Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

みーんな夏休み。
週末も寂しいし、カタログとDVDをたくさん眺めなさいってことかな。

そろそろ、ファドーグが帰厩するとは思うけど......
その次はカラドゥラあたり?
しばらくは稼働馬少ないですね。

aaaaa_201708221244593cd.png



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト
今日はいよいよキャロットクラブ2017年度募集馬の「クラブホームページでのカタログPDFとDVD収録動画公開」ですね。

カタログを眺めながら大きなテレビで動画をチェックするのが楽しみではありますが、それはそれとして、やはり募集馬の馬体を画像で見ると否が応でもテンションは上がります。

今日も仕事から帰ってくるのは遅くなりそうですが、一通り確認できるのを楽しみにしつつ、乗り切りたいと思います(笑)

いよいよ始まりますね。

馬体の画像を見てがっかりする馬ばかりでないことを期待していますよ、キャロットクラブさん。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
2頭とも3番人気に推していただいたのですが、見事なまでに見所なし。
今年は勝利数はそれなりにあるものの、結果を出せる馬が少なくて掲示板外も多いので、この2頭には良い方向で引っ張っていってほしかったのですが、それがこの結果ですから、頭が痛すぎます。

8/20(日) 札幌04R ハイレートクライム(C.ルメール)→3番人気11着
8/20(日) 札幌07R マイティーゴールド(吉田隼)→3番人気14着


■ハイレートクライム
昨日書きたいことは書いたので割愛。
昨日も書きましたが、1400~1600mくらいのダートであればもっともっとやれたと思います。
結局、一番良い成績を上げた舞台を一度も使わずに引退となることが残念でなりません。

◆ハイレートクライム
8/20  引退
20日の札幌競馬ではゲートで立ち上がってしまっただけでなく、出てからも二の脚がつかず中団後方からに。直線では狭くなってしっかりと追えないまま11着。
「ゲートは待たされたことで立ち上がってしまったけれど、そこまで離されずにスタートを切れました。ただ出てからは周りの馬がフラフラしていたことでスムーズに進められなかったです。直線でもスペースがなかったですね…。この馬は前目で競馬をするのが理想でしょうから、後方からのレースとなって今日は力を十分に出し切ることが出来ませんでした。勝たせてあげられず、申し訳ありません」(ルメール騎手)
「枠番が出た時から嫌だなという予感はあったのですが、最内枠で待たされたことで何度か立ち上がってしまいましたね…。出てからもまわりの動きを見ながら進めざるを得なかったので、結果的には内枠と言うこともあって余計にスペースが限られてしまいました。直線では狭くなってまともに追うことができませんでした。前々で流れに乗りたいと考えていただけにスムーズに運べなかったのは本当に痛かったです。ここまで芝、ダートの短距離で上位に食い込む走りはしてくれたものの、どうしても最後のワンパンチが足りない状況でした。厩舎としてそこを上手く補って何とか結果を出したかっただけに、会員の皆様の期待にお応えできず本当に申し訳ありません」(庄野師)
函館、札幌の滞在競馬ではここまで4着、3着と上位の走りをしてくれていましたから、今回こそはと意気込んで臨んだ一戦でしたが、ゲートで立ち上がったり、直線で狭くなったりとスムーズさを欠く競馬になってしまいました。本馬は既に7戦を消化していて、なおかつ今回掲示板を逃してしまったことで限定未勝利戦への出走資格を有しません。また、ここまで掲示板に多く載る走りをしてくれましたが、最後の決め手の部分でもうひと押しほしいと感じる走りが続いていて、ここまでの内容からも短期間に変わり身を求めることは酷な状況です。そのことを踏まえて庄野靖志調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。



■マイティーゴールド
レーシングビュアーで確認。

馬体重は+26㌔で566㌔。今までの過去最高が556㌔だったので過去最高。
パドック周回ではそこまで太さは感じられず、まずまずかなと思いました。

今回のレースは兎にも角にもスタート後の躓きが問題でしょう。スタート自体はそれほど悪くなかったと思うんですけどね。あの躓きの理由ってなんだったのでしょうか?

