Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

エピカリスが無事に帰国、入国検疫のために三木ホースランドパークに入場しました。


JRA:2017ドバイワールドカップデー ~日本馬が帰国~
http://www.jra.go.jp/news/201703/032801.html
ラジオNIKKEI:ドバイ国際競走出走の日本馬、無事帰国
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11388.html

ここから着地検疫を経て.....となりますが、着地検疫をどこで行うのか?いつ関東へ移動するのか?分かりませんね。
この辺は来週あたりなにかコメントが有るでしょうか。


また、公式で書かれていることでもありますが、ケンタッキーダービー辞退についてニュースでも出ております。

スポニチ:エピカリスがKダービー辞退…状態次第ではベルモントSに挑戦
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/29/kiji/20170329s00004048056000c.html
スポーツ報知:エピカリス、米ケンタッキーダービーを辞退
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170328-OHT1T50179.html
日刊スポーツ:エピカリスはベルモントSへ ケンタッキー出走辞退
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=03&day=29&id=1799235


日刊スポーツに書いていますが、エピカリスが正式に辞退したことで「同馬の辞退により、同レース出走馬選定ポイントシリーズ2位のモンサンレガーメ(牡3、牧)の出走が可能となった。」という記載の通り、モンサンレガーメが出走可能になりました。

が、ちょっと調べた所、既に海外遠征は断念、次走はニュージーランドトロフィーとのこと。

これで今年の日本馬によるケンタッキーダービーへの出走は無いことになるのかな。アメリカのレースはアメリカ血統が強いので、前にも書いた通り一番結果が出そうなのはフォギーナイトだと思います。出ませんが。今後の成長次第とは思いますが怖い馬です。



で、当のエピカリスについてですが、状態次第ではベルモントステークスとのこと。一応、ハギーのコメントでは「アメリカへ向かうとするならば」と書かれていますけど、上からの圧力は凄いでしょうから行くことにはなるんでしょうね。

前にクラブに問い合わせた時の回答は

①馬の輸送費用など
 →800万円程度(1口当たり20,000円程度)
②出馬登録料、出走料
 →ベルモントS:339万円(1口当たり8,500円程度)
③現地費用(主にスタッフ厩舎預託料、滞在費)、スタッフ渡航費用
 →出走数により滞在日数が大幅に変わってくるため、出走することが決まった際にお送りする遠征概要を参照

でした。

①の輸送費用が片道なのか往復なのか分かりませんが、UAEダービーの賞金(USD400,000)はそっくり費用で飛んでいっちゃうと考えておいたほうが良さそうです(;・∀・)

いずれにしても、初めて思いっきり仕上げて走ったと言っても過言ではありませんから、どこも痛みが出ず、問題なく次に向かえるような状態であって欲しいです。

45d675ce201732982629ec1fcf1f451.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆エピカリス
3/28  三木ホースランドP
28日に無事帰国し、三木ホースランドパークへ到着しました。
「先日は多くのご声援を頂き、誠にありがとうございました。その期待に応えられなかったのがとても残念で申し訳ない気持ちなのですが、馬は本当によく頑張ってくれました。これからも皆さんに喜んでいただけるようにしっかりやっていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。レース後の様子を見て、大きな異常がなさそうなことを確認してから帰国しました。馬は本日三木ホースランドパークへ移動し、これから入国検疫、そしてそのあとに着地検疫を受けることになります。今後についてですが、検疫等の事情もありますし、ケンタッキーダービーは辞退することになりました。もし米国へ向かうとするならばベルモントSを本線に考えていく予定ですが、それはあくまでも状態次第になるでしょう。先々まで活躍してくれる馬だと思っていますし、何よりタフな競馬をした後なので慎重に見極めて判断していければと考えています」(萩原師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト
ドバイワールドカップのアロゲートの走りは衝撃的でした。
強い馬なのは戦前から重々承知していますが、実際にレースを見ると凄さが際立ちますね。
世界は本当に広い。


