Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

久しくエクストラペトルについてエントリーしていませんでした。

先週のコメントで「中央場所はもちろんですけれど、場合によっては地方交流戦も頭に入れていきます」と加藤師がコメントしていましたが、実際に登録→選出されたとのこと。
選出されましたし、前向きに出走に向けて調整していくことでしょう。

正直な所、牝馬限定戦の500万下クラスで不甲斐ない結果が続いているので、勝つということを考えるとこの選択は良いと思います。結果を取りに行ったということでしょう。ただ、交流で勝ってしまって、1000万下クラスで勝負になるのか?という心配も当然あります^^;
※勝負事ですし中央から他にも出るのですから勝てる前提で話しているわけではありません

勝つということを思い出させることで覚醒するということもあるとは思いますが、今までの戦績を考えると一変も考えにくいですよね。6月生まれだから.....晩成かもしれないから.....という温情を与え続けられたエクストラペトルですが、そろそろそれも言ってはいけない時期。単に能力が足りないと判断されかねません。自分の将来は自分で切り開かないといけませんし、発奮を期待します。

交流戦でもダメだったら、芝短距離をもう一度試して欲しいです。

◆エクストラペトル
1/22 加藤征厩舎
2月2日の川崎競馬(アメジストスター賞・ダ1600m)に登録し、選出されました。

1/19 加藤征厩舎
18日は美浦坂路で追い切りました(54秒9-40秒0-25秒9-12秒7)。19日は軽めの調整を行いました。
「天栄でもまずまず順調に乗れているということでしたので、先週の金曜日に帰厩させていただきました。ただ、寒いこともあるのか体がちょっと立派に映りましたね。それなので、バランスを考えつつ適度な負荷をかけるように動かし始めています。今週は水曜日に坂路でじわっと動かしましたが、脚取り自体は悪くありません。引き続きこのまま動かしてフィットさせた状態に持っていきたいですね。レースに関してはまだ検討している段階で決めてはいないのですが、中央場所はもちろんですけれど、場合によっては地方交流戦も頭に入れていきます」(加藤征師)

1/14 加藤征厩舎
13日に美浦トレセンへ帰厩しました。

1/10 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間もじっくりと乗り込んできました。正直大きく変わったという感じこそないものの、順調であることが何よりだと思っていたんです。そのような中、厩舎から移動の相談がありました。すぐにでも競馬へ向かえるようにしっかりと乗ってきたつもりなので、あとは日程の調整がつくまで良い体調になるようにしっかりと整えていきたいです。馬体重は496キロです」(天栄担当者)

12/20 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「物凄くいいというわけでもないのですが、まずまずかなという状況にはなってきているのかなと感じています。それでも前回いいなと思える状況で思うような結果にならなかったところもありますし、何とか少しでもいい状態に持っていって厩舎へバトンタッチしたいと思っています」(天栄担当者)

12/13 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続き15-15くらいは乗るものの、すごく良いというわけではないです。全身をしっかりと動かしながら硬さを解していって、それでまたいい走りができるように持っていければと考えています」(天栄担当者)

12/6 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「前回送り出した時は歩様も良くて具合はいいなと感じていたのですが、今回はいくらか硬さを感じさせる体、そして歩様にも感じます。大きく変わらないと言えばそうなのかもしれませんが、現状を打開するには少し時間をかけた方がいいかもしれません。今週から坂路で15-15を行き出したところなので、少し下地をつくり直すくらいの感じでじんわり乗っていければと考えています」(天栄担当者)

11/30 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「様子を見ながら少しずつ乗り出しています。大きく変わった様子はありませんし、使えるのならばそのまま競馬へ向かおうとされていたくらいですから、こちらでの調整も問題なく行えています。今回は少し間を空けてレースを考えていくということでしたので、あまり最初からやりすぎないように体調管理に重点を置いた調整を行っていくつもりです。馬体重は465キロです」(天栄担当者)

11/22 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週末にこちらへ帰ってきました。見た目の印象ではそこまでガタッとは来ていないように思えるのですが、1回競馬を使った後であることに変わりはありませんからね。まずはトレッドミルでの運動を課して、タイミングを見て乗り出し、またいい状態で送り出せるようにしていきたいと考えています」(天栄担当者)

11/19 NF天栄
19日にNF天栄へ放牧に出ました。
11/17 加藤征厩舎
17日は美浦南Wコースで追い切りました(57秒6-43秒0-14秒9)。
「水曜日に出た想定では一見ちょっと厳しそうに思えたのですが、可能性はわずかにありそうにも思えたので、今週の競馬を諦めないで準備はしておこうと考えました。それで今朝はウッドチップコースでサッと動かしています。一度使った後の中1週というスケジュールになり、また福島での再輸送ということも考えて15-15くらいではあるものの、変わらない動きを見せてくれています。それで出馬投票締め切りギリギリの状況を見ていると日曜日の牝馬限定戦に入る可能性が出てきたので丸田ジョッキーを確保して投票を行いました。しかし、結果はギリギリで他からの移動があって除外となってしまいました。残念ですが、こればかりは致し方ありません。可能性にかけて投票しましたが、来週となると2場開催になり余計に入る可能性はなくなるでしょうし、ダラダラ調整するのは好ましくないと思えますから、今のところは昨日お話させていただいたようにいったん仕切り直してから今後を考えていくつもりです」(加藤征師)
20日の福島開催(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)は非抽選除外となりました。

11/16 加藤征厩舎
16日は軽めの調整を行いました。
「前走で権利を獲れなかったので、どうしても節の関係が出て来てしまいますし、今朝までの調教は状態をキープするようなイメージで進めていました。それで今日の想定を確認したのですが、さすがに開催最終週のローカル開催で、なおかつ来週は2場開催と言うこともあり、かなりの頭数が今週の福島を狙っている状況でした。また、東京も同様に頭数が多くて入らなそうです。現状を加味しても直ぐの競馬を狙ってスムーズに使える保証はありませんし、それならばリフレッシュを兼ねてある程度間隔を空けたほうが、よりいい状態で次の競馬へ向かえるでしょうから、一度放牧に出すことも考えています。基本は中央の状況と馬の状態を確認しつつも、場合によっては地方交流戦を使っていくのもありかなとは考えていますから、現状ではここと決めつけずに臨機応変に次走を検討していきます」(加藤征師)

11/10 加藤征厩舎
9日、10日は軽めの調整を行いました。
「先週は良い競馬にならなくて申し訳ありませんでした。東京か福島か迷ってメンバーを見て結果福島にしたわけですが、小回りでも捲る馬が出てきやすいのでジッとして終いにかける競馬をしてほしいとリクエストをしていたんです。ただ、スタートを切ってしまって思惑とちょっと異なる形になってしまいましたね…。レース後、菱田には電話でよく話をしておいたのですが、あれだと気持ちが続かなくなってしまいかねないので、余計にスタートから考えてほしかったですね。こればかりは今言っても仕方ありませんが走り切っての負けでないことは確かなので、気持ちを切り替えて巻き返すことができるようにしたいです。今は様子を見ているところですが、目立った傷みはなさそうです。できることならばまた使いたいところではあるものの、すぐの出走が可能かどうか微妙なところですね。極端な話、連闘というプランを持とうとしても使いづらい状況のように想定上では見えましたから、もう少し様子を見て来週の競馬を考えられるのか否かを見て、行けそうならば在厩で、厳しそうならば一回出して節を稼いでから次へ向かうという形を採っていきたいと思っています」(加藤征師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト