Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

アネモネかフィリーズレビューか.....と二択だったヴィルデローゼ。
アネモネステークスに向かうようです。

鞍上は内田。うーん、正直ヴィルデローゼに合わないイメージを持ってしまいますがどうでしょう?
でも、ウッチー今年は調子良いようで今のところリーディング3位なのですね。

Gambling Journalにウッチーの記事もありました。良い記事なのか微妙ですが.....
そうですか、ヴィヴロス@中山記念はウッチーが乗るのですか。知りませんでした(;・∀・)

Gambling Journal:秋華賞馬ヴィブロスの代打「相性最悪」内田博幸騎手にファンから悲鳴も問題なし? 昨年大敗劇の裏側にあった「手術」とは
http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2663.html




このアネモネステークスは4連勝中リエノテソーロ、フェアリーステークス勝ち馬ライジングリーズン、ファンタジーステークス最低人気2着のショーウェイ あたりが出走予定のようです。ヴィルデローゼは勝った前走は見事な走りでしたが、元々芝は未勝利ですからね。どんな相手でも胸を借りる立場でしょう。どのような競馬ができるのかを確認したいです。

しかし、netkeiba.comでは2/10の時点でアネモネステークスと発表しているんですよね。公式では2/15で曖昧な表現でしたが、結果的にはnetkeiba.comの記載通りとなりました。公式より先に発表されるのはやはりあまり良いことではないように感じてしまいますね^^;

◆ヴィルデローゼ
2/22 石坂厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(56秒4-41秒7-27秒8-13秒9)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。終始手応え十分なまましっかりと走れていましたし、息遣いも良く、2週前としてはいい調整ができたと思います。ただ、普通キャンターなどではまだ力みは感じるので、できるだけゆったりと走れるように普段から気をつけていきたいと思います」(松岡助手)
「帰厩後ここまで順調に調整できていますし、予定通り再来週を目標に進めていきます。登録頭数など状況を探りながらにはなりますが、今のところは中山のアネモネSを目標に内田騎手に依頼をしているところです」(石坂師)
3月11日の中山競馬(アネモネS・牝馬限定・芝1600m)に内田騎手で出走を予定しています。

2/15 石坂厩舎
15日は栗東坂路で追い切りました(57秒3-42秒9-28秒4-13秒8)。
「先週無事に帰厩しています。乗り出してからも順調で、カイバもしっかりと食べていて特に気になるところはありません。今朝は坂路で15-14程度の時計を出しましたが、帰厩後1本目としては動きもしっかりしていましたし、ここからペースアップして行くにはちょうどいい内容だったと思います。まだここと決めたわけではありませんが、アネモネSとフィリーズレビューが同じ週にあるので、その週を目標に進めていこうと思っています」(石坂師)

2/9 石坂厩舎
9日に栗東トレセンへ帰厩しました。

2/7 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も坂路を中心にじっくりと乗り込んでいます。先週後半からは終い15秒ぐらいまで伸ばす調教も取り入れて少しずつペースを上げてきているところです。そう遠くなく移動ということになるでしょうし、15-15に近いところも乗りながら態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

1/31 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週後半からはハロン17~18秒程度の普通キャンターを開始しています。坂路を中心とした乗り込みですが、変に気負うこともなく順調です。まだ帰厩時期については決まっていませんが、そう遠くなく移動ということになるでしょうし、こちらもそのつもりで進めていきます。馬体重は472キロです」(NFしがらき担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)

スポンサーサイト
もうそろそろ戻ってきそうなサーブルオール。

先週東京競馬場に行かれた濱田屋さんの話ですと、関西圏でのレースを視野に入れているとのこと。

となると、
2017.03.19(日) 但馬ステークス 芝2000m ハンデ
となりますね。

下記、サーブルオールの前エントリーで「幕張ステークスとなると、同日阪神で阪神大賞典があり、サトノダイヤモンドにルメールが乗るため乗り替わりとなります」と書きました。

m.i.stable:こちらもあと1ヶ月程度
http://mistable007.blog92.fc2.com/blog-entry-3141.html


このレースを選択する理由として考えられるのは、「ルメールに騎乗依頼するために騎手都合で関西へ行く」しかありません。ルメールで結果を出している馬ですし、芝2000mはちょっと気になるものの、ハンデ戦であれば昇級戦ということもあってそれほど斤量背負うわけでもないでしょうから悪くない選択だと思います。
これでルメール鞍上じゃなかったら、「うーん」ですけどね^^;

