Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

見逃していたのですが、2016年度のレーティングが発表されていたようです。

JRA:2016年度ロンジンワールドベストレースホースランキング及びJPNサラブレッドランキング
http://www.jra.go.jp/news/201701/012501.html
2016年度 JPNサラブレッドランキング
http://www.jra.go.jp/datafile/ranking/jpn/2016.html
2016年度 JPNサラブレッドランキング2歳(PDF)
http://www.jra.go.jp/datafile/ranking/jpn/2016/2.pdf


以前、エピカリスが勝った北海道2歳優駿のレーティングが出た時にエントリーネタに使いました。

m.i.stable:北海道2歳優駿レーティング発表
http://mistable007.blog92.fc2.com/blog-entry-3043.html

この時は上記エントリー内のリンクを見て頂ければ分かりますが、レーティングは108でした。
最終的には110に変更されたようです。

JRAでは牝馬に2kgのセックスアローワンスを与えていますので、4ポイント上乗せされることになります。全日本2歳優駿を勝ったリエノテソーロは107と発表されていますので、+4で111。性別を加味したトップは一応はレースの格を重視してリエノテソーロにということなのかもしれませんが、これは仕方ないことなんでしょうかね。レースの斤量は2kg差を付けるとして、レーティングはレースの結果から算出されるものなのでセックスアローワンスを考えない純粋な形で決めてほしいと思います。牝馬だから.....とか面倒くさいし、スッキリしませんよね。
牡馬と対等に戦える牝馬が出てきてもレーティングとしては下に記されてしまうという実情は、牝馬に対して失礼に当たるのではとも思います。


さて、エピカリスですが、勝己さんがアメリカ言及しちゃいました。

スポーツ報知:米3冠競走登録エピカリス吉田勝己代表「あれは強い、アメリカで勝ちたい」
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170130-OHT1T50210.html


予備登録を済ませたことで、色々と書かれていますし、netkeiba.comには???な方も登場する盛り上がりを見せています。

書かれている方も多いですが、「賞金が控除されると勝ったとしても微々たるものなのに、挑戦させることを勝手に決めて、費用は会員持ち」という図式はやはりちょっとひどいような気はします。

しかし、勝己さんは「現地の一流騎手を手配したい」とも発したようですね。ルメールが武豊TVで
・アメリカで乗るチャンスがある
・エピカリスで
・ケンタッキーダービーはまだ乗ったことがないし
・楽しみ
と発していたようですが、サラッとそこも上塗りしちゃうんですね。
これで本当に現地騎手に決まった場合、吉田一族の世界での権力の凄さを改めて見せつけられる形になりますね。

ちなみに、この遠征についてちょっとクラブに問い合わせしています。
その結果に関してはまた追々。

以下は「2歳」「東京ダ1600m」「良馬場」「500万下クラス以上」で抽出した結果。
レースの勝ち時計からすると、エピカリスのプラタナス賞はオーブルチェフ、アイアムツヨシと並んで最速タイ。
時計で全てが決まるわけではありませんが、価値はあるのかなと思います。

aaaaa_20170131154256508.png

しかし、強いと騒がれる馬になると、本当にいろんな人がエピカリスについて書き込みますね。
出資者でも無い人がエピカリスの海外遠征に慎重な出資者に対して自分の意見を書き込んで、そういう考えはおかしいみたいなことを書いていると、ある意味滑稽だなと思います。その人の意見も、それはあくまでその人の意見であって、それが正解ではないですからね。


今日はこの時間まで更新がないか待ってみましたが天栄在厩馬の更新はありませんでした。
ということで、本当はエピカリスの今週の公式を転記させていただこうと思いましたが無しにしてここまでとさせていただきます。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト
少し前の話になりますし、既にエントリーネタに使われている方もいますが、降級制度がなくなりそうです。

netkeiba.com:降級制度が来夏廃止へ 関係者の協議本格化、抹消時期に懸念の声も
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=118420
Gambling Journal:JRA「降級制度廃止」報道に有名馬主がブログで大激怒!? 運営側と馬主側にある深い溝と、その行方
http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2390.html

一口馬主をやっている方は、賞金を稼がないとその後の出資に影響するというケースが多いと思います。趣味ということで余剰資金でやるべきものという考えはありますが、そうは言っても賞金でうまく回していくことが長く続ける否決であることも事実ですよね。私も出来る限り、出資年の前年に賞金で得た分だけ出資したいと思っています。キャロットクラブは成績の向上に伴い馬代金が上がってきているので厳しいですが。

出資する際、考えているのはどの馬でも「3勝(1勝と500万下2勝)を最低限の目標とする」ということです。理想は最低限「3歳までに2勝して、その後は勝てないまでも善戦し、降級したら再度勝って3勝する」です。降級制度が無くなったらその点アテにしているところが無くなるということですから、もっとシビアに考えて出資する必要が出てきますね。頭数を絞って募集価格が高くても準オープンやオープンでやれると考える馬にのみ出資するとか。でも、そんなことは募集時に分かるわけではありませんし、出来ることと言えば「出資できた頭数が少ないから頭数揃えるためにちょっと劣ると思うけど出資しておこう」ということをやめるということかなと思います。

この変更が良い方向に出る点もあるのでしょうけど、馬主サイドにしてみたら厳しい変更であることは明白ですね。




アカネイロが初音ステークスに特別登録しました。
鞍上は石川裕紀人騎手のようです。

1年目12勝で64位、2年目40勝で27位、3年目43勝で25位と少しずつ勝利数、リーディング順位は上げているようです。
今年は4勝を上げていてJRA通算99勝で、今週100勝達成できるかという感じですね。アカネイロで達成してくれても一向に問題ありません(笑)

さて、フルゲート割れの特別登録頭数なのですがメンバーは濃いですね。
このクラス常連になっているマローブルーを含め、準オープンで好走歴がある馬、オープンでも着差があまりない馬もいます。前走の結果で同じ東京で出走という点からも人気も無いでしょうし、怪我なく走りきってくれれば御の字で見ることが大事かと思います。

しかし、ちょっと前にも書きましたが、レースに出ても勝ち負けできる可能性がある馬があまりいなくって、厳しい1年になりそうです。エピカリスが引っ張ってくれるとは思いますが、海外に行ったりすると相手が格段に違いますし、そうそう勝つとは思えません(勝ってほしいですけどね)。
夏以降2歳馬の活躍に期待ということになりそうですが、今のところ坂路の動きを見てもすごく良いと思える馬はまだいませんし、唯一の牡馬ジンジャーパンチ15が頓挫で調整遅れという状況も厳しさ増長です。これからの奮起に期待しましょう。

◆アカネイロ
1/29  清水久厩舎
2月4日の東京競馬(初音S・牝馬限定・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて14頭の登録があります。

1/25  清水久厩舎
25日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで単走の追い切りを行いました。先週は馬なり程度でしたが、競馬の1週前ということで今日はしっかりと強めに追ってもらい、全体が79秒8、ラスト1ハロン12秒1という時計をマーク。先週はまだ中身が伴っていない感じがしましたが、そのひと追いが効いたようで動き、時計ともに文句ありませんでした。使おうと思えば今週の競馬に行けるくらい状態はいいですよ。グッと上向いてきてくれていますので、オーバーワークにならないようあと1週キッチリと仕上げていきたいと思います」(清水久師)
2月4日の東京競馬(初音S・牝馬限定・芝1800m)に石川騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今日の東京新馬戦はアイルドフランス産駒のインシュラーが勝利(レースは見ていません)。
アステリックスの下になります。

アステリックス仔のアエロリットも重賞2着と活躍中で次はクイーンカップとのこと。この牝系は活躍馬も多いですが、そういう背景からもアステリックス産駒に出資できる機会がなかったのが、本当に残念でなりません。

アイルドフランスは1995年産で、インシュラーが19歳時の仔ですが、その下の産駒はいません。インシュラーが生まれてロードカナロア、ダイワメジャーで不受胎、翌年、ブラックタイド、ハーツクライで不受胎→用途変更となっています。そういう意味でも牝系を伸ばすという意味でアステリックスが日本にいたほうが.....とも思っちゃいますが、今更ですかね。




先日エントリーした時に追記した通り、ネオリアリズムが帰厩しました。

「まだペースを上げる時期でもありません」とコメントされていたのでまだまだ予定を立てるまで時間がかかるかなと思ったのですが驚きです。

この時期の帰厩となると、
 2017.02.26 中山記念 中山 芝1800m
 2017.03.11 金鯱賞 中京 芝2000m
を使うということなんでしょうね。

この春の最終目標をどこに置くのか.....
 2017.04.02 大阪杯 阪神 芝2000m
の他にも
 2017.04.08 クイーンエリザベスステークス オーストラリア(ランドウィック) 芝2000m
 2017.04.30 クイーンエリザベスII世カップ 香港(シャティン) 芝2000m
が海外にあります。
 2017.03.25 ドバイターフ アラブ首長国連邦(メイダン) 芝1800m
は予備登録していないのでないでしょう。

中山記念を使える状態になっていれば、その後は候補が広がりますね。
その中山記念はリアルスティール、ロゴタイプ、ヴィブロス、ヌーヴォレコルト、アンビシャスと骨っぽいメンバー構成になりそうです。

マイルチャンピオンシップ、そして、香港マイルを見る限り、G1を勝つにはもう一つステップアップというかパワーアップが必要と思います。レースを使いつつ力をつけて、今年大きな勲章が取れれば良いなと思います。

017e3ddc2016121482629ec1de2ba105_20170129133904cc9.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ネオリアリズム
1/27  堀厩舎
27日に美浦トレセンへ帰厩しました。

1/24  NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週に引き続き周回コースを中心に長目の乗り込みを続けています。まだペースを上げる時期でもありませんし、こちらではきっちりフォームの確認をしながらゆったりと乗るように心がけているところです。距離も先週同様4500mと長目に乗っていますし、体全体を使っていい雰囲気ですよ」(NFしがらき担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
未勝利戦を好内容で勝ったヴィルデローゼ。
NFしがらきに放牧にでまして、次の予定はnetkeiba.comによるとチューリップ賞とのこと。

みんな大好き(嘘)ギャンブルジャーナルの下の記事によりますと、大物が出走予定。

Gambling Journal:2歳女王ソウルスターリング中心も「超新星」ファンディーナの出現で勢力図は激変?「超ハイレベル」とウワサの3歳牝馬クラシック有力馬を紹介!
http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2395.html


その大物は阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったソウルスターリング、そして同レース2着のリスグラシュー。
リスグラシューに関しては公式のコメントでチューリップ賞に向かうことは明言されています。

そんな馬たちを相手にダートで勝ち上がったヴィルデローゼが太刀打ちできるのか?というところは疑問。「まずはひとつ勝って大きいところを目指していきたい」と勝ち上がる前に師がコメントしているので、能力を買ってくれているのは嬉しいことなのですが、いかんせん壁が高すぎるなと。ちなみに同厩ミリッサはエルフィンステークス@ルメールで進められており、勝てばそのまま桜花賞へ直行でしょう。

ダートで勝ち上がって、次にチューリップ賞に挑戦した馬に9年前に出資していましたが、結果は残念なものでした。やはりダートで勝って、桜花賞トライアルの中でも最重要レースのチューリップ賞に臨むのは厳しいことだと思います。桜花賞を狙うにしても、報知杯フィリーズレビューの結果次第で桜花賞へという形のほうがなんとなく戦う相手からすると良さそうな気がするんだけどね.....

でも、競馬はやってみないと分かりませんし、そのレースに出てみてその後を考えるという指標にもなりますから、まずは狙ったレースに状態良く出られるといいですね。

f10718642017117a0577d1125d34cdc.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ヴィルデローゼ
1/24  NFしがらき
坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「こちらに到着後、馬体に異常がないことを確認してから坂路で軽く乗り出しています。大きな反動はなさそうですし、ゆったりと緩めずに動かしながらリフレッシュさせていきます」(NFしがらき担当者)

1/18  NFしがらき
18日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「昨日はありがとうございました。京都までの短い距離とはいえ2度輸送することになったわけですし、決して楽な条件ではありませんでしたが、きっちりと勝ち切ってくれてホッとしました。まずは1勝、というつもりでダートを使わせていただきましたし、ここはいったん放牧に出しますが、次は芝に戻してどこかトライアルを使いたいと考えています」(石坂師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今週は出走なし。

現役馬はリアファル、ネオリアリズム、エピカリスのオープン馬以外は現状微妙な状態。
リアファルもAJCCで大敗したように先がちょっと読めません。
ネオリアリズムはまだどこが復帰戦になるか見えませんし。
エピカリスはヒヤシンスステークス勝ってもらわないとね。

サーブルオール、マイティーゴールドあたりが頑張ってくれないと、その他は500万下勝ち負け程度のメンツなのでちょっと厳しい結果になりそうな予感があります。


あ、あと、ホープフルステークスがG1に格上げになったようですね。

netkeiba.com:ホープフルSがGIに、ターコイズSがGIIIに昇格
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=118506

正直な所あまり意味がない格上げに感じてしまうのですが.....ね。
それより、2~3歳のダート番組を充実させるべきと思います。


-------- 2017.1.27 18:30追記 --------
>ネオリアリズムはまだどこが復帰戦になるか見えませんし。
って書いたら、今日帰厩と公式に出ました。
坂路で時計になるところを乗っていないのに突然の帰厩でビックリ。
どこを狙ってのものなのか、来週コメントが出るでしょうか。
ムーアで中山記念とかもあるんでしょうか?今の調整ペースでは難しいと思っていましたが。





前走逃げて2着だったハイレートクライムは次1200mに挑戦するようです。

1400mの初戦後、シュタルケがコメントした「スタート後のダッシュがあまり利かないので、もう少し距離があってもいいかもしれません」はガン無視です(笑)ま、逃げることが出来るくらいになったのでその時とは違いますよということなんでしょうけど、なんかやっぱりシュタルケって微妙なのかなぁとも思ってしまいますね。

2月は京都、小倉が関西圏で開催されて、1400mのダートは京都にも組まれてはいるけれど加藤騎手のコメントを信じて芝を選択、そして、権利がある内での出走を考え、そして今までの戦績から距離選択をすると、小倉1200mがベストと感じたということなのでしょう。京都で芝1400mが権利内であれば両天秤だったんでしょうけどね。

1200mは正直不安なところもありますが、やってみなければ分かりませんし、前走みたいなロケットスタートが決まれば勝ち負けできそうな気がします。見どころあるといいですね。

23ebe27e20171234f2bee31c5c2b69a.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ハイレートクライム
1/25  庄野厩舎
25日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、中間ハミ受けも確認しながらじっくりと調整していい状態に仕上がったと思っていましたし、巻き返してくれると思って送り出しましたが、わずかな差だっただけに悔しいですね。なんとかメドは立ったと思える内容でしたし、このまま次走に向けて調整していく予定です。ダート1400mの番組もいくつかあるのですが、ジョッキーとも話をしてやはり芝の方が良さそうなので、小倉の芝1200mを目指そうと考えています。ゲートさえ五分に出てくれればこの条件でも十分やれると思います」(庄野師)
2月18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)を目標にしています。2月18日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)を目標にしています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今月中のエコー検査の予定でしたが、混み合っているとのことでまだ検査日程も決まっていないマイティーキュートです。

混み合っているというのは良いことなのか悪いことなのかと考えると、良くないことなんでしょうね^^;
それだけ骨折、屈腱炎を含め検査を必要としている馬が多いということなのでしょう。
怪我をすることなく走れる世界ができたら良いんでしょうけどね.....

屈腱炎の場合、検査で良化が見込めない場合に即引退を突きつけられることがあります。マイティーキュートも結果次第ではそういう判断をされることがあるのでいつもヒヤヒヤしながら見ています。ま、詳細見る前に「My Horse」でNF空港のままであれば大丈夫とは思ってしまうのですが。

昨年最後のコメントでは「来年はしっかりデビュー、そして勝利を目指していければと思います」とありました。スタッフ含め牧場サイドもデビューさせる方向で頑張っているのだと推測されます。大怪我をして引退させないことに対して賛否両論はあると思いますが、あれだけ能力的に騒がれた馬なので(実際は走ってみないと分かりませんが)、やはり走らせたい思いはあります。

とはいえ、大きな怪我の後はリアファルのようになかなか結果を出せないこともあるわけですから、待って、デビューできて、でも結果的にはということも当然有り得ます。その辺りは常に頭にはあります。


いずれにしても、エコー検査で良化が見られ、デビューに向けて進められる状態になっていくことを祈って、見守るのみです。

◆マイティーキュート
1/26 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「クリニックの予定が混み合っている関係でまだ具体的な検査日程は決まっていませんが、近々の検査に変わりはありませんので、状態を見ながら運動を進めています。検査をスムーズに行えるよう、体調管理もしっかりと行っておきたいですね」(空港担当者)

1/18 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「今月中のエコー検査を予定していますので、無理のないよう回復をしっかり促すように対応しています。引き続き、馬体重も安定していますし、このまま進めていければと考えています。馬体重は526キロです」(空港担当者)

1/12 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「この中間も問題なく日々のメニューをこなせています。今のところ、今月中には次のエコー検査を行いたいと考えていますが、可能な限り動かしつつ何とか前進を図っていきたいですね」(空港担当者)

12/20 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「引き続き、変わりない内容で進めることができていますよ。今年はデビュー間近まで行きながら無念の休養となってしまいましたし、来年はしっかりデビュー、そして勝利を目指していければと思います」(空港担当者)

12/15 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「この中間の馬体重は533キロと少しずつではありますが、増加傾向にありますね。寒さもあってなかなか体を絞りにくい状況にありますし、カイバ量などには気を付けながら日々対応していきたいところです」(空港担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ギャンブルジャーナルにエピカリスが再登場。
結構好き勝手書かれています。

Gambling Journal:怪物エピカリスの米国3冠挑戦は実現せず?昨年のラニにあって、エピカリスに足りないものとは。「10年に一頭の逸材」が背負う悲しき宿命
http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2374.html


「所有馬は"チャレンジ"よりも『如何に効率よく賞金を稼げるか』が重視され、勝つ見込みが薄い挑戦には後ろ向きな判断が下されがち」と書かれていますが、実際私もそうですが、賞金は稼いでくれたほうが有り難いのが事実。勝つところを見て賞金を稼いでくれてというのは大前提にあると思います。でも、これを書いた人も分かってはいると思うのですが、今の一口馬主の上位クラブには大牧場が付いているわけで、そこがYesと言えばYesになるのが今の日本競馬社会。クラブがどうこう言っても牧場のコメントは絶対なのが現状です。

しかも個人馬主と違って出資者は意見を言うことが出来ないので、勲章を得るためにクラブ馬を使うというのは言葉は悪いですが「やりやすい」でしょう。そう考えると、「勝つ見込みが薄い挑戦には後ろ向きな判断が下されがち」ということは無く、今回に限っては行く可能性は高いと見ています。

予備登録も終え、出走する方向で覚悟を決めたのであれば一出資者としては信じて応援するのみと考えて、前のエントリーに書きましたが、今でも心の奥ではアメリカでの出走はしないで欲しいと思っています。ラニを引き合いに出すのではなく、色々複合的に考えて(国内で走ってくれたほうが賞金を稼いでくれそうということも含めて)アメリカはリスクが高すぎると思っています。



そのエピカリスの鞍上にいるであろう、C.ルメールは先週日曜日に1日で2度落馬。2度目の落馬後も「自力で立ち上がっていた」「来週の騎乗はOK」ということも書かれていますが、やはり心配です。エピカリスにはルメールが合うと思いますし、軽症であって欲しいです。

Gambling Journal:C.ルメール騎手が1日で2度の落馬!! サトノダイヤモンド、レイデオロなど"お手馬"の今後の騎乗は?
http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2382.html


当のエピカリス自身は順調に調整中で来週帰厩するとのこと。
これほど注目される馬ですので、スタッフも気が気じゃないというかストレスもあるとは思いますが、諸々気を抜かずにお願いしたいものです。


-------- 2017.1.25 17:30追記 --------
今年は米三冠にエピカリスをはじめ9頭が予備登録したとのこと。
今までにないことでしょう。
これはラニの功績でしょうね。

JRA:2017アメリカ三冠競走に日本馬が登録
http://www.jra.go.jp/news/201701/012502.html
ラジオNIKKEI:2017アメリカ三冠競走に日本馬が登録
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_10838.html
スポニチ:米3冠レース登録馬を発表 エピカリスなど9頭
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/01/25/kiji/20170125s00004000163000c.html
サンスポ:2017年アメリカ3冠にJRA所属馬9頭が登録
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170125/ove17012515340003-n1.html


<馬名・性齢・調教師・所属>
アディラート    牡3 須貝尚介 栗東
エピカリス     牡3 萩原清  美浦
コーカス      牡3 藤原英昭 栗東
タスクフォース   牡3 須貝尚介 栗東
ハイランドピーク  牡3 土田稔  美浦
フォギーナイト   牡3 堀宣行  美浦
マイブルーヘブン  牡3 高橋義忠 栗東
モンサンレガーメ  牡3 牧光二  美浦
レヴァンテライオン 牡3 矢作芳人 栗東
※50音順

★アメリカ三冠競走の開催日程
<日付・競馬場・レース距離>
 5月6日(土) チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー(G1) ダート2000m
 5月20日(土) ピムリコ プリークネスステークス(G1) ダート1900m
 6月10日(土) ベルモントパーク ベルモントステークス(G1) ダート2400m


◆エピカリス
1/24  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「目標を明確にしたうえで入厩へ向けて引き続きしっかりと乗っている最中です。萩原調教師とは来週の入厩で話をしていますので、送り出すまでにケアをしっかりとしつつ乗り込んで、より良い態勢づくりをしていくつもりです」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
久しくエクストラペトルについてエントリーしていませんでした。

先週のコメントで「中央場所はもちろんですけれど、場合によっては地方交流戦も頭に入れていきます」と加藤師がコメントしていましたが、実際に登録→選出されたとのこと。
選出されましたし、前向きに出走に向けて調整していくことでしょう。

正直な所、牝馬限定戦の500万下クラスで不甲斐ない結果が続いているので、勝つということを考えるとこの選択は良いと思います。結果を取りに行ったということでしょう。ただ、交流で勝ってしまって、1000万下クラスで勝負になるのか?という心配も当然あります^^;
※勝負事ですし中央から他にも出るのですから勝てる前提で話しているわけではありません

勝つということを思い出させることで覚醒するということもあるとは思いますが、今までの戦績を考えると一変も考えにくいですよね。6月生まれだから.....晩成かもしれないから.....という温情を与え続けられたエクストラペトルですが、そろそろそれも言ってはいけない時期。単に能力が足りないと判断されかねません。自分の将来は自分で切り開かないといけませんし、発奮を期待します。

交流戦でもダメだったら、芝短距離をもう一度試して欲しいです。

◆エクストラペトル
1/22 加藤征厩舎
2月2日の川崎競馬(アメジストスター賞・ダ1600m)に登録し、選出されました。

1/19 加藤征厩舎
18日は美浦坂路で追い切りました(54秒9-40秒0-25秒9-12秒7)。19日は軽めの調整を行いました。
「天栄でもまずまず順調に乗れているということでしたので、先週の金曜日に帰厩させていただきました。ただ、寒いこともあるのか体がちょっと立派に映りましたね。それなので、バランスを考えつつ適度な負荷をかけるように動かし始めています。今週は水曜日に坂路でじわっと動かしましたが、脚取り自体は悪くありません。引き続きこのまま動かしてフィットさせた状態に持っていきたいですね。レースに関してはまだ検討している段階で決めてはいないのですが、中央場所はもちろんですけれど、場合によっては地方交流戦も頭に入れていきます」(加藤征師)

