無傷の4連勝 Kダービー挑戦権獲得
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/02/19/kiji/20170219s00004145230000c.html
ラジオNIKKEI:【ヒヤシンスS】(東京)~エピカリスが好位から抜けて4連勝
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11040.html
ラジオNIKKEI:ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」最終結果
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11050.html


アディラートが戦前の予想と違うスローの逃げを打ったことで、勝ち時計も遅いものになりましたが、+18㌔と大幅馬体増でしっかりと勝ち切れたのは大きかったと思います。

現地応援するつもりでしたが前日夜から熱が出て、睡眠時間を多くとってなんとか行きたいと思っていたのですが、今日になっても微熱もだるさも抜けず、自分もしんどくなるし周りに迷惑をかけると思い自粛しました。
今日はレクチャーも絶対に開催されると思っていたし、行きたかったけどな。
仕方ないです.....自分のせいですから。まだだるいのでこれから寝ます^^;


これで次はUAEダービーですね。
父ゴールドアリュールの名声を高めて欲しいです。

お祝いのメール、コメントありがとうございました。
もうちょっと復活したらまとめて返信させていただきます。申し訳ありません。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
エピカリスの父ゴールドアリュールが亡くなったとのこと。

netkeiba.com:03年フェブラリーS覇者ゴールドアリュール死す 産駒2頭が父子制覇狙いあす出走
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=119127


先日馬市.comの動画(社台スタリオンパレード2017)をアップしましたが、元気そうでした。



netkeiba.comのニュースには死因が書かれていませんが、本当に残念です。


明日ヒヤシンスステークスに出走するエピカリスの枠は2枠2番。
外目の枠のほうが良かったと思っていただけに残念に思っていたのですが、父の弔いという意味での黒枠ということであれば妙に納得です。ダートスタートの方が安心して見てられるので、芝スタートの東京ダ1600mではスタートをしっかり決めることが大事。そこをクリアして包まれなければやってくれると思います。


出資馬では上記エピカリスの他にマイティーゴールドもゴールドアリュール産駒。
帰厩し、次戦に向けて調整を続けていますが、父の名声を更に高める活躍をマイティーゴールドにも期待したいです。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
Gambling Journal:JRAが3歳ダート路線をついに「大改革」へ?ヒヤシンスSの重賞格上げへ武豊騎手が「3歳ダート路線にきちんとした道ができていない」と指摘
http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2596.html

ユタカがコメントしても特に変わらないと思いますけど.....変わるならもっと言ってもらわないといけないことたくさんありそうですね。

この本文中「今年から米ケンタッキーダービー(G1)への優先出走権を巡るポイントレースとなる『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』が新設されるなど、決して世代限定のダート路線を蔑ろにしているわけではない」とありますが、この取組が日本競馬の3歳ダート路線を整備することに繋がるとは思えないのですが。

問題視しているのは、日本の中でしっかりとした路線整備が出来ていないということ。
強い馬は外に行け。
日本は今のままで良い。
そのために海外レースの権利を与えるポイントは今のレースで与えてやる。
そんな感じに見えて仕方ありません。

前にも書きましたが、トップが「番組の中核は、あくまで日本ダービー」「2歳から3歳春まではダービーを中心とした番組編成をすることは当然」と話している以上、誰が言っても変えるつもりは毛頭ないと私は思います。




今週は3頭が出走です。

2/18(土) 小倉04R ハイレートクライム(加藤)
2/18(土) 小倉06R クラシックリディア(坂井)
2/19(日) 東京09R エピカリス(C.ルメール)


◎ハイレートクライム
前走ダートながら逃げて2着と前進を見せたハイレートクライム。
今回は芝に戻して更に距離短縮、芝1200mへの出走となります。

追い切り動くようになってきましたね。時計もなかなか良いですしラップもキレイに出せるようになってきて成長を感じます。

2017.02.15 助手 栗東坂良 53.4 - 38.6 - 25.2 - 12.5 馬ナリ余力
2017.02.08 助手 栗東坂重 53.3 - 38.9 - 25.0 - 12.5 強目に追う

あとは師がかなり気にしているゲート次第でしょうか。当然ゲート練習をしっかりしてレースに臨んでくれると思いますが.....^^;逃げないにしても1200m戦ですから、五分に出て良い位置でレースを進める必要があるでしょうし、うまくスタート決めましょう。相手は馬券圏内に来たことがある馬なんでしょうね。とはいえ、これという馬もいませんし勝ち負け出来るはずです。ここで決めたいですね。

データを見てて不安は鞍上の芝成績の悪さ。
芝:511戦16勝、ダート:674戦52勝。
その差は歴然.....この点は不安だ。

◆ハイレートクライム
2/16  庄野厩舎
18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)に加藤騎手で出走いたします。

2/15  庄野厩舎
15日は栗東坂路で追い切りました(53秒4-38秒6-25秒2-12秒5)。
「先週ビッシリやって、その後はちょっと気合いが入りすぎたせいかカイバ食いが不安定な時もあったのですが、すぐに落ち着いて問題ありません。もう馬体はできていますし、今朝は終いの反応を見る程度でしたが、馬場が良かったこともあって楽に好時計が出ましたよ。状態はとてもいいですし、普段はうるさいということもないので輸送も気になりません。あとはゲートを五分に出てくれるかどうかでしょう」(庄野師)
18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)に加藤騎手で出走を予定しています。



◎クラシックリディア
前走ダート適性の無さを見せたと思っていたのですが、師は適性はありそうと判断。無駄になる気がしてならないダート2戦目です。

やれば時計は出るという師のコメントがありますが、馬なりながらまずまずの時計は出ています。

2017.02.15 助手 栗東坂良 53.6 - 39.1 - 25.4 - 12.8 馬ナリ余力
2017.02.08 助手 栗東坂重 55.9 - 41.1 - 26.7 - 13.7 馬ナリ余力

確かにレースで気負わないようにソフトに仕上げたのはクラシックリディアにとっては良い方向に出そうな気はします。

メンバーは低調。勿論クラシックリディアを含めて。どんなにメンバーが低調でもダートのハービンジャーはダメダメですし、前走逃げて垂れたところを見ている身としてはダートは絶対に合わないと考えますし、このレースは相手云々関係なく期待してはいけないと思っています。

ただ、距離は初めて1600mを超えるものですし、1200mに比べたら良いとは思うので、スローでじわっと逃げられれば前走よりは粘れるんじゃないかとも思います。その辺さじ加減が難しいと思いますが坂井騎手に上手くやってもらいましょう。

勝ってごめんなさいと思わせるか、負けるならもうダートは使わないと思わせる結果になって欲しいです。

◆クラシックリディア
2/16  石坂厩舎
18日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に坂井騎手で出走いたします。

2/15  石坂厩舎
15日は栗東坂路で追い切りました(53秒6-39秒1-25秒4-12秒8)。
「先週もある程度時計は出ていますし、やれば時計は出るタイプなので、今朝は坂路で終いだけサッとやりました。走りやすい馬場だったこともあって楽に走れていましたが、もともとこのぐらいのタイムは問題なくマークできる馬。その分、レースに行って気負って行きたがったりするのが心配なので、ジョッキーにはそのあたりをしっかりと伝えておきます。ジワッと前に行ければベストですが、ひとつ間違えるとカーッと力んでしまいますからね。なんとか状態の良さを活かすレースがしたいと思います」(石坂師)
18日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に坂井騎手で出走を予定しています。



◎エピカリス
エピカリスの2017年初戦です。

一周前追い切り、そして日曜日の時計がかなり優秀でパワーアップした感じを見せていましたが、最終追い切りは少しセーブした軽めの調整。リズムを優先した調整とのこと。それでも外目を馬なりで長めに乗っているので負荷は十分にかかったかなと思います。

2017.02.15 助手 美南W良 84.8 - 68.8 - 54.0 - 39.4 - 12.7(9) 馬ナリ余力
2017.02.12 助手 美南W良 53.0 - 38.4 - 12.7(8) 馬ナリ余力
2017.02.08 助手 美南W良 66.1 - 51.3 - 38.0 - 12.6(8) 一杯に追う
         ロジムーン(三500万)一杯の内を0.6秒追走0.6秒先着


ギャンブルジャーナルでは「最強3歳馬」と持ち上げられていますが、それを決めるのは今回のように感じます。まだ3歳時一戦もしていませんし、何より今までの相手よりも今回の相手の方が格段に強いですからね。フェブラリーステークスに出てほしいという気持ちも分かりますが、まあ、それは外野が言っているだけと流したいと思います^^;

Gambling Journal:最強3歳馬エピカリスに「フェブラリーS(G1)に出走してほしい」の声......今週出走の「10年に一頭」といわれる大器が世界の頂点を目指す「G1級」の一戦
http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2587.html


相手は強いですね。アディラート@ユタカのスピードはやはり怖いですし、フルゲート割れしたことで普通に出れたフォギーナイト@堀&ムーア、東京ダートで良い末脚で勝ったキャプテンキング、しっかり走った時のシゲルコング、そしてモンサンレガーメあたりが相手になるかなと思います。これらの相手に3ヶ月半の休み明け、1㌔とは言え重い斤量を背負うこと、今までの3戦の中で一番指摘どころが多かった東京ダ1600mという舞台.....色々不安に感じる点もありますね。それでもエピカリスは跳ね返してくれると思います。

UAEダービーを視野に入れており、そして、その結果次第ではアメリカへ。周りが言うのは簡単ですが、走るのは馬。まずはヒヤシンスステークスでエピカリスが自分の力を出せますように、そして無事に戻ってきますようにということを祈って応援したいと考えています。

◆エピカリス
2/16  萩原厩舎
19日の東京競馬(ヒヤシンスS・ダ1600m)にルメール騎手で出走いたします。

2/15  萩原厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(84秒8-68秒8-54秒0-39秒4-12秒7)。
「先週は併せる形を採りながらしっかり動かしました。その後も順調に来ており、今朝は当該週の追い切りを課しています。今週はまわりに影響されることを避けて、自分のリズムを乱さずにしっかりと動かして整えるようにしたいと考えて実質単走の形で終いを伸ばしました。動きだけを見るとすごく良いとは言いにくい馬なのですけれど、フットワークの伸び、前進気勢は感じられましたから、そう考えると悪くはないだろうというのが見立てです。その後に行ったゲートはちょっと不安定かなと思う部分も残っており、レースへ向かうにあたって問題ないとは言い切れません。対応はしてくれると思いますが、前回の東京の時のようなこともありますからね。如何に大きなロスにならない程度にこなしてくれるかでしょう。そう考えると理想は外目の枠が当たることですね。当日までにまだ時間はありますから引き続き慣らすこと、そして少しでも落ち着いてレースへ臨めるように対策して本番へ向かいたいと思っています」(萩原師)
19日の東京競馬(ヒヤシンスS・ダ1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
続きまして同じく天栄放牧中のサーブルオール。

骨瘤も悪くなることはなく少しずつペースをあげることが出来ているとのこと。

3月でサーブルオールに適した条件と思われるレースは以下の2レース。
関西、ローカル含めても他にこれというのが無く、恐らくどちらかになると思います。
2017.03.04 スピカステークス 芝1800m
2017.03.19 幕張ステークス 芝1600m
とはいえ、スピカステークスまであと2週。
慎重なハギーがそんな短期間で仕上げて出走ということもないでしょうし、前走マイルで勝ったという実績からも幕張ステークスを目標に進めていきそうと見ています。

ただし、幕張ステークスとなると、同日阪神で阪神大賞典があり、サトノダイヤモンドにルメールが乗るため乗り替わりとなります。元主戦さんだと嫌だなと思いつつハギーの最近の依頼騎手を見たところ、元主戦さんのお名前が少なかったです^^
だから乗らないということではないですが嬉しい(笑)
まだレースも決まってない訳ですが、誰になるのかは注目です。

ハービンジャーの種牡馬成績を見てみたのですが、あまり長距離になるとダメだけど、基本長い距離に向く結果ですね。
2000~2400mが向きそうというイメージ通りの結果です。
でも、決して距離が短いとダメということもないですが。

aaaaa_20170216124356f5f.png

また、サンプル数は少ないですが不良馬場(芝)はダメのようですね。
こなして重馬場まで。基本良馬場が良い。

aaaaa_201702161244239df.png

サーブルオールの次戦も晴れて良馬場でお願いしたいです。

◆サーブルオール
2/14 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続き脚元を含めたコンディションをしっかりと確認して調整にあたっていますが、まずまずの状況にあるように思えます。それに伴い今は坂路に入って40秒を切るくらいのところも課しながら乗り込みを行っています。上がりもまずまずの様子ですので、引き続きしっかりと見ていって問題ないようならば移動のことについて萩原師と相談していきます。馬体重は508キロです」(天栄担当者)

2/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「悪くないですね。脚元の症状はまだいくらか残ってはいますけれどそれが大きく影響することはないですし、調教自体問題なく行えていますので順調と言えるのかなと感じています。このまま行ければ中山開催中のレースを考えられそうと萩原師には伝えていますから、何とかいい形へ持っていければと思っています」(天栄担当者)

2/1 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続きじんわりと乗ることができています。まだ不安定な部分もありますし、骨りゅうのある脚元もよく確認しながら動かしていますが、進め出してこじらせるようなことはなく、今のところはまずまずと言える状況にあると思います。用心しながらという考えに変わりはないものの、次走へ向けてこのまま徐々に進めて負荷も高めていければ理想的ですね」(天栄担当者)

1/24 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週から調教を進め出していて、この中間にはさらにハロンペースを速めています。今のところ歩様に関しては悪くないので状態はダメではないのですけれど、まだ骨りゅう自体が固まり切っていない状況でもありますので、用心しながら引き続き乗っていきたいと思っています」(天栄担当者)

1/17 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週まではトレッドミルと馬場での軽めの調整でしたが、このタイミングで坂路に入り出しました。まだ始めたばかりなので15-15くらいをサッと登坂させているだけですし、引き続き変化の有無をしっかりと確認しながら進めていこうと思っています」(天栄担当者)

1/10 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「年末に骨りゅうの症状が出たために、騎乗調教を控えてトレッドミルでの調整に専念していました。2~3週間ほど楽をさせていくらか落ち着いたかなと思えたので今週より再び乗り出し始めたところです。今はまだ周回コースに入れて軽く動かす程度ですし、しばらく様子を見ながら徐々に調教を進めていければと思っています。馬体重は516キロです」(天栄担当者)

12/20 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「様子を見ていたのですが、単なる深管痛と言うだけでなく骨りゅうの症状がちょっと出てきましたね…。ただ、現時点では押してもそこまで強い反応を見せるわけでもありませんし、歩様にも出てはいないのですが、先々週にちょっとコツコツして硬くなったこと、そして症状が表面化してきたという経緯を考えると今は無理をする時期ではないのかもしれません。当初は年始早々の競馬も考えていたのですが、今は予定を決めずに、今後の状態次第で改めて検討していきます」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
天栄調整中のマイティーゴールドです。

ハロン13秒程度を行っているようですが息遣いは相変わらず芳しくはないようです。
レースに影響がないくらいなら良いのですが、気を抜かずケアが必要という感じですね。

中京開催も視野にということで、開催日を確認すると3/11~3/26。
1000万下クラスで出そうなレースは
2017.03.11 瀬戸特別 ダ1800m ハンデ
2017.03.18 伊勢特別 ダ1900m
のどちらか。
となると、それくらいに間に合わせるような帰厩スケジュールを組むということなのでしょうね。