3/25(土) メイダン04R エピカリス(C.ルメール)→?番人気2着
3/25(土) 中山07R マイティーハニー(吉田豊)→6番人気15着


■エピカリス
結果は書いたので簡単に。

ゲートは最初の方に入っていてだいぶ待たされていたので心配でしたが、うまく対応してくれていましたね。スタートも決めてくれましたし、なにより世界レベルの相手でも武器になる二の脚の速さが見られて良かったです。あれは本当に武器になりますね。

伸び伸び走らせることに主軸をおいた場合、エピカリスにとっては逃げる手というのが今までの結果からすると一番よい形に見えますので今回のレース振りは私は問題ないと思います。逃げは目標になってしまうデメリットも有りますけどね。考えての作戦、結果なのですから受け止めたいと思います。


レース後のコメントで早々に取締役がアメリカ出走を示唆しています。

スポニチ:【UAEダービー】エピカリス惜しい2着“世界制圧”まであと一歩
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/26/kiji/20170326s00004050147000c.html
サンスポ:【UAEダービー】エピカリス、大金星ならず2着
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170326/ove17032605080007-n1.html
スポーツ報知:【ドバイ・UAEダービー】エピカリス、初黒星も惜しい2着
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170326-OHT1T50101.html
日刊スポーツ:エピカリス果敢に逃げて惜しい2着/UAEダービー
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=03&day=26&id=1797892


ヒヤシンスステークスの結果次第でUAEダービー、UAEダービーの結果次第でアメリカという話だったと思います。2着でも結果を出したと判断して早々にアメリカ出走のコメントをしたのかと思いますが、あまりにも既定路線的な発言でなんだかなという思いがありますね。

今回結果を残してくれたことで某掲示板の外野の発言も更に過激になってきました。出資者でもないのに言いたい放題、夢を追え、金は出資者が払えばいい、金を稼ぎたいなら株をやれ.....などなど。気にするつもりは無いですが、こちらもなんだかなと思っちゃいますね。

昨年同様だとすると明日火曜日に帰国するはず。
まずは無事に帰国して欲しいです。

◆エピカリス
3/25  ドバイ・メイダン競馬場
25日のメイダン競馬では好スタートから先手を奪い、道中はそのままの位置でリズムを整える。いい手応えで最終コーナーを回り、直線では勝ち馬との叩き合いになったが、最後は僅かに相手が前に出て2着。
「難しい環境での調整だったと思いますが、馬に跨がってすごく具合がいいのを感じました。ゲートの待ち時間は長かったけどいいスタートで、道中はリラックスしてリズム良く走っていました。直線ではしっかり脚を使って勝てると思いましたが、勝ち馬は地元ドバイの馬でアドバンテージがありましたし、相手も強くて本当に最後だけ上手くいかなかったですね…。日本と違った特殊な馬場でなおかつ初めてのコースでも対応して頑張ってくれたから、本当に勝ちたかったです」(ルメール騎手)
「ドバイまで足を運んでいただいた会員の方々、そして日本からたくさんの応援をいただきありがとうございました。一番いい結果ではなく非常に申し訳ない気持ちですが、エピカリスのポテンシャルの高さを改めて感じましたし、またこれから人馬共に頑張って、皆様と一緒に喜べる結果を出していきたいです。レース直後の馬体チェックでは問題なかったものの、しっかりと走ったあとなので引き続き気を引き締めて馬を見させていただきます」(萩原師)
初めての海外遠征で難しさはあったものの、ドバイ到着後は時間をかけてしっかりと現地の環境に馴染み、いい状態でレースへ挑むことができました。今回結果を出せなかったのは非常に悔しい限りですが、それでも地元ドバイの最有力馬を相手に堂々と渡り合ってくれました。ドバイのダートコースは日本のダートの砂質よりも粘り気があり、現地では珍しいほどの連日の雨で馬場が悪化していましたが、馬場を鑑みて蹄鉄を微調整していましたし、何よりも馬が厳しい状況にも順応して勝ち負けを演じてくれました。この経験を糧にさらに力を付け、先々ではさらなる大舞台で結果を残してほしいものです。今後はまずはレース後の状態をしっかりと確認していきます。



