Information

まこと

Author: まこと

Recent Posts

とうとう中央入厩予定馬が全て完売しました。
残るは地方馬1頭。
これが売り切れて完売となるか。見ものです。




本州移動二頭目はブルーメンクローネでした。

石坂厩舎だけに始動はゆっくり秋かなと思っていました。しがらきでの調整期間をどれだけ取るかは分かりませんが、まずは状態が良いし移動させようということなのでしょうね。坂路入りしてから比較的順調に調整を積んでいたので、早期移動はうれしいです。

ブルーメンブラットの仔には全て出資してきて、牝馬では一番高額なのがブルーメンクローネ。
いつも書いている気がするのですが、ブルーメンブラットの産駒成績が良くないので、そろそろ大物が出てくれないといくら思い入れがある血統であっても出資を続けるのが難しくなってきます。それを打破する、ものすごい活躍をしてくれる馬がブルーメンクローネだったら嬉しいなあ。
※勿論、既デビュー済みの上がこれから活躍することも願っていますよ

期待しています!!

bac9c24220174135118ab31d2e668a1.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ブルーメンクローネ
4/24 NF天栄
24日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。
「この中間も順調に乗り込みをこなせていましたので、いったん本州へ移動することになりました。NFしがらきで入厩に向けての体勢を整えていく形になりますので、しっかり対応していきたいところです。動きの良さからも将来が楽しみな馬ですし、まずはデビューへ向けて取り組んでいってほしいですね」(空港担当者)

4/14 NF空港
馬体重:487kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。速めのキャンターを継続していますが、懸念された精神面に問題はありません。むしろおっとりした面を見せるようになり、そこが馬体の余裕にもつながっていると思われます。まだ余裕残しの馬体ではありますが、乗り込んでいけば自然と絞れてくるでしょうし、その相乗効果で動きも良くなってくると見ています。

3/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。メニューを上げつつじっくり乗り込んでいることもあり、馬体は徐々に引き締まってきています。現状で精神面に問題はありませんが、速めを開始したことで変化を見せる可能性はありますので、注意しながら対応していければと考えています。

3/15 NF空港
馬体重:500kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。坂路コースでは以前よりも手応え良く登坂できており、周回コースではゆったり走ることができていることからオンオフの切り替えが上手くできていると感じさせられます。毛ヅヤや筋肉の張りを見ても体調は良好で、これからは乗り込み量を更に増やしていくこともできそうです。

2/28 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。ペースを速めてきたことで馬体は少しずつ締まってきているものの、まだ余裕は残っているので、これから更に負荷をかけても十分対応してくれそうです。テンションが上がりやすい面はありますが、現状では許容範囲のものなので、特に心配はしていません。

2/15 NF空港
馬体重:491kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~18秒のキャンターで2本登坂しています。毛ヅヤや馬体の張りは良く、体調面が良好であることがうかがい知れます。坂路コースを手応え良く登坂できていますし、それでいて折り合いも付いているので、このままの状態を維持できるように努めていければと考えています。

1/31 NF空港
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~18秒のキャンターで2本登坂しています。馬体は立派過ぎるくらいで、これから調教を積み重ねていくことに不安はありませんが、更に絞れてくれば文句はありません。テンションが上がってもカイバ食い等に影響はないので、今後も状態に合わせて負荷をかけていくことができそうです。

1/13 NF空港
馬体重:480kg 
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで2本登坂しています。坂路コースでの動きは上々で、リラックスした状態で走ることができています。馬体だけを見ればいい成長を遂げているだけにバリバリ乗り込んでいきたいところですが、テンションが上がりやすい部分があるので、メリハリを付けながら進めていければと思います。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
スポンサーサイト
マイティーキュートですが、坂路入りしたと公式でコメントされました。
少しずつですがペースを上げることができています。

しかも、見学に行かれた方が記された内容では
・17秒程度を継続して乗り込み中
・7月入厩(本州移動)を目標としている
とのこと。
まあ、2つ目に関しては北海道開催を目標にという書き込みもあり、どちらが正しいとかは分かりませんが、いずれにしても夏を目標に進めるという点では同じですから、その目標に向かって突き進んで欲しい。

しかし、公式に書かれているペース以上で乗り込まれているということは普通にあることですが、既に17秒程度で乗り込めているというのは本当に嬉しい内容です。
このまま順調にペースアップできれば良いですね。

スタッフも諦めずに頑張っているとのこと。
マイティーキュート自身も頑張っています。
出資者としては待つことしか出来ませんが、その出来ることを期待を持って続けたいですね。

cc29f1d6201741382629ec1454efa94.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆マイティーキュート
4/20  NF空港
周回ダートコースでの軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン20秒のキャンターを1本登坂しています。
「状態を見た上で、この中間から坂路コースでの調整メニューへ移行しています。しばらく慣らしつつ進めていき、脚元の変化が出ないか慎重に見極めながら対応していければと思います」(空港担当者)

4/13  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。
「引き続き、脚元の具合をつぶさに確認しながら日々乗り込みをこなしています。乗り運動を継続していることでいい意味でも悪い意味でも変化が見られやすい頃なので、傷めた脚元を随時チェックしながら、今後も競馬を目指したメニューをこなしていければと考えています。馬体重は525キロです」(空港担当者)

4/6  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間から騎乗運動へ移行しています。まだ軽めの調教メニューになるので大きな変動はありませんが、動かすことによって一定の負荷はかかってくるので、それによる変化もしっかりと見極めていきたいです」(空港担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)



にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
香港へ向かうネオリアリズム。

国内最終調整が完了しました。
この2週の調教時計は以下の通り。

2017.04.20 助手 美南W良 65.9 - 50.6 - 36.6 - 12.6(6) 直強目追う
2017.04.16 助手 美南坂良 55.7 - 40.3 - 25.5 - 12.3 馬ナリ余力
2017.04.13 助手 美南W重 72.1 - 56.3 - 41.5 - 13.6(6) 馬ナリ余力
              アルバート(古オープン)馬ナリの内を0.4秒追走4F併同入

スポニチ:【香港・QE2世C】ネオ動き軽快12秒6!22日に出発予定
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2017/04/21/kiji/20170420s00004192355000c.html
サンスポ:【香港QEII】ネオ順調、国内最終追いで12秒5
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170421/ove17042105000001-n1.html

最終追い切りは良い時計を出してきています。
レーシングビュアーに追い切り動画が出ておりましたが体を使えた走りに見えましたし、堀師のコメントの話し方の推移を見ても、少しずつ状態は上がってきているような印象は受けます。毛ヅヤに関するコメントは相変わらず心配ですが、基本強気な発言はしない、不安点も正直にコメントする人なのでその辺考え過ぎないようにしたほうが良いですかね。


強敵と思っていたムブタヒージが回避したようで出走馬は8頭になりそうです。

サンスポ:【香港QEII】ムブタヒージ回避で選出馬は8頭に
http://race.sanspo.com/keiba/news/20170420/ove17042019000001-n1.html

頭数少ないのは良いと思いますが、ペースが落ち注ぎすぎると掛かる心配が増えるだけに悩ましい所。他の馬の脚質とか調べてませんがネオリアリズムが逃げちゃう展開も考えられそうです。

出走馬は以下を参照。
http://campaign.hkjc.com/ch/qe-ii-cup/race-info.aspx
aaaaa_2017042221002240b.png



出国は上記の通り22日。
1頭での遠征になりますし、イレ込むことなく、精神的に落ち着いた状態で香港に到着できますように。

当日は法事の予定が入っているのでリアルタイムでレースが見られませんが、良い結果になることを今から信じています。

◆ネオリアリズム
4/20  堀厩舎
19日は軽めの調整を行いました。20日は美浦南Wコースで追い切りました(65秒9-50秒6-36秒6-12秒6)。
「今回の遠征は出国検疫所、輸送、香港での国際検疫所のすべてを日本馬1頭で過ごすという厳しい環境の中で調整を行わなければいけませんが、ここまでは順調に来ています。前回の検疫期間中もわりと落ち着いて過ごせていたのですが、その時の経験があるからか今回は一緒に過ごす馬がいない中でもカイバを食べられていて落ち着きがあり、好感を持てる状態です。しかし、毛ヅヤのほうは冴えきれないところもありますので胃薬を投薬するなどして少しでも改善できるように対処しています。12月の国際競走の時期に比べると春のこの時期の香港は湿度が高く、体力を消耗しやすい環境です。それなので調教に関しては現地でビッシリ負荷をかけることを極力考えなくていいように、今朝は1週前の追い切りですけれど本追い切りのつもりで行いました。最低でも終いをシャープに伸ばすように考えていたものの、入りからそれなりのペースで入り、終いにかけてもしっかりと動かしています。やや一杯という動きでしたけれど、思ったような追い切りを無事に終えることができています。前回の馬体減のことを考えて調整をしていますが、先ほど説明したような気候なので今回のほうがより減りやすいでしょうし、そのことも頭に入れて対応しているつもりです。また、検疫所内での治療も昨年末から徐々に融通が利くようになっているので、追い切り後の状態をしっかりと確認し、必要と思われる箇所への治療を入念に行い、週末の出国、そして現地での調整に備えていきます」(堀師)
30日のシャティン競馬(クイーンエリザベスⅡ世C・芝2000m)にモレイラ騎手で出走を予定しています。

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)




にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
休養馬が相変わらず多く出走が無い状態が続いています。
今週も出走なし。
来週のネオリアリズムが久々の出走となりそうです。

aaaaa_20170421055339f48.png




さて、再放牧に出されて戻ってきたピンクブーケ。
目標とする復帰戦が発表されました。

一度勝っているクラス。前に「開幕週にいけるとすれば、二王子特別(芝1800m)か春日山特別(芝2000m)のどちらかでしょう」と書いたように、特別戦に出て賞金を少しでも多く稼いで欲しい気持ちもありましたが、そこは間に合わないと判断しての翌週の平場。コメントを見る限り場合によっては更に後ろにスライドもありそうです。

3/28に天栄で513㌔と結構重めの状態のようですし、前走は大きく増えての出走だったこともありますからしっかりと絞り、動ける状態にしてレースに臨んで欲しいです。数多く間隔詰めて使える馬でもありませんから一戦入魂です。

ゲート含めて心配が多い馬ですが、結果がほしい。

◆ピンクブーケ
4/19 小西厩舎
19日は美浦坂路で追い切りました(52秒6-38秒3-25秒4-12秒5)。
「前回はスクミが出るなどして順調に行かなかったので気にしていましたけれど、今回は大丈夫そうです。もちろん気を緩めないで調整にあたっていきますが、今のところは順調と言える状況ですよ。今朝は坂路に入ってサッと動かしています。動きを見るとまだ良化の余地はありますが前回よりはいいかなと思えますし、この調子で本数を重ねて態勢を整えていきたいです。今のところ新潟の2週目あたりを目標にできると思います」(小西師)
5月6日の新潟競馬(4歳上500万下・芝2000m)に出走を予定しています。

4/13 小西厩舎
13日に美浦トレセンへ帰厩しました。
「前回は順調さを欠いてしまって短期放牧を挟むことになりましたが、この中間は順調そうでした。火曜に天栄で見てきたのですが、良い意味で普通に乗れているようでしたし、体も幾分いいかなと思えましたので、今日の検疫を確保して入れさせていただくことにしました。もちろん今回も安心はできませんし、スクミなど不安な部分が出ないかを慎重に探りながら調整を進めていきたいと思います」(小西師)

4/12 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「じっくりと乗り込んできて悪くない状態になっていますよ。火曜の朝に小西先生が来場されたので改めて確認していただいたのですが、再度トレセンへ入れて新潟戦を目指していきましょうという話になりました。早ければ木曜日かそれ以降の入厩という話を聞いていますので、移動に備えて体調を整えていきたいと思います」(天栄担当者)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)




にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)
トゥンバドーラのことをエントリーしたので、その流れで同じ庄野厩舎のハイレートクライムを。

ようやく戻ってきそうです。

2/18に出走、休養しても1ヶ月程度と思っていたのですが早2ヶ月。
調整して出走する頃には3ヶ月休養明けとなりそうです(;´∀`)

器用なタイプではないので大きなコースのほうが良さそうな印象を前走で持ちました。
スタート決めれば未勝利ならダートでもやれると思いますが、現状の印象は

・ダートより芝
・距離は1400~1600m
・スタート決めるのが最重要
・直線ある程度長いほうが良い
・小回りは苦手

という感じで考えています。

京都で復帰と言ってながら、新潟とか行くんじゃ.....なんて思っていますが、少しでも勝つチャンスが増えるレースを狙って欲しいです。まずは1勝しないと。

a18828ea20172194f2bee31af757be9.jpg
※写真はクリックすると大きくなります。
※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)


◆ハイレートクライム
4/11 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「今朝も坂路で15-15程度の調教を行いましたが、悪天候の中しっかりした脚取りで順調です。庄野調教師とは、あと1、2週で帰厩させようという話をしています。ここまで順調に良化してきていますし、この後もいい状態で送り出せるように心がけていきます」(NFしがらき担当者)

4/4 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間からは坂路で15-15に近い調教も取り入れ始めました。厩舎サイドとそう遠くない段階で移動させようという話をしており、それに伴ってペースを上げていますが、問題なく順調です。まだ多少体も立派ではありますが、京都開催に向けてちょうどいいタイミングで送り出せそうですよ」(NFしがらき担当者)

3/28 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も坂路でハロン17秒程度の調教をしっかりと乗り込んでいます。特に気になるところはありませんし、しっかりと段階を踏んでペースアップできています。庄野調教師とは京都開催を目標にしようという話をしていますから、そろそろ15-15に近い調教を取り入れていってもいいでしょう。馬体重は478キロです」(NFしがらき担当者)

3/21 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週後半からは坂路でハロン17秒ぐらいまで進めています。ゆったりと動かしてきてだいぶリフレッシュされてきていますし、いい形でペースアップできていると思います。気持ちの面もリセットできましたから、ここから少しずつ負荷を強めていきます」(NFしがらき担当者)

3/14 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間も周回コースと坂路での軽いキャンターをメインにじっくりと乗り込んでいます。だいぶ落ち着きが出てきてカイバ食いも安定してきました。もう少しこちらで調整していく予定なので、引き続き楽なペースでゆったりと動かしていくつもりです」(NFしがらき担当者)

3/7 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。
「乗り出してからも特に疲れは見られず、先週後半からは坂路でのキャンターも開始しています。まだ軽め程度ですが、硬さもなく順調ですよ。ただ、焦って進めては変にテンションが上がってしまいますし、緩めないぐらいの調整でじっくりと動かしつつ移動に備えていきます」(NFしがらき担当者)

2/28 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週こちらに到着後は軽く動かしながら馬体のチェックを行い、異常がないことを確認してから角馬場と周回コースでフラットワーク中心の調整を行っています。目立った疲れは見せていませんが、トレセンではかなりピリピリしていたとのことなので、ゆったりと動かしながら精神面のリフレッシュを第一に進めていきます。馬体重は474キロです」(NFしがらき担当者)

2/22 NFしがらき
22日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬は最後に伸びてくれているだけに、4コーナーの不利と、そして何よりもスタートで出遅れてしまったことが痛かったですね。スムーズなら未勝利クラスはすぐに勝てる馬だと思っていますし、何とか巻き返していきたいと思います。優先権を確保したのでゲート練習も交えて続戦していくつもりだったのですが、レース後はちょっとピリピリとした様子を見せていたんです。このままトレセンで調整を続けても馬の精神的に良くないでしょうし、いったん放牧に出して気持ちをリセットさせていただくことにしました」(庄野師)

※キャロットクラブより転載(クラブより転載許可を得ています)




にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

ランキング参加中(宜しければポチッとお願いします)