中山にも
2017.03.20 平場 ダ1800m
がありますので、いずれかでしょう。 

目標まであと1ヶ月程度。
少しでも良い状態に持っていてほしいものです。

◆マイティーゴールド
2/14 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めの調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じわじわと乗り込んでいて、日によっては3ハロン40秒くらいの時計も出すようにして調整を進めています。息遣いは相変わらずで気を遣っていく必要は引き続きありそうですけれど、調整自体は順調に来ています。今朝尾関調教師が来場されたので、息遣いや今後のことも相談しました。中山だけでなく中京にも悪くない番組があるので、そのあたりを最短の目標として考えてみませんかという話になっています。移動のタイミング等も関係してくるので確定するのは先ですが、こちらではいちおうそのつもりで引き続きしっかりと調整していこうと思っています。馬体重は575キロです」(天栄担当者)

2/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めの調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「調整のほうはまずまずと言う状況でしょうか。ただ、相変わらず登坂時の息遣いを聞いていると少し粗いかなという感じはしますね。できるだけ悪くならないように気を遣いながら調整をしていかなければいけないなと考えています。目標に関しては大幅に変更する必要はないと思いますので、様子を見ながら進めていって徐々に詳細を詰めていきます」(天栄担当者)

2/1 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めの調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じわじわと乗り込みを進めていますが、今のところ大きな不安が見られることもないので順調と言えるのではないでしょうか。先日尾関調教師と話をしたのですが、中山や中京で競馬が開催されている時期あたりでの出走を目指していくことになりました。そのため、もう少しの間こちらで乗り進めて仕上げていきます」(天栄担当者)

1/24 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めの調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「様子を見るようにじっくりと動かしてきていますが、脚も安定していれば体調のほうもいい意味で変わりはないですし、走る際に変にムキになりすぎるわけでもないのでまずまずの状況と言えるのではないでしょうか。この調子ならば3月くらいの競馬を考えていくこともできそうですよ」(天栄担当者)

1/17 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めの調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「大型馬なので反動が気になるのですが、今のところ膝を中心に脚元の状態も変わりはなさそうです。それでコンスタントに乗り込んでいこうとしています。心身へのダメージを考えると慌てて使い込む必要はないと思いますし、春の競馬を見ながら進めて尾関調教師と相談をしていきます」(天栄担当者)

1/10 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めの調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「昨年、1回で結果を出してくれましたし、本当に良かったですね。喉の音自体は聞こえるものの、オペの効果はあったということなのでしょうし、またこの馬の走りを見ることができてうれしく思っていたんです。こちらに帰ってきてからの様子も決して悪くはないので乗り出していて、今は坂路で普通のところを乗っています。これから徐々に乗り進めていって目標を定めていければと思っていますが、感触的には3月頃の競馬を考えることができそうかなという気もしていますし、様子を見ながら相談をしていきます。馬体重は574キロです」(天栄担当者)

12/26 NF天栄
23日にNF天栄へ放牧に出ました。

12/21 尾関厩舎
21日は軽めの調整を行いました。
「先週はありがとうございました。正直に言うと2着馬、3着馬がここを使うということを知っていたので、相手関係が結構強く厳しくなるのでどうしようか迷った時もあったのですが、信じて勝負に行って結果を出せたので良かったです。ジョッキーもうまく乗ってくれましたし、馬もよく差し返してくれましたね。まだまだという状況でありながら休み明けからいきなり走るのですから、やはり大したものです。今後も何とかいい形で育てていければと思っています。レース前から、久々を目一杯に走った後にまた続けてとやると馬が堪えてしまう可能性があるので、一度放牧を挟もうと思っていたんです。その考えに変わりはないのですが、言うほど心配はないものの左前脚の裏が若干張っているようにも感じるんです。人によっては気にならないよというほどなのですが、担当している厩務員がより慎重になっているところなので、少し様子を見て大丈夫なことを確認してから放牧に出そうと思っています」(尾関師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
aaaaa_20170214083158748.png


エピカリスがヒヤシンスステークスに特別登録しました。

他馬より1㌔重く背負っての一戦となります(シゲルコング、レヴァンテライオンは同斤)。

ダート無敗だけでもアディラート、スターペスマリア、モンサンレガーメ、リヴェルディ。
新馬勝ちで挑むフォギーナイト、エグジットラック。
他にも1度は対戦しているけど全日本2歳優駿2着のシゲルコング。
等々、オープン特別にしておくのはもったいないメンバーです。

JRAさん、今からでも遅くありません。
G2にして、賞金を3倍位にしてください!(笑)

◆エピカリス
2/13  萩原厩舎
19日の東京競馬(ヒヤシンスS・ダ1600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて19頭の登録があります。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
戦前から覚悟はしていましたが厳しい結果でした。
そして、引退が決まりました.....ケルシャンスお疲れ様でした。

2/12(日) 京都12R ケルシャンス(池添)→13番人気13着

除外ばかりで出走が延びた割に-2㌔でとどめたのは陣営のケアもそうですが、ケルシャンス自身年齢を重ねて変動が少なくなったということなのかなと思います。

馬場は回復しませんでしたね。やれるとしたら良馬場まで回復して末がハマる可能性が出た時くらいと考えていたので、この時点でかなり厳しいと思っていました。結果はそれ以前の問題でしたけれど。

前走もそうでしたが走りきってすぐに息が入るというのは走ることに気持ちが向かっていなかったということなのでしょう。

b9f944e220172134f2bee3149991378.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



さっそく今日引退が発表されました。ここ2戦の結果からすると、次にどの条件を使っても上昇は考えにくいですし、妥当な判断だと思います。公式コメントにも書いていますが、Dubawi、そしてケルアモーレの血を繋いでいくための重役があります。ミスプロ系ですが、SSを全く持たないので基本付けたい放題と言える馬。1000万下クラスでの引退なのでディープインパクトとか付けられる可能性は低いのかもしれませんが、一回くらいは試して欲しいな.....と思っています。サンプル数は少ないですが、netkeiba.comを見ると素質ありそうな馬が出ていますので。

aaaaa_20170213203800bf8.png


500万下クラスで勝ちきれなかったということはあるかもしれませんが、全27戦で20回掲示板に載ってくれました。
募集時457㌔だったのにデビュー時は402㌔。小柄でとても心配でしたが、ケルシャンスなりに成長して430㌔台で使えるようにはなってくれました。小さい体で良く頑張りました。
お疲れ様でした。



現地応援してくださったふじやんさんから写真を頂きました。
後光が指しているように見えるとふじやんさんが書かれていましたが、本当にそう見えますね。
今後のケルシャンスの馬生に光が指す暗示であることを祈っています。

ふじやん、画像ありがとうございました。

QuelleChance_170212.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※このエントリーの下の画像の著作権はふじやんさんですので、転載不可です
 持ってかれると困るので(c)m.i.stableを入れちゃってますが、著作権はふじやんさんです
※写真の扱い方についてはこちらをご覧ください。


◆ケルシャンス
2/13  引退
「先週は思うような競馬ができず申し訳ありませんでした。思惑と異なり前半から進みっぷりがひと息で、無理していないにも限らず終いも思うような伸びが見られませんでした。ジョッキーは、返し馬の段階から気合いをつけてテンに置いていかれないように準備をしてくれていたようなのですが、それでいて追走だけで一杯になってしまっていましたからね…。懸念していた馬場コンディションが関係あるのかもしれませんが、気持ちの部分もあるのかもしれません。レース後15分ほどですぐに息が入りましたし、表情を見る限りでも疲れは感じさせませんでした。背腰にかけて多少疲れがありましたけれど歩様も変わりはなく、馬体の影響ということもあまりなかったのかなと思えました。走り切ったというわけではないのかもしれませんが、6歳になってそろそろ気持ちも次のことへ向いているのかもしれません。1000万下クラスでも頑張ってほしいと思ってトライしてきましたが、無事に北海道へお返しするということも大事なことです。クラブと相談をした結果、ここで第2の馬生へ向けて送り出そうということになりました。ケルアモーレの大事な血を後世につないでもらいたいですし、元気で健康で、良い仔を生んでほしいですね。長い間応援いただきましてありがとうございました」(加藤征師)
2歳時からコンスタントにレースへ向かえ、長い間安定した状態で走ってくれたケルシャンスでした。真面目な性格で、歩様に若干の硬さがある馬でしたが、大きな怪我もなく現役期間を全うしてくれました。ケルシャンス、そして携わってくださった加藤征弘厩舎ならびに牧場関係者には感謝の気持ちでいっぱいです。引退期限を考えますと引き続きトライすることもできなくはないのですが、無事に次のステージへ送り出すことも大事と考えています。ケルアモーレ、そしてDubawiの貴重な血を後世に伝えていく重要な仕事が控えていますので、加藤征弘調教師と相談をした結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