「本来のスタイルと異なるから何も出来ませんでした」というようなコメントですが、少なからず上がっていくとか何かは出来るのでは?と思うんですよね。それが全く出来なかったというのは躓いて後ろからになってしまったからだけなのでしょうか.....連闘も視野に入っているようですが、馬体に問題がないのであれば滞在競馬ですし、ぜひトライしてほしいです。トライしたからといって、マイティーゴールドの取りたい戦法が必ず取れるとも限りませんが、試してみないと何も始まりませんしね。

しかし、ノドはもう治ることは無いんですね。影響は必ずあるということで考える必要がありそうです。そう考えると持っている素質は良かったかもしれませんが、オープンとかまで上がっていくことはかなり厳しくなったなと思います。

◆マイティーゴールド
8/20  札幌競馬場
20日の札幌競馬ではゲートを出た直後に躓いてしまい、後方からの競馬を余儀なくされる。道中は外に出して必死に追い上げようとしたが、最後は余力がなくなってしまい14着。
「今日はやはりゲートを出てから躓いてしまったのが痛かったです。大型馬で瞬時にビュンビュンと動くタイプではないですから、序盤から後手後手になってしまって自分から動いていく競馬をせざるを得ず、余計に厳しくなりました。小回りコースで器用さも求められましたが、例えばスタートを決めて後ろからつつかれるような形ならまた違ったかもしれません。息遣いに関してはレースを終えて上がって来る時に粗さはありましたが、厩舎のスタッフさんの話では以前よりもいいと聞いていましたし、それが凄く影響したという感じはありませんでした。今日はいい走りをお見せできず申し訳ありません」(吉田隼騎手)
今日はスタート時に躓いてレースの流れに乗れなかっただけでなく、この馬本来のスタイルとは異なる走りを求められたことで力を発揮できませんでした。敗因はハッキリしていますし、今日は長期休養明けでもありましたから、次走ではしっかりと自分の走りをして結果につなげてほしいものです。この後はレース後の状態をしっかりと見てからどうするか判断していきます。
なお、26日の札幌競馬(ニセコ特別・ダ1700m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート14頭のところ、本馬を含めて24頭の登録があります。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
それなりに人気してもらって惨敗。
どちらも正直腹が立つ結果。

特にハイレートクライムはあっさりと引退が決まりました。

>「厩舎としてそこを上手く補って何とか結果を出したかっただけに」

ってコメントを見て、「何言ってるの?」って思いました。
何をうまく補おうとしたというのでしょうか?
適性外といえる距離を選びまくって、鞍上だけルメールを配したからルメールになんとかしてもらおうというのが見え見えじゃないですか。何か努力をしたのでしょうか?努力をしたというのであれば、何をどうしたのか、この1200mという得意とはまったく言えない距離を5戦も続けた理由を述べていただきたいです。
これが、芝1500mとかを試してみてそれでも結果が出なくて、今回の判断なのであればもっと文句を言う出資者は少ないでしょう。でも、そういう使い方はしてくれませんでした。


そして、地方出戻りもありません。
ワンパンチ足りないから、馬の力が足りないからという感じでコメントしていますが、私はそうは思いません。早生まれということで成長力はそれほど無いかもしれませんが、まだまだこれからという馬ですし、もう少し距離があるレースを使って逃げ、先行を続けて戦略として取り組めば、もっと走れる馬だと思います。そういう意味で、地方でもう少し長い距離を走らせてみて結果を見てほしかったです。私は、しっかりと教育して適正距離を走らせたら500万下で勝ち負けはしてくれると思います。


ホリーのようにしろとは言わないけれど、せめて直接話ができない会員に対しては、どうしてこのような使い方(距離や条件を含む)をするのか、ある程度細かい説明は必要だと思います。それが何もなく、???と思える使い方で引退が決まるのは本当にやるせない気持ちになります。


このやり方を見て、庄野はNG厩舎入りとなりました。考え方が合いません.....というか理解できません。
余程気に入った馬が預託されない限り新規出資はしないです。

でも、トゥンバドーラがいますし、付き合いは解消されません。
少なくともトゥンバドーラは適性条件を使っていって欲しいです。
1400mとか使っている時点で少々疑問はあるんですけどね。

色々な意味でガッカリ、どっと疲れた週末となりました。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
またまた一口馬主DBで無料会員でも見れる「出資データ分析」です。