1/14 加藤征厩舎
13日に美浦トレセンへ帰厩しました。

1/10 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間もじっくりと乗り込んできました。正直大きく変わったという感じこそないものの、順調であることが何よりだと思っていたんです。そのような中、厩舎から移動の相談がありました。すぐにでも競馬へ向かえるようにしっかりと乗ってきたつもりなので、あとは日程の調整がつくまで良い体調になるようにしっかりと整えていきたいです。馬体重は496キロです」(天栄担当者)

12/20 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「物凄くいいというわけでもないのですが、まずまずかなという状況にはなってきているのかなと感じています。それでも前回いいなと思える状況で思うような結果にならなかったところもありますし、何とか少しでもいい状態に持っていって厩舎へバトンタッチしたいと思っています」(天栄担当者)

12/13 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「引き続き15-15くらいは乗るものの、すごく良いというわけではないです。全身をしっかりと動かしながら硬さを解していって、それでまたいい走りができるように持っていければと考えています」(天栄担当者)

12/6 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「前回送り出した時は歩様も良くて具合はいいなと感じていたのですが、今回はいくらか硬さを感じさせる体、そして歩様にも感じます。大きく変わらないと言えばそうなのかもしれませんが、現状を打開するには少し時間をかけた方がいいかもしれません。今週から坂路で15-15を行き出したところなので、少し下地をつくり直すくらいの感じでじんわり乗っていければと考えています」(天栄担当者)

11/30 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「様子を見ながら少しずつ乗り出しています。大きく変わった様子はありませんし、使えるのならばそのまま競馬へ向かおうとされていたくらいですから、こちらでの調整も問題なく行えています。今回は少し間を空けてレースを考えていくということでしたので、あまり最初からやりすぎないように体調管理に重点を置いた調整を行っていくつもりです。馬体重は465キロです」(天栄担当者)

11/22 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週末にこちらへ帰ってきました。見た目の印象ではそこまでガタッとは来ていないように思えるのですが、1回競馬を使った後であることに変わりはありませんからね。まずはトレッドミルでの運動を課して、タイミングを見て乗り出し、またいい状態で送り出せるようにしていきたいと考えています」(天栄担当者)

11/19 NF天栄
19日にNF天栄へ放牧に出ました。
11/17 加藤征厩舎
17日は美浦南Wコースで追い切りました(57秒6-43秒0-14秒9)。
「水曜日に出た想定では一見ちょっと厳しそうに思えたのですが、可能性はわずかにありそうにも思えたので、今週の競馬を諦めないで準備はしておこうと考えました。それで今朝はウッドチップコースでサッと動かしています。一度使った後の中1週というスケジュールになり、また福島での再輸送ということも考えて15-15くらいではあるものの、変わらない動きを見せてくれています。それで出馬投票締め切りギリギリの状況を見ていると日曜日の牝馬限定戦に入る可能性が出てきたので丸田ジョッキーを確保して投票を行いました。しかし、結果はギリギリで他からの移動があって除外となってしまいました。残念ですが、こればかりは致し方ありません。可能性にかけて投票しましたが、来週となると2場開催になり余計に入る可能性はなくなるでしょうし、ダラダラ調整するのは好ましくないと思えますから、今のところは昨日お話させていただいたようにいったん仕切り直してから今後を考えていくつもりです」(加藤征師)
20日の福島開催(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)は非抽選除外となりました。

11/16 加藤征厩舎
16日は軽めの調整を行いました。
「前走で権利を獲れなかったので、どうしても節の関係が出て来てしまいますし、今朝までの調教は状態をキープするようなイメージで進めていました。それで今日の想定を確認したのですが、さすがに開催最終週のローカル開催で、なおかつ来週は2場開催と言うこともあり、かなりの頭数が今週の福島を狙っている状況でした。また、東京も同様に頭数が多くて入らなそうです。現状を加味しても直ぐの競馬を狙ってスムーズに使える保証はありませんし、それならばリフレッシュを兼ねてある程度間隔を空けたほうが、よりいい状態で次の競馬へ向かえるでしょうから、一度放牧に出すことも考えています。基本は中央の状況と馬の状態を確認しつつも、場合によっては地方交流戦を使っていくのもありかなとは考えていますから、現状ではここと決めつけずに臨機応変に次走を検討していきます」(加藤征師)

11/10 加藤征厩舎
9日、10日は軽めの調整を行いました。
「先週は良い競馬にならなくて申し訳ありませんでした。東京か福島か迷ってメンバーを見て結果福島にしたわけですが、小回りでも捲る馬が出てきやすいのでジッとして終いにかける競馬をしてほしいとリクエストをしていたんです。ただ、スタートを切ってしまって思惑とちょっと異なる形になってしまいましたね…。レース後、菱田には電話でよく話をしておいたのですが、あれだと気持ちが続かなくなってしまいかねないので、余計にスタートから考えてほしかったですね。こればかりは今言っても仕方ありませんが走り切っての負けでないことは確かなので、気持ちを切り替えて巻き返すことができるようにしたいです。今は様子を見ているところですが、目立った傷みはなさそうです。できることならばまた使いたいところではあるものの、すぐの出走が可能かどうか微妙なところですね。極端な話、連闘というプランを持とうとしても使いづらい状況のように想定上では見えましたから、もう少し様子を見て来週の競馬を考えられるのか否かを見て、行けそうならば在厩で、厳しそうならば一回出して節を稼いでから次へ向かうという形を採っていきたいと思っています」(加藤征師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
3頭とも2番人気に推していただきましたが、結果は残念なものに。
特にリアファルは有馬記念を思いださせるような下がり方で正直覚悟したのですが、怪我ではなかったということでまずは一安心。でも、怪我以外でああいうレースになるのはそれはそれで厄介ですよね.....

1/21(土) 中山07R マイティーハニー(C.ルメール)→2番人気3着
1/22(日) 中京02R ハイレートクライム(加藤)→2番人気2着
1/22(日) 中山11R リアファル(V.シュミノー)→2番人気13着


■マイティーハニー
BS11で観戦。
馬体重は+6㌔で490㌔。
パドック周回見ても、もっと幅が出て欲しいというかどっしりして欲しいですね。馬体重は結構あるのにダートが合うという感じの馬体とは感じません。やはり洋吉さんが言っていたように芝のほうが良いのかな。

スタートは五分ですが、中山ダ1800mは前有利ですし前々の追走は良かったと思います。逃げるかと思っていた1番人気が後ろからになってシメシメと思っていたら捲っていきました。あの捲りで前に出られていたうえ、少し離されていたので、ちょっと厳しいかと感じながら直線に。直線向いてからの伸びはイマイチでしたね.....
勝ち馬は強かったと思いますが、2着馬に迫ることが出来なかったのはいただけないです。現級ダートで馬券圏内に入ったことがない馬でしたからね^^;

でも、レース中喉も脚元も気にならなかったとのこと。弟は音はするということだったのに姉はその記載がないので手術の効果が大きかったのかもしれません。ただ、「普段カイバを食べていても気管に入りやすくて咳き込んで体調管理にも気を遣う」は初めて出たと思いますが気になりますね.....しっかりと日々の確認とケアをお願い致します。

次こそ勝ちましょう。

◆マイティーハニー
1/21  尾関厩舎
21日の中山競馬では五分のスタートから前々でレースを進める。好位のまま直線を向かえるが、最後は伸び切れず3着。
「休み明けではありましたが、よく頑張ってくれたと思います。ただ、最後は止めるような面があったので、個人的にはもう少し距離が短くてもいいのではと感じましたね。勝った馬は強かったと思いますが、立て直した効果を感じますし、次は更に良い結果を期待しています」(ルメール騎手)
「勝負どころで少しモタついたものの、パトロールを見るとスムーズに追えてはいましたから、力を出しての結果でしょう。前に迫ることはできませんでしたが、それでも今日は喉の手術を行っての長期休養明けでしたし、しっかりと走って無事に上がって来てくれたのが一番です。脚元はもちろん、喉の音も気になることはなかったようですからね。ジョッキーの感覚としては東京のマイルも面白そうとのことでしたが、権利を獲ったから直ぐに次と言うよりは、ちょっとケアの期間はほしいかなと思います。気道を確保したことで呼吸をしやすくなった面はありますが、普段カイバを食べていても気管に入りやすくて咳き込んで体調管理にも気を遣う状況です。力があるのは分かっているので、馬に合わせて慎重に判断していきます」(尾関師)
長期休養を挟んでの一戦となりましたが、喉の手術の効果もあって前走からキッチリ前進を見せてくれました。このクラスで勝負になる力を持っているのは間違いありませんし、次走は更なる前進を見せてくれることに期待したいと思います。今後はレース後の状態次第ですが、基本的には一旦リフレッシュ期間を挟む予定です。)



■ハイレートクライム
レーシングビュアーで確認。
馬体重は増減無し。
レース確認後にパドックを確認しましたが、チャカチャカ周回していてちょっと心配になる感じでしたね。

加藤騎手の騎乗はとても良かったと思います。

まず、スタート素晴らしかったですね。
スタートを決めすぎたことでちょっと悩んだかもしれませんが、砂を被らないということからも逃げたことはベストと思います。先手を取ってからも掛かること無く気持よく走っているように見えましたね。

直線向いて少し引き離せそうだったので「粘れ~」と願っての応援。2番手の馬は振り切ったのですが、抜けた1番人気の馬が3着の馬と併せる感じで伸びてきたため、最後の最後に差されてしまいましたね。

ダートが合う合わないは難しいですね。鞍上は軽い走りをするということだったのでダートが決して良いわけでは無さそう。今回はメンバーがかなり低調ではありましたが、勝ち時計は前日の牝馬限定戦未勝利より0秒1、500万下より0秒7、それぞれ遅いくらいだったのでそんなに悪いレースでもなかったとも思います。未勝利は勝てるレベルという感じでしょうか。

せっかく優先権を得ましたので続戦希望。
出来れば加藤騎手も続戦希望。

芝、ダート問わず良いと思うレースを選んで次こそ勝ちましょう。

◆ハイレートクライム
1/22  庄野厩舎
22日の中京競馬では好スタートからハナを切る展開。直線もしぶとく粘っていたが、ゴール前で僅かに交わされてしまい2着。
「スタート前は少しピリッとしたところはあったのですが、ゲートの中では程よく気合いが入っていても体勢が悪くなることはなく、良いスタートを切ることができました。出てからのスピードの乗りも良く楽に走ることができ、気分良く進められました。それなので折り合いも問題ありませんでした。それだけに…あと少しだったんですけれどね。申し訳ありません。走りは軽いので芝でもと思いますが、いずれにせよしっかりとリズム良く走ることができればまた頑張ってくれるはずですし、自分の力を発揮できれば上位争いできるのは確かでしょう」(加藤騎手)
「道中は人気馬を見ながらレースをするよう指示を出していたのですが、まさかあんな速いスタートを切って逃げる展開になるとは予想外でした。相変わらず気性的に難しい面があって返し馬から行きたがるようなところを見せていましたし、ゲート裏でも少しイレ込みが目立っていたのですが、加藤も何とか落ち着かせてうまく乗ってくれましたね。最後も残せたと思っただけに悔しいですが、いい内容の競馬は見せられたのではないでしょうか。優先権を確保してくれたので、レース後の状態に問題なければ続けて使っていく予定です」(庄野師)
逃げる展開は予想外でしたが、ジョッキーもうまく折り合いをつけて最後までしっかりと粘ってくれました。もちろん勝つことができればベストでしたが、2着を確保してくれたように力のあるところは見せられたと思いますから、次こそはもうひとつ上の着順でゴールしてもらいたいものです。この後はトレセンに戻って馬体を確認し、問題なければ在厩のまま続戦していく予定です。