2/12  加藤征厩舎
12日の京都競馬では少しゆっくりしたスタートになり道中は後方から進めるが、直線も特に目立つ脚は使えずに13着。「厩舎サイドからはスタート後に少し仕掛けていってほしいと言われていたのですが、こちらが促しても全然反応せず進んでくれないんです。前とかなり離されたことで馬の気持ちも萎えてしまったのか、最後の直線もまったく脚を使うことができませんでした。う~ん、もうちょっと弾けてくれると思っていたのですが…。いい結果とならず申し訳ありません」(池添騎手)
除外が続くなど調整も決して簡単ではなかったと思いますが、そんな中でも悪くない状態で競馬に向かうことができたと思います。ただ、前もなかなか止まらない馬場状態とはいえ、スタートしてから最後の直線と終始後方のままでレースを終えたように内容的には少し物足りない結果となってしまいました。気持ちの面が影響した部分もあるかもしれませんし、まずはレース後の状態をしっかりと確認してから今後を検討していきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今週も1頭が出走です。

2/12(日) 京都12R ケルシャンス(池添)

ケルシャンスの出走エントリー書いたのに、間違って消していたようです。
メモで保存してなかったし、ショック。

ということで、スミマセンが、本当に簡単に。
前走はクラスの壁なのか後ろからでまったく良い所がなく惨敗。
今回も前走同僚内枠からのスタートなのでかなり厳しい戦いになるでしょう。
下げて外に出して追い込んで差し切れるほどの実力があるとは残念ながら思えません。
また、相手もかなり強力ですし。

メンバーが強力でも東京1600mよりは京都1200mの方が良いとは思いますので、こちらに出走できて良かったですけどね。

結果次第では最後のレースになるかもしれませんね。
言っても仕方ないですが、芝の短距離ももう一度見たかったな。

◆ケルシャンス
2/9 加藤征厩舎
8日は軽めの調整を行いました。9日は美浦坂路で追い切りました(54秒1-39秒5-25秒6-12秒7)。
「なかなか思うように出走までこぎつけなくて歯がゆいのですが、真面目な馬で体もできていますから、今の状態をしっかり維持していけるように配慮して調整を行っています。今週もしくは来週の出走を考えていけるようにと思っていましたし、今週使うとしたら東京もしくは日曜日の京都と思っていましたので昨日は普通キャンターに留めて、想定を見て今朝追い切ることにしました。維持することに主眼を置いた調整なので坂路で54-39で終い1ハロンを12秒後半でじわっと伸ばすものにしていますが、動きは変わらず良かったと思います。東京のマイルだと節が足りなくて使えなさそうでしたから京都を見ていましたが、何とか入りましたね。天気はやや気になるのですが、前回持ち味を活かしきれないまま終わってしまったので、何とか今回変わってほしいと思っています」(加藤征師)
12日の京都競馬(4歳上1000万下・ダ1200m)に池添騎手で出走いたします。

2/2 加藤征厩舎
4日の京都競馬(4歳上1000万下・ダ1400m)は非当選除外となりました。この後は状態や番組を見ながらどうするか検討していきます。

2/1 加藤征厩舎
1日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒8-53秒6-39秒4-13秒7)。
「先週は東京が17番目というところまで来ていたので残念ではありましたが、ギリギリまで見てダメでしたので登録料を返してもらえるように除外確実な中京に投票をしました。使えなかった以上は切り替えざるを得ませんので、早ければ今週というつもりで調整を行っています。番組を見ると今週でベターと思えるのは東京の1300mか京都の1400mですが、東京の1300mを3節で使うのは難しいか…という気がしていましたので京都の1400mを視野に入れています。ただ、来週にもレースはありますから決めつけないで相手関係や乗り役、そして馬のコンディションをギリギリまで見て決めようと思っています。追い切りはどうにでも対応できるように今朝行いましたが、良い意味で変わりないものでしたね。派手に動いているわけではないものの、適度に負荷をかけて状態を維持できるように心がけていますよ。調子をキープして何とかいい形でレースへ向かわせてあげたいですね」(加藤征師)
状況によって変更になる可能性はありますが、今のところ4日の京都競馬(4歳上1000万下・ダ1400m)に出走を予定しています。

1/26 加藤征厩舎
25日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒5-38秒8-13秒3)。26日は軽めの調整を行いました。
「先週までの出馬状況と、今週の番組の数を考えると今週使える可能性もあるかなと思っていました。特に今週は東京、京都、中京と全場にダート短距離のレースがありますから東京で使えれば理想的だなぁとは思っていたんです。そのため、今週の競馬も考えられるよう昨日無理のない程度に追い切りを行っています。3頭隊列のなかで先頭を進み、じわっと伸ばしています。前走からそこまで時間も経っていないので目一杯にやり込む必要はないでしょうし、調教はこれで問題ないでしょう。ただ、想定を見ていると思ったほど分散はせず、ちょっと使いにくそうな状況でしたね。ギリギリまで見ていましたが今週は難しそうでしたので、今後の状況を見て改めて考えていきます」(加藤征師)
29日の中京競馬(伊良湖特別・ダ1400m)に出馬投票を行いましたが、非抽選除外となりました。このあとは来週以降のレースを見ながら判断していきます。

1/22 加藤征厩舎
29日の中京競馬(伊良湖特別・ダ1400m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて35頭の登録があります。

1/19 加藤征厩舎
18日、19日は軽めの調整を行いました。
「先週はスタートでスムーズさを欠くことになり、流れも向かなかったですね…。申し訳ありません。終いを活かすように指示を出していたのですが、流れが向かないうえに一回引いて外に出すという形になったので余計に差し込んで来ることができず、前々で決着してしまうレースになりました。今回調子がいいなと思っていただけに非常に悔いが残りますが、幸いダメージはなさそうです。今朝軽く動かしたのですが、そこまで極端に硬くなることもありませんでしたから、このまま問題がなければ次へ向かえればと思っています。ただし、引退時期も迫っている馬です。もちろん、少しでも不安が出たり、思うように使えないような状況になるようであれば無理はさせられませんし、今後のこともよく考えながら柔軟に判断をしていければと思っています」(加藤征師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今週の出走エントリーを作ってましたが、馬名が決まったので先にこちらをアップします。
来週か再来週の金曜日かと勝手に予想していましたが、見事に外れました。



キャロットの馬名が決定しました。


私の出資馬は

ジンジャーパンチ15→サザンスパークル
Southern Sparkle
サザンカンフォートにパインとレモンとジンジャーエールのカクテル名(英語)

カニョット15→カラドゥラ
Caradura
大胆、チャレンジ(西)。大きく育ってもらいたいとの願いを込め(西語)

イストワール15→ナラトゥリス
Narratrice
語り手。母名より連想(仏語)

ブルーメンブラット15→ブルーメンクローネ
Blumenkrone
花冠(独)。頂点に立ち、祝福されるよう願い。父名、母名より連想(独語)

オーベルゲイド15→トゥンバドーラ
Tumbadora
マンボのリズムを奏でる際に使用する打楽器の一種。父名より連想(西語)


となりました。


今年も私は採用されませんでしたが、概ね良い名前だと思います。
牡馬にカクテル名はどうかなとちょっとだけ思いますが^^;
カラドゥラは響きも意味も良いし、動画の走りも良かったので期待。
ナラトゥリスは母名からの連想というのは自分の応募馬名と同じ路線ですが、こちらのほうが良かったです^^;
ブルーメンブラット15はブルーメンつけてきましたね。頂点に立って欲しい。
トゥンバドーラも父からの連想で良いのではないでしょうか。



出資馬ではありませんが、マイティースルー15の馬名がモンヴァントゥということでマイティーが付かなかったことに驚きです。もう募集される間はずっとマイティーが付くと思ってましたから(;´∀`)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
2/7(火)に社台スタリオンパレードが開催されたようです。
その様子が馬市.comにアップされていました。

馬市.com:【社台スタリオンパレード2017】が開催!-Vol2(全種牡馬編)
http://blog.goo.ne.jp/umaichi_news/e/ab4bbc791c92819807b75e058ceafc68


その中の、エピカリスの父ゴールドアリュールの動画がこちら。



エピカリスのことが話されています。

・アメリカへの参戦を表明
・かなりみたことのないレベルの能力
・重賞タイトルをアメリカで獲得してくるのではないかと期待している

なんて、吹きすぎじゃないでしょうか(;・∀・)


そして、パンプキントラベルからドバイツアーの案内が。
機中泊2泊の6日ツアーで248,000円(一人部屋は+42,000円)とのことです。
年度末に6日も旅行に行ける方はそんなにいないと思うのですが、最低催行人数は15人だそうです。

ヒヤシンスステークスが2/19(日)で締め切りが2/21(火)とのこと。
案内には2/20(火)と間違って書いているのですが、流石にヒヤシンスステークスの翌日締め切りってことは無いでしょうから、2/21なのでしょう。締め切り以降はエピカリスが遠征しなくても取消料がかかる厳しい条件でのツアー。その後に結果次第でアメリカ参戦があり、そこでの費用の高さで某掲示板等盛り上がっている中、25万円以上を払って何人行くのかは注目です。
エピカリスとネオリアリズムの2頭出しなら安く感じ..........ないな(笑)


エピカリスの遠征に関し、クラブに問い合わせたことは前に書きました。
折角なのでちょっと書きます。

色々書きましたが、基本的な質問は

「会員は出資馬の海外遠征についてクラブの決定に従わなければならない規約なのは重々承知」という前置きはした上で
①出走する場合のかかる予定の費用や賞金を得た際の税金等について予備登録する際に算出し概略でも知らせて欲しい
②UAEからアメリカに行った場合、着地検疫の期間も相当伸びる等リスクばかりが目につくがどう考えているか?
③ヒヤシンスステークスを勝ったらUAEダービーを考える、そして、UAEダービーを勝ったらアメリカを考えるとしているのか?
併せて
④リスクが大きいアメリカ三冠への出走に関しては出資者の意思確認もして欲しいと心から願う
と書きました。

それに対してのクラブの回答は

①概略をメールで報告(遠征決まったら遠征概要(経費等を記載)を送るからそれを見てよのコメント有)
②回答なし
③ヒヤシンスSの内容、そして馬の状態如何にはなるものの、その後はドバイ、そしてその結果、馬の状態如何では米国への遠征を検討しているの回答
※これはドバイツアーの案内にも書いていました
④回答なし

でした。

その回答に対して更にメールで少し書いたのですが、それに対しては返信なし。
2/2にメールして、今日現在返信がないのですから返信はする気はないのでしょう。

ちなみに最後に
「エピカリスは先が長いこれからの馬と思います。萩原師も先々よくなってくる馬と評されています。遠征を考えるほどの素晴らしい馬という評価は大変嬉しいことですが(クラブにとってもそうだと思います)、3歳の若い時期に無理をしてその後に影響しないよう配慮いただけたら幸いです。
これからもたくさん勝つエピカリスを見たいです。」
と、今の遠征には基本反対の立場からチクリと書いています(笑)


で、当のエピカリス。

ヒヤシンスステークスに出走となる今週は1週前。
追い切りは一杯でしっかりとやりました。
同じ3歳のロジムーンと追い切りで追走→先着と上々。時計も良いと思います。
ゲートもちゃんと確認してくれているようですし。ハギーならしっかりと確認しつつ仕上げてくれることでしょう。

G1がある日、そしてG1と同じ舞台で走るただのオープン戦にもかかわらず、注目度はG1に匹敵するくらいの今年のヒヤシンスステークス。しばらくは日本では知らないかもしれないエピカリスを見に、東京に行きたい気持ちです。

◆エピカリス
2/8 萩原厩舎
8日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒1-51秒3-38秒0-12秒6)。
「ドバイ、アメリカ3冠レースへの登録は予定通りにさせていただきましたが、まずはヒヤシンスSです。ここで良い競馬をしないことには今後がどうこうとは言っていられませんし、来週へ向けてしっかりと調整を進めています。馬体はまだ良化の余地があると思っていますし、引き続きしっかりケアして良くしたいですね。また、負担がかかりやすいかなと見ている膝の状態も今のところは悪くありません。秋のほうが心配するところもあったのですけれど、あの厳しいローテーションのなかでもしっかり対応してあれだけの競馬をしてくれるわけですから、能力が高いということに他ならないのでしょう。リフレッシュされた今回そういった不安が少ない中で調整できることは何より良いことだと思っています。今日はしっかり動かしてみましたが、見る限りはまずまずと言えるものだったと思いますよ。その後は東京のマイル戦へ向かう上で特に気にしなければいけないと思っているゲートの練習に行きました。1回目がちょっと悪くて、2回目はまずまず落ち着いてこなせていました。ヒヤシンスSも結構良いメンツが揃っていそうですし、致命的なことになりかねませんからできる限りゲートの確認をしていこうと思っています」(萩原師)
19日の東京競馬(ヒヤシンスS・ダ1600m)に出走を予定しています。

2/1 萩原厩舎
3月25日(土)にメイダン競馬場(アラブ首長国連邦 ドバイ)で行われるドバイ国際競走(UAEダービー・ダ1900m)に予備登録を行いました。なお、今回の予備登録料は無料です。

2/1 萩原厩舎
1日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「ここまで時間をかけさせていただきましたが、脚元もある程度固まってきているかなと思えます。それにパワーアップできているかなと思えますから、今回の放牧期間は有意義なものになったのではないかなと感じています。まずはヒヤシンスSを目標にしていこうということでこのタイミングで入厩することになりました。入ってからも順調に、そして無事にレースへ向かい、良い結果を出してくれたら嬉しいですね」(天栄担当者)「ヒヤシンスSを目標に本日トレセンへ入れさせていただきました。入ってきたばかりですからまずは体調をしっかり確認していきます。体調もそうですけれど、テンションもよく観察しながら徐々に調教を始めて、心身共にうまく整えていきたいですね」(萩原師)19日の東京競馬(ヒヤシンスS・ダ1600m)を目標に調整を行っていきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
リアファル、次走は金鯱賞を目標に.....と公式で出たと思ったら、こんな記事が。

スポニチ:【古馬次走】リアファル、武豊とのコンビで金鯱賞へ
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/02/08/kiji/20170208s00004216188000c.html


ということで、金鯱賞は武豊とコンビのようです。
シュタルケ、シュミノーと短期免許外人で結果が出なかったので日本人でという思いは分かります。
逃げるという意味ではユタカは強い味方になりそうです。
ユタカ自身、今年は調子がよく、今日現在で15勝で勝率0.238、連対率0.429、複勝率0.540ですからね。

しかし、ユタカにはキタサンブラックという今年のコンビを組む馬が決まっている訳で。リアファルにとってキタサンブラックはライバル。今回の成績次第では春にキタサンブラックと再戦という可能性もある中で今回依頼しているということは、結果を期待していないということなのか、本当にワンポイントでの依頼なのか.....それともキタサンブラックとはかち合わないようなローテを組むという意思表示なのか。
先々考えたら継続して乗ってくれる騎手が良いと思うんですけどね。

前走のよくわからない大敗後の一戦でとても不安です。今回ももしかしたらレース途中でやめてしまうのではという気持ちもありますし。ここで変な惨敗をしなければ「中山が嫌い」と結論付けて良さそうですけどね。あ、それでも中山が嫌いなのか右回りが嫌いなのかは判断付けられないか^^;

金鯱賞はステファノス、ルージュバック、そしてリアファルと3頭出し.....超豪華。
ステファノス、ルージュバック共に超強力なライバルですし、リアファルに不安がある中での出走なので強気になれる内容が全くありません。他にもプロディガルサンやヤマカツエースも出るとのことですし。
せめて金鯱賞で逃げることが出来ればな.....