本日付のデータを添付。
aaaaa_20170818215026a09.png

勝ち上がり率、勝率、平均獲得賞金、募集額回収馬率は平均を大きく上回っているのですが、平均出走回数がほぼ平均ということでこの点の改善をしていきたい所。オープン馬が多くなればここは少なくなる傾向になるので、それであれば良いのですが、私の出資馬の場合、500万下とか1000万下でも出走回数が少ないケースが多く、改善が必要です。

ホリーやハギーなど、元々出走回数が少ない厩舎に多く出資しているということありますが.....(;・∀・)

10点満点の指標で、この出走回数だけが5点で悪いですからね。どうすれば6点になるかわかりませんが、せめて6点にはしたいところです。

ここを増やすためには厩舎の選定も重要ではありますが、まずは体質が強い馬に出資することが一番ですね。それが分かれば苦労しないのですが、健康そうな脚元の馬、選びたいです。



あとは、クラシックに出走したい。
実は桜花賞は出走経験すら無いんです。
牡馬クラシックも皐月賞、日本ダービー、菊花賞と1回ずつしか走ってませんし、クラシックに乗る馬が欲しいなと素直に思います。

aaaaa_201708182158386cb.png

となると、やはりディープインパクト産駒なのかなぁ。

オリジナルスピン、クルソラ、スカイディーバ、チェリーコレクトあたりのディープインパクト産駒だったら、可能性は増えるのかな.....ディープインパクト産駒と言わなくても早期から動けそうなキングカメハメハ、ロードカナロア、ダイワメジャー産駒あたりを狙うのも良いかもしれません。間違ってもパンとするまで時間がかかるルーラーシップやハーツクライ、ハービンジャーは避けるべきでしょうね。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
今週は2頭が出走です。
日曜日に2頭。
本当はネオリアリズムもこの日に出走予定だったのに.....と思うのは止めにしよう。
この日は会社に行かなければならないのでレースはライブで見れないな。

8/20(日) 札幌04R ハイレートクライム(C.ルメール)
8/20(日) 札幌07R マイティーゴールド(吉田隼)


◎ハイレートクライム
三度のルメールで確定しました。

今回は前回以上にメンバー揃いましたね。アシュランスとかソルオリーヴァとかパールズベストとか強敵でしょうか?ざっとしか見てませんが、前に行きたい馬が多いように思います。ハイレートクライムもスタートを決めたら前に行きたい馬だと思いますが、どういう戦略を取りますかね。出たなり勝負でしょうか。

「なんとかここで決めたいですね」と師は話していますが、本当は条件変更が理想だと思うんですけどね。「ルメールも考えて乗ってくれる」とか人任せじゃなくて、自分もあとひと押しを考えてほしかったなと思ってしまいます。勝つとこの条件で使い続けそうな気もしますし、それはそれで良いのか?と複雑な思いがありますが、今後の成長も期待できる馬だと思うだけに勝って欲しい気持ちは当然大きいのです。

ルメール様、なんとかお願いします。

◆ハイレートクライム
8/17  函館競馬場
16日は函館Wコースで追い切りました。17日は軽めの調整を行いました。
「水曜日はウッドコースで強めの追い切りを行っています。状態に関しては大きな変化はありませんし、調教の動きも上々と現地のスタッフから報告を受けています。中1週の競馬が続くので中間はコンディションを整える程度に乗り込んできましたが、函館は涼しい日が続いていて馬も過ごしやすそうにしているとのこと。あと一歩の競馬が続いていますが、ルメール騎手も考えて乗ってくれると思いますし、なんとかここで決めたいですね」(庄野師)
20日の札幌競馬(3歳未勝利・芝1200m)にルメール騎手で出走いたします。



◎マイティーゴールド
一週延期したマイティーゴールドが隼人鞍上で出走です。

不安の脚元は先週よりは不安が少ないとのこと。動きも先週よりは良かったということですので、延ばした価値はあるのかもしれません。心臓もある程度出来ているようで、あとはノドでしょうか。やってみないとわかりませんが、少しでも影響が少なければ良いなと思います。

現級勝ちの実績があるので一枚上とは思いますが、フォギーナイトが怖いですね。モレイラが乗りますし、ヒヤシンスステークスの荒削りな、でも、力がある走りを見るとかなり強敵と感じます。

結果的に右回りでは良い成績、左回りで惨敗を繰り返している馬だけに、今回右回りなのはノド含めた現状を確認するには良い条件かなと思います。見どころあるレースをしてくれることを期待しています。

◆マイティーゴールド
8/17  札幌競馬場
16日は札幌ダートコースで追い切りました(67秒2-53秒0-39秒5-13秒0)。
17日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は見送りましたが、その甲斐あって脚元のコンディションは悪くなく、先週よりも不安は小さいかなと思える中で調整を行えています。昨日は、黛を背にしてダートコースでの単走追いでした。こちらからのリクエストは5ハロンを68~69秒くらいで動かすことだったのですが、時計を見るといくらか速くなっていましたね。ただし、新聞社に聞くと時計がやや速くなる馬場傾向だったようなので、そう考えるとオーバーワークを心配する必要はなさそうです。黛に実際の感触を聞いても、動きは先週より良かった、強いてあげるとすれば手前を替えるときに若干スムーズさを欠いた点があったものの全体的に良かったです、という話でしたね。無事に追い切りを終えられたので、その後の状態をしっかりと確認したうえで週末に臨めればと考え、午後には獣医師さんに診てもらいました。若干ではあるものの背腰に張りがあること、先週から見られている右前脚の裏の張り、球節まわりの張りは多少あるけれど、心臓の打ち方はよく、中身はできているのではないかということでした。状態面で見ると先週より今週で良かったのかなと思え、またお天気もおそらく先週より今週のほうが良くて馬場状態を心配しすぎることもないのかなと思えます。あとは先週ダートの1700mがふた鞍だったことに対して今週はひと鞍だけですからメンバーが集まり、きつい相手関係になることを心配していました。想定だけで言えば言うほど強力な馬ばかりが集まっているというわけではなさそうに思えたのですが、権利持ち以外にも素質馬がいるのは確かですので油断はもちろんできません。マイティーゴールドだって有力馬の一頭と見られてもいいはずですから、力上位であるということを結果で示してほしいですね。鞍上は今回吉田隼人にお願いをしました。いろいろあたった結果、隼人になったのですが、先週の新馬戦でもそうだったように、キャロットの勝負服と隼人は相性がいいという情報を知ってヨシっと思えましたね(笑)。何とかゴールドでもいい結果になってほしいと期待しています」(尾関師)
20日の札幌競馬(3歳上500万下・ダ1700m)に吉田隼騎手で出走いたします。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
疲れて帰ってくると、何もしたくなくなって、キャロットの確定リストも眺めるくらいで何も検討をしていない。
そんな盆明けを過ごしています。

今年の母優先はマイティースルー2016、ピースエンブレム2016の2頭。

せっかくなので、母父クロフネと母父ウォーエンブレムの産駒成績を見てみました。

まずはマイティースルー2016のための母父クロフネ産駒成績。

aaaaa_2017081722075321f.png

獲得賞金上位20頭中11頭が牝馬。想像では牡馬のほうが圧倒的に良い成績と思っていたので驚き。よく、望田氏がディープインパクト×クロフネ、ディープインパクト×フレンチデピュティの好結果を書いているのを読んでいるからかな。

でも、この結果を見てイメージが違っていることが分かったし、マイティースルー2016は前向きに検討してみようかな。ただ、今までの産駒成績がイマイチなのにルーラーシップ牝馬で2,000万円募集というのは若干高いんじゃないかと感じます。ま、この価格でも売れると踏んでいるんでしょうけど。ただ、クロフネはBMSリーディーング4位とかなり上位ではありますが、重賞勝ち数は4勝、EI0.74というのがちょっと物足りないかな。




続いて、ピースエンブレム2016のための母父ウォーエンブレム産駒成績。

aaaaa_20170817220912e64.png

こちらは賞金上位20頭のうち、11頭が牡馬。ピースエンブレムの姉ブラックエンブレムの息子3頭が1,2,4位と独占状態。ここだけ見ると、ブラックエンブレムの全妹ピースエンブレムからも活躍馬が出るんじゃないかと妄想はしたくなりますよね。

でもなあ、獲得賞金額、少なすぎですよね。5,000万円以上稼いだ馬は3頭。3,600万円の募集額から考えると5,000万円は稼いでもらいたいと考えますし、そうなると確率論から考えたらリスクが高いと感じてしまいます。うーん。