■マイティーハニー
大変不満な一戦。

今回の敗戦は調整失敗、出走への判断失敗に尽きます。-18㌔で過去最低体重での出走.....実際に競馬場に行く前に細いとかそういうところは見せていたはず。輸送だけでここまでの馬体減は有り得ないでしょう。出走に踏み切った調教師に責任があります。

続けて使えない馬ですし、一度調子を落とすと戻しにくい牝馬ということも含めて、慎重に判断するのが大事と思います。体重が減っていたことで放牧に出して時間を要するのも問題ですが、調子含めて戻ってくるのか、それがいつになるのか、そう考えると腹が立ちます。

◆マイティーハニー
3/25  尾関厩舎
25日の中山競馬では4番手の位置につけて進めるが、3角手前から動きがあり外から来られると抵抗できず、そのまま下がってしまい15着。
「稽古の動きは悪くなく、でも大人しいから妙に乗りやすくなったなぁ…とは思っていたんです。ただ、以前はなだめるのに神経を遣うくらいだったので扱いやすさを良いように捉えていたのですが…。体が大幅に減っていましたし、気持ちの面はこのあたりの影響だったのかもしれません。それでも返し馬や出てからの走りには軽さがあって悪くなかったので積極的に好位を取りに行ったのですが、勝負どころで外から来られた時に抵抗できませんでした。いつもならそこで歯を食いしばってくれるくらいなのに全く何もできなかったので、本物ではなかったということだと思います。こんなはずではないので立て直してまたいい走りを見せて欲しいです」(吉田豊騎手)
「正直、ギリギリまで悩んでいたのですが、根性のある馬ですし、そこにも期待をしていました。しかし、結果的に体も大きく減らしてしまいましたし、やはり万全ではなく辛いところもあったのだと思います。本当に申し訳ございません。コンディションの問題で、今回の敗因は明らかです。いい走りをさせてあげられなかったのですが、ジョッキーに聞くと返し馬でもレースでも喉の苦しさを見せることはなかったということでしたので、そこは救いだと思います。しっかり立て直して巻き返しが可能になるようにしたいです」(尾関師)
万全とは言えないなかでも調教の動きは悪くなく、ギリギリまで見て出走に踏み切ったのですが、誠に申し訳ない結果となってしまいました。敗因は明らかですので、立て直しのための放牧に出して、少しでもコンディションを整えてまたこの馬らしい走りをさせられるようにしていきたいです。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ネオリアリズムが中山記念で破ったヴィブロスがドバイターフを勝ちました。
馬場が悪い中小柄な牝馬ながら頑張りましたね。




この結果を見ると、ネオリアリズムの出資者はドバイターフにネオリアリズムが出ていたらどうなっていたか?とタラレバを言いたくなりますね(笑)馬場も少し渋っていると更にネオリアリズムに有利に働きそうな気もしますし。

でも、レースは生き物ですし、ヴィブロスが差して勝利した結果を考えると先行するであろうネオリアリズムに不利にあたらく展開だったかもしれませんし、走っていないのですから何とも言えません。

ヴィブロス関係者の皆様おめでとうございます。
(*・∀・)ノ゙ 。+・。゚:*:。・+。・゚*゚ オメデトォ ♪♪♪♪
佐々木オーナー夫妻も揃ってドバイ入りしていたようですね。





ネオリアリズムに招待状が届いたので当然のこととは思いますが、サトノクラウンにも届いたようです。

スポーツ報知:サトノクラウン、ネオリアリズムの堀厩舎2頭に香港QE2世Cの招待状届く
http://www.hochi.co.jp/horserace/20170326-OHT1T50146.html


サトノクラウンは大阪杯の結果次第で遠征を決めると思いますが、1ヶ月半から2ヶ月程度の適度な間隔でレースを使ってきている馬だけに、遠征込で中3週を行うのか.....が気になりますね。
遠征しないならネオリアリズムにデムーロ確定でしょうけどね。