まずはプール調教じゃなくしっかりとコースや坂路で追い切れる状態になってもらわないと。
最低でも前走より絞れて出てこないとそれだけで厳しいと思います。


ちなみに、このリアファルの記事ですが、Yahooでもスポニチでもアクセスランキング1位とのこと。
皆さん、リアファルのこと気にしてくださっているのですね(笑)

◆リアファル
2/7 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「ここまでマシンやトレッドミルで軽く動かしながら馬体のチェックを行ってきましたが、特にどこかを傷めているという感じもありませんでしたので、この中間から騎乗調教を開始しています。乗り出してからも脚元に疲れは見られませんし、現在はハロン15秒近くまでペースを上げているところです。音無調教師とはこのまま順調なら金鯱賞を目標にしていこうと話をしているところで、そう遠くなく移動となる見込みです」(NFしがらき担当者)

1/31 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「先週の火曜日にこちらへ到着しています。競馬では一気に下がってしまったので、何かあったのではないかと心配したのですが、今のところは大きな傷みなどはなさそうです。現在はウォーキングマシンとトレッドミルによる調整を行っているところですが、もうしばらくは軽く動かしつつしっかり馬体をチェックしていきたいと思います。馬体重は540キロです」(NFしがらき担当者)

1/25 NFしがらき
24日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週のAJCCは最後あっさり下がっていってしまったのでアクシデントがあったのではないかと心配したのですが、レース後、トレセンに戻って馬体をチェックしても異常は見つかりませんでした。結果論ではありますが、久々を一度使った後とはいえ、放牧明けでちょっと追い切り本数が足りなかったのかもしれません。昨日放牧に出させていただいていますので、まずはもう少し時間をかけて馬体のチェックをしてもらって次走について検討していきます」(音無師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
「Since 8th,Feb 2007」と書いている通り、本日でブログ開設10年となりました。
よく続けているな私.....(笑)
ブログの前には拙いホームページもやってました。

シルクホースクラブに入会して最初に出資したのが2000年産。
キャロットクラブに入会して出資したのが2003年産。
現在募集されているのは2015年産。
つまり、一口馬主はじめてからは15年経ちました。

G1勝ちも体験し、通算100勝も達成しましたが、もっともっと大きいレースを勝ちたいですね。


このような拙いブログにお付き合い頂きありがとうございます。
これからもなりなりに出来る範囲で続けたいと思いますので、引き続き宜しくお願い致します。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
日刊スポーツ:ザ・チャンピオンシップス登録締め切られる
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=02&day=06&id=1775423
ラジオNIKKEI:2017オーストラリア「ザ・チャンピオンシップス」およびザBMW(GI)~日本馬予備登録
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_10936.html

上記URL先に、ネオリアリズムのドンカスターマイル、クイーンエリザベスSのことが書かれていますが、そのことはまた今度。


このリンクを貼った理由としては、クイーンエリザベスSとシドニーカップ(芝3200m)にマイネルサージュが登録しているから。
このマイネルサージュはピンクブーケ新馬戦の勝ち馬です。
(ピンクブーケはマイネルサージュに0秒2差つけて完勝している形ではあるのですが)

このマイネルサージュ、3歳時は低迷していましたが、4歳1月に2200mの500万下を勝ってからは中長距離に特化して使ってきて能力開花。1000万下2勝、準オープン1勝の17戦5勝でオープン馬となっています。

対してピンクブーケは禁止薬物の件、2度の骨折があってまだ500万下。地方含めて8戦4勝ですが、中央では5戦(1勝)しかしていないことになります。順調に使ってレースを使うことで育つことの重要さを思い知らされる結果です。

既に5歳ですからあと1年しかありません。どこまで挽回できるか、上のクラスまでいけるか。
3月後半に復帰と考えると
 2017.03.18 500万下 中京 芝2000m
 2017.03.26 500万下 中京 芝2000m 牝馬限定戦
あたりが目標でしょうか。
中山の500万下は芝が少ないですし、恐らくは中京に回るものと思います。
ここで一発回答してほしいですね。
今年中に追いつきましょう。

◆ピンクブーケ
2/7  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「まずまず順調かなと言えます。まだ万全とまでは言い切れないのですが、少しずつ進められているという状況は悪くないですし、このまま前進させていきたいですね。今後も順調に行けば春競馬に問題なく臨めると思いますが、気を引き締めて調整を進めていきます」(天栄担当者)

2/1 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も馬体を良くしていくことを念頭に置きながらじんわりと調整を進めてきています。状態は少しずつ上がってきているのかなと思いますが、現状からすると競馬は3月後半から4月くらいになるのかな…と感じています。まだ時間は必要ですので慌てないで調整を行っていきたいですね」(天栄担当者)

1/24 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「動かしながら回復を促すように調整をしていますが、経過としてはまずまずでしょうか。乗ることによって苦しくなる可能性はゼロではないものの、今のところの様子ではそういったこともなく、少しずつですけれど上がってきているのかなと捉えることができています。このまま慌てず乗り進めていって次の目標を立てていきたいですね」(天栄担当者)

1/17 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「少し疲れが出ていたので数日は楽をさせて、それから徐々に動かし出しています。すぐの競馬をイメージしているわけではないのですが、少しずつでも動かしながら良くしていきたいですから、無理のない程度に坂路にも入れて乗っているところです」(天栄担当者)

1/10 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「年末の競馬のあとにこちらへ帰ってきましたが、レース後脚元などに異常はないものの、時間が経って疲労が表面化してきましたね。それですぐに乗り出すことはせずに疲労回復に充てていました。久々のレースでもありましたから見た目以上に堪えたところがあったのでしょう。今は軽めのメニューに留めており、少しずつ乗っていくかどうかという状況です。現状からすると、すぐというよりは春メインで考えていくことになりそうです。馬体重は511キロです」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
アステリックス初仔アエロリットが活躍中で何回かエントリーしていますが、オーストラリアに輸出されたことも書いてきたかと思います。

オーストラリアで産んだ2番仔ロードカナロアの仔がセールに上場され、吉田勝巳氏に落札されたとのこと。
9月14日生まれの豪州産ということになりますが、日本に来て南半球産として走るのでしょうか?
キャロットで募集されたりとかしないですかね?


Migic Millions
http://www.magicmillions.com.au/
2017 Gold Coast Yearling Sale(Lot:642)
http://ecat.magicmillions.com.au/viewLot/189/642


落札額は375,000AUD。
今のレートで日本円にすると3,225万円。
輸入にかかる費用とか考えると4,000万円超え。
クラブでの募集なので更に上乗せで4,500~5,000万円?
........出資しないですね^^;

でも、馬体を見ると良いデキ思える感じ。
アエロリット然り、2番仔然り、惜しいことです。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
2/4(土) 東京11R アカネイロ(石川)→10番人気9着

人気無さすぎと思いましたが、結果的には人気通りと言っていい結果。

馬体重は-4㌔で494㌔。
パドック周回は特に良さを見せるわけでもなく。硬さがある感じを見せていますが、まあ、いつも通りと言って良さそうな印象を受けました。

スタートはまずまずで手を動かして先行しようと思ったのでしょうけど、そこまで前に行けず4、5番手。そのまま直線まで行って、そこからスッと伸びるわけでもなく周りより末が劣って位置取りを下げてゴールイン。