■リアファル
民法で確認。
馬体重は結構減るかと思っていましたが-2㌔。
パドック周回を見る限り落ち着きもあって、太め感もなく、良さそうに見えました。

スタートはまずまずでしたが押して先行。前目に行かないと行けない馬なのでその判断は間違ってないと思います。2番手で追走している姿も良い走りに見えました。しかしながら、勝負どころから前についていけないというか押さないといけない感じになり、その後は下がる一方で直線は無理をしない形に。
その下がる姿は有馬記念と同じに見えて、本当に再発を覚悟しました。

師のコメントでも問題はないとのことですし、助手さんのツイッターでも問題ないとの記載。とりあえずぱっと見た感じでの再発は無いようです。しかし、師が最後にコメントしたところも気になるところなのでしっかりと確認していただきたいです。それで問題ないということであれば、馬が中山を気にしたということも無いとは言えないと考えます。自分が怪我をしたところですから嫌と思う可能性もありますし、賢い馬ならそういう考え方が出来ると思います。

そうだとしたら、今後は中山を避けて使っていくことを考えれば良いと思いますし、次に使う競馬場は勝ったことがあるイメージの良い所とかにしてみたらどうでしょうか。出資者の一つの提案です。

いずれにしても怪我のことを気にして走るのであればかなり厄介です。
過度な期待をせず、思い切り走れる気持ちになることを待たなければならないかもしれませんね。

3頭の中で一番期待していただけにこの結果は本当に残念です。

◆リアファル
1/22  音無厩舎
22日の中山競馬ではまずまずのスタートから前目につける。道中はそのままリズム良く追走しているかに見えたが、最終コーナーで手応えが急激になくなって下がってしまい13着。
「ゲートを出てくれましたし、前々をリズム良く進むことができていました。途中まではいいイメージを持っていた位なのですが、最終コーナーでいきなり手応えがなくなり、下がってしまいました。跨がっていて捌きが乱れたと感じることはなかったものの、さすがにそこからは無理をできませんでした。申し訳ありません」(シュミノー騎手)
「嫌な止まり方だったのでレース直後、そして少し時間を置いて競馬場の厩舎で左前脚を中心に確認しましたが、歩様だけでなく脚元の見た目も変わりはありませんでした。正直、勝負どころで急にフットワークが悪くなったので古傷の影響を覚悟したものの、現状ではそれを見せていなくてホッとしました。それでも中間に蹄のケアが必要でしたし、以前のことを含めてもしかしたら馬自身が何かを気にしてセーブしていたり、時間が経って症状が出て来たりする可能性もありますから、まずはしっかりと変化を確認していきます。今日はいい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(音無師)
この中間はリフレッシュ放牧を挟んだものの、昨年の12月に長期休養明けを一度叩いての上積みにも期待がかかっていただけに、首を捻る走りになってしまいました。レース後の歩様などに現状で異常は見られなかったものの、今日はまったくこの馬の力を発揮できませんでしたし、まずは馬体に問題がないかを確認しつつ敗因を探っていきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
香港マイルから帰国、三木ホースランドパーク→NFしがらきと移動したネオリアリズム。
3週間の着地検疫も明けております。

やっと軽めのキャンターを周回コースで取り入れるくらいになっているようで、復帰レース選定には今しばらく時間が掛かりそうに感じています。

春のG1戦線に向かうことが出来るのか?それとも、春全休するくらいの状態なのかでだいぶ違ってきますが、恐らくは春G1に合わせて使っていくことは出来ると思います。大事に大事に使っていく先生ですが、もう6歳ですし、可愛がりすぎることはないかなと。

モーリスも引退して師としてもぶつからないように分けるということはしなくて良くなったでしょうから、ネオリアリズムに一番適したレースを使っていってくれるはず。となると、昨年末のコメントから考えると2000m程度に戻すと見ています。

今年からG1となった
 2017.04.02 大阪杯 阪神 芝2000m
を目標にしていきたいと考えた場合、ステップレースを使うとなると
 2017.02.26 中山記念 中山 芝1800m
 2017.03.11 金鯱賞 中京 芝2000m
しかありません.....これには間に合わないと思います。

うーん、ぶっつけかな。
その後のレース選定も難しいですね。2000m以上は使わないと思うので宝塚記念も無いでしょうし^^;
意外と使えるレースが少なそう。

マイルで使い続けるのであれば
 2017.04.23 マイラーズカップ 京都 芝1600m
 2017.06.02 安田記念 東京 芝1600m
のローテとは思いますが、マイルじゃないと思うからな.....

堀師のローテに関するコメントが待ち遠しいです。
まずは、ネオリアリズムには一日も早く疲れが癒えて欲しいと願っています。

◆ネオリアリズム
1/18 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間もフラットワーク中心にじっくりと調整をしています。周回コースではハロン25秒程度の軽いキャンターですが、4500mほど長目に乗り込んでしっかりと運動量を確保するように心がけているところです。この後も状態を見ながら少しずつペースアップしていければと思います」(NFしがらき担当者)

1/10 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「年末から年始にかけては、周回コースなどのフラットワークを中心にゆったりと乗り込んでいます。本日で着地検疫は終了しますが、もうしばらくはこちらで過ごすことになりそうですし、無理せずじっくりと動かしながらしっかりとリフレッシュさせていく予定です」(NFしがらき担当者)

12/20 NFしがらき
20日にNFしがらきへ移動しました。
「三木ホースランドパークでの入国検疫を終え、本日こちらに移動してきました。着地検疫は3週間の予定ですが、まずは体調などよくチェックして、ジワッと動かしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

12/15 三木HP
14日に無事帰国し、三木ホースランドパークへ移動しました。
「先週の香港ではいい結果とならず申し訳ありませんでした。レース前に、チークピーシズを着けて追い切った時のジョッキーの感触は良かったのですが、その時とレース当日の精神状態の差も出てしまったのかもしれません。メンコを外してチークを着けたわけですが、パドック、馬場入りの際にはメンコがない分耳栓を用いていたので落ち着いていてこなすことができていました。レースでは耳栓は外しますが、要所要所の反応も上がっていたことからメンコを外したことの効果はあったと思います。ただ、3コーナーあたりでペースが落ち着いた時に力みが生じてしまい、それが終いの失速につながってしまいましたから、結果からすると馬具に関してはやりすぎてしまったのかもしれません。今後どうしていくかはまた改めて検討していきます。レース後の様子を見て飛行機の状況等を把握しつつ移動するようにしたのですが、2時間ほどの遅延がありながらも馬運車、飛行機の輸送を落ち着いてこなしてくれ、無事帰国し、現在輸入検疫を受けているところです。馬の状態ですが、全身に硬さがあり、背腰にも反応が出て疲れを感じさせる状態ですので、三木、そしてその後のしがらきで回復を促していきます。今後については現時点で未定で、あくまでも状態を見ながら来年の競馬を考えていくつもりでいます」(堀師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
クラシックリディアです。
ダートで続戦であればそうなるよね......と、大方の予想通り、小倉ダ1700mになりそうです。

確かに距離は1400mより1700の方が良いと思います。
スタートさえ決めれば前でレースはしやすいでしょうし、包まれる可能性も減りそうな気がします。

でも、どうしても前走の負けは不利だけではなく、単に適性の問題だったという思いが拭えません。
本当に次でしっかりと適性を見極め、適正なレースを使っていって欲しいと願います。
ブルーメンブラットの仔だけに邪険には出来ないのかもしれませんが、ちゃんと考えて使ってくれないのであればこの馬だけ転厩ということでも構わないと思います。馬にとって悪い形にしないで欲しい、それだけです。

あと、若手騎手で斤量を軽くするよりも、レースを作ってくれる、そしてレースを教えられる騎手に乗って欲しいです。

21daa4d02017117a0577d114a4bd60c.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※容量の問題で少々画質はいじっています。


◆クラシックリディア
1/18  石坂厩舎
18日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありません。ダートがどうかという未知の部分はありましたが、今回は直線の不利も大きく、最後は止めてしまったような格好です。ダートの走り自体は決して悪いとは思いませんでしたし、これならもう一度続けて使ってみてもいいのではないかという内容だったと思います。小倉に行けば牝馬限定のダート1700mという番組が毎週ありますので、いずれかに出走させるつもりで在厩で調整していきます」(石坂師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今週も3頭が出走です。
寒いので怪我なく頑張って欲しい。
今週は関東で雪が残るかもしれませんし、中山の2頭(特に輸送も長いリアファル)は心配です。

1/21(土) 中山07R マイティーハニー(C.ルメール)
1/22(日) 中京02R ハイレートクライム(加藤)
1/22(日) 中山11R リアファル(V.シュミノー)


◎マイティーハニー
喉の手術明けの一戦となるマイティーハニーです。
弟マイティーゴールドは手術明けで一発回答しましたが姉も続きたい所。

鞍上が誰になるかと思っていたら、まさかのルメール。尾関師とルメールってなんかあまり接点ないように感じていたので今回の手配は驚きました。でも嬉しい誤算です。

喉のことも含めて半信半疑ではありますが、手術前でも現級はそれなりに結果を出していた馬ですから、多少なりとも手術の効果があれば前進(勝ち負け)が出来るはず。

一番人気は隣の枠に入ったカンデラでしょう。マイティーハニーも先行する馬と思いますが、カンデラは逃げたりもしているようですし今回も枠的に逃げるのではないかと思います。完全マークする形でも良いと思いますし、負かしに行って欲しいですね。

見どころあるレースになって欲しいです。

◆マイティーハニー
1/19 尾関厩舎
21日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)にルメール騎手で出走いたします。

1/18 尾関厩舎
18日は美浦南Wコースで追い切りました(86秒6-70秒3-55秒0-40秒2-13秒1)。
「今週の土曜日が競馬になりますので、今朝追い切りを行いました。だからと言って今回もビッシリ速い時計を求めて動かすというよりも、他馬と併せながら適度な負荷をかけるように長めに動かす追い切りにしました。外々を先行して、ジョッキーの乗っている3歳馬が後ろから来るという形を採ったのですが、終始余裕のある動きで良かったと思います。ゴール板すぎもすぐに止めに入らず向こう正面まで流すようにしましたし、見た目以上に動かした調教になったと思います。雰囲気もいいので、あとは久々でどのくらいの競馬ができるかですね。ここ何戦かはジョッキーが替わっているのですが、今回は休養明けの仕切り直しの1戦ということで今後のことを考えていくうえでも重要になります。そのような中で中山にルメール騎手が乗りに来るということでしたので、今回お願いをしてみることにしました」(尾関師)
21日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)にルメール騎手で出走を予定しています。



◎ハイレートクライム
結局芝は無理でダートに回ったハイレートクライムです。

ハミ等変えることで少しずつ良化はしているようですが、根本的な気性面は変わることはなかなか難しいです。ダートで砂を被った時にイヤイヤをしてレースにならないという危険性はあると考えています。でも出走できないものは仕方ないですし、ダートで見どころあるかの確認をするのは今回は仕方ないと思います。ディープブリランテ産駒のダート実績がほとんど無いですが、今回レースを使ってみて分かることもあるでしょう。

初戦のシュタルケの進言もあって1400m→1600mにしたのに、1400mにこだわるという事はシュタルケの言っていることは合ってないと判断したのでしょうかね。距離短縮して掛からないようにするという思惑もありそうですが。

不安のほうが多い一戦ですが、調教も時計が出るようになってきていますし力はあると思います。次は狙ったレースに使えるように最低でも優先権を取って欲しいですが、さて、どうなりますでしょうか。