ヴィブロスに続きたいですね。国際G1勝ちしたいです。


-------- 2017.03.26 22:00追記 --------
某水上氏が「そしてネオリアリズムは大阪杯登録せず香港へ。ネオリアリズムはまたしても残念な選択。中山記念勝って大阪杯行かないというのは全くもって理解不能だ。」と発言。「まあクラブの使い分けなんだろうけど・・・そうであってもなくても、このレース選択は個人的には競馬の、というと大げさだが大阪杯の盛り上がりに水を差すものだと思う。」とも。
ブログに自分の意見を書くのは別に悪いことではないが、状態が悪かったので回避するということを、競馬関係者として働いているのであれば多少は聞くことが出来るだろうし、言いたいことだけ書く前にちょっとは調べて欲しいと思いました。



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)



エピカリス、逃げて粘りましたがサンダースノー(C.スミヨン)に差されて2着でした。

スタート五分から先手主張、アディラートも主張しましたが譲らず逃げる形。

直線も粘りましたが、目標にされた分もあってか最後の最後で差されてしまいました。
地元馬と遠征馬という違いも大きかったでしょう。

それでも、良く頑張りました。
勝って欲しかったけど、ルメールがコメントしている通り相手も強かったのでしょう。

勝ち馬はケンタッキーダービーへ向かうようなコメントをしていたように聞こえます。
エピカリスは一度帰国でアメリカは1戦と前に聞いていますが、さてどうしますか。
日本に良いレースがないのも事実ですけどね.....検疫長くなるし無理はしないで欲しい気持ちも強いです。

何はともあれ、本当にお疲れ様でした。
無事に帰国することを祈っています。



スポニチ:【UAEダービー】エピカリス惜しくも2着、ルメール「とても頑張ってくれた」
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/03/25/kiji/20170325s00004050532000c.html
netkeiba.com:エピカリス2位入線/UAEダービー結果速報
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=120284
WIN競馬:【UAEダービー】エピカリスは2着惜敗 ルメール「直線はすごく頑張った」
http://www.winkeiba.jp/w/news/article.html?FileCreateDate=20170325&SeqNo=014&Page=1


しかし、ここまでのレース、C.スミヨンはかなり切れていますね。
無双状態と思います。


結果
aaaaa_20170325231423b33.png








にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ピンクブーケは想定メールが来たものの、状態を考えて出走を回避、そして福島<新潟と考えて天栄に放牧に出されました。確かに勝った実績のある新潟のほうが良いのはありますが、残りの現役生活が1年切っていることを考えると使って欲しい気持ちも大きいのです。このままでは中央生涯10戦以下も有り得る.....(;´∀`)


今週は国内外で2頭が出走です。

3/25(土) メイダン04R エピカリス(C.ルメール)
3/25(土) 中山07R マイティーハニー(吉田豊)


◎エピカリス
たくさんエントリーしてきたので割愛。

3/23の記事で「今日は40分ほど曳き運動をしました。明日は軽いキャンターをする予定です。とても良い状態です」と泣きのハギーが強気コメントで逆に不安もありますが、状態が良いのは嬉しいこと。
このまま良い状態でレースに臨めますように。

ラジオNIKKEI:【ドバイ国際競走】~日本馬情報2(3/23)
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11341.html
ラジオNIKKEI:【ドバイ国際競走】~日本馬情報2(3/24)
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11347.html

天気予報の雷雨はちょっと心配^^;



◎マイティーハニー
かつての主戦吉田豊が久しぶりに騎乗。
しかし、騎乗成績見てますが、本当に率は悪いですね.....良い馬は上位に取られているということもあるのでしょうけど、騎乗数は確保できているものの厳しい結果が続いているなと思います。洋吉さんがいなくなってから更に率が下がってますね。