冬場はダメなのが分かっていただけに期待してはいけないと思ってはいたものの、結果を見ると流石にショックを受けますね。個人的にはここで引退して良いように思うのですが、次は小倉を目指すとのこと。「道中の走りや状態を考えるともっと脚を使ってほしかった」と師はコメントしていますが、結果がそうなっていないということは能力的にも陰りが見えてきたということかと思います。正直、芝でもう一戦寒い時期に使うより、どうせ使うのであれば目先を変えてダートで終わらせても良いように思います。2月の小倉で勝った実績はありますがそれは500万下条件だったからということも言えますし、準オープンで勝ち負け出来るイメージは湧きません。

4勝してくれた馬ですし、なかなかこの牝系で良い仔が出ていないことを考えると、アカネイロに母として期待されるところも十二分にあると思うんですよね.....そういう意味では早めに引退して母としての準備をすることも大事だとは思うのですが。

◆アカネイロ
2/4  清水久厩舎
4日の東京競馬では道中4、5番手をリズム良く追走するも、直線ではジリジリとした脚になってしまい9着。
「脚質的にあまり前から離されないように運びたかったので、スタート後はそれなりに促して行きました。前に壁を作りたかったのでイメージに近い形に持っていくことができましたし、道中の折り合い、リズムは悪くなかったのですが、最後まで脚を使っているもののなかなか差を詰められませんでした。結果的にはヨーイドンで切れを求められてしまったのは痛かったです。せっかく声をかけていただいたのに、いい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(石川騎手)
「競馬場に着いてからの雰囲気から具合は良かったと思いますし、牝馬同士のレースで何とかいい走りをお見せしたいと考えていました。コース形態から展開はポイントになりやすいと思っていましたが、結果を考えるとそれがプラスにはなりませんでしたね…。それでも道中の走りや状態を考えるともっと脚を使ってほしかっただけに、このような結果になり申し訳ありませんでした。この後はレース後の状態を見てからですが、小倉開催を視野に入れていくつもりです」(清水久師)
道中は折り合って脚を溜められましたが、結果的には瞬発力を求められるような展開も向かず、上位に迫ることができませんでした。遠征競馬をした後なので慎重に状態をチェックしてからになりますが、問題なければ小倉開催を目標に調整を進めていく方針です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
何気なく調べていてわかったのですが、秋田県産の日本ダービー馬がいたようです。

フレーモア
https://ja.wikipedia.org/wiki/フレーモア

現在の横手市で生産された馬で父シアンモア。

・府中最初のダービー馬(目黒競馬場から移転した新生・東京競馬場で最初に行われた東京優駿のため)
・秋田県産の日本ダービー優勝馬(史上初で、以降現在まで唯一の例)
・初の個人牧場生産馬の優勝

という馬とのことです。
秋田県はサラブレッドの生産はほぼしていない現状ですので、今後このようなことは起こらないと思いますが、秋田県活性化のために一頭でも多く強い馬ができればと思います。
生産がうまくいっても(素質ある馬が生まれても)、育成牧場とか無いですからね.....難しいですが^^;




ケルシャンスが非当選除外でアカネイロ一頭が出走です。

2/4(土) 東京11R アカネイロ(石川)

14頭の特別登録から減って11頭で確定した初音ステークスに出走のアカネイロです。

前にも書いた通り、メンバーは揃いました。このクラスの安定株であるマローブルー、マイネオーラム、重賞掲示板のアンジェリック、秋華賞入着ミエノサクシード等など。昇級組も怖いですし、アカネイロは人気なさそうです。ま、人気はなくても良いですけどね^^;

普通に走っても勝ち負けできない可能性が高いので、思い切って逃げるとか思い切って追い込むとか極端な競馬をしても良いかもしれません。

やれば時計が出る馬、そして乗っているのが体重が軽い騎手ということもありますが、調教は相変わらず動きます。

2017.02.01 荻野極 栗東坂重 55.2 - 39.7 - 25.4 - 12.2 馬ナリ余力
2017.01.29 黒岩 栗東坂良 56.4 - 40.5 - 25.2 - 12.4 馬ナリ余力
2017.01.25 黒岩 栗東CW不 79.8 - 64.9 - 51.0 - 38.1 - 12.1(7) 一杯に追う

冬場は苦手と思っていますが、意外と体調は良いのかもしれませんね。

怪我無くが第一、そして、思い切った競馬をお願いしたいです。

◆アカネイロ
2/2  清水久厩舎
4日の東京競馬(初音S・牝馬限定・芝1800m)に石川騎手で出走いたします。

2/1  清水久厩舎
1日は栗東坂路で追い切りました(55秒2-39秒7-25秒4-12秒2)。
「輸送など考慮して、先週コースで長目からビッシリやっていますから、今朝は坂路で終いの反応を見る程度に単走で追い切りました。前半はじっくり溜めて、ラスト1ハロンだけ伸ばす形でしたが、開場から少し時間が経って馬場が荒れてきているにもかかわらず、12秒2とピリッとした脚を使ってくれました。このような感じでレースでもうまく脚を溜めていければいい競馬ができると思います。体調も引き続き良好ですから、なんとか結果を出したいですね」(清水久師)
4日の東京競馬(初音S・牝馬限定・芝1800m)に石川騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
帰厩したネオリアリズムの復帰戦は中山記念になりそうです。
濱田屋さんから頂いた情報によると、ブックにはM.デムーロ騎手でという話になっているそうです。

てっきりムーアが乗るのかと思っていたら

スポーツ報知:リアルスティール、ドバイ・ターフの招待受諾!連覇を目指す
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170202-OHT1T50119.html

に書いている通り、先約リアルスティールがいるようです。リアルスティールはドバイターフの招待も受諾しているということですので、中山記念とドバイターフのセットでムーアに騎乗依頼しているということでしょうね。一応netkeiba.comには本番の鞍上は調整中とありますが。

netkeiba.com:リアルスティールはムーアで中山記念へ
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=118693


で、ネオリアリズムはといいますと、ドバイターフとオーストラリアのクイーンエリザベスS、ドンカスターマイルの3つのレースで招待を受けているようです。GⅡ勝ち1回、GⅠ・3着1回の実績で招待してくれるなんて有り難いですが、そこは流石堀ちゃんということなのでしょうか。

スポーツ報知:香港ヴァーズ覇者サトノクラウンに海外G1・3競走の招待状届く
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170202-OHT1T50105.html

ドバイターフも面白いですが、兄リアルインパクトが勝利したオーストラリアのレースも良さそうな気がします。クイーンエリザベスSは2000mですし、ムーアは1600mではちょっと短いとコメントしているので良いのではないでしょうか。その後は休養か、エプソムカップあたりかな。勝ったら休んでるでしょうけどね。

ちなみに1着賞金額は
ドバイターフ:360万USD(2016年時)※約4億円>クイーンエリザベスS:240万AUD(2015年時)※約2億円>ドンカスターマイル:180AUD(2015年時)※約1.5億円
の順番です。
※日本円は今のレートで計算

なんとか1つ、G1の勲章を。
国内レース含めて、相手関係も考えてより良いレースを選定していただきたいです。


◆ネオリアリズム
2/2  堀厩舎
1日は軽めの調整を行いました。2日は美浦坂路で追い切りました(54秒0-39秒5-25秒4-12秒8)。
「香港遠征後、しがらきでは馬体の回復を中心にリフレッシュを図る調整を行ってもらっていました。そのなかで春の目標をまずどこに置くかを探っていたのですが、昨年札幌記念を勝ったことで斤量の観点から選択肢は限られ、ひとまず中山記念か金鯱賞のどちらかを頭に入れていくことにしたんです。ギリギリまでしがらきで様子を見て直前には少し強めの調教を課してもらったのですが、悪くないということでしたので、先週の金曜日に帰厩させて手元で改めて探っていくことにしています。馬体重は530キロほどあり、昨年函館へ向かう前の美浦にいるときに近い数字です。体の張り、毛ヅヤともにいいですね。ただし、身のこなしのほうはレース後のような硬さが感じられます。冬場としては乗り込み量がやや足りない状況ですから、過度な負荷をかけてさらに硬くするようなことにはしたくないという考えもありました。そのためいきなりからのコースでの追い切りは控えて直接坂路へ入って、坂路で追い切りを行いました。追い切り後のメンタルの状態は悪くないですから、バランスを考えながらこのまま進めていければと思っています」(堀師)
早ければ26日の中山競馬(中山記念・芝1800m)を目標にしています。

2/1  堀厩舎
3月25日(土)にメイダン競馬場(アラブ首長国連邦 ドバイ)で行われるドバイ国際競走(ドバイワールドカップ・ダ2000m、ドバイターフ・芝1800m)に予備登録を行いました。なお、今回の予備登録料は無料です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
エクストラペトルが2勝目を上げました。

2/2(木) 川崎10R エクストラペトル(森)→5番人気1着

牧場にいる時に490㌔台まで増えていたので増えて出走とは思っていましたが、+17㌔で470㌔超え。
自己最高を+15㌔上回っていましたが、パドック周回を見る限り太め感はそれほどありませんでしたね。

レースはスタートまずまずも先手取る馬がいて中団から。
道中の走りはまずまずでしたでしょうか。
流れを見つつ、直線向くときには先頭に出る形にしたのは、やはり森騎手の力だと思います。
直線向いた時に鞍上が下を確認したのでヒヤリとしましたが、そこからの叱咤激励に応えて先頭に。あとは押し切るだけという形から2着馬が迫ってくる形になりましたが凌ぎ切って1着でゴール。念願の2勝目です。

戦前書いた通り、JRA組よりも地方馬のほうが怖いと書きましたが、実際1~4番人気は地方馬に譲る形。13頭中過半数の7頭がJRAだったにも関わらずです。JRA組の中で一番人気に推されていたのはエクストラペトルですが、メンバーは軽かったのでしょうね。

勝ち時計は1分44秒3。メインレースが同じ距離でA1下クラスで1分42秒7と、1秒6差。
勝ち馬はSⅢ勝ち、地方JpnⅡで0秒1差2着、カペラステークス0秒4差6着という実績の馬で、その馬との差が1秒6ならまずまずでしょうか?
とはいえ、コメントにもある通りクラスが上がるとかなり厳しいでしょう。
使いつつ力をつけて1000万下で勝ち負けができるくらいまでなってくれれば良いのですが.....^^;

でも、勝つとやはり嬉しいですね。
お祝いのメールやコメント頂きましてありがとうございました。

◆エクストラペトル
2/2  加藤征厩舎
2日の川崎競馬では縦長の展開のなか中団を追走する。流れを見ながら進めて3コーナー付近から仕掛け直線先頭に。抜け出したところを最後に詰められるが、凌ぎ切って優勝。
「ありがとうございました。加藤先生には大変お世話になっていて先日別のオーナーさんの馬に乗せていただいていたのですがうまく乗れなかったので、ここは何としても上手く乗って結果を出したかっただけに良かったです。あまり揉まれない形が好ましいようでしたから、まわりの動きをよく見ながら進めました。悪くない形で立ち回れて仕掛けるとしっかりと反応してくれましたね。最後は際どかったですが、よく凌いでくれました。この馬の形で競馬ができればまた頑張ってくれるはずです。おめでとうございました」(森騎手)
「おめでとうございました。体は増えていましたが、調教の動きを見る限り対応できると思っていましたし、体調はいつもと変わりない状態でした。過去に滑るようなダートの時にあまりいい走りができなかったことがあったので、それだけが不安でしたかね。あとはスムーズな競馬をしてくれたらと思っていたのですが、上手く導いてくれました。前半はまわりに馬がいる状況でしたけれど我慢が利いていましたし、上げていくときはごちゃつかない形で攻めてくれました。前回溜める競馬を試すことができなかったのですが、今回前半に溜めて終いを伸ばす形にしてみて悪くなかったということもあります。クラスが上がって大変にもなるかと思いますが、今回の競馬をキッカケにまた頑張って欲しいです。ご声援いただきましてありがとうございました」(加藤征師)
sしばらく勝ち星から遠ざかっていましたが、もうひとつ噛み合い切れていないところもありましたし、今回は変化をつけるために地方交流戦へ挑みました。縦長の展開になったこともスムーズな競馬をさせたいエクストラペトルにとって好都合でしたし、しっかりと溜めて後半勝負、しかもスムーズな形に導いてくれた鞍上の好騎乗も光り、待望の2勝目を挙げてくれました。これからはさらにクラスが上がり厳しい戦いが待っていますが、何とかまたいい走りを見せて欲しいと思います。今後はまずしっかりと状態を見て、間を取り次走へ向けて調整していく予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
濱田屋さんに教えていただきましたが、ネオリアリズムがドバイに予備登録していたようです。

JRA:2017ドバイワールドカップデー ~日本馬が予備登録~
http://www.jra.go.jp/news/201702/020102.html
JRA:2017ドバイワールドカップデー諸競走 日本馬の予備登録(PDF)
http://www.jra.go.jp/news/201702/pdf/020102.pdf

なんと、ドバイワールドカップが第一希望で、ドバイターフが第二希望。
どういう形になりますでしょうか。
(個人的にはドバイターフを希望します.....初ダートでドバイは常識的には厳しいでしょう)

エピカリスはUAEダービーに予備登録したことは前に確認済だったので、ちゃんと書かれていることを確認したのみ(笑)

ドバイ二頭出しも有り得るのでしょうか。




2/2(木) 川崎10R エクストラペトル(森)

交流戦に選出されたエクストラペトル、出走が確定しました。
先週のコメントでは「川崎は考えられなくもないかな」という程度だったので、出る可能性が高いとは思うけど、出ない可能性もある?という感じで見ていました。

JRAからの出走馬を見ると、エクストラペトルの戦績も褒められたものではありませんが、他もひどいですね^^;
むしろ地方馬のほうがライバルになると思えるくらいです。

JRAの騎手ではなく、2016年地方リーディング(309勝)の森騎手に騎乗依頼したところからも、ここは勝ちたいという意志が強く感じられます。


2017.01.25 助手 美南W良 70.8 - 55.1 - 40.5 - 13.6(8) G前仕掛け
           スミレ(古オープン)馬ナリの外を0.4秒先行同入
2017.01.22 助手 美南W良 72.1 - 56.4 - 42.5 - 14.3(7) 馬ナリ余力
            エビスリアン(古500万)馬ナリの外を0.4秒先行同入
2017.01.18 助手 美南坂良 54.9 - 40.0 - 25.9 - 12.7 馬ナリ余力
            エビスリアン(古500万)馬ナリを0.2秒先行同入

と、正直な所、追い切りの時計も良くなく、成長が感じられないのが残念ですが、このメンバーではある程度の結果を残して欲しいですね。これで着外とかになろうものなら、残念ですが引退も考えなければならないと思います。勝ったら勝ったで上のクラスでは厳しいという現実もありますが、まずは勝ってから考えれば良いことなので、良い結果がついてくることを期待して応援したいと思います。

◆エクストラペトル
1/31  加藤征厩舎
2月2日の川崎競馬(アメジストスター賞・ダ1600m)に森騎手で出走いたします。

1/26  加藤征厩舎
25日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒8-55秒1-40秒5-13秒6)。26日は軽めの調整を行いました。
「入ってきた時点では少し体が立派かなと思っていたので、コンスタントに動かしながら体をフィットさせられるように調整しています。馬場での調教だけでなくプール調教も適宜織り交ぜていますし、徐々に良い方へと変えられているはずです。追い切りは昨日行ったのですが、他の馬と一緒に動かして直線では頭一つ前に出るくらいの格好で走れていました。動きは悪くないかなと思えますので、このまま良化を図っていきたいです。今週の競馬はさすがにちょっと早いかなという気がしますが、選択肢のひとつとして登録した川崎は考えられなくもないかなと感じています。いちおうそのことも頭に入れて以後の調整にあたっていきます」(加藤征師)
2月2日の川崎競馬(アメジストスター賞・ダ1600m)に出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)