やっぱり、馬体と厩舎見ないと始まらないな(笑)。
ま、厩舎はマイティースルー2016は尾関、ピースエンブレム2016はコジシゲの可能性が高いんでしょうけど。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ずっと在厩で調教を積んでいるナラトゥリスですが、出走予定が出ました。
元々、カラドゥラが出走するかな?と思っていた、新潟最終週の芝1800mとなります。

正直カラドゥラの方がナラトゥリスよりスムーズに進むと思っていたんですけどね、近況を見ると状況は全くの逆転。分からないものです。カラドゥラは良くて10月の府中という感じになっていますね。

毎週ウッドコースで追い切っていますが、調教時計は

2017.08.03 助手 美南W良 70.5 - 54.7 - 40.4 - 14.2(7) 馬ナリ余力
         ノヴァ(新馬)馬ナリの外同入
2017.08.09 助手 美南W稍 69.7 - 53.5 - 39.4 - 12.9(6) 馬ナリ余力
         ゴールドスカイ(三未勝)馬ナリの内を0.6秒追走同入

ときて、今週は

2017.08.16 助手 美南W重 68.4 - 52.6 - 38.7 - 12.7(7) 一杯に追う
         ヴェルスパー(新馬)馬ナリの外を0.4秒先行同入

ということですので、週を追う毎に動けるように、時計が出せるようになってきている感じが見て取れます。成長しているってことでしょうね。

トビが大きく瞬時にギアが変わるタイプではないということで、新潟の直線が長い外回りコースは能力を試してみるのはうってつけと思います。ここまで在厩で調教を積んでレースに臨むわけで、ここで良さがある程度見えないと厳しいですけどね。

出走予定の日は新潟記念がありますので、ジョッキーはそこそこ揃うかな?出来れば競馬を教えられる騎手に乗ってほしいですけどね。最近の騎乗依頼を見るとルメールや戸崎の名前も結構見られますが、さて。

36c68867201773182629ec191a29873.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



◆ナラトゥリス
8/16 加藤征厩舎
16日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒4-52秒6-38秒7-12秒7)。
「先週に引き続き今週もコース調教を行うことにしました。同じ2歳馬と2頭で組み併せるようにして追い切りました。ナラトゥリスが先行し、外目を走り、パートナーが後ろから内を回って並びかけてくるものでした。相手は1200mを使おうと思っている馬でギアの変わり方、スピードの乗り方が比較的早め。一方でナラトゥリスのほうはトビが大きく瞬時にギアが変わるタイプではないので、その差で4コーナーから直線へ向くときに相手にスッと出られました。ただし、前に出られたからと言ってそのまま遅れるわけではなく、その後はジリジリと伸びて来たように悪くなかったですよ。乗り手の感想を聞いても同意見で、しかも余力はあるとのこと。時間をかけて乗り込んでいる分だけ力はあるのでしょうね。この調子で競馬へ向かっていければと考えていて、最短で新潟最終週の芝1800mを検討していくつもりです」(加藤征師)
早ければ9月3日の新潟競馬(2歳新馬・芝1800m)に出走を予定しています。

8/9 加藤征厩舎
9日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒7-53秒5-39秒4-12秒9)。
「先週に引き続き、今週も馬場での調教を行ってみました。長めからじんわりと動かすような内容で、時計は5ハロンから出すようにしています。若い2歳馬ではありますが、課した調教にはそれなりに対応できており、今朝もしっかりと動けていましたし、手応え的にも余裕のある走りを見せてくれましたよ。トビの大きなタイプで瞬時にピュッと動くわけではないのですが悪くなさそうですよ。どのくらいやれそうなのかはまだ何とも言えませんが、最初は少しゆったりとした競馬をさせたいなと思っています。まだこれからではありますけれど、新潟の最終週にあるレースをひとつの選択肢として頭に入れながら、調整を進めていきます」(加藤征師)

8/3 加藤征厩舎
2日は軽めの調整を行いました。3日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒5-54秒7-40秒4-14秒2)。
「これまでは比較的坂路を使った調整を行ってきましたけれど、今週は同じ2歳新馬と併せる形でコースで動かしてみました。時計的には70-40くらいで、最後は無理のないようにコントロールしながらでしたけれど、相手に対してナラトゥリスはわりと余裕を持った形で動けていましたね。ここで一杯一杯の動きだとこのまま進めていくのは難しいかなと思えたのですが、今日の動きならば引き続き競馬を目指して進めていっても良さそうです。ただ、もうしばらくは乗り込みたいですね」(加藤征師)