◆ハイレートクライム
1/19  庄野厩舎
22日の中京競馬(3歳未勝利・ダ1400m)に加藤騎手で出走いたします。

1/18  庄野厩舎
18日は栗東坂路で追い切りました(54秒9-39秒8-25秒9-13秒0)。
「この中間は、ハミをリングビットに替えてみたのですが、思いの外効果が大きく、ハミ受けはさらに問題なく頭の位置もいいところで走れるようになっています。舌を縛ることは、日によって馬が気にしすぎてストレスになっているような感じもあるので、精神状態をよく見て、縛るか縛らないかを判断しようと思います。先週までしっかりと時計を出してきているので、今朝は馬なり程度の内容でしたが、きっちり仕上がったなという印象です。お伝えしているとおり中京芝1400mに向かうつもりですが、今のところ除外の可能性もありますので、その場合は翌日のダート1400m戦に回るつもりです。スピードタイプでダートは苦にしなさそうですし、今回は芝かどうかより1400mの距離にこだわってみようと思います」(庄野師)
21日の中京競馬(3歳未勝利・芝1400m)もしくは22日の中京競馬(3歳未勝利・ダ1400m)に加藤騎手で出走を予定しています。



◎リアファル
フルゲート頭数ちょうどが特別登録しましたが、全馬出走するようです。
意外と頭数少ないかも?と思いましたが甘かったです^^;

最終追い切りは元騎手生野助手が乗ってのものらしいので、鞍上の体重は軽いという前提でのものなので自己ベストと時計だけを鵜呑みにしてはいけないかもしれませんが、まずまず良かったですね。相手は馬なりですので脚色劣勢ではありますが、併せたアルティマブラッドは芝短距離馬ですので同じようにはならないでしょう。
脚元ヒヤリとした事はあったみたいですが、2週続けて一杯に追えましたし、状態は上がってくると思います。

2017.01.19 助手 栗東坂稍 50.5 - 37.0 - 24.6 - 12.7 一杯に追う
            アルティマブラッド(古1600万)馬ナリを0.1秒追走同入
2017.01.12 助手 栗東坂稍 51.2 - 37.6 - 24.9 - 12.9 一杯に追う
            プレシャスルージュ(古1000万)末強目に0.1秒遅れ

内に入ったミライヘノツバサが逃げるのでしょうか?リアファルもスムーズに逃げるのが一番良いとは思いますが、必ず逃げるという形ではなく2番手くらいで先行していて、直線向く時にリードを持っておくという形でも良いと思います。シュミノーも逃げが得意ということはないでしょうし、うまく能力を引き出すレースをして欲しいです。間違っても末脚勝負にはしないでください。

せっかく関東に来てくれるし、現地応援したい思いもありますが、この日は家族の誕生日ですので残念ながら行きません。でも勿論精一杯の応援しています。
前走以上の結果、期待しています。

◆リアファル
1/19  音無厩舎
18日は軽めの調整を行いました。19日は栗東坂路で追い切りました(50秒5-37秒0-24秒6-12秒7)。
「先週末の調教時に左前脚を落鉄してしまい、釘がずれたことで歩様がちょっと乱れたんです。ヒヤリとしましたが、すぐに処置を行い、左前脚は接着装蹄にすることで歩様も問題なくなりました。念のため水曜日は軽めの調整とプール調教を行って様子を見て、今朝追い切っています。馬場が荒れてくる後半の時間帯で、併せて4ハロン50秒5ですから文句ありません。乗っていた助手によると、先週ビッシリやったことで気合いが乗って、今朝は引っかかるんじゃないかと心配になるぐらいの行きっぷりだったそうです。放牧明けですが、長期休養明けを一度使って順当に良くなっているように感じますので、ここはいい競馬を期待しています」(音無師)
22日の中山競馬(AJCC・芝2200m)にシュミノー騎手で出走いたします。

1/17  音無厩舎
22日の中山競馬(AJCC・芝2200m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート17頭のところ、本馬を含めて17頭の登録があります。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
取り上げておかないとということで、本日2つ目のエントリー。

エピカリスがUAEダービーと米三冠に予備登録したとのことです。
ちゃんとしてました(笑)



ダートレースの番組整備について前回のエントリーで書きましたが、今のJRAのトップの間はやる気ナッシングな感じですね。下のリンク先にも書いていますが、「日本ダービー」を主とするのは正論だと私も思います。でも、その主は主として、そしてダートレースを番組として設けているのであればそちらもしっかり考えるのは当たり前だと思います。


Gambling Journal:怪物エピカリスの可能性を閉ざす3歳ダート路線の不遇......未だ「落ちこぼれ」のレッテルを?がさないJRAの掲げる「前時代的」な方針とは
http://biz-journal.jp/gj/2017/01/post_2331.html


前回のエントリーで書いた通り、重賞に格が上がったとしてもいずれという話ですしエピカリスには関係ありませんから、どうでも良いです。諦めてます(;´∀`)

さあ、方向性を決めたのであれば外野が何を言っても仕方なし。
トライしたことが良かったと思える結果になってくれることを祈るのみです。

◆エピカリス
1/19  NF天栄
「先週末に天栄へ見に行ってきたのですが、順調に調整を進められていますし、体も良くなっていますね。時間をかけてあげられたことでパワーアップしているのでしょう。楽しみにしています。今季の始動戦は問題がなければ予定通りヒヤシンスSのつもりです。その後についてはヒヤシンスSの結果を見てから決めることになりますが、選択肢として考えられるようにドバイとアメリカ3冠競走の予備登録を行いました。ヒヤシンスSで結果を残すことがまず大事になってきますから、良いレースができるように帰厩後しっかりと調整をしていければと思っています」(萩原師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
帰厩したアカネイロ、東京初音ステークス予定が発表されました。
良かったです.....京都じゃなくって(笑)

東京の1800mという距離がどう出るかはやってみないと分かりませんが、最悪である京都に比べると良いところもあるでしょうし、前走ユートピアステークスの失敗もありますから、うまくやってほしいです。

専属と言って良いくらい乗ってくれる黒岩騎手が乗っての調整。
体重が軽い騎手が乗っての時計なので出やすいとは思いますが、やはり時計は出せますね。
クロフネ産駒でもありますし、一度ダート短距離を使ってみても面白かったのではないかと、やはり思ってしまいます。馬格もありますから。ま、今更ですし、仕方なし。

前にも書いた通り寒い時期の成績が良くないですし、夏馬な気もしますから、怪我なく頑張ってくれれば良いです。
結果度外視、まずは無事にと思っていても、鞍上は気になるもの。
来週あたり発表されるかな?

◆アカネイロ
1/18 清水久厩舎
18日は栗東CWコースで追い切りました。
「東京開催に牝馬限定の芝1800m戦がありますので、そこを目標に先週帰厩させました。先週末には坂路でサラッと時計を出していますが、休み前と大きく変わったところはなく、馬体重も前走とほぼ同じぐらいで推移しています。今朝はCWコースを単走で馬なり程度で追い切りました。まったく楽な手応えでしたが、6ハロン82秒台、ラスト1ハロンは12秒5と水準以上の時計は出ています。やればタイムは出てしまうタイプなので判断はしづらいですが、動き自体はまだ休み明けっぽい重さもありますので、あと2週でしっかり仕上げていきます」(清水久師)
「今朝の追い切りに乗せていただきました。もともと攻め馬は動きますし、今日も速い時計をマークしてくれているのですが、休み明けの分、息遣いなどはまだ良化途上かなと感じました。本来ならば手綱を持ったままもうちょっと楽に動けるはずですからね。ただ、これで良くなってくれるでしょうし、レースは再来週なので十分に仕上げていけると思いますよ」(黒岩騎手)
2月4日の東京競馬(初音S・牝馬限定・芝1800m)に出走を予定しています。

1/13 清水久厩舎
13日に栗東トレセンへ帰厩しました。

1/10 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「年末から年始にかけても特に問題なく順調に乗り込めています。年明けからは15-15からさらに終いを伸ばすような調教も週に1、2回は取り入れて徐々にピッチを上げているところで、近々の帰厩を視野に仕上げの段階に入っています。まだ具体的な移動予定は決まっていませんが、体調も問題ありませんし、いい形で送り出せると思いますよ」(NFしがらき担当者)

12/20 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間は、15-15に近い調教を週に2、3回に増やし、少しずつ負荷を強めているところです。引き続き体調の不安はなく、状態自体はとてもいいと感じますので、こちらでも今の状態をキープするようなイメージでしっかりと動かしていきます。馬体重は519キロです」(NFしがらき担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ガヴィオラ15も売れ切れまして、キャロットクラブの現在も募集している中央所属予定馬で牡馬はいなくなりました。
出資するなら牝馬だけということになります。
まだ1月なんですがねぇ・・・(;・∀・)



エピカリスですが順調に調整は続けられております。
ヒヤシンスステークスのことはコメント出ているのですが、その後についての案内は無し。
濱田屋さん調べによりますと、UAEダービーだけでなくアメリカの三冠レースも予備登録日は既に過ぎているわけで、予備登録したのであればそのことをアナウンスして良いと思うんですけどね。

世間でヒヤシンスステークスを重賞にという話が出ておりますが、ここまでメンバーが揃うとそれが良いと思います。UAEダービーの前哨戦と考えても重賞を叩いて海外へという形のほうが良くないでしょうかね?
ま、重賞に格が上がったとしてもいずれという話ですしエピカリスには関係ありませんが^^;

出走予定メンバーはアディラート、フォギーナイト、モンサンレガーメ、シゲルコング、ブルベアバブーンなどなど。
芝路線リエノテソーロ以外、今の世代ダート上位馬が揃って出てくるレースになりそうです。
レース自体少ないですから仕方ないですけどね。
相手が強くてもエピカリスの負ける姿は見たくないですし、勝ってくれると信じています。

今日浦和で開催された地方SⅢのニューイヤーカップは北海道2歳優駿2着、全日本2歳優駿4着のヒガシウィルウィンが勝利。離されたとはいえ、中央馬とぶつかってきた力を発揮しました。一緒に走った馬が地方でとはいえ活躍してくれると、更に株が上がる感じがして嬉しいものです。

2月頭くらいに帰厩とのこと。順調に天栄での調整を終えて欲しいです。

◆エピカリス
1/17  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「ここまで順調に来ることができています。この休みでパワーアップしたようにも思えますし、いい成長を見せてくれていますから今年の活躍も期待したいですね。萩原調教師とは2月あたまくらいの入厩で話をしていますので、そこまでより充実した時間を過ごせるように持っていきたいです」(天栄担当者)

1/10  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「馬はどんどん良くなってきていますよ。去年の夏ごろに比べればだいぶ変わったとも言えますし、前走後に無理をしないで時間を充てられたこともプラスになっているように思うんです。無理して川崎を使っていたら今の状況にはなっていないだろうなと思うくらい馬が力をつけてきているように感じられ、今のところ順調です。もちろん過信は禁物で、今後も気を引き締めて調整にあたっていければと思っています。いちおう、萩原調教師とはこのまま問題なければ予定通りヒヤシンスSを目標にしましょうという話になっています。馬体重は520キロです」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
土曜日の結果が最悪だったのですが、天候不順順延で大変な環境下ヴィルデローゼが勝ちました。

1/15(日) 京都03R ヴィルデローゼ(福永)→2番人気1着

一度輸送して戻って再輸送だと思うので、馬体重は減ってしまうだろうと思っていました。実際-6㌔で468㌔は最低体重。仕事中のためパドックは見れてませんが(あとでレーシングビュアー見ます)、書き込み等簡単に調べた限りでは問題なさそうだったようですね。

レースだけなんとか確認しました。

スタート後スッと先行できて、前に行きたい馬を行かせるというか自然にちょっと下がって4番手。そういう展開でも鞍上も慌てずしっかりと折り合わせていましたね。最終コーナーで前に行った3頭の内1頭が下がってきて、そこを上手くインから捌いて3番手。直線向いても手応えが良く、後は前の人気馬2頭をどう料理するかという展開。前も抵抗するかと思ったのですが、意外とあっさり差し切って3馬身差。楽勝と言って良い結果だったと思います。