マイティーハニーは2ヶ月ぶりの競馬。前走は結果的に3着ですが突き放されてしまいました。その時の2着馬が次走で惨敗、4着、5着馬も結果が出ていないところを見ると(1着馬はその後出走なし)、レースレベルに不安はあります。それでも相手なりに頑張る馬なので今回も状態さえ悪くなければ上位には来れると思います。
人気はコパノビジン、リリカルホワイト、サンヘレナあたりの現級上位経験がある馬でしょうかね。

それより気になるのは
・以前に比べると妙に乗りやすいという印象が強い
・以前は唸るくらいの行きっぷりでちょっとでも動かすとビュンっと行ってしまいそう
というところでしょうか。

アカネイロはそれだけが原因ではないと思いますが、今年の3戦は以前との変化を結果が出ない言い訳にされました。牝馬ですし、そういう気持ちの面は少なからず影響はあると思います。マイティーハニーはまだ現役1年ありますし、走る気持ちが残っていてくれればと思います。

◆マイティーハニー
3/23 尾関厩舎
25日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走いたします。

3/22 尾関厩舎
22日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-53秒5-38秒5-12秒5)。
「順調に調整を進められていたのですが、週末の午後に急に体温が上がることがありました。喉を手術していることで起こりがちな誤嚥による熱発の可能性が高かったので、すぐに対処したところ翌日には落ち着いてくれて月曜日には時計を出すことができていました。ただ、本当にいいと言い切れるかは何とも言えませんでしたので、ギリギリまで確認して今週行くべきか判断したいと考えていました。変則日程のため今週のトレセンは水曜日が全休日明けでしたけれど、使うとしたらレースは土曜日になるため追い切りは今朝行うことにしたんです。じっくり体を動かして解しておき、豊さんを背にして2頭併せの追い切りを行いました。相手の馬を前に見ながら進み、コーナーで外に進路をとって直線もそのまま伸ばす形。追いかけて外を回るというタフな形でしたので、終いは少し動かす必要がありましたけれど、見た目の動きは悪くなかったかな、それなりの負荷をかけることができたかなと見ています。ジョッキーに聞くと“止め際などに息遣いで気になることはありますけれど大きな不安は感じなかったです。ただ、以前に比べると妙に乗りやすいという印象が強いかな”ということでした。以前は唸るくらいの行きっぷりでちょっとでも動かすとビュンっと行ってしまいそうなくらいだったという感触があったらしく、今はそういう感じではないそうなんですね。歳をとった分もあるのでしょうし、ジョッキー自身もそれが決して悪いこととは捉えていない、むしろコントロールしやすくなっているという捉え方もしているようなのですが、それくらいの走りをしている方がこの馬にとってはいいのかもしれませんから、判断に悩むところでもありますよね…。ただ、現状の動きから使うこと自体に問題はなさそうなので前向きに考えるつもりでいます。もちろん今日追い切ったあとに体調面の不安が再度出てしまうようなことがあれば大事をとって目標を設定し直すことも考えます」(尾関師)
今のところ25日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。

3/15 尾関厩舎
15日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒6-39秒6-12秒9)。
「入厩後の体調面に問題はなさそうですので、競馬へ向けて少しずつ進め出しています。今日は追い切り日に充てて豊ジョッキーに跨ってもらいました。3頭併せの先頭を進むのがマイティーハニーでしたけれど、ちょっとゆっくりとした入りになりましたね。2番手の馬に少し早めに上げていくような指示を出したところ、3コーナーくらいからペースが上がっていったのですが、この3頭の中でいちばん動くのがハニーなので後続2頭の鞍上の手は結構動きました。ハニーは楽々先着というものになりましたけどね…(苦笑)。動き自体は良かったのですが、もう少し全体的に負荷をかけたかったのでそのあたりはいくらか誤算だったものの、身のこなし自体は見ていて悪くなかったので週末、来週とうまく補いながら調整をしていこうと思っています。ジョッキーに感触を聞いたところ、いくらか右へのモタれはあるけど動きは悪くないとのことでした。ノドに関してはいくらか感じるということでしたが、オペをして完全にクリアになったというわけではないので、多少は致し方ないかなと思えますし、追い切りの感触だけで言えばそこまで支障はなさそうですから、大きな心配は要らないのかなと思っています」(尾関師)
25日の中山競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。