前走一緒に走って3着だったハクサンルドルフが、その後1000万下勝ち→準オープン2着となっています。サーブルオールの前走後、出走していない馬も多く、レースレベルの比較が出来ませんが、サーブルオール自身休み明けという背景もあっての勝利でしたから準オープンでもやれる力はあると思います(あの日、ルメールは神がかってましたが)。

まずは、帰厩一発目のハギーコメントがどういうものか楽しみに待ちたいと思います。
恐らく週末くらいに帰厩でしょう。

◆サーブルオール
2/21  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン13~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「今朝坂路に入って3ハロン40秒くらいの時計でしっかりと動かしました。動き自体は悪くなかったですし、これならば競馬を考えて近々トレセンへ送り出しても大丈夫かなと思っているところです。萩原師と相談をしたのですが、競馬を考えてそう遠くないタイミングで入厩させたいと返事をもらっていますから、しっかり体調を整えて引き継ぎたいと思っています」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
ハイレートクライムも期待していたので残念でしたが、エピカリスがしっかり勝ってくれてホッとしました。

2/18(土) 小倉04R ハイレートクライム(加藤)→3番人気5着
2/18(土) 小倉06R クラシックリディア(坂井)→10番人気4着
2/19(日) 東京09R エピカリス(C.ルメール)→1番人気1着


■ハイレートクライム
馬体重は-6㌔の470㌔で過去最低体重。小倉までの遠征分でしょうか。

スタートを如何に五分に切るかを戦前からかなり言われていましたがスタートは上手く切れませんでした。前回があれだけ良かったですからね.....思ったより出るのでは?と思ったのですが。

「外に振られる場面」とありますが、全周パトロールビデオを見てもぶつけられているわけでもなく、結構オーバー気味に外に振られているんですよね。しかも2回。スピード上げていって、その後にあれではスピードも落ちますし、そんな即座なギアチェンジが出来る馬ではありませんから上手く対応できないでしょう。あれは鞍上の能力なのかなぁ。

走り的に未勝利勝てない馬ではないと思っています。外人に比べると加藤は上手く乗っているのかもしれませんが、あと一押しが足りないというか心許ないのも事実。勝ち切るには邪魔されない(振られない)という制約付きになってしまうかもしれませんが早めに勝ち上がって欲しいです。それと距離は1400m以上が良いと思います。

ガス抜きで短期放牧してもいいので中京3/20の芝1400mとか行きませんかね?

◆ハイレートクライム
2/18  庄野厩舎
18日の小倉競馬ではゆったりめのスタートから道中は中団でレースを進める。直線は外からよく脚を伸ばすも5着。
「輸送も無事にクリアしてくれたようで馬の雰囲気は悪くなかったと思います。ただ、今日はゲートで待たされた影響からスタートで少し遅れてしまいました。4コーナーで外に振られる場面もありましたが、そんな中で最後はしっかりと追い上げて5着まで来ているように能力はありますから、余計にスタートが悔やまれます。この距離でも特に乗り難しいところはありませんでしたし、スムーズならもっと上の着順だったかもしれません」(加藤騎手)
「輸送も問題なく、返し馬では少し元気が良かったものの、スタート地点に行くと落ち着いてくれていました。あとはゲートだけと思って見ていたのですが、待たされて後ろにモタれたり半分立ち上がるような仕草をして出負けしてしまいましたね。4コーナーで弾かれるシーンもありましたが、最後も伸びてくれているだけにスムーズならもっと際どいところまであったと思います。できれば続けて使っていきたいのですが、テンションがやや高くなっていたので、まずはレース後の状態をしっかりと確認してから検討していきます」(庄野師)
スタートから勝負どころと決してスムーズではない中、直線はよく伸びてくれていました。課題であるゲートさえ克服してくれれば再度勝ち負けになるでしょうし、今後の巻き返しに期待したいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。