母同様芝惜敗→ダートで初勝利。
今回は重馬場で脚抜きの良さそうな馬場だったことが良かったという見方もできますが、ダートこなすことが出来たということは今後を考えると有益と思います。師がここで勝って大きなところを狙うとコメントしていましたし、今後はまた芝ということになるかと思いますが、力をつけつつ、将来的には芝・ダートでより良い舞台を選んでもらえればと思います。
今回馬に対してちょっと厳しい形になったので一度放牧でしょうね。

勝つと本当にホッとしますね。
良かったです。

◆ヴィルデローゼ
1/17  石坂厩舎
17日の京都競馬では五分のスタートから積極的に前をうかがい、3番手で運ぶ。直線半ばで前を捉えると、そこからは後続を引き離して危なげなく優勝。
「初めて乗せてもらいましたが、いい馬ですね。ゲート内でちょっとチャカチャカして脚を上げたりしていたのですが、いいタイミングでゲートが開いてすんなり前に行けたのが良かったです。ダートは初めてとのことですが、脚抜きのいい馬場でしたし、前々で運べたこともあってうまく対応してくれました。今日はありがとうございました」(福永騎手)
「確勝を期すという気持ちでダートを使いましたが、こちらの期待どおり危なげなく勝ってくれたのでホッとしましたよ。ちょっとゲートでガタガタしていたところはありましたが、うまく前々で運べましたし、いい勝ち方ができたと思います。この後については馬の状態をよく見てから決めますが、今のところいったん放牧に出してあげるつもりです」(石坂師)
惜敗が続いて、ここはダートに替わってひと押しを期待したレースでしたが、好位から直線半ばで抜け出す危なげないレースぶりで、力どおりきっちり勝ち切ってくれました。今後についてはもちろん芝のレースも視野に入ってきますが、まずは放牧に出してリフレッシュさせる予定です。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
松若でAJCCということをエントリーしてしまいましたが、結局はシュミノーでした。

フランスの若き天才と称されているらしいシュミノー。
外人が乗るということは逃げ、先行を上手く出来るか?という気になるポイントの確認が必要なので、日本での騎乗成績を見てみた所、シュタルケよりは逃げているようです(笑)
ま、逃げて勝っているのはビートマッチでの1勝ということではありますが、シュタルケよりは良さそうな気配があります。


JRA:ヴァンサン・シュミノー騎手に短期騎手免許交付
http://jra.jp/news/201612/120102.html
JRA:ヴァンサン・シュミノー騎手、シェーン・フォーリー騎手に短期騎手免許交付
http://jra.jp/news/201701/010301.html


リアファル自身は帰厩直後はオフモードだったものの、追い切る毎に競争モードになってきているようで、安堵。先週追い切りの前日にフォトパドックの撮影を終えているということなので、次回ブック・ギャロップが楽しみです。51秒2を計時した追い切りの前日撮影ですからちょっとゆとりあるように見えるかもしれませんね。

おっと、サンスポで記事発見。
サンスポ:【AJCC】“キタサン世代”リアファル完全復活だ
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170116/ope17011612060004-n1.html


どうしてもキタサン世代と書かれてしまうので、春にどこかで再戦、リベンジしたいな。

栗東は雪が降って大変のようです。最終追い切りも行うだけで大変だと思いますし、関東への輸送も心配な所。無事に怪我なく済ませられることを祈ります。

◆リアファル
1/12  音無厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は栗東坂路で追い切りました(51秒2-37秒6-24秒9-12秒9)。
「先週の木曜日に無事帰厩しています。戻ってきた当初は気分がまだオフモードだったためか、土曜日の追い切りではあまり動くことができませんでした。ただ、そのひと追いが効いたようで、今朝は調教でも動く馬と併せてしっかりと時計を出すことができましたし、順当に上向いてくれていますね。馬体重は前走時とそう変わらない数字なのですが、毎週プール調教も取り入れていますし、見た目にはかなり締まりが出てきていますよ。脚元も日々ケアを行っていますが、今のところは特に問題ありません。調教師からはシュミノー騎手を確保して来週のAJCCに向かう予定だと聞いていますので、ピッチを上げて仕上げていきたいと思います。2017年はぜひとも飛躍の年にしたいですね」(浜田助手)
22日の中山競馬(AJCC・芝2200m)にシュミノー騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今日の京都は降雪で中止順延。
出馬投票からやり直しになるので、土曜日に走った2頭だけ回顧。
回顧もしたくない結果でしたけどね。

1/14(土) 中山08R ケルシャンス(吉田隼)→14番人気15着
1/14(土) 京都08R クラシックリディア(坂井)→8番人気14着


■ケルシャンス
馬体重は+2㌔と微増。
パドックの周回はいつも通り。

スタートはまずまず出るものの相変わらずの走りで道中後方に。
道中の走りにガツンと来るものもなく直線向いても、これは無理だろうという走り。
今までで最低着順のブービーという結果になりました。

正直な所展開云々ではなく力不足は否めないと結果だと思います。勝ち負け出来る力があればあそこからもう少し着順を上げることは出来るでしょう。持ち時計通りの走りしか出来なかった訳で、言い訳できないと思います。

よって、今回の走りを見る限り定年いっぱいまで走らせるのではなく、ここで引退して繁殖入りするのが、少し間隔を開けてから種付けしたほうが良いことを考えても良いのではないかと思います。

と言っても、コメントを見る限り続戦のようですね。
調教師のコメントも早く見たいものです。

◆ケルシャンス
1/14  加藤征厩舎
14日の中山競馬ではスタート後は無理せず控える展開に。直線では外からジリジリ脚を使おうとするも、展開が向かなかったこともあり差を詰められず15着。
「ゲートが開く前に突進してしまい、ちょうど体勢が良くないタイミングでスタートを切られてしまいました。それでも先生から序盤の3ハロンは急かさずに溜めて終いにかけてほしいと言われていましたし、前を無理に追いかけませんでした。砂を被ると少しふわっとしてスピードの乗りが悪いので、直線ではその影響を少なくできるように外に出してこの馬なりに脚を使ってくれたものの、前が止まりませんでしたね…。もう少し展開を味方につけたかったところはありますが、前半に溜めるにしろ、もっと僕が上手く流れに乗せることができていればと思うと悔しいですし、申し訳ありませんでした」(吉田隼騎手)
前走は直線で狭くなって不完全燃焼になりましたから今日はスムーズな競馬で力を発揮したかったものの、結果的には先団グループがそのまま上位を独占しているように、展開が向かず目立った脚を使うことができませんでした。展開ひとつでまた違った走りを見せられるでしょうが、今後についてはレース後の状態をしっかりと見極めてから判断していきます。



■クラシックリディア
馬体重は+6㌔で450㌔。デビュー時から20㌔近く増えてきました。
パドックを見る限り太め感はそれほどなく、少しずつ力強さが増してきた感じはします。

スタートは五分でしたが押して先手を主張。砂を被らない戦法を取るしか無いのであれはあれでよかったと思います。少し間違えれば2戦目の高倉でしたが^^; それなりにかわいがってもらっているようにも思いましたが、結果的には直線不利もあって14着。しかし、鞍上がコメントしているダートは悪くないは本当なのでしょうか。確かに直線不利はありましたが、その不利を受ける前に既に後続に抜かれているわけで不利があろうがなかろうが結果は悪いものでした。本当に勝ち負け出来る力があるのであればそこまで垂れないでしょうし、あれはやはりダートでの力を見せていると思います。

「もう一回ダートを使う」という師のコメントも悲しいです。
また、斤量を軽くすることより上手く逃がしてくれる騎手に乗ってもらったほうが良いと思います。
走る前から結果がわかっていた一戦と思っていたし、結果その通り悪いものでしたが、次も見る前から諦めるレースに出ると思うとやるせないですね。

◆クラシックリディア
1/14  石坂厩舎
14日の京都競馬では五分のスタートから押して先手を主張。そのまま直線を向くが、不利もあって最後は踏ん張れず14着。
「スタートが良ければ前に行ってもいいと言われていましたし、スッと出てくれたので先手を取りました。道中はそれほど速いペースではないと思ったのですが、結果的には気分良く行かせ過ぎてしまったかもしれません。直線で前をカットされてブレーキをかけるところがあり着順は悪くなってしまいましたが、ダート自体は対応できていたと思います」(坂井騎手)
「状態はとても良かったと思うのですが、出していった分ハミを噛んでしまったのかな。ただ、ダートの走りは悪くありませんでしたし、うまく力みが抜ければ十分やれると思います。着順に関しては不利があったので仕方ありませんし、もう一回ダートを使う方向で考えたいですね」(石坂師)
ハナに立ってからはスムーズに走れているように見えましたが、結果的に気分良く行きすぎたようで、最後は踏ん張り切れませんでした。ただ、不利もありましたし、ダートの走り自体は良さそうでしたから、着順だけで悲観する必要はないでしょう。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
2017年の初出走は3週目になりました。

定年間際のケルシャンスと、ブルーメンブラットの娘2頭の計3頭が出走です。

1/14(土) 中山08R ケルシャンス(吉田隼)
1/14(土) 京都08R クラシックリディア(坂井)
1/15(日) 京都03R ヴィルデローゼ(福永)


◎ケルシャンス
最後まで鞍上のアナウンスがありませんでしたが、2勝目の時の鞍上に決まったケルシャンスです。
鞍上も前とは状況が違う(クラスが違う)ことは重々承知もある程度良いイメージを持って臨めるのではないでしょうか。

相手は結構強いと思われるのと、自身持ち時計がないというところが気になるところです。堅実な成績も500万下クラスのものですしね。強気にはなれません。

ただ、自身の繁殖としての価値を高めるには3勝目の実績は欲しいところですし、東京よりも中山1200mの方が結果が出そうな印象であることからここである程度の結果が欲しい。
厳しい戦いは重々承知も頑張って欲しいです。

◆ケルシャンス
1/12  加藤征厩舎
14日の中山競馬(4歳上1000万下・ダ1200m)に吉田隼騎手で出走いたします。

1/11  加藤征厩舎
11日は美浦坂路で追い切りました(53秒8-39秒1-26秒1-13秒4)。「先週はウッドチップコースに入れてコース追いを行いました。その時がしっかりと動けていましたし、走りも良かったことから何本も長いところをやる必要はなさそうと思えました。それで当該週の追い切りは坂路で動かし、整えるようにしています。目立つ時計ではないものの動き自体は良かったですし、態勢は整っていると言えると思います。牡馬混合になるのでそう簡単ではないでしょうが、前回は思うような競馬ができずに終わりましたから、いいリズムで走ることができれば見直すことは十分にできるはずですよ。良い走りを期待したいですね」(加藤征師)
14日の中山競馬(4歳上1000万下・ダ1200m)に出走を予定しています。



◎クラシックリディア
ダートがどうしても不安なクラシックリディアです。

追い切りは下記の通りなかなかの時計を出しています。

2017.01.11 助手 栗東坂重 53.2 - 39.3 - 26.0 - 13.0 末強目追う
2017.01.04 助手 栗東坂良 52.3 - 38.4 - 25.1 - 12.6 一杯に追う

時計が出ている=状態が良いと思えるので、やはり勝ったことがある芝マイルを使ってほしかったなと思ってしまいます。決まってしまったのは仕方ありませんし、少しでも良い結果が出ることを祈るばかり。

砂を被らないように出来るだけ前で競馬をしてほしいですが、前に行く馬はディナスティーア@矢作くらししかいません。しかしながらこの馬も減量騎手荻野を配してきており、スタートを決めれば逃げるつもりなのでしょう。逃げられないとしても、逃げ馬の横にいてほしいですし、スタートが鍵と思いますがスタートも良くない馬に減量騎手ですからね。あまり期待しては行けないのでしょうか。でも、逆に逃げられなかった場合好走の可能性は限りなく低くなると思います。