3/9 尾関厩舎
9日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「数週前に天栄へ見に行ってきたのですが、歩様等は変わりなさそうだったものの体の張りツヤなどを見ていると良化途上中かなとも思っていました。どこまで上がってくるかなと見ていましたけれど、良化はスローながらも調教自体は順調に行えているということでしたし、順調なうちに競馬へ向かってもらえないかと天栄からも話をもらいましたので、それならばということで今週このタイミングで帰厩させていただくことにしました。まずは様子を見ながら動かしていきますが、可能ならば牝馬限定戦のレースもありますので、そのあたりを考えながら仕上げを進めていければと考えています」(尾関師)

3/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「行けるのならば3月末くらいの競馬を考えて近々入れてほしいとここまでの間に何度か尾関調教師と話をしていました。状態面は物凄くいいと言えるほどではないものの、脚元を含めて順調なうちに競馬へ向かえるのならばそうしておいた方がいい馬かなという気もしますので、いちおう使う方向で前向きに考えてほしいということも伝えてあります。早ければ今週入ることになりそうなので、あとは移動に備えてしっかりと体調管理を行っていきます」(天栄担当者)

2/28 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も日を選びつつしっかりと乗るようにしています。3ハロン40秒の調教も織り交ぜながら負荷をかけて、仕上げの段階に入っているところです。今後の状態を見ながら移動やレースについて尾関調教師と改めて相談をしていきたいと思っています」(天栄担当者)

2/21 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「先週あたりから14-14をベースに乗るようになっていて、それでも順調に動かせていましたから今朝は3ハロン40秒くらいの時計も出しています。体はまだ締りたいですし、しっかりと負荷をかけていき態勢を整えていかなければいけないと考えています」(天栄担当者)

2/14 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「最初はゆったりと動かしていましたが、この中間より坂路調教も交えて進め出しています。まだ序盤ということもあってビッシリと行っているわけではないものの、速くて14-14くらいのペースで乗っていますよ。今朝尾関調教師が来場されたので現状をお伝えしていますが、競馬へ向けてしっかりと状態を上げていきたいですね。馬体重は506キロです」(天栄担当者)

2/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「背腰を中心に馬体のケアを引き続き行いながら状態の良化を図っています。いくらかいいかなと思えたことから乗り運動も始めましたが、騎乗調教は馬場に入って軽めのキャンターを行う程度です。すぐの競馬を考えるのは難しいかなと思えるため今開催の東京を考えることは厳しいものの、3月末から4月くらいには使えそうかなと見ています。条件は前走までと似通ったものになってしまうかもしれませんが、より良い状態にして前進させてあげられるようにしたいですね」(天栄担当者)

2/1 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週こちらに帰ってきました。久々の競馬のあとでもありましたので、いったん帰ってきたのは馬にとって良かったのではないかと見ています。背腰のケアをしっかりとしておいた方がいいように思えましたので、先日治療を施したところです。それもあってまだ今はトレッドミルでキャンター調教を行っているところまでですが、様子を見て動かしていこうと思っています」(天栄担当者)

1/26 NF天栄
26日にNF天栄へ放牧に出ました。

1/25 尾関厩舎
25日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬では勝ち切ることはできませんでしたが、息遣いに大きな問題はなく無事に走り切ってくれたことは素直にうれしいですね。レース後の状態も大きく反動が出ているようなことはありません。そうは言ってもやはりノド、息遣いには細心の注意を払う必要がありますし、それによる体調の変化にも気を付けたい馬です。また、この馬としてはそこまで堪えているわけではないものの、背腰のケアもしてから次の競馬へ向かいたいですから、タイミングを見て一度放牧に出させていただく考えです。能力があってこのクラスでは勝ち負けできる馬でもありますし、権利に拘って焦ることはせず、あくまでも馬の状態第一で次走を決めていきたいですね」(尾関師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)