■クラシックリディア
馬体重は-12㌔と大幅減。休養明け増えていた分が戻った感じですね。

スタートは決めたものの前に行かせて2番手。公式にある通り、勝負どころで手応えが劣ってダメダメかと思ってからは踏ん張りましたが、改めて前に迫るわけでもなく0秒5差の4着。

同日、翌日にあったダ1700mの時計と比べても未勝利と同等で500万下、1000万下とは時計2つくらい差があります。時計で全て決まるわけではありませんが、低レベルな一戦だったのは否めません。スローで前に有利だったレースで4着だったのですからダートが向くとはやはり思えません。早く芝の1600~1800mくらいに戻して教育しながら使っていって欲しいのですが。

中途半端な結果になりましたし、ダートなんでしょうね、次も。

前のデータですけど再掲しますよ。ハービンジャーのダートは酷いです。

aaaaa_201701061236077f5.png

◆クラシックリディア
2/18  石坂厩舎
18日の小倉競馬では好スタートから道中は2番手。勝負どころで手応えが怪しくなるも、最後までよく踏ん張って4着。
「できる限りハナには立たないようにとの指示だったのですが、とにかく速いので何とかなだめながら同じ勝負服の馬を壁にして2番手から進めました。かなり力んだ走りになっていたものの、前回は最後にバテてしまったのが今回はしっかりと盛り返してくれましたし、一回使って馬が良くなっていたのでしょう。道中でリラックスできれば1400mでも1700mでも問題ないと思います」(坂井騎手)
休み明けの前回はスムーズさを欠いたりするなどして着順は良くありませんでしたが、今日は手応えのわりに最後までしぶとく粘っていました。ダートでもいい走りを見せてくれましたし、道中でもっとリラックスして走ることができればもうひと押しが利きそうです。この後についてはレース後の馬体を確認してから検討していきます。



■エピカリス
馬体重は増えると思っていましたが思ったより増えて+18㌔。506㌔でした。
しかし太め感もなく良かったです。
最終追い切りちょっと軽めでしたので、その辺も心配でしたがパドック見る限りではまずまずかなと。

内枠なのでスタートを決めないとと思っていましたがまずまず出てくれました。二の脚が速いのは分かっているのでこれである程度に位置は取れるとホッとしました。結果的にインの3番手。あとはスローなので閉じ込められずに出てくれればと願っていました。

最後の直線アディラート@ユタカも良い手応えだったのでドキドキしましたが、しっかりとインから差し切り。着差はありませんがペース含めて強い勝ち方だったと思います。インはユタカ曰く「砂が深くてパサパサとの事で避けた」ということで、それが本当ならインから使って差したのは強さでしょう。

これで次はUAEダービーとなりますね。「登録しているレースも選択肢に入れながら最終的にどうするか慎重に判断していきます」とありますが、まあ、決まりでしょう。アメリカはその後考えるとして、出るからには(行くからには)まずはドバイで全力投球して欲しいです。

しかし、フォギーナイトは強いですね。パドックで馬っ気だして、スタートあれだけ遅れて、ムーアがかなり怒りながら教えて直線インからアウトまで思っきり移動しながら気合い付けて4着まで押し上げました。あれで2戦目。ドバイ、アメリカで一番怖い相手なのはこの馬ではと思いました.....

◆エピカリス
2/19  萩原厩舎
19日の東京競馬ではまずまずのスタートを切り好位、内の3番手を進む。リズムを整えて直線へ向くと逃げ馬の内に進路を取って差し切り優勝。
「ありがとうございました。良いスタートを切れましたが今日は前に他の馬を置いて進めたいと考えていました。ユタカさんの馬がいましたので見ながら進めていきました。休み明けでもありましたし、今後の可能性のこともありますから考えて運び直線で勝負するようにしたんです。仕掛けてからの反応も良かったですし、交わせると思っていたのですが、考えていた以上にユタカさんの馬がしぶとかったですね。マイペースで行っていたのもあるのでしょう。それでもしっかり交わすのですからやはり今後が楽しみです」(ルメール騎手)
「おめでとうございました。ここへ向かうにあたって前日に入り体調を整えて臨ようにしました。それまではゲートの確認もしていたのですが実戦ではまずまず我慢できていたようでした。取り組みの効果が出たかなとは思いますが、ゲート裏の輪乗りの時はちょっとカリカリし出していたので根っこの部分は変わらずありますし、今後も気をつけていきたいポイントですね。レースは前に馬をおいて運び抜け出すという形でしたけれど、2着馬はなかなかしぶとかったですね…。元よりこの馬は手強いと思っていましたが、前に出るのに少し力が入りました。もちろん展開云々もありますけれどね。それでも勝ち切るのですからやはりこれからが楽しみです。今後のことを考える上で選択肢がいくつかあるわけですが、まずは脚元を中心にレース後の状態をしっかり確認してから改めて相談させてください」(萩原師)
断然の1番人気に推されていましたが結構骨っぽいメンバー構成で、そう簡単な一戦ではないと思っていました。今後の可能性を考えると結果も内容も問われるところだったのでしょうが、まずは自分との戦いでしたし、ポイントの一つとなっていたゲートをこなすことができるかでもありました。陣営の尽力もあり、我慢でき、課題をこなしてくれましたが、まだまだな部分もあります。それでも、レースの幅も広がる走りだったと思います。ジョッキーも今後のことを考えたレースをしてくれましたし、収穫がありました。この後についてはレース後の状態を確認した上で、登録しているレースも選択肢に入れながら最終的にどうするか慎重に判断していきます。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)

エピカリスがヒヤシンスステークスを勝利しました。

日刊スポーツ:エピカリス4連勝、近日中に遠征判断/ヒヤシンスS
http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&year=2017&month=02&day=19&id=1781305
スポニチ:【ヒヤシンスS】エピカリス無傷の4連勝 Kダービー挑戦権獲得
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/02/19/kiji/20170219s00004145230000c.html
ラジオNIKKEI:【ヒヤシンスS】(東京)~エピカリスが好位から抜けて4連勝
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11040.html
ラジオNIKKEI:ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」最終結果
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_11050.html


アディラートが戦前の予想と違うスローの逃げを打ったことで、勝ち時計も遅いものになりましたが、+18㌔と大幅馬体増でしっかりと勝ち切れたのは大きかったと思います。

現地応援するつもりでしたが前日夜から熱が出て、睡眠時間を多くとってなんとか行きたいと思っていたのですが、今日になっても微熱もだるさも抜けず、自分もしんどくなるし周りに迷惑をかけると思い自粛しました。
今日はレクチャーも絶対に開催されると思っていたし、行きたかったけどな。
仕方ないです.....自分のせいですから。まだだるいのでこれから寝ます^^;


これで次はUAEダービーですね。
父ゴールドアリュールの名声を高めて欲しいです。

お祝いのメール、コメントありがとうございました。
もうちょっと復活したらまとめて返信させていただきます。申し訳ありません。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
エピカリスの父ゴールドアリュールが亡くなったとのこと。

netkeiba.com:03年フェブラリーS覇者ゴールドアリュール死す 産駒2頭が父子制覇狙いあす出走
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=119127


先日馬市.comの動画(社台スタリオンパレード2017)をアップしましたが、元気そうでした。



netkeiba.comのニュースには死因が書かれていませんが、本当に残念です。


明日ヒヤシンスステークスに出走するエピカリスの枠は2枠2番。
外目の枠のほうが良かったと思っていただけに残念に思っていたのですが、父の弔いという意味での黒枠ということであれば妙に納得です。ダートスタートの方が安心して見てられるので、芝スタートの東京ダ1600mではスタートをしっかり決めることが大事。そこをクリアして包まれなければやってくれると思います。


出資馬では上記エピカリスの他にマイティーゴールドもゴールドアリュール産駒。
帰厩し、次戦に向けて調整を続けていますが、父の名声を更に高める活躍をマイティーゴールドにも期待したいです。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)