スパッと勝ってしまうか、もう一切ダートは使わないと判断できるかの極端な結果を望みます。
中途半端な結果でもうちょっとダートを使ってみようとかになるのだけは避けて欲しいです。

◆クラシックリディア
1/12  石坂厩舎
14日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に坂井騎手で出走いたします。

1/11  石坂厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(53秒2-39秒3-26秒0-13秒0)。
「今朝は坂路で強め程度に追い切りました。馬場開場から30分ほど時間が経ってからの追い切りで、馬場も多少荒れてきていたので、最後は無理をさせていません。先週も速い時計が出ていますし、気持ちを乗せる程度で十分でしょう。53秒台でも楽な手応えでしたし、心身ともにしっかりとリフレッシュされて前向きに走れている感じがしますよ。ダートは初めてなので砂を被ったりしたときにどうかという心配はありますが、いい仕上がりでレースに臨めそうです」(荻野要助手)
14日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に坂井騎手で出走を予定しています。




◎ヴィルデローゼ
ここ2戦2着が続いていて、早く1勝目が欲しいヴィルデローゼの4戦目。

最終追い切りは馬なりながらなかなかだったと思います。
朝一番で馬場が良かったとはいえ、重馬場でのものですし評価して良いと思います。

2017.01.11 助手 栗東坂重 53.4 - 38.2 - 24.8 - 12.5 馬ナリ余力
         グラットシエル(三未勝)一杯を0.1秒先行0.1秒先着

ヴィルデローゼのダート適性は度外視して考えるとライバルはスマートレイチェルだと思います。全3戦馬券圏内のルメール鞍上ファミーユボヌールも怖いですが、こちらはヴィルデローゼ同様初ダートなので普通に考えたら筆頭はスマートの方でしょうね。

松岡助手の「あとはダートがどうかだけですね」というコメントにちょっと心配は残りますが、きっと力で押し切ってくれるはず。この一戦でダートに関する適正も把握できれば今後に活きますし、実りある一戦になってくれればと思います。勿論理想は結果もついてくるというものですよ。
頑張って欲しいですね。

◆ヴィルデローゼ
1/12  石坂厩舎
15日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1400m)に福永騎手で出走いたします。

1/11  石坂厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(53秒4-38秒2-24秒8-12秒5)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。朝一番で馬場状態が良かったこともありますが、終いしっかりと反応してくれて、これまででベストではないかと思うぐらいの動きでした。以前は、前半引っ張ってしまうとタメが利かなかったり、逆にスタートから行かせるとラストが甘くなったり…というところもあったのですが、今朝はしっかりとハミを取りながらラストの伸びも十分。状態に関しては文句ないと思います。あとはダートがどうかだけですね」(松岡助手)
15日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1400m)に福永騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ようやく軽めの乗り運動のアンジュシャルマンです。

寒い時期なのでペースが上がってこないのは致し方ないかなと思うところもあるのですが、体重の増減が多いのがちょっとッキになります。12/1で538㌔、12/15で510㌔、1/11で530㌔。
ペース遅めなのに2週間で30㌔弱も減るものなのかな.....^^;
540㌔を510㌔と書き間違えたとかならいいんだけど。

このペースだと坂路で乗るのが2月以降。
移動してレースを使うのは早くて5月くらいと暖かくなってからでしょう。
地道に500万下からコツコツ上がっていくことになるので、待つ代わりに2勝はしてもらわないとと思っています。

晶三先生も依頼する騎手が変わったかな?と思って近走成績見てみたら、鮫島克駿を相変わらず重用していました。他には坂井瑠星も目立ちます。どちらの騎手も正直な所微妙以下なので、乗り替わりを希望なのですが、ここは変わらないんでしょうね。騎手を育てることも調教師の役目とは思いますが、結果的に自身の成績もここ2年はかなり落としているわけで、臨機応援に上位ジョッキもー使っていって欲しいな。
やっぱり、哲三さんいなくなったのは大きいなあ。


◆アンジュシャルマン
1/11 NF早来
軽めの調整を行っています。
「この中間もマシンやトレッドミルでの運動を中心に動かしていますが、日によっては馬場で軽めの乗り運動を取り入れています。今のところ馬の様子は変わりなく見せていますから、少しずつ乗り運動の頻度を高めていくことも考えています。馬体重は530キロです」(早来担当者)

12/21 NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。
「運動メニューに変わりはありませんが、まずは不安なく運動を継続できることが一番ですし、この馬なりにいい流れを保ちながら進めることができていますよ。この調子で来年の復帰へ向けて地道に動かしていきます」(早来担当者)

12/15 NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。
「現状のトレッドミルでの運動を問題なくことすことができていますし、脚元の見た目も変わりなく推移していますね。トレッドミルでダク、キャンターを織り交ぜながら運動量を確保して、先々の乗り運動再開へつなげていきたいです。馬体重は510キロです」(早来担当者)

12/8 NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。
「この中間もトレッドミルでの運動を継続していますが、状態はこの馬なり安定していますし、順調と言えるでしょう。しばらくはトレッドミルで脚元、体を慣らしながら次のステップに備えていきたいです」(早来担当者)

12/1 NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミルでの調整を行っています。
「状態はこの馬なりに安定していましたし、トレッドミル運動を開始しています。タイミングを見ながらトレッドミルでの運動スピードを上げていく考えですが、これまで同様に慎重にチェックしながら進めていきたいですね。馬体重は538キロです」(早来担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
前走の惨敗で超凹んだハイレートクライムです。

年末年始も在厩で調整。
年明けの時計も軽めながらなかなかでしたが、今週の追い切りもまずまずの時計を出しています。
最後の2ハロンが逆だったら最高ですけど.....ね。
前走後以降単走で調整しているのは、馬に変にプレッシャーをかけないようにするためでしょうか。

今週の追い切りには加藤Jは乗らなかったようですが、普段の調教では乗っているようです。
レース前にコンタクトをしっかり取ってもらうことが一番と思っていただけに、最低限のことはしてくれていると思います。また、舌を縛ったりと工夫してくれているのも良いですね。

騎乗予定の加藤Jは3年目。
1年目30勝、2年目35勝。
まずまずの勝利数ですが減量の効果もあってのもの。ここからが正念場のジョッキーだと思います。
頑張って欲しいですね。

まずは優先権がないので出走が叶うこと。
そして、ロデオすること無く、力を発揮できること。
この2点を祈って来週の出走確定を待ちたいと思います。

◆ハイレートクライム
1/11  庄野厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(52秒5-37秒9-25秒0-12秒8)。
「今朝は坂路で追い切りました。前走はちょっと行きたがって頭を上げてしまうようなところがあったので、ハミをいい位置で取れるように改善を狙って舌を縛っているのですが、その効果もあるのか落ち着いてゆったり走れているように思います。この中間は加藤にも跨らせて感触を掴んでもらっていますし、今のところは順調に調整が続けられていますよ。優先権のない立場なので想定を見ないと何とも言えないところはありますが、今のところは予定どおり来週の中京を目標にしていくつもりです」(庄野師)
21日の中京競馬(3歳未勝利・芝1400m)に加藤騎手で出走を予定しています。

1/3  庄野厩舎
3日は栗東坂路で追い切りました(54秒6-39秒7-25秒3-12秒5)。
「この中間は12月28日に坂路で15-15程度の時計を出しており、その後も特に問題なく年末年始を過ごすことができました。次走については、中京2週目の芝1400mを加藤で使いたいと考えています。前走でも少し気の難しいところを見せていたので、普段の調教からジョッキーを乗せて、口向きのチェックなども含めてしっかりとコンタクトを取れるように心がけていきます。今朝は坂路で終い重点に追い切りましたが、動きは軽快で元気いっぱいという感じでしたよ。このまましっかりと調整を続けていきます」(庄野師)
21日の中京競馬(3歳未勝利・芝1400m)に加藤騎手で出走を予定しています。

12/21  庄野厩舎
21日は軽めの調整を行いました。
「先週は申し訳ありませんでした。普段から多少行きたがって抑えづらいところはあるのですが、まさかあそこまで頭を上げてしまうとは予想外でした。さすがにあのような展開になってしまっては厳しかったです。決してあれが実力というわけではありませんし、スムーズな競馬で巻き返したいと思います。レース後は馬体に傷んだ様子もなく、今のところは元気にしてくれていますので、このまま年明けの京都か中京開催で使っていくつもりです」(庄野師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
昨日のフェアリーステークスで1番人気2着だったアエロリットは前にも書きましたが出資馬アステリックスの初仔。
父クロフネでサンデーレーシング募集、菊沢厩舎で35万円(募集総額1400万円)。

これで、新馬勝ち→サフラン賞2着→フェアリーステークス2着ということになります。

今回の2着で桜花賞は出走できるかな?速めのペースを先行できるスピードを持ちますし、連を外さない堅実さがありますので、このまま育ってくれれば楽しみなのではないでしょうか。

.....というか、ホントにキャロットで募集して欲しかったよ。
母は韓国へ売られているしね。

また、昨日の中山新馬戦で勝ったルヴォワール。
実は家族の誕生日と同じ誕生日なので募集前から候補でした。
ただ、特殊な歩き方、価格、厩舎で躊躇して出資しませんでした。
走り方はやはり特殊のようですが、センスの良い走りだったのでこれからが楽しみですね。
逃がした魚は大きかったかな。




ヒヤシンスステークス始動のエピカリス。

海外遠征の話が現実味を帯びてきているところで、ベルモントステークスのボーナスの件など出てきて、益々遠征する気満々にノーザンがなっているだろうということが想像に難くない状態。

今週のコメントが更新されてから更新しようと思ったら、濱田屋さんが色々詳細にエントリーされていましたので、そちらをどうぞという意味も込めて紹介致します。

濱田屋LABORATORY:エピカリスの2017年
http://hamadayalabo.blog.fc2.com/blog-entry-1031.html

ベルモントステークスは日本馬が勝つと更に100万ドルがボーナス支給。
ま、勝てないでしょという意味合いと、チラつかせたら遠征してきてくれるでしょという意味合いと、そうなると馬券をJRAが売るので色々ウハウハという意味合いと.....という感じで色々背景がありそうです(;・∀・)

12/20から公式は更新されていませんが、ブログで見学された方のエントリーを拝見し、「とにかく順調」という言葉に癒やされております。ヒヤシンスステークスは2/19ですから、あと1~2週で戻ってくることになるでしょうし、これからも「とにかく順調」に調整されることを祈ります。


尚、全日本2歳優駿を勝ったリエノテソーロはアネモネステークス→桜花賞というローテを歩むそうです。ダートは賞金稼ぎの意味合いが強かったのかな。札幌の芝とダートでしか勝ってない馬ですが、これで中山、府中、京都、阪神の芝で勝ったりしたら、かなりオールマイティーな馬ということになりますね。ヒヤシンスステークスで雌雄を決したかったけど、斤量背負うし、当然のローテなのかもしれません。

◆エピカリス
12/20  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「順調ですね。今のところ脚元の様子も変わりなく見せていますし、新たな不安要素が出てくることもありません。このままじっくりと乗り込みベースをより強固なものにできるようにしていきたいですね」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
リアファルがAJCCに向けて帰厩。
公式ではまだ正式に発表はありませんが、帰厩日程も馬三郎通り、その馬三郎はAJCCを松若でと報じているので、今週にはそのことが公式で発表されるでしょう。

帰厩して、浜田助手が担当してくれるのでtwitterに再登場。
毎日更新してくださるので本当に楽しみです。

今日のtwitterは以下の通り。
リンク貼らせていただきます。






松若鞍上に不安がないわけではないけど、失礼かもしれませんが、松若だったら継続して乗れる騎手と思います。
逃げの腕前に不安はあるけど、しっかりとコンタクトを取り、そして日々接しながらリアファルにとってベストの乗り方を模索して良いコンビになってくれるならそれはそれで良いと思います。
リベンジしないとね。