7/26 加藤征厩舎
26日は軽めの調整を行いました。
「蹄のケア、そして体調面の変化をよく確認しながら徐々に走りの質を良くできるように調整を進めていますが、今のところ大きな問題もなく順調に来ることができています。当初は今朝追い切りを行おうと考えていたのですが、雨が降り、ナラトゥリスが馬場入りする頃は本降りで馬場コンディションが結構厳しいものになっていましたので無理はしないことにしました。タフすぎるなかで無理強いしてアクシデントを誘発するようなことは避けたかったですからね。それなので今朝は馬場に入ってじっくりとキャンターで動かしています。日を改めて追い切りを行っていきますが、具体的なデビューに関してはもう少ししてから考えたいですね。もし行けるのであればこのまま競馬まで行きたいと思っていますが、早くても8月の中旬以降くらいになるだろうと見ています」(加藤征師)

7/19 加藤征厩舎
19日は美浦坂路で追い切りました(54秒8-40秒1-26秒5-13秒3)。
「先週は自分で跨ってみてまだトップスピードへの対応がし切れていないところもあるかなと感じていましたが、今週は別のスタッフが跨って動かしてみました。坂路で終いを伸ばすようにしたのですが、動きとしては悪くないものの、やはりトップスピードで物足りなさはあるようでしたね。ただ、それから何もないわけではないんです。ジリジリと伸びる感覚はあり、現状はしぶいな、ジリジリと長く脚を使えそうかなという走りに感じるんです。だからと言ってこれがこの馬の走りだと言いたいわけではなくて、今はまだ体力面で不足しているということなのだと思うんです。それにやりながら少しずつ良くなってきている印象も受けますので、時間をかけながら磨きをかけていければと思っています。それを手元でやっていくか牧場に出して期間をかけて乗り込むかは今後の状況如何になってくるのですけれど、これからの馬であることは確かだと思います」(伊丹助手)

7/12 加藤征厩舎
12日は美浦坂路で追い切りました(57秒4-42秒6-27秒8-13秒5)。
「先週ゲートをクリアできまして、まずは状態の見極めを兼ねて少し動かしてみるようにしています。普段の軽めのキャンターなどではハミを銜えて、首を巻き込むような格好をすることがあり、そうなると取ってかかるくらいの行きっぷりを見せるんです。また、跳ねたりしていてバネもあるのですが、今朝少しペースを上げて伸ばしてみたところ、なかなか思うように対応しきれずにいました。走り方にまだ収得しきれていないこともあるのでしょうし、体力的にこれからという部分もあるのではないかと思いました。この後はもう少し手元で進めてみるかもしれませんし、早めに切り替えて放牧に出して乗り込み期間を設けることになるかもしれません」(伊丹助手)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
一口馬主DBで無料会員でも見られるデータ。

キャロットクラブの世代別の結果です。

現3歳の成績がかなり悪いということでしたが、こうして数字を見ると本当によくわかります。
平均募集金額が上がっているにも関わらず、すべての数字において過去最低。
当然、現6歳世代側になるにつれ、2勝馬率、3勝馬率が上がるのは仕方ないにしても、勝ち上がりが4割しかないのはかなり厳しい結果と言えるのではないでしょうか。

募集価格を上げても完売するだろう、能力的にちょっとの馬を混ぜても完売するだろう、という思いがあるかもしれませんが、しっかりと見ていく必要がありますね。
現2歳世代は更に平均募集金額が上がっているので、どういう結果になるか楽しみです。
m.i.stableの現2歳はちょっと厳しいメンツになっているので、怖いなあ.....

aaaaa_201708160830175cd.png



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
もしかして、キャロットクラブの2回目のリスト(募集確定馬一覧)が更新されているかと思って、公式を見たらありました。

ざっと見ただけですが

・頭数減ってる
・高い

が印象ですね。

頭数減っているのは痛いです。
88頭が85頭に減ってます。

また、12,000万円募集を上回る14,000万円募集が2頭。
一口35万円です。
まさにキャロットバブル。

今年は頭数揃えたかったのですが頭が痛いですね。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)