今日からプール調教を取り入れたということで少しずつペース上がってくるでしょう。
戦闘モードにも少しずつなってくると思います。
長期休養明けでもガンバレましたし、2戦目、更に期待したいですね。

◆リアファル
1/5  音無厩舎
5日に栗東トレセンへ帰厩しました。

12/20  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「こちらへ到着後はしっかりと馬体のチェックを行いましたが、脚元には特にダメージはなかったのでこの中間よりトレッドミルも併用して乗り出しています。大きな馬でもありますし、まずは普通キャンター程度のペースで緩めずに動かしてリフレッシュさせていきたいと思います。馬体重は544キロです」(NFしがらき担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
昨年は誕生日お祝いを出資馬がしてくれましたが、今年は出走なし。
今年は3週目からの始動となります。
3週目に3頭、4週目に2頭(リアファルはAJCCの予定)と来週以降は競馬が楽しめそうです。

今年の誕生日はアンリ・シャルパンティエのWチーズケーキを食べました。
昨日帰省帰りに買ってきまして。
なかなか美味しかったです。
お店のリンクを貼ろうと思ったのですが商品紹介のページがないので断念^^;




3週目出走予定の3頭の内、ブルーメンブラット仔のクラシックリディアとヴィルデローゼを書いたので残りのケルシャンスを。

前のエントリーで書いた候補の内の1つであるレースが予定レースとして挙げられました。

m.i.stable:なんとかあと1勝を
http://mistable007.blog92.fc2.com/blog-entry-3084.html

残念ながら鞍上はまだ発表されていません。
この日は中京で重賞・愛知杯があるのでトップジョッキーはそちらに行きそうです。
平場のレースなので減量の若手とも思いますが結構乗りにくいというか、若手で勝ち切ったことがない、中山ダ1200mで後ろから行く馬の場合位置取りやコーナリングとか上手さが必要という背景から強くも願えないところではあります。

あと使えて3戦。
1月、2月、3月に一走ずつ出来れば御の字だと思います。
府中より中山ダ1200mの方が良さそうなので、一戦入魂でやって欲しいです。

◆ケルシャンス
1/4  加藤征厩舎
3日は軽めの調整を行いました。4日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒9-54秒7-39秒8-13秒5)。
「年末に帰厩して徐々に動かしてきていますが、良い意味で変わりないですね。時には硬さが強く目立って進めにくいこともありましたが、今は良い意味でこの馬なりですし、しっかりとケアを施しながら調整を進められています。コンスタントに乗り込んできてウッドチップコースと坂路で55-40くらいを行い、今朝ウッドチップコースで併せ馬の形で長めから動かしました。終始手応えよく回れていましたし、直線の脚取りも普通にしっかりとしていました。動きを見ている限りは悪くないと思いますよ。この後の様子を逐一見ていきますが、今日までの感触からすると来週の競馬を考えられるかなという気がしています」(加藤征師)
早ければ14日の中山競馬(4歳上1000万下・ダ1200m)に出走を予定しています。

12/21  加藤征厩舎
21日は美浦坂路で追い切りました(55秒0-40秒7-26秒7-13秒4)。
「先週末に帰厩させていただきました。もともとちょっと硬さのある馬ですが、そのあたりは時期も相まって強く出てくる可能性もありますし、用心しながら動かすようにしています。今朝は最初ということで坂路で無理なく動かして、4ハロン55秒ほどの時計を出しました。今の様子は悪くなさそうなので、進めていく中で硬さがより目立って来たりしなければこのまま問題なく競馬まで行けるでしょう。調教師からはダートの1200m戦を本線に考えていこうと言われているのですが、今後の進み具合を見ながら最終的に決めていくことになると思います」(伊丹助手)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
昨日のヴィルデローゼに続き、姉クラシックリディアを。

クラシックリディアもヴィルデローゼと同週(第3週)に出走予定。
ただ、問題はダートに変わるということ。

netkeiba.comによる、ハービンジャーの産駒成績は以下の通り。

aaaaa_201701061236077f5.png

芝:1,815戦176勝(勝率.096)
ダート:352戦13勝(勝率.036)

ということで明らかに芝よりの種牡馬ということになります。

そのダートの勝鞍13勝もすべて新馬、未勝利ということでその馬の初勝利のみ。
ということはダートで複数勝利した馬は皆無ということになります(中央のみ)。

初勝利を目指してということであれば別かもしれませんが、今回のチャレンジはちょっとなあという思いもあります。芝が少ないこの時期なので、間隔を十分に空けている今回は芝のほうが良いのではないでしょうか?芝で1600~1800mくらいで逃がす競馬をもう一度試して、それで結果が出なかったら間隔空けられないのでダートでという形が理想的に感じます。
周りに馬がいるのが苦手ですし、キックバックを喰らったらそれも競馬をやめる要因になりそうな気がします。逃げることが出来ればいいのでしょうけど、1400mで逃げが打てるかも懐疑的。
石坂師は信じてはいるのですが、今回に限っては考え直して欲しい気持ちも大きいです。

今回はちょっと心配ですね。

◆クラシックリディア
1/4 石坂厩舎
3日は軽めの調整を行いました。4日は栗東坂路で追い切りました(52秒3-38秒4-25秒1-12秒6)。
「この中間は12月28日に坂路で15-14程度の調教を行いましたが、その後も特に気になるところはなく順調に年末年始を過ごせています。今回は少し目先を変えてダートの1400m戦を使ってみようということで調整しているところです。今朝は坂路でサッと追い切ったのですが、スタート地点で他厩舎の馬を避けるように走り始めたこともあって前半が速く、思ったよりもタイムが出てしまいました。馬場が軽いということもあるのですが、ノーステッキでラストまでしっかりした脚取りでしたし、具合は良さそうです」(井上助手)
14日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に出走を予定しています。

12/22 石坂厩舎
21日に栗東トレセンへ帰厩しました。22日は軽めの調整を行いました。
「年内の出走も視野に入れて放牧に出していましたが、無理せずじっくりと動かしてもらって、年明けの競馬を目標に水曜日帰厩させました。今朝は坂路を軽く上がっています。どのあたりを目指していくかはペースアップしてみてから具体的に考えますが、ここ2走が案外な競馬になっているので、条件の変更なども検討していきたいですね」(石坂師)

12/20 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週に引き続き、坂路を中心にじっくりと乗り込んでいます。緩めない程度に動かしてきたところだったのですが、状態自体は良好で、先週来場された石坂調教師もそろそろ移動を考えようかという話をしていました。こちらもそのつもりでジワッと終いを伸ばすように進めています。馬体重は458キロです」(NFしがらき担当者)

12/13 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も坂路を中心にじっくりと乗り込んでいます。年内一杯はペースを上げずに緩めない程度の負荷でじっくりと調整を進めるつもりです。体調も問題ありませんし、いいリフレッシュができていると思います」(NFしがらき担当者)

12/7 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「騎乗調教を開始してからも特に疲れた様子もなく、気性面の難しいところを出すこともありません。この中間からはハロン17~18秒の普通キャンターペースまで上げて乗り込みを行っています。今後も適度な負荷をかけつつしっかりとリフレッシュさせていきたいですね」(NFしがらき担当者)

11/29 NFしがらき
坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「ここまでトレッドミルを中心とした調整を続けてきましたが、特に疲れが出てくるようなこともなかったので、この中間から騎乗調教を開始しています。まだゆったりとしたキャンターペースですが、今のところは変にテンションが上がったりすることもありません。このまま緩めず乗り込んで心身ともにリフレッシュを図れればと思います。馬体重は464キロです」(NFしがらき担当者)

11/22 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「この中間もトレッドミルでキャンター程度の調教を続けています。動かしながら特に大きな疲れが表れてくるようなことはなく、適宜騎乗調教に移行する予定ですが、気性的にも少し難しいところがある馬ですし、無理な負荷はかけず心身のリフレッシュ重視で進めていきます」(NFしがらき担当者)

11/15 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「先週こちらに到着後は、まずは軽い運動程度で馬体に異常がないことを確認してから、トレッドミルでキャンター調整を行っています。特に傷んだところはありませんが、久々を使った後ですし、緩めない程度に動かしつつ心身のリフレッシュを促していきます」(NFしがらき担当者)

11/9 NFしがらき
8日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬はいい結果を出せず申し訳ありませんでした。道中はすごくいい感じで進んでいたのでこれならやれると思って見ていたのですが、最後は外から来られる形を嫌ったのか、思ったように脚を使えませんでした。少し間隔を空ける必要があるのでいったん放牧に出しますが、状況によっては年内のレースも考えていきたいと思っています」(石坂師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
実家から戻ってきました。
今年は有給休暇をちょっと使って休みを長くしました。
明日働けばまた3連休。
とはいえ、いない間の仕事の処理で明日は大変そうです(;・∀・)




昨年最後の出走だったヴィルデローゼ。
残念ながら2着だった訳ですが、そのまま年末年始在厩調整して、次のレースはダートになるようです。

母ブルーメンブラットも芝マイルの新馬戦を2着した後、ダ1800mの未勝利で勝ち上がりました。
2着→2着と芝で結果を出しているヴィルデローゼだけに、芝を使って初勝利をという声も上がっていますが、エンパイアメーカー産駒はダートでも結果を出していますし、決してダートのほうが相手が弱いとか格下とか思うわけではありませんが、勝つチャンスが高いと見込めるのであればぜひトライしていただきたいと思います。

ユタカ→池添→坂井→ユーイチとなる訳ですが、出来れば騎手は固定して欲しい所。
ここで勝てばユーイチが継続して騎乗という線も見えるのでしょうか?なんとなくどこかで手が離れそうで、どうかなという思いは多少あります。ただ、牝馬のユーイチですし、大柄な馬ではないのでうまく乗ってくれるのではないでしょうか。

「ひとつ勝って大きいところを目指していきたい」という師のコメントは嬉しいです。
大きなところを目指せない馬にはこんなコメントは出さないと思うので。
いずれにしても次は決めて欲しいですね。


b5b530b0201612254f2bee316581a1ef.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ヴィルデローゼ
1/4  石坂厩舎
3日は軽めの調整を行いました。4日は栗東坂路で15-15程度の調教を行いました(59秒6-44秒5-29秒3-14秒5)。
「年末の競馬は、いい結果を出すことができず申し訳ありませんでした。状態はとても良かったのですが、ちょっと行きたがったあたりは久々ということもあったのかもしれませんね。年末から年始にかけてはレースの疲れを見せるようなことはなく順調に過ごすことができましたし、気配はグッと上向いていますよ。今朝は坂路で15-15程度の調教を行いましたが、乗っているスタッフによると『終始リラックスして走れていた』とのことで、休み明けを一度使ってうまくガスが抜けてくれたかなと思います。次走についてですが、まずはひとつ勝って大きいところを目指していきたいということもあって、牝馬限定のダート戦で結果を求めたいと考えています。鞍上は福永騎手に依頼しました」(石坂師)
15日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1400m)に福永騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
皆様、明けましておめでとうございます。
2017年が開幕しました。

一昨年に続き昨年もいろいろあって競馬場にも行くことがなく、お仲間さんに会うことも少なく、ツアーにも行かず・・・という形で競馬とのつながりが多少薄かったように思います。
今こそ年は少しずつ復活していきたいです。

馬は目標立てられても困ると思うので、自分の今年こその目標。

 ・ツアーに行く
 ・競馬場に行く
 ・お仲間さんにたくさん会う

の三本です。



今年は3年ぶりに正月に帰省します。
ということでちょっと更新はできないかもしれませんが、コメントはちょくちょく確認したいと思います。


それと気が付いたのですが、ブログを始めたのが2007.2.8でした。
今年で10年なんですね。
その間のエントリー数は3000超え。
公式の近況と自分の感想がほとんどの面白味のないブログですが、地道に頑張ってますね、自分(笑)


今年も例年同様自分の出来る範囲で更新していきたいと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。
2017年一年、宜しくお願いします!



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)